CRPGまにあ

カテゴリー:国産SLG

エリクシア - これにて一先ず終了

投稿日:2016/03/22 |  カテゴリー:エリクシア  |  コメント:0
game009063a.jpg game009066a.jpg

おおよそ100時間ほどプレイしましたが、これ以上の真コンプを目指すとなると数百時間を超える時間を要しますから、取り敢えずはこれで区切りだろう。ミッション達成数が99/100だから完全クリアではないけれど、薬品関連は400/400ですから何とか納得できるラインまで到達できました。

本作については前回と前々回の更新で「プレイヤーが介入できる余地、工夫が凝らせる土台としての評価だと本作はかなり高い位置にくるだろう」「秘訣が分かってくるとSランクが当たり前になってストレスフリーになりますから、そうなってくると犬と猫作品の中でも面白さは上の方にくるゲームなのではないだろうか」

と述べていますが、序盤から中盤まで、プレイ時間に概算すれば1から50時間程度までなら工夫を凝らせるゲームであることは確かだけれど、その地点を越えて最終段階にまで達するとまた違った顔が見えてきました。

犬と猫の他作品ですと、例えばムーンライトバスケットなら容易に入手できない品や各地域限定の品などもあり、どの段階に至ってもアイテム固有の特徴が引き立つ仕組みでしたが、本作はただ単純に価格と効果が高い薬品が開放されていくだけの作りであるから、品々に個性が無く終盤のゲーム性は極めて単調なものになるのだ。

犬と猫作品ではライト仕様だと言われるラクノープリンセスでさえ、終盤に入ってコンプを目指すプレイ段階になっても販売する品や生産設定などに頭を使って楽しめる仕組みでしたが、本作エリクシアの最終段階の実情はただ数値が異なるアイテム開放を待つだけの「受け身ゲーム」という印象が強く、そういった面では犬と猫の他作品と比べて残念な仕上がりだと言わざるを得ない。

診察に関しては「慣れてくるとSランクが当たり前になる」と前回と前々回記事で書いていますが、確かにそれは間違いのない事実だけれども、どこまで行っても「診察してくれ!」という進行停止イベントが頻発することになりますから、これは本作最大の問題点だ。

なぜ本作の診察イベントがストレスに感じるのかと考えてみたんですが、「能動と受動」の違いなのではないだろうか。他作品でも生産の再設定やアイテム整理や仲間のスキル入れ替えなどでプレイが中断されることは数えきれないほどあるけれど、それらは自分自身が好んで状態改善を願う前向きな動作であることに対して、本作の診察は「何々をしてくれ」という受け身イベントであるから、これがストレスに感じるかどうかの違いなのだろう。

とは言っても「能動と受動」に関しては全てのゲームに言えることだろうから、本作のみの問題ではないけれども、これまで様々なゲームで感じてきたストレスの一部はこういうことだったのかなと再認識した次第。

game009064a.jpg game009065a.jpg
最終的にはシオ、フィル、ティコの3人をメインに使っていた

ちなみにランク8の薬品を扱う段階になって余裕ができた頃にやっとのこと「オート診察」に移行しましたが、その段階はプレイタイム60時間を越えた辺りでしたから、丁寧なプレイを心がけるのなら診察による手間から逃れることは当分できないだろう。

高速プレイ中の「診察マウスさばき」は数あるPCゲームの中でもトップクラスの激しさであり、私個人としてはこれまでの数十年間のゲーマー人生の中でも3本の指に入るゲームなのではと感じている。

これまでの人生で右腕が腱鞘炎になるのではないかと不安になったゲームの頂点と言えば、ハクスラの中でも群を抜いてアクション性が高かった彼のタイタンクエストだけれども、それを押さえてトップに踊り出た本作エリクシアなのだ。

エリクシア - エンディング2に到達

投稿日:2016/03/09 |  カテゴリー:エリクシア  |  コメント:0
game008995a.jpg
慣れてくると非常に楽しくなるゲームです

3年前の初回プレイ時は経営が上手く行かなくて診察Sランクが思うように取れず、それが理由で投げ出してしまったんですが、秘訣が分かってくるとSランクが当たり前になってストレスフリーになりますから、そうなってくると犬と猫作品の中でも面白さは上の方にくるゲームなのではないだろうか。

序盤から中盤にかけての診療レベル1から5まで。薬品はページ5まであって左右に分かれていますが、薬品3ページ目の左側まで。ここまではある意味初心者用であって、この辺りで適当なプレイをしてしまうとSランクが取れなくなる状況に陥るわけですが、知識と経験がないからどうやって抜け出せばいいか分からずに困ってしまうのだ。

診療レベル6以上からはレベルを1上げる前に入念な下準備をして、薬品3ページ目の右側からは品質レベルを最大にしてから診察で使うように心がけ、この辺りまで来れば診察Sランクが取れて当然になってきます。

game008997a.jpg
やっと一人前

game009000a.jpg
今回も全コンプを目標に

最初の画像で主人公であるユメルシアが「最高到達」と言っていますが、扱う薬品はやっと4ページ目に突入した程度であり、キャラクタや馬車の強化などもそこそこレベルであるから、ここからがやっとのこと本番に入る頃合いだろう。

今回もラクノープリンセスと同様に序盤から使えるキャラクタである「フィル、シオ、マリエッタ」の3人で探索メンバーを組んでいますが、他の面子を使いたくてもレベルアップ費用を思うように工面できないから、もっと後になってから他メンバーのレベリングをしてみたい。

game009004a.jpg
究極合成は17個中まだ1つも達成できていない

エリクシアを再プレイ中

投稿日:2016/03/06 |  カテゴリー:エリクシア  |  コメント:0
game008957a.jpg
最初の10時間はリハビリかつチュートリアル

犬と猫のエリクシアは数年前に一時的に落ち延びていたCRPGまにまにの方に少しだけ感想を書いているんですが、エンディング2を見る前に診察が面倒になって投げ出したままになっていた。その1年後に発売されたラクノープリンセスは、これ以上やれることは何も無いと胸を張れるほどやり込みましたが、昨年のダンジョン少女は諸事情からプレイする機会に恵まれなかった。

今回は最初からやり直してのプレイだけれど、犬と猫作品の中では癖があって好き嫌いが分かれるエリクシアですが、プレイヤーが介入できる余地、工夫が凝らせる土台としての評価だと本作はかなり高い位置にくるだろう。

昨日「エンディング1」を終えましたが、本作のエンディング1はやっと長いチュートリアルが終わったと感じられる進捗度であり、これからが本当の勝負になります。現状はエンディング1後に少しやり込んで「調合レベル50」「名声レベル54」「診察レベルは最大6」といった状態ですけれど、やっと半人前になれたところだろう。

なかなか覚えられずに煩わしく感じる診察時の診察コマンドと病状に適した処方箋についてですが、検索してみると一覧表を画像にしたものがあったので、別PCでそれを表示したままにしてプレイすると捗るようになりました。有り難いことです。

後1ヶ月もすれば2016年の新作『ウィッチリングマイスター』が発売されそうですが、今年は即購入してプレイする予定です。

ラクノープリンセス - 今年もしおりが当たった

投稿日:2014/07/16 |  カテゴリー:ラクノープリンセス  |  コメント:0  | トラックバック:0


昨年発売された犬と猫のゲーム「エリクシア」のときもプラスチックしおりが当たっていたのですが、今回も当たりましたよと DiGiket.com からメールが届いた。

どうやら来年の作品製作に着手され始めたようで、次回からはツールがパワーアップしているらしいから、さらに良いシリーズになることを期待したい。

ラクノープリンセス - 「これ以上」がまだあったけど

投稿日:2014/06/07 |  カテゴリー:ラクノープリンセス  |  コメント:0  | トラックバック:0


前々回にこちらで「自己満足コンプ」はこれにて終了と書いているんですが、まだもう一つ「マナソース」を上限までカンストさせるという自己満足コンプが残されていた。

マナソースを使った武器やキャラクタの強化は全て終えてある状態で、自己満足コンプを完了した時点でのマナソース数は「49000」ほどであり、前々回に貼りつけたコノ画像を見てみると

プレイ時間:381時間(リアルタイム)
プレイ日数:545年(ゲーム内の時間)

このような状態でした。マナソース稼ぎのために1週間ほど前から水色の塔の -神- または -終- あたりで回しっぱなし放置を行って様子を見ていたんですが、恐らくマナソースの上限は「99999(九万九千九百九十九)」かと予想していたけれど、それは大きな誤算だった。

game00692af5.jpg
10万を越えた

念のためネタバレしないようにこちらは小さいサムネイルで
(クリックすれば大きくなります)
game0069afwfaw26.jpg
遊戯情報

4万9千から10万までにかかった時間が「194時間」であり、マナソースを「5万」稼ぐのに約200時間要するとしたら、もしも99万が上限だったら回しっぱなしの放置でも5ヶ月から6ヶ月かかることになるのだ。上限が999万だった場合は余りにも強烈すぎるからここでは割愛。

そんなわけでさすがにこれにて本当の終了になるだろう。消費電力10WくらいのPCが余っていたら半年寝かせておいてから味見したりするのもありかもしれないが、そこまでいくと最早なにをしているのか自分で分からなくなってきそうだ。

ラクノープリンセス - これが最後のパッチか。Ver1.13でオマケが追加された。

投稿日:2014/06/02 |  カテゴリー:ラクノープリンセス  |  コメント:0  | トラックバック:0


Ver1.13はオマケ要素として「最後の強敵への挑戦モード」が追加されたのですが、最初に戦ってみた印象としては「勝てるのかこれ」と感じるほど強かったけれど、武器の選択を間違わなければ何とか勝てるようになった。この真の強敵に挑戦するには「ライブラリ→その他の特典」に新たに追加された「?????に挑戦する」を予めオンにする必要があります。

メンバーは、ヘルシンキ、ルヴェル、ティコの3人で、もちろんレベルアップを適度に行い各キャラのステータスが上限になっていて、耐性などは最大で武器の強化も+100になっていることが前提ですが、武器のチョイスは

ヘルシンキ→太陽の神剣(恐らくこの武器がポイントかと)
武器覚醒スキルは全てクリティカル

ルヴェル→アンデリオール
武器覚醒スキルは全てマナブレイブ

ティコ→シーダの杖
武器覚醒スキルは全てマナブレイブ

もっと効率がいい組み合わせがあるのかもしれませんが、私はこのような状態で「真のボス」を倒しました。見事に倒すことができたなら、晴れ雲物語の5ページ目にイベントが追加されるのですが、言われてみればここは1つ空きがあったので、最初からこういった遊びを追加する予定があったのかもしれないね。

倒した証明を貼り付けますが、念のために一応小さい画像で。
(クリックすれば大きい画像が見れます)

game006wfaawg584.jpg



game00662afs9.jpg

戦闘中の画像を載せてみましたが、進行を押してずっと回したままで見てみると、上記の調整で勝率8割はありそうです。

ラクノープリンセス - これ以上はもうない

投稿日:2014/05/27 |  カテゴリー:ラクノープリンセス  |  コメント:0  | トラックバック:0


今の私は1台のPCしか動かしていないので他のゲームをやっていないときに放置プレイを続けていたのですが、1週間ほど前にラクノープリンセスが完全に終了しました。

1. 全ての動物レベルが最大
2. 全ての武器覚醒ポイントが99
3. 全ての敵討伐数が999

という具合に最もハードルが高いところを全て終えたわけですが、パソコンが1台余っていてマウスカーソル自動化ツールなどを使用すればもっと早く全コンプリートが可能だろう。私の場合は武器購入のときのみマウスクリック連打ツールを用いた程度でしたが、上手くやれば繁殖設定の入れ替え以外を自動化できるはずです。

というわけで証明をしなければならない事柄なので画像をたくさん貼り付けることになりますが、それらは続きを押せば見られます。

続きを読む »

ラクノープリンセス - 放置プレイで動物のレベル上げ

投稿日:2014/05/02 |  カテゴリー:ラクノープリンセス  |  コメント:2  | トラックバック:0
game005997.jpg
牧場に出している動物5種類がLV「+★」になった

game005afdda76.jpg
これは前々回記事での状態
(クリックで大きくなります)

前々回記事の画像と比較してみると分かるはずですが、以前の段階では太陽の黄金牛だけLV+★でそれ以外の動物は低いレベルだったわけで、やはりLV+★にすると体力と人気がかなり増すようです。

以前の段階では動物の人気による牧場の人気合計値が「19449」となっていて、全てをLV+★にしたら牧場の人気「24199」まで上昇し、約5000の差ですが客足がとても良くなりました。平均して日収300万から400万だったのが、400万から500万ほどに増えているから、動物の人気はかなり重要なのだろう。

以前の牧場の人気19449のときも、今回の24199のときも来客予想メーターは同じようにMAXに張り付いている状態ですけれど、内部値として後者の方がより客を呼べるようになっているのでしょう。

game00ojho998.jpg
これは歴代やり込みゲームの中でも指折りではないか

本作ラクノープリンセスは過去の犬と猫作品と比べて「易しいゲーム」であると感想を述べていますが、動物のレベル上げに関しては全く別かもしれない。全ての動物レベルを「+★」にするなんて、それこそ自己満足の境地でしかないのだが、本作の動物100種類のレベルを全て「+★」にした人がいたら、それはもう神認定だ。(その後に自分自身で達成してしまったので暇人認定に変更)



●動物レベルの上げ方

効率のいい方法を理解しているわけではありませんが、動物「A、B、C、D、E」がいたとして、AとBを交配させるとランダムでAからEのどれかが生まれる可能性があって、新しく生み出された動物のレベルがごく稀にプラス1する仕様のようです。

そういうシステムですから適当に10ずつ掛け合わせて放置してある状態ですが、既に通常プレイはやりつくしているから放置しているので、ゲーム好きな私が放置プレイを好むわけではないので誤解のないように。

ラクノープリンセス - エリクサの売り方

投稿日:2014/05/01 |  カテゴリー:ラクノープリンセス  |  コメント:0  | トラックバック:0
game00assfa93.jpg
LV最高にするのがなかなか難しい

エリクサはページ4のアイテムであり、秋以外は需要「1%」という低さで、期限が「全」になっているから品を陳列すると売れ残りが一日で廃棄されてしまう。それでいながら売りまくってアイテムレベルを最高にしないとヤヨイのお買い物では購入できないし、当初はエリクサ作成の材料となる品が不明のままで、どうやって数を売ればいいのか悩んでしまうことでしょう。

エリクサをある程度売るとLV3でレシピがアンロックされますが、それで出来上がる品はエリクサーであり、このエリクサーがエリクサの材料となっているのだ。そんな訳で、最初はどうやってもエリクサをある程度自力で売らなければ前に進めないのです。

手順としては、先ずは探索メンバーを鍛えて平原の「最後の平原」を楽にクリアできることが前提で、最後の平原でエリクサを大量に入手できます。しかしながら、大量に手に入れても品を並べると一日で消えてしまうので、短い間隔で少しずつ並べていくことが理想となる。

game0059affa95.jpg
アイテム指定ではこの場所でしか採れない

1. 季節はできるだけ秋を選ぶ
2. 最後の平原で入手可能なアイテムのうち「エリクサ」だけは明らかにしておく
3. エリクサを指定してエリクサのみ採ってくるようにする
4. 探索に出たらすぐに右上の「Camp」から「探索から撤退する」を選ぶ
5. 本来なら5日かかる探索が1日で中断されて戻ってくる
6. 20時にアイテム入手判定をされるが、このときにファシミアンシャモになってしまったらやり直し(20時直前にセーブしておく)
7. 次の日に1日で採れた分のエリクサを陳列して販売する
8. LV3になってレシピ「エリクサー」がアンロックされるまで繰り返し

エリクサは売れ難いがEXPバーの伸びはいいので意外とすぐにエリクサーがアンロックされますが、エリクサーの材料は「エリクサ2、神木の朝露1」となっている。ここからは先ずエリクサーをLV最高にするよう売りまくり、それを達成した後にエリクサーを大量に用意して、エリクサーからエリクサを日に10でも20でも50でもいいけれど、そこらは個人の裁量次第ですが、必要な分だけ作成して毎日少しずつ売りながらLV最高を目指すといいでしょう。



●他にも幾つか困難だと感じた事など

・生ゴミ→シオのクッキー→女神のクッキー

コストがずば抜けて良いから生ゴミは餌として活躍するアイテムですが、最初は騙し騙し色んな餌を与えることにして、販売枠が少ない序盤に無理やり生ゴミ売りに精を出す必要はないでしょう。販売枠が4くらいになったら生ゴミ売りを開始して、最高の5になってからシオのクッキー売りを始めても遅いということはないだろう。シオのクッキーはLV最高にするのに数年掛かりそうですが、これらアイテムからのレシピ連鎖は殆ど無いので問題になりにくいです。

・ページ5の「幻の特級ラクダミルク」

私はこれにハマった口でありますが、牛、鶏、羊、馬などは最上位の品種でなくても最高のアイテムを生産してくれるのだが、ラクダは最上位の「砂漠のキャマ」じゃないと幻の特級ラクダミルクを入手できないのです。どれだけやってもラクダのみ最上位の交配に成功しなかったのでだいぶ時間が掛かったんですが、ほんの数頭から十頭程度でも交配に成功して幻の特級ラクダミルクを明らかにすれば、そこからは材料となる「極上ラクダミルク」から作り出すことができます。この幻の特級ラクダミルクからは結構な数の品が連鎖していくので、意識的にラクダの交配を優先したほうがいいでしょう。

・女神の寵愛する小麦粉

初期の仕様ではミッションクリアの報酬としてヤヨイのお買い物から入手できた品らしいのだが、アイテムタブに不具合があってそれが見つけられないシステムだったようです。私はこれにもハマった口で、最後の最後まで「女神の寵愛する小麦粉」から発展していく品を見つけられないでいたんですが、パッチで仕様変更が入り、今は周期的に訪れる特別ダンジョンのどこかで大量に入手することができます。

ラクノープリンセス - 放置プレイでさらにやり込み

投稿日:2014/04/30 |  カテゴリー:ラクノープリンセス  |  コメント:2  | トラックバック:0
game0inini1.jpg
放置流し稼ぎではこの販売品もいい

この組み合わせで安定して稼ぐには、牛と鶏とラクダの上位が相当数必要になるが、いざ歯車が噛み合えば何も触ることなく10分で1億ほどの稼ぎになります。この中でもレトレトオムレツはページ4の品であり、材料の一つとなる極上ラクダミルクは最上位のラクダミルクではないので、エンディング1を終えたあたりの中盤戦でもレトレトオムレツによるお金儲けはかなり効率が良さそうだ。

何よりこの組み合わせはいかにも牧場していますといった商品ばかりであるから、気分がのってくる嬉しい品ばかりなのだ。

game005awffa2.jpg
生産設定はこうなっている

オムレツの2種類は春と夏だと日に200個ほど売れることもあるのだが、この2つは消費期限が一日しかないので過剰な生産を控えたいところだろう。放置プレイだから無理をしない数値として両方とも150個程度がベストだと感じた。レトレトオムレツの生産量が300になっていますが、女神のオムレツの材料の一つがレトレトオムレツなので、その分を毎日生産するから300になっています。

game005afa76.jpg
動物はこのような具合に

牛の2種類は海洋ゴールデンミルク、砂漠のキャマことラクダは極上ラクダミルク、神鶏は海洋ゴールデン卵を毎日生産する設定にしてあるんですが、先述しましたが最上位の砂漠のキャマではなくもっと下のラクダでも極上ミルクを生みだすことができる。とは言っても下位品種だと生産量が少なかったりするから、安定させるにはやはり上位品種が欲しくなるだろう。

game00asfs73.jpg
ヤヨイはこれまでどれだけの量の生ゴミを買ってきてくれたことか

ゲームが終盤に入ってからの動物のレベル上げでは「水龍の血を受継ぐ龍魚」が有り難い品となりましたが、普段の餌はコスト面からしてやっぱり生ゴミで決まりだろう。アイテムをほぼコンプしている段階でのお買い物枠は「オール生ゴミ」にしておくことが多くなるはずですが、女神のオムレツ材料として「レトレトマヨネーズ」と「女神の蜜」を入れてあります。

女神の蜜はダンジョンで大量に取れる品だけれど、放置プレイでの探索は水色の塔に固定しておくので買い物で賄っている。マヨネーズはページ3の品で価格が890と安い品なんですが、こうやって999個購入設定にしておいても減っている必要な分しか購入しないから安心なのだ。(アイテム数の上限は9999個)

game00fsafas970.jpg
給餌は自動で行ってくれるから手間がかからない

餌は生ゴミだけにした方が安定するので、生ゴミ9999個以上の餌ポイントを超える餌庫拡大は控えた方がいいかもしれない。プレイしていないとこの意味が分かり難いかもしれませんが、自動給餌は餌量が減ったときに行われるので、餌庫の最大値が高いと生ゴミ以外にも設定している餌を勝手に消費してしまうからだ。その場合は生ゴミにだけ「○」設定にしておけばいいのだが、動物のレベルアップ時にまた切り替えする必要に迫られることになる。

とは言っても牧場に出しておく動物の餌消費量が餌庫の最大値を超えると動物の体力が下がってしまうので、この点のバランスは自分なりに見つけるしかないだろう。



このような状態で報告カット設定をしておくと、後はもう放置のみでどんどんお金が増えていくわけですが、この方法だと武器もあっさりと精錬度オール+5にできた。

game00sfa74.jpg
杖と槍の上がりが悪かった

探索メンバーは取り分が低いフィル、イヴ、マリエの3人にしていますが、きちんと強化すれば最後の塔の「S????」を安定して倒せるし、塔はマナソースが沢山取れる場所なのだ。

こうやって全て終えてからでも自分なりに遊べる良好なシリーズなんだけれど、まだ一つだけ動物の質というものが残っている。繁殖を繰り返すと稀に動物名の横にある「+」の数値が上がることがあり、そうなるとその動物の人気などが増えるようだけれど、さすがに全種類を最高の「+★」にするのはこれこそとんでもない事だろう。

それは絶対に私には無理ですな。

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター