CRPGまにあ

カテゴリー:Divinity: Original Sin

Divinity Original Sin: Enhanced Edition - ファックマン氏の日本語化。システム面の調整が済んでプレイ可能状態になったようです

投稿日:2016/05/27 |  カテゴリー:Divinity: Original Sin  |  コメント:0
ディスオナード日本語化計画

本作はファックマン氏による旧版の「Divinity Original Sin 日本語化」が随分以前に完成していましたが、今回は Enhanced Edition 用として新たな日本語化ファイルが公開された模様です。

それにしても以前とは担当者が異なるとはいえ、国内の日本語版を扱うこのメーカーは何かと種を蒔いてくれるようで、一昔前は「Oblivionの日本語データをMODという形で配布する」と宣言したままお流れになり、恐らくこれが原因でOblivionの有志翻訳に影響があったのではないだろうか。

今回の Divinity Original Sin: Enhanced Edition では、コンソール用の日本語版発売が決まった後に、SteamであたかもPC日本語版を準備してますよと言わんばかりの「日本語データポロリ騒動」があったようで、これは確実に日本語化活動に影響を与えたことでしょう。

私自身は日本語化ファイルを使う一人のユーザーであって、何も貢献していないから上述の件に対してこれ以上言う権利はないけれども、こういった一昔前の出す出す詐欺や、意図的なのか策略か、はたまた単なる事故なのか分からないが今回のポロリ事件にしても、それらの事象から「やった、PCで日本語版を遊べるんだ」と喜んだ人が数多くいるのだから、その気持ちを裏切り続けていることを忘れないでほしいね。

他にも1年前の件とか、見損なったぞLarian Studiosとか、言いたいことは沢山あるけどつまらないからやめておこう。何れにしてもファックマン氏ありがとう。



DoS EE-MegaPack GraphicMod (4.5a) by A100N

本作のリテクスチャMODと、三段目に「ReShade for DoS EE by A100N」というファイルがありますが、これらを入れると画質が引き締まってより美しく見えます。オリジナルの雰囲気を損なわない画質強化だからお勧めです。

私は上からこのような順で入れてみました。

1. DoS EE-MegaPack GraphicMod (4.5) by A100N
2. 1-DoS EE-MegaPack GraphicMod - UPDATE (4.5 to 4.5b)
3. ReShade for DoS EE by A100N(これはSweet.fx、ReShade.fxなど)

EoCApp_2016_05_27zzz.jpg
ポートレートも変えています

私の環境ではVRAM使用量が100MBほど増えただけなので、どのようなPCでも導入できることでしょう。とは言っても開始地点を歩いてみただけの検証ですから、もしかするとVRAM使用がさらに増えるポイントがあるのかもしれない。オリジナルの状態だとVRAM1000MBちょい使っていて、このテクスチャMODとReshadeで1200MB程度になりました。

Divinity: Original Sin - Enhanced Edition

投稿日:2015/10/28 |  カテゴリー:Divinity: Original Sin  |  コメント:0  | トラックバック:0
EoCApp_2015_1afwf13_47_947.jpg
ありがとうLarian Studios

Divinity: Original Sin - Enhanced Edition

Enhanced Edition というその名の通り、パワーアップとコンソール機にも対応した新たな Divinity: Original Sin - Enhanced Edition ですが、PC版のオリジナルを購入していたユーザーに対しては無償提供されるということで、オリジナル所持者の私は本日から Steam でプレイできるようになった。

オリジナルの方は誠意的な訳者による完全な日本語化ファイルが存在しているわけですが、本作は序盤を少しだけプレイしたまま後のお楽しみにと放置している状態でしたから、これでやっと気持よくプレイすることができるのだ。

Enhanced Edition ではゲーム開始時に4つの難易度を選択することになるが、最高の「Honour Mode」はパーティーが全滅するとセーブデータが消滅するらしく、ここ数年内にリリースされた厳しいルールの海外RPGによく見られる形だろう。

そんな訳で、いずれ本気で取り掛かる時は Honour Mode を選んでみたいな。

Divinity: Original Sin - 日本語化とハードコアモード

投稿日:2015/02/02 |  カテゴリー:Divinity: Original Sin  |  コメント:0  | トラックバック:0
EoCApp_2015_0awgawa13_52_931.jpg
書巻の類もこのとおり

どうやら1人でほぼ全訳された方がいらしたようで、これほどの文量のゲームなのに本当に素晴らしいです。昨年発売されたCRPGの中で最も高い評価を得ている本作ですが、会話が非常に重要なウェイトを占めているので、日本語化によるゲームへの没入度が間違いなく増すことでしょう。

もう一つは開発の Larian Studios がハードコアモードの実装を進めているらしく、何時になるか分かりませんが、本作でも手に汗握る「挑戦」に浸れる日が来るのかもしれない。

ここ最近はゲームバランスをユーザーに丸投げしているCRPGよりも、開始時にしっかりとルールを決めて攻略重視で最後まで遊べる作品の方に興味を惹かれる私ですが、どれだけ優秀だとしても難易度設定が平凡な作りであった Divinity: Original Sin は後回し扱いで放置していた。

ハードコアモードがいか程のものになるのか、実装される時期なども不明ですが、ハードコアが実装されてから本格的にプレイしてみようと考えています。

Divinity: Original Sin - 本日のひとこま

投稿日:2014/07/19 |  カテゴリー:Divinity: Original Sin  |  コメント:0  | トラックバック:0
EoCApp_2014_07awffawga19_392.jpg
まだぜんぜん進んでいない

だいぶシステムには慣れてきたものの、何度もキャラを作り直して様々なクラスを吟味していた。本作は旅の途中で2人ほどメンバーが追加されるようですが、最初の2人は自分で作ることになります。色々と試してみた結果、やっぱり解錠は大事だろうと言うことで「Knight」と「Rogue」に落ち着きそうだけれど、魔法やクラフトも重要だから悩んでばかりいる状態だ。

EoCApp_2014_07_awwaa_12_669.jpg
有志による日本語化が少しずつ進んでいる模様

現状は機械訳が殆どで意訳された箇所が少しといった進捗状況のようで、本作はテキストが多そうだから完成するのはだいぶ先になるのではないだろうか。

Divinity: Original Sin - 高評価は偽りではない。好いとこ取りかつ磨き上げられた本物のCRPG

投稿日:2014/07/12 |  カテゴリー:Divinity: Original Sin  |  コメント:8  | トラックバック:0
EoCApp_2014_07_1awfgwa11_55_595.jpg
この組み合わせで取り敢えず開始

まだ数時間ほどしかプレイしていませんが、本作の第一印象は俯瞰視点型の Tactical-RPG で良作と名高いものらの集大成的な位置付けだと感じまして、骨子は初代「Divine Divinity」であり、「Baldur's Gate」や「Drakensang」のような正統派CRPGの味わいがあって、さらにそこへ Tactical-RPG の名作と言われる「Jagged Alliance 2」の戦闘システムが加味されているといった具合だ。

EoCApp_2014_07_aw_19_742.jpg
障害物などを含めた精密な空間が構築されている

たとえば遠距離攻撃なら1発撃ってから物陰に隠れるといった戦術をとることが可能で、ただ殴りあうだけではなく地形などを考慮した奥行きのある戦闘が楽しめます。その操作は至って容易で、敵をクリックすれば最短距離で攻撃を仕掛け、移動したいのなら地面をクリックして距離調整をするだけであり、古めの Tactical-RPG でありがちである煩わしい操作システムとは真逆な良く出来たシステムだろう。

EoCApp_2014_07_11awfa02_27_091.jpg
トラップ類の解除方法は様々

画像は毒エリアをファイヤーボールで一時的に吹き飛ばそうとしているんですが、火に行く手を遮られていたら雨の魔法を唱えてみたり、宝箱を開けるには適切な鍵が必要だったりピッキングで解錠してみたり、他の方法として武器が傷んでしまうが殴ってコンテナを破壊することもできる。

コンテナ類の多くにインタラクトすることが可能でして、重そうなものを踏み床に置いて仕掛けを起動させたりというこの手のRPGでは馴染みのシステムがあったりしますが、初代 Divine Divinity と同様に家の内装なども出来るのではないかと今から期待がふくらむ。

EoCApp_2014_awgawfa_38_687.jpg
このようにアップにして見ることもできる

初代 Divine Divinity と決定的に違うのは完全な3D化していることであり、画像のようにアップにして360度どの方向からも見ることが可能だ。

今のところ数時間程度のプレイ時間だからまだまだ知らないことだらけですが、相当完成度が高い作品であることは間違いないでしょう。

Divinity: Original Sin - やっと購入

投稿日:2014/07/10 |  カテゴリー:Divinity: Original Sin  |  コメント:0  | トラックバック:0
EoCApp_2014_07_1afwafaw35_220.jpg
まだ何も理解していない

1ヶ月ぶりの更新ですけれど、ここ半月ほどは Hulu でドラマや映画視聴に精を出していた。正式発売から10日ほど経過した後に購入した訳ですが、ちょっと触ってみた印象では初代 Divine Divinity と同様に文章量がかなり多いゲームのようです。早い段階で日本語版が発売された12年前の初代作とは違って、今回は英語版だから根気よくプレイしなければならないだろう。

そんな訳で今日から少しずつ進めていきましょうか。
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター