CRPGまにあ

カテゴリー:Legend of Grimrock 2

Legend of Grimrock 2 - 苦労の末すべてを制覇

投稿日:2014/12/17 |  カテゴリー:Legend of Grimrock 2  |  コメント:10  | トラックバック:0
grimrock2_2014_awfafaf5_763.jpg
最終的にここまで育った

時間が掛かりましたがやっと最後までプレイすることができました。とは言っても全てを自分の力だけでクリアするという目標を達成できたわけではなく、最後の最後だけ Steam の実績アイコンを見てそこからヒントを得てしまった。しかしながら、それだけで謎が解けるほど甘くはないので、99%完全制覇未遂といったところだろう。

本作は海外産ダンジョンギミックゲームの最新作なんですが、大半の仕掛けと謎は相当ハイレベルで確かに難しかった。けれどもゲームをクリアするために必要になる大きな謎を改めて振り返ってみると、そのどれもが道理にかなっているものばかりであり、特にその点については絶大な高評価を与えたいです。

今月末にでも「今年最も面白かったゲーム」を書く予定なのでそこでも本作のタイトルが出てくるはずですが、これはもう紛れもなく歴代最高のダンジョン探索ギミックゲームであるとここで明言しておきたい。

続きには最終エリアやそれらに関連する感想などを書いていますが、ネタバレがありますので本作を最後までプレイした人向けです。

続きを読む »

Legend of Grimrock 2 - 時が動き始める

投稿日:2014/12/09 |  カテゴリー:Legend of Grimrock 2  |  コメント:2  | トラックバック:0
ありとあらゆる手段を講じてみたものの、一向にあの扉は開こうとしなかったんですが、やっと前に進めるようになりました。本日の分は Legend of Grimrock 2 を最後までプレイした人向けです。

続きを読む »

Legend of Grimrock 2 - 忘れてないぞ、ピラミッド

投稿日:2014/12/02 |  カテゴリー:Legend of Grimrock 2  |  コメント:2  | トラックバック:0
他事をしているときもあの入り口が脳裏にちらつき、「ピ」で始まる単語を見たら、「そう言えば」と記憶が呼び戻される今日このごろ。忘れるわけがないさ。

ここ2週間ほどは全く触っていなかった Legend of Grimrock 2 ですが、ピラミッドに入る方法が分からないままそこで止まっている。このゲームは今年最高の面白さどころか、ダンジョンギミックゲームとして歴代最高の出来であると評価していますから、たとえ何年かかろうと自分の力だけで何とかしたいのだ。

grimrock2_2014_agagwag7_720.jpg
ピラミッドから近い場所

久々に少しだけ探索してみると、ある事のみ進展があったけれど、どうやらそれはピラミッドと関係が無かったようだ。画像にその答えがあるわけですが、蔦のせいで気がつくまでにかなりの時間が掛かってしまった。

grimrock2_2014_1ahawgaga8_06_067.jpg
味わいがある景色だが、そろそろ先へ進みたいものだ

ここに至るまでにピラミッドについて記載されている紙片が幾つかあったのですが、それほど重要とは思えない内容ばかりで謎に通じるものは無かったはずだ。しかしながら、毎度の台詞ですが「先入観」によって大きな勘違いをしている可能性がありますし、そうなるとそこから抜け出すのは至難の業なのだ。

たとえば、右と左のアイテムを入れ替えればいいだけの仕掛けがあるとして、これを「探索してここに合うアイテムを見つけなければ」と思い込んでしまうと、それ以外の思考が止まってしまうからね。

Legend of Grimrock 2 - 区切りがついたけれど

投稿日:2014/11/14 |  カテゴリー:Legend of Grimrock 2  |  コメント:2  | トラックバック:0
前回分に書きましたが、「Cemeteryゲート」にものすごく苦労させられたが、その後は円滑に事が運んで一気に1つの区切りへと到達した。そのまま書いてしまうとネタバレになるから「区切り」と表現していますが、本作はまだ終わっていないのだろう。



grimrock2_2014_1awgaw5_180.jpg
Cemetery での光景

ダンジョン探索ゲームに限らず、コンピュータゲームの仕掛けの類はネタが出尽くしている感がありますが、やはり本作はその点にかけて一味違うし開発者らの熱意がひしひしと伝わってきます。その中でも画像の仕掛けはとても面白い部類のものだった。

grimrock2_2014_1awqg_00_40_549.jpg
Cemetery地上で入手

この武器は装備して使ってみても敵にダメージが通らなくて、霊体専用とかそういった種別かなと考えたときに1つのおぞましい敵が脳裏に思い浮かんだ。もしかしてと淡い期待を抱き、おぞましい輩を倒せなくて野放しにしていたエリアに戻って再戦してみると、この武器でダメージが通って見事にあやつを討伐することができたのだ。

Cemetery の地下へ進んで攻略を始めてみると、さすがに後半エリアだからか難度は高めだったけれど、件の「Cemeteryゲート」で鍛えられたからこれくらいで音を上げることはないさ。

もちろんそれなりに時間は掛かっているが、確実に仕掛けを捌いていって Cemetery 関連はほぼ攻略し終えたのだが、どうにも理解できない個所が2つ残ってしまった。

grimrock2_2014_wawah8_723.jpg
1. 見えない壁

正面のグリッドに進むことができなくて、画像で見えているが下にクリスタルが置いてあるけれど、そのクリスタルは機能していない。正確に言えばクリスタルなのにそのグリッドに入ることができるという「幽霊クリスタル」なのだが、ゲームクリアに関わっていないようだから、そのままにしてきてしまった。

grimrock2_2014_11_wagdaw_28_087.jpg
2. 壁の向こうでカチカチ音が

この場所は落とし穴の下のエリアであり、音がしている壁の向こうの真上にワープがあるからそれが関係しているのかもしれないが、他の場所でそんな「カチカチ」を聞いたことがない。こちらも解決できないからそのままにしてきた。

※これは「時計塔」という演出なのかもしれない



Cemetery ゲートの向こう側のエリアで、とある石像にピラミッド前の「沈黙石像」についてとても有益な情報を教えてもらえるのだが、ここらの仕掛けと演出などもかなり質が高いものだろう。ピラミッドへ行って「その時間」に「奴と同じ目線」でとある方向を見てみると道が開けた訳ですが、これで残るはピラミッドと東の城だけになった。

grimrock2_2014_11wgaw_15_574.jpg
これもなかなか面白い仕掛け

城内は複数の階層で成り立っているが、浅い階は狭かったり仕掛けが無かったりとそこまで広いエリアではなかった。仕掛けの難度は終盤のエリアだからかなり高いけれども、前述したように「Cemeteryゲート」に比べたら理解できるだけ分かりやすかった。

その後はとんとん拍子で進んで最後まで行けたんですが、これはいわゆる「もう一つのエンディング。もう一つの真ボス」(一応伏せ字)が存在するということなのだろう。

城1階の大きな鍵穴がある魔法のゲートは入れないままだし、それ以前にピラミッドにも入れていない。もちろん他にも入手していないアイテムなども沢山ありそうで、何か分からずに放置してきた仕掛けもけっこうあったりします。

本作はとても楽しめるゲームで、印象もすこぶる良いからルールを変えて新しいパーティーで2回目プレイをしたい気持ちもあるけれど、取り敢えず「区切り」になる直前のセーブデータから他の解法を探るとしましょう。

できれば難易度「Hard」「Ironman Mode」「Single-use Crystal」そして今とは全く違うキャラクタクラスで制覇してみたいけど、それはまた別の機会にでも。

●最初の区切り段階での統計

・難易度などはデフォルトのままでノーマルです。

grimrock2_2014_1gwagwa3_295.jpg
grimrock2_2014_11awgaw_15_967.jpg

Legend of Grimrock 2 - 苦節5時間以上

投稿日:2014/11/11 |  カテゴリー:Legend of Grimrock 2  |  コメント:4  | トラックバック:0
grimrock2_2014_1awgag9_10_684.jpg
開いたけどさ

Cemetery のゲートを開けるヒントは画像のすぐそばに立っている石像から得られるのだが、ここは苦労したというより意味が分かりにくかった。石像が示す「この扉を開ける手掛かりは Archives にある」という情報から、Archives で最も仰々しい仕掛けで封じられているエリアで入手した「手紙4つ」がその手掛かりだと推定できたけれど、それをどう解釈すればいいのかが分からなかった。

ゲート前に画像の大げさな仕掛けがあるものの、「ツンドラ」っぽいエリアに入るのか、それとも「ツンドラといえば寒い。だから画像の石を北のマスに動かすのか」という具合に悩みに悩みぬいたり、ツンドラについて言及している墓石の前を掘るのか、まず最初に一番北にある墓を掘るのか、墓を殴るのか、何かをぶつけるのか、薬品をかけるのか、それともツンドラって南なのか、暑い砂漠ってゲーム内のエリアのことなのか。ありとあらゆることを試して、さらに思考を続けるうち最後には何も考えられなくなった。

諦めかけていたその時、どういう順番で動かしたか全く覚えていないが、音をたてて奥へ続くゲートが開いたけれども、ここで5日ほど足止めを食らったことになるだろう。画像で見て左と右、北と南へ石を動かしたような覚えがあるけれど、個人的にこれはあまり印象が良くなく、開いた時もそれほど喜びを感じなかった。

とは言ってもこれでやっと先へ進めますから、5日間何も出来なかった鬱憤を晴らしてやりましょう。

Legend of Grimrock 2 - 順調にも陰りが

投稿日:2014/11/06 |  カテゴリー:Legend of Grimrock 2  |  コメント:2  | トラックバック:0
grimrock2_2014_faga_679.jpg
目眩まし攻撃が厄介なやつ

Ruins of Desarune が予想以上に手強かったため、その反動から Crystal Mine の序盤から中盤は調子よく進めていたのだけれど、最終的にどうしても謎が解けない場所が1つだけ残ってしまった。

その件はひとまず置いといて、本作の仕掛けは「上下」を有効活用している面白いものがけっこう有るんですが、同じ階層内で高低差を利用したギミックや、上と下の違う階層での繋がりなど、こういった所からも作り込みの高さが窺える。

grimrock2_2014_1agafga6_827.jpg
敵が復活してビーチエリアが阿鼻叫喚に。

少しずつ敵を倒しながら位置取りを変えていると、画像左側のキャノンを装備した奴だけ残ってしまった。落とし穴がある場所に誘いこんで有利に戦おうとしたら「突撃」のような攻撃を食らってパーティーは下水へ落ちてしまう。落ちた後に動きだしてみるとキャノン突撃君も一緒に落ちてしまったようで、ギミックではないが「上下の繋がりがリアルタイムに更新される」このシステムだと、戦闘中にもこうやって面白いことが起こるのだ。

grimrock2_2014awgaga22_45_15_986.jpg
もういい、来るなよお前さん。

まだ倒せる「その時」ではないのかもしれないが、どうやっても逃げられてしまうのだ。今回は爆弾の類を連射されて大苦戦してしまったが、地下ダンジョンではない砂浜でこの怪しげな表情はことさら似つかわしくない。

grimrock2_2014_1agaga6_04_28_609.jpg
けっこうゾッとする奴らだからモザイクで。

本作は海外RPGでは馴染みともいえる気持ち悪い巨大蜘蛛と頻繁に戦うことになるのだが、私は意外と蜘蛛は平気だったりします。以前は嫌いだったが、蜘蛛は憎むべき蚊やダニなどを捕食していると知ってからは気にならなくなった。

画像のモザイクはネズミの集団なのだが、これがなかなかゾワっとして気持ちが悪いのだ。素早く近寄ってきてパーティーの足元にまでめり込んでくるから尚さらタチが悪い。



grimrock2_2014_1awwaha_18_748.jpg
もう分かりません(何気に本作はライティングが素晴らしい)

話を Crystal Mine に戻しますが、クリアに必須だと思われるものは全て終えたはずだけれど、画像の「Forge of the Fallen Stars」と書かれた石碑と台座が全く分からないのだ。恐らく貴重なアイテムが入手できるシークレットの類だと推測しているが、どうやっても反応がないから泣く泣く諦めることにした。

grimrock2_2014_11awha_10_51_702.jpg
そして Cemetery へ来てみたけれど

Cemetery と入れない Pyramid は後回しにしていたんですが、そろそろ頃合いかと考え Ruins of Desarune の地下 Archive で入手した紙片の情報を元にして、どちらかに入れるのではないかと画策して色々と試してみたが一向に上手くいかない。

この Cemetery は雰囲気が上々のエリアだけれど、後半戦にはそう安々と入らせてくれないようだ。

Legend of Grimrock 2 - 順調なカタツムリです

投稿日:2014/11/03 |  カテゴリー:Legend of Grimrock 2  |  コメント:0  | トラックバック:0
grimrock2_2014awdfaw_524.jpg
昨日の晩から調子いい

まだ足を踏み入れていないが、ここは Crystal Mine の入り口であり、物を置いても下がらない仕掛け床が4つ並んでいた。このエリア内で Crystal Mine に入る為のヒントを話してくれる石像があって、少し考えてその通りに行動したら門が開いてくれた。

ちょうど今の段階で半分のエリアを発見しているようだから、そろそろ後半戦に入る頃なのだろう。それにしてもこのゲーム、仕掛けの密度と変化の加え方において、これまでプレイしてきたダンジョンゲームで最高の出来栄えだと言っても大仰じゃない。

よくここまで作りこんだものだ。

Legend of Grimrock 2 - 謎の Sword Rock Scroll

投稿日:2014/11/03 |  カテゴリー:Legend of Grimrock 2  |  コメント:0  | トラックバック:0
今日はただの泣き言ですが、どれだけやっても分からない。
一体なにがどうなっているのか。

でも諦めずに必ず答えを見つけだしてやるさ。

grimrock2_2014_11awgag_08_265.jpg
今日のお宝

以前に見つけたメモを頼りにこの場所へたどり着いた。本作はシャベルを使ったお宝掘りでも楽しめるんですが、今回は Trait 習得のブックを発見した。何気にこの Trait はキャラ作成時に覚えられないものなのだ。



●あれから30分後

grimrock2_2014_1afwfa1_514.jpg
誓ってみたのが良かったのか。開いたよ。

これもいわゆる謎解きの最大の妨げとなる「先入観」の一種だろう。

・誰も「ソコ」だと言ってない。

Legend of Grimrock 2 - 地下の下水で奮闘中

投稿日:2014/11/01 |  カテゴリー:Legend of Grimrock 2  |  コメント:0  | トラックバック:0
grimrock2_2014_1awf8_762.jpg
容赦なく武器を飲み込みやがります

Ruins of Desarune 繋がりのダンジョンでは数カ所ほど謎が解けていないものを残してきているが、いずれどこかでヒントが示されることを期待して先へ進んでいる。今回の下水は火の精霊のような自爆してくる輩がいたりと、まさにプレイヤーを殺しにかかってくる本気モードの敵ばかりなのだ。

grimrock2_2014_awfa3_49_255.jpg
二度目やね

かなりの強敵だからサイドステップを駆使して攻撃してみるものの、一定時間が経過するとアイテムだけばら撒いて消えてしまった。次の遭遇があるとしたら三回目になるので、そのときこそ仕留めてみたいものだ。

grimrock2_2014afaga_52_07_923.jpg
これは助かる装備です

下水ですから頻繁に水路に潜ることになるのだが、そこでこのマントと良質な杖を見つけることができた。水に入ると数十秒程度しか息が続かないので、通路に上がれるハシゴの位置を事前に確認しておかなければ溺れて大ダメージを被ってしまう。

某ゲームのように潜水系のアイテムが有るのかどうか気になるところだが、本作のこのバランスはなかなかよいラインをついているので、無制限潜水アイテムは無い方が良さそうだ。



●現在のパーティーレベル

grimrock2_2014_1awafafa53_083.jpg

初期習得済み「Trait」は経験値が10%多く得られる Fast Learner と、Health が+20される Tough を選んだ。上げているスキルは Light Weapon と Armor 、そして Athletics に「3」、Dodge にも振ろうとしているが、Accuracy と Critical の方が重要ではないかと感じ始めて今は悩んでいる。

二刀流は確かに手数が増えるけれども、既にかなりのタフガイ連中と遭遇してきているから、攻撃力の低さを痛感しているところ。そういう理由もあって Critical が重要かなと思っているのだ。

grimrock2_2014_afwwg43_53_667.jpg

初期 Trait は Head Hunter と Endurance にしたが ドクロの数だけSTRが1上昇する Head Hunter はなかなか面白い技能だ。この Barbarian は Heavy Weapon を使用しているけど、現状は最大の5ポイントに到達して両手武器を片手に装備できるようになっている。さすがに Heavy だからか Light より攻撃力が明らかに高いけれども、クールダウンが長めなのが短所となっています。

grimrock2_201awgwa4_251.jpg

初期 Trait はレベルアップ毎にランダムで特性が+1する Mutation と、Health+20の Tough を選択したが、Tough ではなくて Quick の方が良かったかもしれない。

クラス Alchemist で無くてもスキルさえ上げればポーション作成が可能なのだが、Alchemist にはクラス固有の能力として「ポーションの原料となるハーブがバック内で増殖する」というものがあるので、長旅となる本作ではなかなか嬉しい能力だと言えるだろう。難易度を上げたりセーブが制限される Ironman Mode でも心強いはずだ。

武器として選択した Firearms は、今のところ良いとも悪いとも何とも言えない微妙な性能だけれども、弾さえあれば遠くから攻撃できるのでそこそこ便利ではあります。

grimrock2_2014_1awgawh43_54_785.jpg

Wizardは定番とも言える Fire Wizard として育てているが、エナジーポーションさえケチらなければ高い火力で非常に安定しています。とは言っても、本作はポーションの原料を購入したりする店がありませんし、そういったアイテム類は有限だからあまり無茶撃ちはできないだろう。

攻撃以外にも明かりやインビシ、シールド系もあったりとパーティーに1人は欲しいクラスですけれど、本作は他にも Battle Mage というクラスがあるので、そちらを選択するのもありだろう。



grimrock2_2014_10afgwa_524.jpg
本当の恐怖を感じた

アイテムを売るお店が無いゲームですから、不必要な武器などはその辺に捨ててやってもいいのだけれど、やっぱり残しておきたいし持てないアイテムはまとめて管理したいから、とあるエリアの地面にアイテムを沢山入れた箱を並べて置いておいた。

冒険中に重量が厳しくなってきたので、箱の場所に戻ってみると画像の敵が何体か湧いていたのだ。最初にこのエリアに来た時はこんな敵はいなかったし、どうやら本作は時間経過で敵が再出現するシステムなのだろう。

それはさておき、この化け物には一切の攻撃が通じない。爆弾を投げてもダメ、石ころでもダメ、まさに何をしてもダメだから、アイテム置き場が修羅場と化してしまった。

Legend of Grimrock 2 - 本日のひとこま

投稿日:2014/10/31 |  カテゴリー:Legend of Grimrock 2  |  コメント:0  | トラックバック:0
grimrock2_2014_10_3awdwga_026.jpg
両手の烈風拳にしか見えない

予想していた以上に Ruins of Desarune とそこから繋がるダンジョンが深くて手を焼いているところですが、このあたりから敵の攻撃が痛くなってきました。画像の氷の精霊っぽい奴の烈風拳まがい攻撃は極めて危険であるし、巨大ガニのような敵は足を止めて正面から斬り合えないほど痛い。

幸いにも前作同様「4マス内でサイドステップ斬り逃げループ」攻撃が非常に有用な戦法であるから、デンジャラスな奴を相手にするときは少し開けた場所に誘いだすべきだろう。中には機敏な動きでそれすら許さない敵も存在しているが、往々にしてサイドステップ斬り逃げは有効だ。



grimrock2_2014_10_awfawg35_635.jpg
これは有用

とある所に地下の隠し場所があり、Gold Key で施錠されている扉が4つあるのだが、そのうちの1つで画像のロープを入手できる。このロープは落とし穴を安全に下りる為の物で、これさえあれば強引に飛び下りたときの怪我とは無縁になれるし、何より行動範囲が広がるのだ。



grimrock2_2014_10_awfawf_261.jpg
何気ないひとこまに見えるが

本作は松明を掲げても、明かりの魔法を唱えたとしても離れた場所にまでは光が届かないので、仕掛けの類を見過ごしてしまうことがあります。この辺りは怪しいと感じたら、画像のようにファイヤーボールの魔法を撃つと火球の周りが照らしだされるので、そこから道が開ける可能性があるのだ。

投げる動作にも二通りあって、アイテムを投げるときに真ん中より上でドラッグを放すと遠くへ投げる。下の方で放すと、床に置く、又は下へ落とす、といった動作になるんですが、この使い分けはけっこう重要なのだ。
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター