CRPGまにあ

カテゴリー:国産18禁ゲーム

ランス 6 ~ゼス崩壊~ - 無茶苦茶モードへ

投稿日:2018/01/31 |  カテゴリー:ランス 6 ~ゼス崩壊~  |  コメント:0
game010249vd.jpg
才能限界が解除されている

挑戦モードは本編で消化しきれなかったものへの対処などがメインとなる内容でしたが、「とるぅえんど(完)」を表示させるにはそれなりの努力が要求された。ランス、シィル、志津香などのS武器イベントはあっさりと始まったけれど、リズナのイベントだけは検索しなければクリアできなかっただろう。

ハニワ平原には数えるほどしか足を踏み入れていなかったけれど、入る度に左側の鍵無し集会所の敵のみ何気なく倒していたので、気づいたときには「5.1.1.1(全滅回数)」になっていたから手間がかかった。他にはかなみのS武器入手とスキル「首切り」の習得時期との兼ね合いから、首切りのFRボーナス強化をうっかりやらずに終えてしまいそうになった。

これも検索して理解できたことだけれど、タマネギの女の子モンスター捕獲イベントから連なるS武器入手条件の1つ「うしうしバンバン」にやられた人はけっこういるのではないだろうか。

2004年の作品ということで、不親切に感じる箇所が幾つかあったものの、ゲームとしての面白さは私がプレイしてきたランスシリーズの中でトップに立ったけれど、やりこみ要素が薄くて単調な作りながらも、操作性が良くて遊びやすかったランス9も良作だと思っています。

ゲーム開始から本編終了、そして挑戦モードを終えるまでに何度か全滅を経験しているのだが、挑戦モードの最後でも一度目に全滅している。二度目の挑戦時に戦術を見直したわけですが、「カロリア、かなみ、タマネギ、メガデス」などの痺れ効果や状態解除を駆使して「後ろにいるアホのあいつ」を封じ込め何とか勝利することができた。

あまり詳しくは書けないけれど、ランス9で登場してくる魔法Lv3のミラクルは、最初から最後まで頼もしい味方だったが、ランス6のあいつはほんとにお騒がせちゃんだった。ランス10では両名とも登場するようだが、魔法Lv3同士の邂逅があったら面白くなりそうだ。

ランス 6 ~ゼス崩壊~ - 取り敢えずクリア

投稿日:2018/01/27 |  カテゴリー:ランス 6 ~ゼス崩壊~  |  コメント:2
game010216df.jpg
挑戦モードに入った直後

3週間ほどかかったはずですが、何とかクリアまでこぎ着けました。本作は最初のノーマルエンドを終えると、挑戦モード、無茶苦茶モードなどが開放され、さらに真ENDなどもあるようだから、ノーマルエンド後に本当のやりこみプレイが始まるようです。

アリスソフトの他作品と同様に、武器と防具はほぼ固定ですから多様な武具を集める楽しみなどは存在しないけれど、単純にレベルを上げることと、FRボーナスによるスキル能力の開放など、これらだけでもかなり楽しめるように出来ています。

1回目のクリア時点での印象ですが、本作ランス6ではマリアの援護射撃がとても頼もしくて優秀だった。マリアのFRボーナスは4回とも援護射撃発動率アップを選択したわけですが、ほぼ100%の発動率だから火力の底上げが相当でかい。他には無茶苦茶モードを見越してパットンは4回とも味方ガードを選択し、サーナキアは活動力優先でパワーアップしてみました。

本作のシステムだと戦闘可能な回数であるSPを1~2程度伸ばすよりも、能力を上げるほうが効果が高そうだから、シィルとセルは回復の雨の回復量を強化して、志津香は炎の矢x3と溜めなし局地地震、カロリアは毒針x4、といった具合のFRボーナスの取り方をしましたが、コパンドンとサーナキアはSPのみを上げました。

ランス、シィル、かなみ、マリア、志津香まではランスシーズの顔とも言えるお馴染みのメンバーで、パットンとセル、サーナキアはランス3と4で登場してきた顔ぶれだけれど、今作で最も淫靡で印象的だったのはタマネギになりそうだ。

変態の向こう側へ到達していそうなタマネギであるが、あまりにも変態すぎてランスが一目置いているほど。タマネギはランス10に登場しないようだから少しだけ寂しさを感じますが、超変態枠で出してあげたらいいのにな。

そんなわけで、まだまだこれからランス6をやり込んでみます。

ランス 6 ~ゼス崩壊~ プレイ開始

投稿日:2018/01/06 |  カテゴリー:ランス 6 ~ゼス崩壊~  |  コメント:2
game010116.jpg
悩む。どれがいいのか

ランスシリーズ最終作となる「ランス10」の発売日が1ヶ月半後に迫りましたが、そろそろランス6に本格的に取り組む頃合いかと感じたから始めてみました。ランス6と10ではゲームシステムが大きく異るものの、同じシリーズの過去作を数百時間レベルでプレイするとお腹いっぱいになって最新作への意欲が減退してしまうから、始めるのがちょっと遅かったかもしれない。

随分前にDMMでDL版を購入していたのだが、ダウンロードしたファイルを「Cドライブ」に置いておかないとインストール作業ができませんでした。最初はWin10だからダメなのか、他に原因があるのかと考え込んでしまったけれど、Cドライブにファイルを置けばWin10でも問題ありません。

まだ10時間もプレイしていない序盤だけれど、数年前にプレイしたランス9よりは6の方がキャラクタ育成システムに深みがある印象です。とは言っても6は何かにつけて猿玉や蟹玉などが必要になるから、それらを集めるのが面倒でもあるけれど、9のような難度が超低めで1から100までプレイヤー接待システムよりも、個人的には6のような手ごたえがあるゲームの方がやっていて面白い。

いま最も悩んでいるのは各キャラクタらの好感度ボーナスで何を選択するかで、活動力がいいのか攻撃や回復技能の性能を上げればいいのか、先が見えないから判断しづらい。いずれにしても、何度でも好きなだけ出撃できる本作では、経験値所得という選択だけはないけどね。

天結いキャッスルマイスター - ガイドブックの話

投稿日:2017/10/28 |  カテゴリー:天結いキャッスルマイスター  |  コメント:4
「天結いキャッスルマイスター」応援中!

天結いキャッスルマイスター パーフェクトガイドブックの発売日告知がありましたが

発売日:2017年12月15日
価格:4,536円(税込)

天結いキャッスルマイスター パーフェクトガイドブック - 公式通販

神採りのガイドブックと比べて高いなと思って調べてみると、ここ数年内のものだと「天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA」「珊海王の円環」、この2作のガイドブックのみ4千円を超えていたようで、それらに続くちょっとお高い品になるようだ。

エウシュリーの公式通販ページに商品概要の記載があるけれど、あれを読んだだけではアペンドの規模を推し量ることはできない。現状の天結いは「転生」「アイテム総数999まで」といった仕様ではないですから、少なくともこれらは含まれていそうだ。後は戦える場がどれだけ拡張されているかだね。

天結いキャッスルマイスター - Bルートも終えた

投稿日:2017/08/30 |  カテゴリー:天結いキャッスルマイスター  |  コメント:2
「天結いキャッスルマイスター」応援中!

8月10日に発売された「グアラクーナ城砦拡張パック」を導入後にもう1つのルート攻略を少しずつ進めていたのですが、さきほど最後まで完走しました。今回のプレイは3周目だからキャラクタが相当強くなっているので、難易度「通常」のままだと張り合いがなさ過ぎて気が抜けたようなプレイになってしまった。

2つのルートを終えてみた訳ですが、この形よりも神採りや創刻のアテリアルのように3つほどルートがあって、ルート毎に展開とヒロインが異なる作りの方がしっくりくるかなといった印象を受けました。

天結いの2つのルートが悪いという見解ではないけれども、やっぱり最後は気持ち良く終えたいという思いが強いことと、3つほどルートがあると周回による飽きを低減することができますから、やり込み周回ゲームであるこのシリーズと親和性が高いはずです。そういった観点に立ってみると、「ヒロインエンドが9つなんて多すぎるだろう」と言った意見が散見された創刻のアテリアルは理に適っていたのだろう。



これで3周目のプレイを終えましたが、本体、初回特典、追加アペンドなどで実装された全ての味方キャラクタを使用したことになります。初回クリア時は「天使ミクシュアナが最も使えるキャラだった」と意見を述べていますが、全てを見た後は周回で使用可能になる「ヴァレフォル」が最優秀キャラクタかなと感じました。

このゲームはドロップ品の数が増すフールティアスや捕縛ロープを頻繁に装備し直すプレイスタイルになる訳ですが、ヴァレフォルはスキルと装備品によってそれらの組み合わせが有効に機能しやすく、さらには持ち前のクリティカル率の高さとあいまって使いやすいキャラクタでした。

・スキル:お宝回収 ドロップ獲得数が2倍
アイテムフールティアスの効果に加算され飛躍的に入手数が増える

・盾:睡魔の盾
攻撃魔法「イルザの束縛弾」が使用可

・イルザの束縛弾
モンスター捕縛効果付きだから「捕縛ロープ」装備の手間いらず。魔攻が高いキャラほど高ダメージになるので、ヴァレフォル、リリィ、ロズリーヌ、ミケユ、エウシュリーちゃん、ユエラ向きであり、属性が無属性攻撃であることも大きな利点。

・ヴァレフォルのクリティカル率は体感的に80%から90%
敏捷も高いヴァレフォルは3回攻撃になることが多くて、ほぼ毎回3発ともクリティカルになります。

これらの組み合わせによってフールティアスを装備しっぱなしで進撃可能になりますから、使いやすくて非常に攻撃力が高く、さらには移動力も最高の優秀なキャラクタだと感じました。

グアラクーナ城砦拡張パックで実装される神採りのメインヒロイン「ユエラ」ですが、攻撃力においては全キャラ含めて最高なのではないだろうか。ヴァレフォルほどではないがクリティカルの頻度がけっこう高く、装備品によっては最高の物攻を実現していた。さらにはとある武器を装備すると魔攻が極めて高くなり、魔法攻撃のレンジが異常に長いといった特性もありますから、物理、魔法の両面において最強かもしれない。

・クリティカルの頻度
異常に高い:ヴァレフォル
かなり高い:リリィ、イオル
そこそこ高い:ユエラ、エウシュリーちゃん



パーフェクトガイドブックがいつ発売されるのか。ガイドブックにアペンドが付属するのか。アペンド付きだとしても、その内容は神採りのアペンド2.0くらいの規模があるのだろうか、といった所が気になりますが、神採りは4月22日に発売されて10月7日にガイドブック情報の告知でしたから、5月26日に発売された本作天結いも10月の初頭か11月あたりに情報が出てくれると嬉しい。

天結いキャッスルマイスター - Apend03到着

投稿日:2017/08/11 |  カテゴリー:天結いキャッスルマイスター  |  コメント:0
AGE_2017_08_1sss.jpg
残るは04が出るのかどうか

Apend01:初回予約特典ディスク
Apend02:DL版トラブルお詫び品
Apend03:グアラクーナ城砦拡張パック(今日の話題の品はこれ)
Apend04:??

本日「グアラクーナ城砦拡張パック」が届きましたが、ディスクに入っているHTMLマニュアルにアペンドデータ02と03の詳細な発生条件が書かれていました。グアラクーナ城砦拡張のイベント発生条件が記されているのは当たり前だけれど、お詫びアペンド02については分からないことが多かったので有り難かった。両方とも終章に突入すると発生しなくなるようなので、その前に色々とやらなきゃ。

グアラクーナ城砦拡張パックで再び登場することになった神採りアルケミーマイスターのメインヒロイン「ユエラ」ですが、発売前に公開されたボイスデータで同じ人であることが確認できたけれど、4年から5年ぶりのゲーム声入れ復帰のようだから、これはかなり貴重な作品だろう。私が知らないだけで他にもあるのかもしれないけどね。

さて、天結いは2周目を終えているわけですが、本編の敵はそれほど強くなかったけれど、EXマップ関連の敵は難易度「通常」でもけっこう強いので、3周目は難易度「通常」のままで行くか、「強敵」にするか迷ってしまう。

「天結いキャッスルマイスター」応援中!



●やり込みゲームとして重要な数量的なもの

アペンドが増える毎に情報画面に表示されるアイテムやユニットの数も増えていくわけですが、本体+AP01+AP02の状態と、そこに今回のグアラクーナ城砦拡張パック(アペンド03)が加わった時の増加数はこうなっています。(左がAP03無し。右がAP03インストール後)

・専門用語
 30→30

・キャラクター
 33→34

・ユニット
 285→332

・アイテム
 636→725

・装備リンク
 87→92

・施設
 95→106

・スキル
 400→422

・結騎4人の訓練できる数
 54→80

・霊体2人の訓練できる数
 54→60

このようになっていて、アイテムとユニット数はかなり増えているようだ。そして今回のメインとも言える結騎のアップグレードもけっこうな種類が追加されています。

峰深き瀬にたゆたう唄 - 1周目クリア

投稿日:2017/08/09 |  カテゴリー:峰深き瀬にたゆたう唄  |  コメント:0
Desktop_2017_07_08_20_39_25_675s.jpg
天結いでも出てきた彫像さん

2006年に発売されたエウシュリーのRPGですが、毎日少しずつプレイしてやっと1周目を終えることができました。私がプレイしたのは廉価版ではなくパッケージの通常版になりますが、6年ほど前に戦女神2廉価版をプレイしたときに同時に購入していた。現状の環境はWin10ですから、当初はインストーラーが正常に動作せず困り果ててしまったけれど、毎度お馴染みの右クリから互換性モードをWin7に設定したらインストールが可能になり、公開されてる修正パッチも同じ方法で当てることができました。

11年前のエロゲRPGということで、現在の作品群と比べると特にUI周りに関して洗練されていない箇所が目立つゲームでしたけれど、その半面、現在の作品には無い魅力的なやり込み要素(属性)を内包しているゲームでもありました。

数ヶ月前に同社の天結いキャッスルマイスターをそれなりにやり込み、数年前にアリスソフトのランス9を最後までやり込みましたが、時代のニーズにこたえるように、ユーザーに媚びを売るかのごとく楽々仕様にしてしまった代償として、やり込みゲームとしての魅力が大幅に損なわれている印象を受けました。

これはゲームの規模とかそういった物量的なものではなくて、たとえば本作「峰深き瀬にたゆたう唄」なら何の情報も得ずに普通に1周しただけだと、隠し要素的なものを全て開放することはできないはずだ。2周目に移る時に、そういった隠し要素的なものやCG鑑賞モードで空欄になっている箇所が何であるかを自身で吟味しているうちに、「ミステリアス」な印象が「魅力」へと変化していきます。

こういったエロゲRPGは、従来のテキストノベルの特徴でもある「複数のルートを探す楽しみ」「同時にCGを全て開放すること」、これとやり込みRPG/SLGにおける「周回でさらなる強化」「周回毎に難易度を上げる楽しみ」の組み合わせがすこぶる良好であり、個人的には奇跡の組み合わせだとも思っています。

一昔前のエウシュリー作品は複数の難易度が備わっていることも魅力の1つでしたが、最近の作品は「普通」と「難しい」の2つしか用意されておらず、この件も念頭に入れての意見になりますが、「面倒くさいから1周でCGを全て開放できるようにしてくれ」という声が多かったのかもしれないし、難易度が5つ6つあってもあまり意味がなく、バランス取りが面倒だから手を抜くようになったのかもしれないけれど、その結果、最近の作品群は何か大事なものをどこかに置いてきているような、そういった印象を強く感じました。

何でも複雑になれば良いってわけではないし、本作「峰深き瀬にたゆたう唄」の場合は古いゲームで作りが雑だからそういった面が逆に魅力的な要素に見えてしまうだけかもしれないけれど、それらミステリアスに感じる部分に関しては古い作品群の方が味わい深く印象に残るものだと思いました。



本作の感想と言うよりも過去作品と最近の作品の傾向を語って残念がるという中身になりましたが、誤解のないように書き加えると、遊びやすさやシステム面に戦闘シーンの面白さとか、CGの美しさや物量面でのやり込み要素など、そういったものは最新作の方が圧倒的に優れています。

本作はUI周りや戦闘システムにおいていささか古臭さを感じたものの、それほど違和感なく1周目を最後まで遊べたわけですが、シナリオの展開と言うか「伏線」「配分」に関してはちょっと疑問が残る内容だった。

本作は舞台となるエテの街の下部に存在する「歪みの主根」という迷宮を探索するのがゲーム部分の根幹となっていて、街や迷宮内でのシナリオパートと平行して物語が進行していきます。シナリオパートは安穏とした日常メインで進むわけですが、重要な部分の伏線などが殆ど示されないまま後半に突入し、最後の最後で畳み掛けるように真実が明かされてそのままENDという展開だった。

中だるみを防ぐためであるとか、物語の真相に対する欲求が強まるようにもう少し工夫を凝らした配分で伏線が見え隠れする味付けだったらさらに楽しめたはずだが、何も無いまま終盤に突入して、あっという間に真実が明かされてそのまま終了にはすっかり面食らってしまったのだ。

11年前のゲームだとしてもシナリオがとても大切なジャンルだからこれ以上詳しく書くことができませんが、いずれまた手が空いて2周目を行う気力が湧いてきた時に続きに挑戦してみたいです。1周目は「ミュリ」のルートになりましたが、どちらかというとセフィリアルートの方が重要なのだろうか。

天結いキャッスルマイスター - 2周した

投稿日:2017/07/07 |  カテゴリー:天結いキャッスルマイスター  |  コメント:2
「天結いキャッスルマイスター」応援中!

2周目を終えたがまたしても同じルートになってしまった。今作のルート分岐は内情を把握し難い部類であることは初回プレイで分かっていたけれど、もう1つの方はグアラクーナ城砦拡張パックを購入後に挑戦することにしよう。2周目でEXマップを全てクリアしたので、3周目の「もう一つのルート」は戦闘が楽々になってしまいそうだが、それは仕方ないね。

とは言っても今回のEXマップは3周目以降推奨と示されるだけあって、2周目のLv50前後程度だと当初は大苦戦の連続だった。1周目は「絶対に敗北を付けないプレイ」に徹していたので気づかなかったけれど、2周目EXマップで何度か敗北がカウントされた後にやっとのこと「初心者救済機能ヘタレマップ」が開放されたのですが、どうりで今回はヘタレ出現が遅かったはずだ。

ヘタレマップ内で「キングプテテット」を発見してからキャラクタ育成事情が一変したのですが、交戦するだけで経験値がかなり貰えるので、ここで全キャラクタをわりとあっさりLv70にすることができた。これがあったからEXマップの攻略が捗るようになったけれど、ちょっと温すぎに偏ってしまう育成かもしれない。

そんな訳で、グアラクーナ城砦拡張パックは8月10日に発売ですから、また1ヶ月後に天結い再開としよう。さらに続くガイドブック付属のアペンドの規模はどれぐらいなのか気になるね。

天結いキャッスルマイスター - ユエラ再び

投稿日:2017/06/30 |  カテゴリー:天結いキャッスルマイスター  |  コメント:0
「天結いキャッスルマイスター」応援中!

2周目で「ルート選択おそらく間違ってしまっただろう中」の私ですが、相も変わらず天結いキャッスルマイスターを楽しんでいる日々です。

本作用の新たなアペンド情報が本日公開されましたが、そのタイトルは「天結キャッスルマイスター グアラクーナ城砦拡張パック」というものらしく、前作である神採りアルケミーマイスターにおける同じポジションのアペンド「ハンナさんの巡礼旅行記」よりも5倍から10倍ほどのボリュームがあるようだ。

神採りではメインヒロインの1人だった剣士のユエラが新アペンドで登場するようですが、今作のアペンドではなぜか魔法使いになっているところが気になるポイントです。もう一つ気になる点としてユエラの声優は神採りと同じ人を起用するのかどうかで、できれば同じ声優の方がいいんだけどね。

後に発売予定のガイドブックに大型アペンドが付いてくるのか分からないけれど、グアラクーナ城砦拡張パックだけでもそれなりに大きな規模のようで楽しみです。発売日は2017年8月10日らしいから、あと1ヶ月ちょっとだね。

天結いキャッスルマイスター - お詫びの無料アペンド

投稿日:2017/06/23 |  カテゴリー:天結いキャッスルマイスター  |  コメント:2
「天結いキャッスルマイスター」応援中!

修正パッチVer1.04と同時に無料のアペンドデータが公開されましたが、今回のアペンドはDL版トラブルのお詫び品のようで、追加マップに一部モンスターの追加、フィアの衣装などが含まれているようだ。組長のTwitterには「ガイドブックやイベント出展用のアペンド等が決定されています」と書かれているから、ガイドブックがアペンド付きならばあと2つ予定されているのか。

昨日から2周目に突入していますが、周回用のエウカード収集なども新たに出現したりとそういった強化かつ遊び要素はしっかりと押さえているようです。取り敢えず新しい方は白エウカード優先になりそうですが、女神カードは必ず錬石が出るまで「行動前に戻る」で粘っているので、それだけでもけっこうな時間が掛かっています。

続きには現在の城砦配置画像などを。

続きを読む »

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター