CRPGまにあ

Linux系遊びの延長で

投稿日:2019/06/12 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0
ps1axcv.jpg
LubuntuでePSXe

5年ほど前から何気なく1台のPCを情報表示させっぱなし用として「Ubuntu」マシンにして使い続けていたが、ここ1年ほどで他の「Ubuntu系」に興味を持ち始めて、数え切れないほど色んなものをインストールして試していました。Linux用のePSXeは、WIN用と比較して若干の癖があるものの、一度設定が完了すれば気軽に使えるようになります。

ePSXeといえばこの2つの機能がとても重要なわけですが
以下はWIN用ePSXeの画像

game010426ss.jpg
赤丸内チェックボックスを有効にすれば別途BIOSを用意する必要はない

game010427sfs.jpg
これを有効にしなければ不便すぎて嫌気が差すだろう

「ゲーム毎にメモリーカードを用意する」、これはデフォルトで無効化されていますが、その状態だとユーザーが手動でメモリーカードの管理を行う羽目になります。初代PSのメモリーカードはすぐに一杯になりますから、数多くのゲームを試していると、メモリーカードの入れ替えやらファイル名の管理やら、挙句の果てにはどのカードにどのゲームのデータが入っているのか分からなくなり、遊ぶことそれ自体が面倒くさくなってきます。

このチェックボックスを有効にしておけば、ゲームを最初に起動したときに自動でそのゲーム用のメモリーカードが2枚作成され、以後はそのゲームが実行されるたびにePSXeがメモリーカードをマウントしてくれるようになります。ユーザーは一切何も触る必要がないですから、是非とも有効にしておきたい機能です。

HLE BIOSは「BIOSのように動くファイル」であるから互換性の問題があるようですが、私が試した限りでは今のところ不具合はおきていません。私が試しているのは最新Verである「ePSXe 2.05」だけれど、いずれそういった問題に直面することがあるのかもしれない。



話を「Linux系でプレイするePSXe」に戻しますが、Linux用のePSXe2.05を起動して、Configの BIOS、Memory cardを見てみると、上記のチェックボックスがありません。当初は「これではプレイできないな」と感じて諦めそうになったけれど、ファイルの編集だけで対応できました。

/home/(ユーザー名)/.epsxe/epsxerc

epsxerc はWindowsのiniファイルのようなものですが、これをテキストエディタで開いて

BiosHLE = 0  →  BiosHLE = 1

MemcardByGame = 0  →  MemcardByGame = 1

こうすれば両方とも有効になるようです。メモリーカードの方はWIN用のように現在マウントされているファイル名が変わらないから少し不安になってしまうけれど、しっかりと自動マウントが働いているようです。

自動で生成されたメモリーカードは

・Windows用ePSXe
ePSXeのフォルダ/memcards/games

・Linux用ePSXe
/home/(ユーザー名)/.epsxe/memcards/games

この中に保存されています。



Linux系のインストールはLiveUSBによるインストが基本ですが、手持ちのUSBメモリの速度を計ってみると、数ヶ月前に購入した最も新しいSilicon Power製32GBが酷い数値を見せつけてきた。

●USBメモリ

(問題の品)
SP 32GB USB
Blaze B02 SP032GBUF3B02V1K [32GB]

(3年前に購入したTrancend品。優秀)
Transcend 32GB USB
JetFlash 790 TS32GJF790K [32GB]


●比較用のHDD

(10年以上も前の品だが今も現役。6万時間が見えてきている古いHDD)
WD5000AAKS 500GB HDD
WD5000AAKS 500GB

(ノート用の2.5インチ320GB HDD)
320GB Seagate HDD
ST320LT012 [320GB 7mm]

という具合にSilicon Power製USBメモリの書き込み速度が異常事態になっていますが、本当にこんなに遅いのか、Trancend品と比較しつつ軽いテストをしてみた。

●1.8GBほどの大きいファイルを書き込み

・Silicon Power 32GB
「1分6秒」

・Trancend 32GB
「59秒」

●1つ数百KB程度の画像が沢山のフォルダ、約1GBを書き込み

・Silicon Power 32GB
「3分30秒」 3MB/sから9MB/sを推移

・Trancend 32GB
「1分36秒」 9MB/sから13MB/sを推移

数百KBではなく一桁KB程度のファイル満載でギガクラスだとさらに差が付きそうな気配だが、ファイルが細かくなると上記のような差が出るようだ。

とは言ってもSilicon Power製を用いたRufusでの Linux Mint Xfce 64bit のLiveUSB作成は1分30秒ほど(けっこう速い)で済んだから、それほど気にする必要はないのかもしれないが、今後はSilicon Power製のUSBメモリを購入することはまずありえないだろう。

逆にTrancendのUSBメモリは古いHDDや2.5インチクラスを凌駕しているので、システムドライブとしてどれだけ耐えられるかのテストをしたくなってきた。手持ちにAtom SoC Bay-Trailが余っていて、近い内にこれを使ってNASを作りたいなと考えていたけれど、この一体型マザーはSATAポートが2つしかない。RAID1だとそれだけで2つ埋まってしまうから、テストするにはちょうど良さそうだ。

シオとあやかしの森 - Ver 1.08

投稿日:2019/05/13 |  カテゴリー:シオとあやかしの森  |  コメント:0
game010448d.jpg
こういった細かい配慮は嬉しいです

ここ数日なかなかゲームをやれていませんが、Ver1.08のクラフト画面でのマウスホイール動作の設定は有り難い機能だ。従前でのホイール動作は上部タブの、能力、出荷、制作、交流などが切り替わっていたけれど、Ver1.08後は

game010447d.jpg
赤線内のみクラフト品一覧の切り替えになる

赤線内あたりでのホイール動作はクラフト品ページ切り替えで、それ以外のエリアでは上部タブ切り替えになります。今までは画面の小さい矢印、Back、Nextをクリックする必要があったから、かなりの効率アップになりそうだ。

それはそうと数日前に書いたスキルタイプ切り替えでの胡散臭い仕様は直らないのだろうか。もしもこれで正常だとしたら、全てのスキルがパッシブ扱いの本作であるから、素材でタイプを開放をして3つを適宜切り替えるなんていう概念自体必要ないだろう。あとで直されたらそれまで取ってきたスキルの「位置」で悲しい思いをすることになるし、かといってこのままだとスッキリしない仕様なわけだが、この一点のみ本作は何だかなと感じます。

何というか、ズルいことをしている気分でゲームを進めるのが嫌なのだ。

「Titan Quest: Atlantis」 - お盛んなことで

投稿日:2019/05/10 |  カテゴリー:Titan Quest Anniversary Edition  |  コメント:0
Titan Quest: Atlantis - Steam
(今回も日本語有り)

1年半前に発売から10年以上経過していたTitan Quest用の拡張「Titan Quest: Ragnarök」が発売されたけれど、本日は「Titan Quest: Atlantis」という新拡張が発売されたようだ。開発は Ragnarökと 同じく「Pieces Interactive」というメーカーらしい。Titan Quest ことTQは、The Elder Scrolls シリーズ第4段である Oblivion と同じ年に発売されているから、そう考えればどれだけ息が長いか実感できるだろう。

TQはSteam版である「Titan Quest Anniversary Edition」を2年ほど前にかなりやり込んでいますが、いつか必ず2つの拡張を入れて最高難易度を制覇してみたい。とは言っても現状はリアルが色々と大変なので、本作に限らず海外産の本腰必須なゴツいゲームは当分できない。国産のほのぼの系は何とかいけるけどね。

シオとあやかしの森 - これで正常なのか

投稿日:2019/05/09 |  カテゴリー:シオとあやかしの森  |  コメント:0
game010441a.jpg
A、B、C、のスキルタイプ切り替えがある

スキルタイプも素材を使って開放していく本作ですが、AからBに切り替えてもAのパッシブ効果が残ったままになっているけれど、これで正常なんだろうか。もしも正常なら強化がだいぶ楽になるけれど、なんか胡散臭いような気がしてしまう。

game010442a.jpg
スキルタイプAでのHP、Food、Waterの数値

そしてフィルのスキルをタイプBに切り替えてみる
game010443a.jpg
まだ中途半端な状態

game010444a.jpg
数値に変化がない

すぐには切り替わらないのかと思って探索後に確認してみても変化はない。切り替えて裏にまわっても効果が出続けるのが正常な仕様だとしたら、「スキルタイプ」という名称にはならずに「スキル枠増加」とかになるだろうから、やっぱりおかしいのではないだろうか。

現状もまだ探索レベル4で悪戦苦闘している最中だけれど、本作のサポートメンバースキルで重要だと感じるのは

・武器劣化耐性(呼称が正確ではないかもしれない)
・状態異常回避
・罠回避
・偵察の鬼

当初はこれらのスキルは軽視しても問題なさそうだと踏んでいたけれど、そうではなくもの凄く重要だと思います。体力アップとか食料と水の最大値増加のスキルも便利だけれど、これらは強化や装備品でそこそこいい感じに上がっていくので、上に書いた4つのスキルを優先して取るほうが後々有利に働きそうです。

他にも「攻撃力上昇」「防御貫通」「命中率上昇」なども有用なスキルですから、メンバーに上手く配分してスキルを習得させておきたい。とは言うものの、数日前にも書いたが本作はどのスロットに何がくるのか、いつくるのか、これらがランダムですから、なかなか思うように育成できないのだ。

シオとあやかしの森 - 武器のやり繰りが辛い

投稿日:2019/05/09 |  カテゴリー:シオとあやかしの森  |  コメント:0
始めたばかりの頃は武器が余りまくりで「武器制作とかレシピとか適当でよくね?」と思っていたけれど、探索レベル4以降からは武器が足りなくなってきました。探索で毎回運良く適正レベルの武器が出るわけではないし、武器1つ作るだけでも素材の消費が痛い。さらに鍛冶技術も上げる必要があるから、考えて進行させていかないとショボ武器を使う羽目になってしまうのだ。



game010432a.jpg
オート治療は一癖あります

HP、空腹、乾きをワンクリックで満たしてくれるオート治療は非常に便利だけれど、HP回復で使うアイテムの順に問題があるようで、考えなしに使っていると「旅人の薬草」「聖なる薬草」などがぜんぜん貯まらない事態に陥ってしまう。

ここらは過去作「ラクノープリンセス」の動物への餌やりのように、専用の設定画面があれば安心できる仕様だったのだが、本作はちょっと気を使う必要があるようだ。

game010433a.jpg
瓶詰め苺ジャムをストックさせておく

他にも拠点時オート治療用の品が幾つかあるけれど、まず優先されるのは画像の瓶詰めいちごジャムのようで、このジャムのストックがあれば薬草類を勝手に使うことがなくなります。

同じく拠点での話だけれど、「今はメロウの湧き水を減らしたくない」という状態なら、手動でエノワールの水で喉を潤したりすればいいだろう。水と肉は手動で使えるけれど、ジャムなどの拠点専用はオート治療でしか使えないので、薬草が減らないようにしておきたい。

シオとあやかしの森 - 10時間ほどプレイ

投稿日:2019/05/07 |  カテゴリー:シオとあやかしの森  |  コメント:2
game010425a.jpg
毎回このようなスキル成長ならいいのだが

10時間ほどプレイしましたから、それなりに序盤のコツを掴めてきた時期に入ったわけですが、初見で感じた印象とは違ったゲームに見えてきました。「探索に出て品物を出荷してアイテム回収しつつ戦って戻ってくる」、たったそれだけなら過去作品群よりも単調な作りのゲームなのかと思っていたけれど、これがなかなか奥が深いというか、考えることが多めのゲームです。

探索レベルが3以下のときはゴリ押しで突き進むことが可能だけれど、4あたりから工夫しないと上手く進行できなくなってくるだろう。硬い敵には貫通力を高めて挑む必要があるけれど、いつも連れているメンバーが都合よく貫通スキルを得られるわけではないし、貫通力アップのアイテムを持参していきたくても序盤はアイテムポーチの制限に引っかかるから、何かしらの回復アイテムを諦めることになったりします。探索レベル4あたりから罠の数と質も厳しくなってくるので、罠対策も考慮する必要に迫られるが、こちらもそう都合よく数値を上げて臨めるわけではない。

出荷に関してですが、当初は作れる品の種類が限られているから、クラフトパワー初期値「30」でも十分にやっていけるのだが、こちらも30のままだとそのうち辛くなってきます。クラフトパワーは定められた月間出荷数をクリアすると「5ずつ」上がっていくようですが、無理せずにちまちまと売っている間はけしてクリアできないから、やるのなら計画的に1ヶ月の間に一気に方を付ける必要があります。

game010430a.jpg
望みのスキルが引けなくて辛い

本作は探索から帰還したときにサポートメンバーのスキル成長機会が発生するシステムで、どのスキルがくるのか、どのスロットにくるのか、この2つがランダムになっています。これがなかなか曲者でして、画像のティコは赤丸の部分に「貫通アップスキル」がくるのをずっと待っている状態だけれども、貫通どころかそのスロットにはいまだに成長機会が発生していないのだ。

製作者さんのブログに今回はティコがオススメかもと書かれていましたが、ティコは基本ステータスが高いから確かにオススメだと思います。ティコと似たようなサポートボーナス持ちですと

・ティコ:敵を倒した際に素材ドロップ率アップ
・モニカ:宝箱を開けた際、獲得量がアップする
・ニーネ:宝箱を開けた際、武器出現率がアップする

となっているけれど、序盤はそこまでこだわる必要はないと感じた。モニカの方の獲得量アップはまだしも、ニーネの方はゲーム自体が終盤のやりこみ段階に入ってから本領を発揮する能力なのではないだろうか。ちなみに本作は罠に掛かると探索が非常に厳しくなるので、罠回避「S」のモニカは頼りになるキャラだと感じます。そういえば前作「ノノの魔法雑貨店」でもモニカは使えるキャラだった。

他に気づいた点としては、フィル=探索マップに「動物の生息地」が出現しやすくなる。マリエッタ=探索マップに「清涼の川辺」が出現しやすくなる。というサポートボーナスになっていて、当初はなんかショボいのではないかと感じていたけれど、全くそんなことはなくてかなり有用なフィルとマリエだろう。

本作はそのままプレイしていると段々と少しずつジリジリと食料と水が足りないと感じるゲームバランスになっているから、フィルがいると猪の肉が多めに入手できる、マリエがいれば水を入手しやすいというこの2点は大きな長所だろう。

まだ始めたばかりで分からないことも多いけれど、一つだけ断言できることがあるとすれば、前作ノノの魔法雑貨店で苦しめられた「競合」のような進行ストップ要素は一切ない本作だと思います。単純にストレートに遊べるところはかなり気持ちいい部類ではないだろうか。

犬と猫の「シオとあやかしの森」を購入

投稿日:2019/05/01 |  カテゴリー:シオとあやかしの森  |  コメント:0
game010389az.jpg
今回はちょっとした難易度設定があるようです



犬と猫の昨年度作品である「ノノの魔法雑貨店」は、商品の競合が鬼仕様すぎてフルコンプまでプレイしなかったけれど、今作は果たしてどのような出来栄えなのだろうか。今作は犬と猫ワールドのメインヒロインともいえるシオが主役になっているゲームですが、旧作でシオが主役である作品はフリーの水色の塔とか水色散歩道まで遡ることになるので、久々の主役抜擢だ。

犬と猫作品はお店の経営とかそういった財政難からゲームが開始することが多かったけれど、今回は森で不穏なことが起き始めているという内容ですから、これまでとは違った印象を受けた導入部でした。今回は探索をすることがメインのようですが、出荷やクラフトなどもあるからマネージメント要素が高い作風であることに変化はなさそうだ。

現状はチュートリアルを終えて一度目の探索を済ませたところだけれど、どうやってプレイしたらいいのか要領が掴めない。とは言っても犬と猫作品では毎度のことなので、数時間ほどプレイすれば少しずつ何かが見えてくることだろう。

「アパシー学校であった怖い話 極」

投稿日:2019/04/25 |  カテゴリー:アパシー 学校であった怖い話1995 特別編  |  コメント:0
アパシー学校であった怖い話 極
七転び八転がり

9年ほど前にナナコロが販売する「アパシー 学校であった怖い話1995 特別編」や「流行り神」などを購入してそれなりにプレイしていますが、どうやら直系とも言えるような作品が3日後に発売されるようだ。特別編はとんでもないボリュームでいまだに全て遊びきれていないけれど、かなり良く出来たホラーノベルですから興味がある人にはオススメしたい1本です。

これこれを購入して、先に特別編をインストール、その後に追加ディスクをインストールすれば完全版になりますが、内容も良し、ボリュームはとてつもなく大です。2つで3500円だからかなりお買い得だけれど、アマゾンなどで購入する場合はもう少し高くなるようだ。

今回の「極」は、現状はホームページに会場限定で4000円、攻略本付きで5000円との表記がされているけれど、普通に通販できるようになったら購入してみたい。とは言っても9年前の特別編をフルコンプしてから手を付けるほうが良さそうでもあるから悩んでしまう。



●吉里吉里エンジン フルスクリーン画面揺れ時の残像

game010382.jpg
画面左上の状態

「アパシー 学校であった怖い話1995 特別編」はアスペクト比4:3ですから、フルスクリーンでプレイすると画面の右と左に黒く何も表示されない領域があるわけですが、この状態で画面の揺れ演出があると画像のような残像が残ってしまいます。本来は何も表示されない黒い領域にこのような残像が残るのはとても気になるものですが、Win7の時はこうはならなかったけれど、私の環境では現状のWin10だとこのような状態になってしまいます。

検索して調べてみると「エンジン設定.exe」で設定を行えば正常になるとのことだけれど、本作はエンジン設定.exeが同梱されていなかったので、フリーの吉里吉里本体に入っている「エンジン設定.exe」を特別編のEXEファイルと同じ階層にコピーすると使えるようになりました。ちなみに参考にさせていただいたのはこちら様です。

game010383.jpg
赤線内のところ

特別編のEXEファイルと同じ階層にエンジン設定.exeを入れて実行すると画像のウインドウが表示されますが、グラフィックのフルスクリーン切り替え方法をクリックして、右側のプルダウンから「API / cds」に変更すると残像が出なくなりました。

10年ぶりに触ってみる

投稿日:2019/04/20 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0
2年半ほどの逃亡期間があったものの、当ブログを始めてからちょうど10年が過ぎました。10年前の開始当初にこんなものを書いていますが、店名は失念してしまったけれど、その当時に年に数回ほど1本999円セールを行うショップがあって、そこでけっこうな数のPCゲームを通販で購入していた覚えがあります。

数日前に久々にメインPCの OS Windows10 の再インストールを行ったのだが、実になんと6年半ぶりのメインPC OS再インストだった。6年半前に初めて購入した1台目のSSDにWin7をセットアップしたんですが、そこからWin10にアップグレードしたままずっとノントラブルだったために、再インストなど全く考えることもなかった。

ここ最近IRST周りを弄ったりしているうちに気持ち悪くなってきたから久々の再インストに踏み切ったのだが、年寄りくさい意見になるけれど、今はもう本当にOSインストも何もかもPC管理が楽になっています。

私が初めてPC自作をしたのは

・K6-200Mhz
・S3-ViRGE(2D用GPU)
・VooDoo2 SLI(3D用GPU)

今から22年ほど前(97年)になりますが、ネットが我が家に開通したのは1998年に入ってからでしたから、トラブってネットで検索して乗り切るなんて芸当ができるはずもなく、一度ハマってしまうとそのまま抜け出せない可能性すらあった。現に一度、上記構成のPCがまともに起動しなくなったことがあって、約2週間ほどPCパーツが散らばった部屋で生活していた過去を思い出した。悩みに悩み抜いても結果が出ず、合間にPSのストゼロ2とかGBのWiz外伝3をぐちゃぐちゃの部屋の中でプレイしていたことが懐かしい。

今はインストールメディアから数十分かからずにクリーンインストができて、枯れたチップセットならドライバすら入れる必要がないし、一度Win10にアップグレードしたPCなら認証もやる必要がない。以前は短期間にOSの再インストをやりすぎて、MSのオバちゃんと暗号ゲームを連続でやらされたりとか、何かにつけて不便だった。



そんなこんなで一から環境を再構築しているわけですが、10年前に書いた中に含まれている「英雄伝説 空の軌跡」をひっぱり出してインストールしてみた。

最近の恒例行事となっている「Reshade」の導入ですが、空の軌跡は DirectX 8.1 であるから、一般的な導入方法では上手くいかない。「Reshade DirectX8」で検索をかけてみると、以前に当ブログへの書き込みで幾度も情報提供をしてくださったTATsさんのブログがとても為になりました。そういえば DgVooDoo2 とか DOS-BOX の話をされていましたね、ありがとうございます。

ED6_WIN_2019_04_19_12_21_54_056ss.jpg
これはReshadeエフェクト適用前

ED6_WIN_2019_04_19_12_22_38_656ds.jpg
適用後。ずいぶん華やかになります

原寸大で見るとよく分かりますが、白い膜の除去、テクスチャが鮮明に、HDRやVibranceで色鮮やかに、本作だと微妙に感じるがSMAAによるジャギー消しなど、Reshadeと相性がかなり良い作品だろう。しかしながら、若干テカりすぎているきらいがあるので、DPXはオフにしてもよさそうだ。

さらに本作はデフォルトのV-Sync使用時はマウスカーソルの遅延が気になるゲームなので、ゲーム側のV-Syncは無効にしてAMDドライバ側から「強化された同期」を有効にしてみると、とても良い状態になりました。V-Sync無効時とほぼ変わらない入力遅延の無さに加え、テアリングも全く発生しなくなりますが、本作のようなゲームはゲームパッドでプレイするからそこまで気にする必要もないけどね。

PCゲームの場合はこういった古いゲームに対して、「Reshade」とか「強化された同期」などを用いて気分一新かつ心躍らせて臨むことができるから、そういったところが何気ない長所になっていると感じます。

ちなみにDgVooDoo2を入れると画面の右下に「dgVooDoo」のロゴが表示されっぱなしになるので、解凍したフォルダ内に入っている「dgVoodooCpl.exe」を起動して、DirectXタブの dgVooDoo Wartermark のチェックを外すとロゴが非表示になります。



後から追記になりますが、本作はWin10だと起動時につまずくので、アイコン右クリからの互換設定で、WinXP SP3、管理者としてこのプログラムを実行、この2つにチェックを入れたら普通に動くようになりました。

あと2時間でゲーム・オブ・スローンズ シーズン8

投稿日:2019/04/15 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0
ゲーム・オブ・スローンズといえば、2011年にプレイした「A Game of Thrones: Genesis」はクソゲーに近い出来でしたが、ドラマの方はこれ以上ないほどの作品だろう。私はシーズン7から見始めたんですが、アマゾン経由のスターチャンネルEXで、月1400円程度で見られるようになったのは非常に有り難い。

ゲーム・オブ・スローンズは海外ドラマの中で個人的に最も面白い作品だと感じているが、あと6話で終わってしまうのがとても寂しく感じてしまう。シーズン8はできれば全話拡大版でお願いしたところだが、どうなることやら。

シーズン7までに多くの登場人物らが死んでしまったが、本作は最終的に誰が生き残るのかを予想するだけでも楽しめてしまう。こういったネタバレは表に書くことができないので、続きの方に少し書いてみよう。

続きを読む »

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター