CRPGまにあ

Titan Quest Anniversary Edition

投稿日:2017/01/17 |  カテゴリー:Titan Quest Anniversary Edition  |  コメント:1
TQ_2017_01_17_20_52_16_288.jpg
目標は実績「Hardcore Legend」Finish Legendary difficulty with zero deaths

あっという間にAE版のプレイタイムが100時間に迫ろうとしていますが、Spirit/Stormのオラクルでプレイを続けるうちにAE版において全体的に強化されたSpiritマスタリーで近接ビルドがやりたくなったので、Spirit/Defenseで再挑戦しています。

オラクルも極めたい気持ちがあるけれど、数あるビルドの中でも即死しやすいタイプですから、絶対とは言わないが目標である一度も死なずに難易度Legendaryクリアを達成できそうにないので、それもあってやり込むキャラを変えたのだ。

スペルバインダーは派手さはないが生き残ることに長けたタイプで、特に雑魚戦における能力は抜きん出たものがありますが、Titan Quest の場合は「雑魚とは言っても雑魚ではない」強力な敵揃いですから、数をこなす雑魚戦に強いのは大きな長所だろう。

余りにも安定していたから気が抜けていたのか、最初に作ったキャラクタは難易度ノーマルのAct3「ネアンデルタールボス」の隕石で昇天してしまい死亡回数「1」が刻まれてしまったから今のキャラクタは2人目のスペルバインダーなんですが、2回目からはさらなる安全策として序盤からリッチキングを上げています。現状はほぼ完成となる「16-1-12-1」になったけれど、3段目のレイス・シェルをMAXにしたリッチキングはかなり使える。

TQ_2017_01_17_20_52_24_899.jpg
いつまでzero deathsを続けられるか

レベル45になってSpiritの必須スキルをほぼ上げきったので、全て1のみで放置していたDefenseのスキルを上げていけるようになったが、エピック入りした直後のAct1序盤でこの槍が出たのはラッキーだった。

TQ_2017_01_17_15_04_45_461a.jpg
DPSが2倍弱になった

スペルバインダーは武器も防具もこれといった定石がないから個人の裁量が活きるビルドだと思うけれど、今回はヘルスをできるだけ高めたいと考えていて、Legendary品の「アメン・ラーの栄光」のコンプリートボーナスを全てヘルス+315で3セット揃えたら相当高くなるし、他にはイシスのアンクなどもヘルス上げに最適だろう。アメン・ラーの栄光はAE版でヘルスとエナジーのリジェネ+10%が追加されていたりと、こういったアイテム類もAEでかなり変化しているようです。

とは言ってもレリックとチャームのコンプリートボーナスはドロップした時にその欠片に刻まれるタイプだから、アーティファクトのコンプリートボーナスのようにはいかないのが辛いところだ。他にもエレメンタル耐性と刺突耐性と気絶耐性も高くしたいから、全てを実現させるのは遠い未来になりそう。

TQ_2017_01_17_20_52_39_952a.jpg
攻撃遅延50%は0.6%の確率でしか出ない

最初のオラクルプレイでドロップしていた魂の悪寒だけれど、スペルバインダー用のアーティファクトに最適で難易度Legendaryになってもこれのみを使っていけそうだ。前述したように「レリックとチャームはドロップ時に欠片にコンプリートボーナスが刻まれている」「アーティファクトは作った瞬間にランダムで選ばれる」タイプなわけですが、そういった仕様ですからアーティファクトに関しては手間さえ惜しまなければ自身が望むコンプリートボーナスを手に入れることができます。



●Steam版での納得のいくアーティファクト作成

1. Steamをオフラインモードにしておく
繋いだままだと終了時にクラウドセーブとの同期処理が入るから、連続チャレンジができなくなる。

2. オープニングムービーを表示させない
SteamApps\common\Titan Quest Anniversary Edition\Videos内の4つのファイルをリネームしておく。TQCinematic.bik、TQGameIntro.bik、TQLegal.bik、TQLogos.bik。これで直接タイトル画面が表示されます。

3. ロード(画面切り替え)が速めのセーブポイントが理想
私がよく使うのはAct4の「裁きの野」ですが、ここは画面が表示されるのが他より速く、そしてNPC付与魔術師がすぐ近くにいます。

4. アーティファクトの材料をバックの左側に並べておく
もちろんロス無く取りやすいよう左側に。

5. ゲームを起動してアーティファクト作成する
カーソルを合わせて望みのコンプリートボーナスでなかったなら、"インベントリィを開いたまま"にして Alt+TAB でゲームを最小化する。本作はシングルオフラインゲームにしては珍しいタイプとなる「常時セーブ型」であり、インベントリィを閉じるとセーブされてしまいます。

6. タスクバーからゲームを終了させる
Titan Quest Anniversary Editionを右クリして「閉じる」を選ぶ。

7. 望みのコンプリートボーナスが出るまで5~6を繰り返す
慣れてくると一度の工程が数十秒ほどで出来るようになります。

艦隊これくしょん - 摩耶の運改修を開始

投稿日:2017/01/16 |  カテゴリー:艦隊これくしょん  |  コメント:0
青葉のカメラ(2017年01月16日 10時52分03秒)
増設スロットに機銃が装備可能となれば

完全ではないけれど主だった運改修候補の艦娘らは望みの値まで上げられたから、次は誰にするかと考えていたんですが、数週間前の増設スロットの拡張が摩耶様の運改修の引き金となった。摩耶の場合はまるゆ改5人の運改修が「5回」も必要だから完成まで時間が掛かるけれど、いざ出来上がってしまえば魚雷カットインと最高の対空CI艦の両立が可能になるから、まさに頼れる存在になるだろう。

これまでに運を上げてきた艦娘らはこのようになっていますが

・青葉 「運65」カッコカリ済み
改二が実装されたら運の上限も上がるだろうから、運MAXにするのは改二以後に調整する予定です。それはそうと次の重巡改二は青葉ではなかったけれど、以前にも書いているように初期実装重巡の最後になる方が価値と有り難みが増すから、個人的にはまだまだ溜め期間でいてほしい。

・扶桑型姉妹の2人 カッコカリ済み
姉様のほうだけ1回まるゆ改修をしていますが、いつか両名とも運MAXが目標。

・妙高 「運56」

・大潮 「運57」

・阿武隈 「運57」カッコカリ済み

・北上 「運59」カッコカリ済み

・プリンツ・オイゲン 「運48」
プリンツはもう1回まるゆ改修をしたい

・摩耶
あと4回「まるゆ改5人の踊り食い」をせねば。

艦隊これくしょん - アーケード版に嫁

投稿日:2017/01/11 |  カテゴリー:艦隊これくしょん  |  コメント:0


アーケード版は触ったことがありませんが、やっと青葉が使えるようになるらしく、2017年は良いスタートになりそうだ。昨秋に次の改二は重巡だという情報が出てきましたが、昨年は改二艦がたったの6人という出し渋りでしたから、今年はどうなることやら。私が着任した2014年は戦艦に空母などを交えて24人の改二実装でしたから、その差は歴然。

動画のアーケード版青葉も言っている「敵は、まだこちらに気づいてないよ」というものがありますが、よくこの台詞がネタにされているけれど、これも含めて青葉の戦闘時と母港での台詞は全て「第一次ソロモン海戦」についてのものだろう。

Titan Quest Anniversary Edition

投稿日:2017/01/04 |  カテゴリー:Titan Quest Anniversary Edition  |  コメント:0
20170104014627_1sdf.jpg
やっぱり松阪牛は旨いっす

半分は見聞を広めるために、もう半分はネタとして知名度の低いインディー系の Hack and Slash をここ数年ほどでも何本かプレイしてきていますが、こうやって久々に Titan Quest に触れてみると、良いものはやっぱり違うなと痛感させられます。

Steamで Titan Quest の本体と、拡張の Immortal Throne を所持していた人は無料で貰えた Anniversary Edition ですが、細かなところに手が入ってオリジナル品よりも格段にプレイしやすくなっている。

・公式に日本語対応となった
・高解像度時代に伴いUIのアップスケーリングが可能に
・UIが刷新されオリジナルより視認性が高くなった
・倉庫のサイズが従前の2倍に
・金、ポーション、レリック類を一括ルートキーが追加
・アイテムハイライト機能は一度だけキーを押せば常時表示になった
(最後の項目は前からあったような気もするが)

などなど、その多くはこちらのTitanQuest Wikiに書かれているものだけれど、箇条書きにしたものだけでもオリジナルの Titan Quest より大幅に快適になっています。

他にも戦闘関連のバランス変更などもあって、プレイヤー側が有利になる修正としてはDoTや吸収攻撃のダメージ強化。不利というか余りにも破廉恥過ぎた故の下方修正としてはリチャージの短縮は80%までというものがあるようだ。

Titan Quest は2006年に発売されたゲームですが、私にとっての2006年は「Titan Quest」と「Oblivion」という2大当たりゲームに出会えた年だから今でもよく覚えていて、当時はまだゲームのダウンロード販売が浸透していなかった時代で、海外ゲーム専門のネットショップでの通販を利用していた。

今となってはSteamなどのプラットフォームや各所DL販売などの台頭や回線品質の向上もあって、トールケースに薄っぺらい無機質なインストールマニュアルのみが付属した海外のゲームを通販で入手することに意義を見いだせないが、当時のPCゲーマーだからこそ味わえた「海外通販にまつわる時間」はなかなか美味であった。

Titan Quest の話に戻りますが、些細なことというかこれはオリジナル品でも出来ていたことだけれど、本作はマウスクリック移動を継続しながらマップを開いて位置確認が出来るシステムであり、恐らくこれは偶然の産物なのだろうけど、この仕様が何気に快適度数を大きく上げている要因だと感じています。何度も何度も位置確認をするわけですから、その度に足が止まってしまうのか、或いは本作のようにマップを開きつつ移動が継続できるのか、この違いはとてつもなく大きい。

という訳で、8年ほど前に極めることが出来なかった「杖シューターオラクル」を開始しましたが、今回はたとえ期間が空いたとしても暇を見てどこまでも育成してやるつもりです。

Ever17が1月10日まで740円

投稿日:2017/01/01 |  カテゴリー:Ever17 -the out of infinity-  |  コメント:0
Ever17 -the out of infinity- / Magino Drive

Steamで知人と会話したときにEver17をお薦めしたのですが、数々のテキストノベルをプレイしてきたけれど、やっぱり私にとってのナンバーワンはこれしかない。ジャンル的に中身については一切言及できませんが、本作を楽しむコツとして

まずは「俺」ルートから読み進める

後発のXbox360版では初回プレイ時において強制的に「俺」になるよう改良されたようですが、PC版やPS2版などではプレイヤーが俺か僕を選択することになります。必ず俺の方をやり込んでから「ぼく」へ行きましょう。そうすれば数十時間のプレイタイムがより有意義なものになります。

さらに言えばリンク先の商品説明は読む必要がないと感じます。途中までの展開ネタバレになっていますし、「とある人物が海洋テーマパーク“LeMU(レミュウ)”に赴く」これだけ知っていれば十分であり、後は作品内で体験するのが理想でしょう。

引き続きPSのゲームとフリーゲームで遊ぶ

投稿日:2016/12/29 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0
現状のSteamやGOG.comでの所有ゲーム数には及びませんが、数百本はありそうなPS又はPS2ゲームの中から一本を手に取ってプレイしてみました。アクションや格闘系は10代から20代の頃に嫌というほどやり込んだから選択し辛いが、アドベンチャーゲーム(ADV)は今でも大好物だ。

当時の私は初代PSを持っていたけれど、その用途は友人とのストZERO2対戦マシンといったものでしたから、他のPSゲームは殆ど触ってこなかった。PS2に至っては、その時代はPCゲームのみに傾倒していたから全く触ったこともなく、どのようなゲームが出ているかすら知らなかった。

どんなゲームでも楽しめるようになった今の私から見ると、未知の領域であるPSとPS2のゲームは一際魅力的に見えるわけですが、PSのCD-ROMによって容量の制約がほぼ無くなり、開発者らの熱い思いや信念がそのまま叩きつけられているゲームが沢山あって、その熱意が成功すれば名作になり、道を外れると変なゲームになってゆく。そういった理由からかこの時代のゲームの味わいは多岐にわたるものであり、名作だろうと変ゲーだろうと遊んでいてとても楽しいのだ。



●マリア 君たちが生まれた理由(PS版)

何気なくプレイを開始しましたが、多重人格症(解離性同一性障害)を扱った物語として素直に楽しむことができました。ジャンルは「インタラクティブ・ドラマ」になっていますが、ADVという解釈で間違いはない。

多重人格を扱ったADVと言えば、テキストノベルの名作と呼ばれるあの作品の続編を思い出すけれど、あの作品はそういった事が起きているかもしれないといった程度で、本作のように正面から取り組んだものではないだろう。日常パートなどがなくプレイタイムは5時間前後という今の基準からすれば短めの尺であるが、余分なパートがないから話に没頭できるという長所にもなっていた。

ジャンル的に詳しく書くことができませんが、本作は少しだけ探索パートが含まれていて、固く決意をして真偽を確かめる場面はプレイヤーが特に興奮できるものだろう。これも詳しく書けないけれど、某18禁サイコミステリィADVにも似たような場面がありましたが、あの時の盛り上がりも相当なものだった。

当時のものとしても若干質が悪いと言わざるをえない3Dポリゴンによる人体が不自然で、特に顔がやたら怖いという短所があるけれど、2016年現在からすればそこらはご愛嬌レベルであるだろう。私は取り敢えず1つのエンディングを迎えることができましたが、ADVが好きな人なら楽しめるのではないだろうか。



●狂い月(フリーゲーム)

・狂い月の紹介ページ

2016年にリリースされたフリーゲームの中でも評価が高いもので、そのジャンルは「サスペンスホラー謎解き探索アドベンチャーゲーム」という私の好むものでしたから、つい先日プレイしてみました。

本作においては、サスペンス=追いつめられる、ホラー=怖い、といったジャンルになっていますが、もちろんそういった要素が優れていて、フリーゲーム向きなちょっと高難度の仕掛けなども目白押しであり、物語を綴る会話や紙片なども優れた文章力で構成されていますが、本作の最も良かったところといえば「ミステリな要素」なのではないだろうか。

本作もジャンル的にこれ以上は書くことができないけれど、全てを見届けても5時間程度で終えられる規模で、なおかつフリーゲームですから誰にでも薦められるものです。



ホラーものでフリーゲームを話題に出しましたが、数年前にプレイした「隣人」というゲームが最も怖く感じたものかもしれない。18禁ゲームの声優さんらが声を当てているから臨場感が高い作品で、視覚と音によるストレートな恐怖がひたすら分かりやすいホラーゲームだった。

隣人 - ふりーむのページ

Shadowrun Returns - Tactical-RPGとテキストノベルが融合したような不思議な感触

投稿日:2016/12/24 |  カテゴリー:Shadowrun Returns  |  コメント:2
20161223201612_1s.jpg
この子は仲間になるのだろうか

5時間ほどプレイしてみましたが、強引にそのジャンルを分類してみると「サイバーパンク退廃ファンタジーターンベースタクティカルRPG+ADV」になるだろうか。Steamの商品ページなどでゲームの画像を見たときの印象は、Titan Quest や Torchlight 2 のようなハクスラの中でも「前進制圧あるのみ」成分が高めのゲームを連想してしまいそうだが、本作はそういった要素はほぼ皆無であり、物語が主体となっている落ち着いた作風です。と言うかそもそも「Turn-based RPG」なのだ。

世界観としては、暴力、セクシャリティ、ドラッグ、臓器売買といった汚らわしい近未来の物語となっていて、様々な仕事を請け負う職業ランナーである主人公の仲間が殺され、その死の真相を探るうちに渦中に巻き込まれていくという流れになっている。

まだ序盤の序盤である5時間程度のプレイだけれど、ここまでは完全なる一本道でプレイヤーによる任意のエリア移動はできないシステムであり、事件現場でやるべきことを終えたら次へ移り、倉庫を終えたらまた次へといった具合に進展していくのですが、テキスト量がかなり多めで物語の作り込みは海外産らしからぬ力の入れようだと感じます。タイトルにも書いたように、日本のテキストノベルをプレイしているような感覚だと表現すれば、どういったゲームなのか理解し易いのではないだろうか。

ここまでは会話と探索が9割、戦闘が1割といった配分ですが、探索時は最初からインタラクト可能な箇所が見えていて、何かを行うときなどは上げている技能によって成否が変わったり、会話時も技能や修得エチケットによって楽に進展させられたりするのですが、ここらはPC用のRPGでは馴染み深いシステムだろう。

本作をプレイして感じたことですが、登場人物との会話は過激かつ腐敗気味の癖があるものとなっていて、皆一様に「素直じゃなくて普通じゃない」のだが、このあたりはファックマン氏が以前に全訳した Pillars of Eternity と共通する特徴であるだろう。

一般的に知名度が高いハクスラ系や、リアルタイム又はターンベースも含めタクティカルものとして評価が高いRPGなどを期待してプレイすると面食らう本作かもしれないけれど、他では見られない物語もしっかりした作りの海外産RPGとしてかなり貴重なゲームだと感じますから、興味がある人は年末セール中かつ数日前に有志による翻訳が完了したこの機会に是非プレイしてみてください。

久々にSteamセールで数本購入

投稿日:2016/12/23 |  カテゴリー:Shadowrun Returns  |  コメント:8
20161223163622_1d.jpg
ファックマン氏によるShadowrun Returnsの日本語化

Shadowrun Returns - Steam
Shadowrun: Dragonfall - Director's Cut - Steam
(セール中は2本で600円)

ディスオナード日本語化計画(ファックマン氏の日本語化ファイル)

ファックマン氏による「Shadowrun Returns」の日本語訳が完了したようで、丁度頃合いよく Shadowrun シリーズが80%オフになっていたから購入してみました。この日本語化には「Shadowrun Returns」と「Shadowrun: Dragonfall - Director's Cut」の2本が必要になるんですが、Shadowrun Returns の一部ファイルを Dragonfall に移してプレイするというもので、日本語化を行った後は Dragonfall のみを起動するだけで遊べます。

ファックマン氏はやりたいなと思っていたゲームをピンポイントで日本語化してくれるからとても有り難いんですが、Pillars of Eternity の姉妹作品とも呼べる Tyranny の日本語化にも着手し始めたようですから、そちらからも目が離せません。

そしてもう1本は Warlock 2: The Exiled を購入したけれど、こちらも好きなジャンルですからやり込んでみたい。

更新されたSteamのフォントが見辛い

投稿日:2016/12/15 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:2
game009748.jpg
game009749.jpg
薄すぎて読めない(一部の項目だけ妙にフォントが薄い)

数日前からいきなりSteamのフォントが見慣れないものに変更されていて、最初はOSのフォント設定の影響かと思ってしまったけれど、検索してみると他にもそういった人がいるようだから何かしら更新されたのだろう。OSやブラウザ関連のフォント設定に対してはもの凄く敏感なので、好きなフォントに変更する方法があればいいのだが。

艦隊これくしょん - 潜水艦が一組減るとペースが狂う

投稿日:2016/12/15 |  カテゴリー:艦隊これくしょん  |  コメント:0
青葉のカメラ(2016年12月15日 02時44分17秒)
キッカ取り大変でした

今回は48時間掛かる潜水艦派遣作戦が2回に、2時間の海外艦との接触も2回というハード遠征任務でしたが、オリョールデイリー用の潜水艦が使えなくなると調子が狂ってしまう。

潜水艦は最初の1人を結婚する艦として伊26以外はLv100以上にしていますが、他にオリョール連続回し用として伊168、伊19、伊8、伊58の4人を未改造で3組揃えているけれど、普段はこの計4組で回しているところが3組だけになると、途端に上手く回らなくなってストレスが溜まり始めます。今回はそれだけ潜水艦組にお世話になっているのだと痛感させられた。

橘花は翔鶴型のみ装備可能となっているけれど、そろそろ一航戦の2人を、特に赤城さんを強化してくれてもいいのではないか。現状の赤城は器用貧乏ポジションとして非常に使い難い状態ですから、改二で思い切り性能を伸ばしてほしいものだ。
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター