CRPGまにあ

カテゴリー:プレイステーション2

うたわれるもの - とっても良かったです

投稿日:2012/02/14 |  カテゴリー:うたわれるもの 散りゆく者への子守唄  |  コメント:0  | トラックバック:0
「良かったです」
気の利いた言い回しが他にもあるけれど、素朴に良かったですと表現するのがこの作品に対する礼儀だと思った。2002年に音声無しの18禁PCゲームとしてリリースされ、2006年のアニメ化とフルボイス仕様でのPS2版が好評を博していたようですが、私は今回プレイするまでその存在すら知らなかった。

プレイしたのはPS2版で、某サイトでの評判だけを拠り所にして、世界観や声優陣どころかジャンルさえ知らないまま遊び始めたのだが、一切のデータを遮断してのプレイは劇中で読解できる情報量が低下してしまうけれど、やっぱり何も知らない方が感動と驚きが一際大きくなるのだろう。

システム的な妙技として、この手の国産ADVは感動や驚きの演出作りのための「対比」作りの仕込み時間が重要になってくるのだが、本作は有り触れた日常、そして家族愛や仲間との信頼関係など、これらと凄惨きわまる戦争が対になっており、そこらの表現力がとても上手く機能していただろう。

ファーストリリースからは10年、アニメ+PS2版での旬からは5年ほど経ってのプレイとなりましたが、1年ほど前に「うたわれるもの2」の発表があったようで、うたわれるものが好きになれたから二作目はどうしてもプレイしてみたいゲームとして急浮上してきたのだ。初版はPS3のみのようで残念であるが、恐らく次回は初代と逆の流れで、PS3→18禁PC版及びPSP版、になりそうであるから、18禁要素が追加されたPC版が発売されるようなら購入してみたいと思う。

そんな訳で、某批評サイトの「中央値90以上の作品を選択」すればまず間違いがないと再認識したのだけれど、今後もこのスタンスを通して定期的に国産名作ADVをプレイしていこうと思います。

続きは作中での名詞を含めた些細な感想を少々。
毎度ですがゲーム未プレイ及びアニメを見ていない人は続きを押さないで。

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

PS2のThe 鑑識官で遊ぶ(終わらせた)

投稿日:2011/12/06 |  カテゴリー:THE 鑑識官  |  コメント:0  | トラックバック:0
the2011_1203_152123_937a.jpg
識子と鑑太

SIMPLE 2000シリーズ Vol.70 THE 鑑識官

2年ほど前にSIMPLE1500シリーズ Vol.59 THE推理 ~IT探偵:18の事件簿~という推理アドベンチャーゲームをプレイしたんですが、同じメーカーの作品 The 鑑識官 も以前に購入していたので、手が空いたこの時期に遊んでみた。推理、裁判、鑑識官、爆弾処理班と4つのシリーズがあり、その中でも鑑識官は面白いという意見が多いシリーズです。

短編10話から構成されるシステムで、ちょっとした事故から計画的殺人や未解決犯罪など、多様性に富むシナリオがなかなか面白く、平均すると1つのエピソードで1~2時間は楽しむことができるボリュームだろう。素材としては犯罪を扱っているが、絵柄を見て分かるように雰囲気はハートフルアドベンチャーゲームといった具合で、胃の内容物やら体の切断面やらといったグロい要素などが中和され、適度な緊張感を味わえるゲームとなっている。

ゲームの進行は
・事件が起こる。或いは提示される。
・現場に赴き指紋をとったり証拠を回収したり現場写真を撮る
・科研に戻って各課に鑑識を依頼する
・場合によっては聞き込みなども行う
・鑑識結果から考察して事件を解明していく
・時には横槍が入ったり様々な障害が発生したりする

現場へは1回行けば済む訳ではないし、そこらは物語の便宜的に広がりがあります。考察シーンの選択肢を何度も間違えてしまうとゲームオーバーになり、屋上でセーブした場面からやり直しになってしまうので、コマンド総当たりといった味気ないプレイにはならず、自ずとゲームに没頭して真剣に推理が行えるシステムであるだろう。成績によってクリアデータのメダルの色が変化して、10話全てで完璧ゴールドメダルを取ればオマケエピソードを見ることができます。

推理ゲームは刑事視点であったり、探偵だったり、本作の別シリーズである裁判であったり、プレイヤーの視点は様々だが、現場の証拠品などに最も近い視点として、鑑識官という位置付けはその中でも映えやすいものだと言えるでしょう。

The 鑑識官だけでも4作品リリースされていて、初代はPS2で、2作目と3作目がDS、4作目は短編のみの携帯アプリで発売されたらしい。結構お気に入りなゲームになったので、DSと互換性がある3DSを購入しようかなと考えるようになった。

ゲーム内容の話題からは逸れますが、猫の鑑太君役の声優さんは3代目のび太君の人のようで、この作品(2005年)がデビュー作だったようです。調べてみると、普通の主婦だった日常からあることを境に声優を目指すようになり、そこから短期間で開花した特異な例だろう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

四八(仮) 理解の範疇を超える

投稿日:2010/08/19 |  カテゴリー:四八(仮)  |  コメント:0  | トラックバック:0
何気なく続けていた四八(仮)
このゲームにはRPG風に表現すると、メインクエストに該当する「あなたシナリオ」という物語がありまして、各地の物語を読み進めていけば自動的に始まるもので、物語を全て見ずともエンディングになってしまいます。

そのエンディングがこれまた癖がありまして。
(続きに直接的なネタバレはありません)

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

四八(仮) 心霊現象否定派の私

投稿日:2010/08/14 |  カテゴリー:四八(仮)  |  コメント:2  | トラックバック:0
48a.jpg
暑い夏の夜に丁度よいゲームだ

知る人ぞ知るゲーム 四八(仮)
「10年に一度出るか出ないかの逸材」と囁かれるほどの破壊力を秘めている。

ホラーゲームを記事にしているところから、私は心霊現象肯定派と思われていそうだが、どちらかと言うと否定派です。これまで数回ほど常識では説明できない現象に遭遇しているので、完全に否定はしない。霊の存在有無よりも、芸術作品として、読み物として楽しめたらそれでいいじゃないか、そういうスタンスな私です。

クソゲーオブザイヤー大賞作品であるからこそ、私としてはお気に入りゲームでもあるので、終わらせるのが勿体無いから少しずつふと思い出した時にプレイしています。

ニコニコ動画に破壊神兄弟という御二方が四八実況動画をアップされていて、そちらを見ればどのような作品なのか理解できる。特に第一回目は選択都道府県からしてお勧めだ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

怪作 四八(仮)

投稿日:2009/12/28 |  カテゴリー:四八(仮)  |  コメント:2  | トラックバック:0
以前にも書きましたが私は極端な性格の人間です。Wizardry 8のような重厚で戦略性に優れたCRPGが再び登場して欲しいなどという夢を抱きつつ、対照的に「クソゲー、バカゲー」が大好きだ。四八(仮)というゲームは2年前に発売された作品なんですが、2007年度クソゲーオブザイヤー大賞を受賞し、10年に一度出るか出ないかと言われるほど滑稽なゲーム。ジャンルはホラーアドベンチャーゲームなんですが、サウンドノベルのようで、いや…プレイしていると何者なのか分からなくなってくるほどイカレたゲームかもしれない。

hunuaaCap 2009-12-28 14-25-40-36
つい先ほどプレイした沖縄。これはかなり精神的ダメージが高かった

企画・脚本は、私の世代ではとても懐かしいゲーム、ラストハルマゲドンの飯島健男氏(現:多紀哉)。ラストハルマゲドンは発売前に、ログインやコンプティークで「RPGの全てが変わる!」とでも言わんばかりの前評判の良さで、たしか1万円ほどしたような気もするが、貯めていたお年玉でPC88SR版を購入した。実際のところ、当時のRPGとしては及第点を与えられる作品で、ボリュームは価格相応のものがあった。

四八はクソゲーオブザイヤー大賞を受賞したほど一部には知名度の高いゲームなので、ちょいと検索したらどのような作品なのか分かると思います。私から言えることは

・バカゲー大好き
・モニターに向かってテレビ番組やゲームにつっこむのが大好き
・ホラーゲームが好き(正直なところホラーと言うよりお笑いゲームのような気がするが)
・クソゲーやB級映画の楽しみ方を心得ている

こういうお方でまだ未プレイなら、四八(仮)はこれ以上ないほどの快楽を与えてくれるでしょう。クソゲーながら目を見張るシステムが一部に存在し、契力という数値化されたパワーが重要なシステムで、この契力を使用して、サウンドノベル風の物語中に死んでしまった登場人物を生き返らせ、再び同じ物語を始めて別の分岐を進められる、とか。

だが、出来上がった物は歯車が全く噛み合ってなく、全国に散らばる各物語の統一感もなく、内容も薄く稚拙で、飯島氏が製作前に抱いていた構想とはぜんぜん違うものになってしまい、とんでもないクソゲーが出来上がってしまったのかなとプレイして感じた。とんでもない=通には美味しい作品、なんだけどね。

確かに強烈なクソゲーだが、プレイした感覚では今回のタイトルどおり
「怪作」と呼んだほうが適切かもしれない。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター