CRPGまにあ

カテゴリー:ソーシャルゲーム

艦隊これくしょん - 2017春イベント終了

投稿日:2017/05/16 |  カテゴリー:艦隊これくしょん  |  コメント:0
青葉のカメラ(2017年05月16日 03時57分47秒)
のろのろ運行でしたが昨晩終えました

青葉のカメラ(2017年05月16日 03時57分42秒)
今回も全て甲で攻略です

他ゲームをやりつつテレビも見つつでしたから時間がかかりましたが、難易度「甲」での攻略と新艦娘の掘りも全て終えることができました。攻略後発組となるとネットでの情報収集によってかなり楽ができるので、今回もそれほど苦労することなく終えることができたけれど、最終海域E-5のラスダンだけは過去の高難度海域に比肩する内容だった。

今イベントのラスボス艦隊は連合艦隊を組んでいたから、過去の高難度海域のラスボス艦隊よりも戦力的には上なのかもしれないが、ここ数年でプレイヤー側もかなり強化されているから、今イベントはどちらかというと易しいイベントだと感じました。基地航空隊の開幕6連攻撃に加えて一部の艦娘による火力増し特効もあり、さらには装備させている砲を含む兵装は +9 +★ 状態ですから、それらの積み重ねが有効に働いているのだろう。

イベントの経過で印象深かったことといえば、E-3甲の後半である戦力ゲージ破壊などはバケツを1つも消費することなくクリアできてしまったし、最後のE-5甲第二戦力ゲージは8回出撃くらいで終えることができた。これまでに破廉恥な経験を何度もしてきているから、それら厄介だったイベントと比較するとかなり緩い内容だったろう。とは言っても最近のイベントは1回出撃での消耗が以前よりも多くなっているから、そういう面ではハードになってきています。



●体験してきた11回の季節イベント難しさランク
(全て難易度「甲」での見解)

1位:反撃!第二次SN作戦 (2015年夏イベント)
E-7は二度と見たくない。様々な要因が絡みあい、悪夢と化したイベント。

2位:迎撃!第二次マレー沖海戦 (2016年夏イベント)
E-4甲がきつかった。E-1丙は通常海域として残して欲しいと思えるほど美味。

3位:開設!基地航空隊 (2016年春イベント)
非常に長くて基地航空隊の奇跡を待つイベント。

4位:発令!「艦隊作戦第三法」 (2016年秋イベント)
E-4攻略での出撃回数が過去最多の40回を記録したイベント。
最終海域は易しかった。
--------------------
越えられない壁
--------------------
5位:発令!第十一号作戦 (2015年春イベント)
最終海域が楽しくて曲も良かった。これが最良(無難)かもしれない。

6位:迎撃!トラック泊地強襲 (2015年冬イベント)
アニメと連携したイベント。トリプルダイソンにボス曲「海色」は最高に燃えた。

7位:出撃!北東方面 第五艦隊(2017年春イベント)←NEW!
前回である2017年冬と同じ理由で、1つ2つ上に位置している2015年の冬と春イベントの敵艦隊よりも圧倒的に強さが増しているイベントだけれども、攻撃方法が増えたことと、戦備の充実などから体感的にはこの位置くらいだと感じた。

8位:偵察戦力緊急展開!「光」作戦 (2017年冬イベント)
敵艦隊の強さは2015年春や2015年冬よりも明らかに上だが、あの頃よりも兵装が大幅に強化され、加えて基地航空隊の存在もありますから、それらの影響から体感的にはこの位置くらいだと感じた。

9位:出撃!礼号作戦 (2016年冬イベント)
ボス艦隊のみに限定すればこれも最強ボスの部類だろう。

10位:突入!海上輸送作戦 (2015年秋イベント)
中休みかつ輸送作戦が実装されたイベント。

11位:発動!渾作戦 (2014年秋イベント)
難易度システムがまだなかったイベント。全体的にドロップが良くて、なおかつE-4-C潜水艦マス育成がとても美味しかった。

というわけで2017年度は2回続けて「それほど難しくないイベント」になりましたが、昨年のイベントがかなり難度が高かったのだろう。そして何より、悪夢とも言える2015年夏イベントはまさに別格の高難度だった。



青葉のカメラ(2017年05月16日 04時08分56秒)
今回はそれなりに「素直な子」揃いでした

・E-2丙掘り「国後」 → 出撃回数30回以上40回未満でドロップ
・E-3丙掘り「占守」 → 出撃1回目でドロップ
・E-3丙掘り「神威」 → 出撃11回目でドロップ
・E-4丙掘り「択捉」 → 出撃回数20回以上30回未満ぐらいでドロップ

2017年春イベントはこのような堀り事情でしたが、新艦娘のドロップ率はあらかた数パーセントといったところですから、数十回以内にドロップしてくれたらかなりツイてる方だろう。約1.5倍となる50回程度までは許容範囲で、そこを越えてくるとちょっと運がないかなといった状態か。

今回は手こずりそうだったE-3での2人掘りをすんなり終えられたことが大きかったが、掘りに関しては前回の2017年冬イベントが最凶だった。あの「何度もリセット、艦載機作り、潜水艦で出撃」の行程はかなり厳しかった。

艦隊これくしょん - 2017春イベント開幕

投稿日:2017/05/03 |  カテゴリー:艦隊これくしょん  |  コメント:0
青葉のカメラ(2017年05月03日 09時59分41秒)
毎度のイベント突入前の資材量

前回のイベントは諸事情から最終日ぎりぎりのクリアでしたから、今回はもう少し余裕をもって挑んでみます。今イベントはE-5までの中規模らしいけれど、新艦娘の数が多めであるから掘りが厳しいものになりそうで不安だ。

これからE-1に挑戦するところですが、E-5最終海域以外は札による出撃制限がありますから、取り敢えずは何も関係がなさそうな那珂ちゃん旗艦で始めてみよう。ざっと調べてみるとE-2で「国後」、E-3で「神威(かもい)」「占守」の計3人がドロップするようだから、E-1甲クリア後は掘り地獄が待ち受けている。

神威(かもい)といえば、私のような肉ファンには「神威の断頭台」が時事ネタとなっているけれど、「かもい」や「しんい」「かむい」など色々と読み方があるんだね。

艦隊これくしょん - 2017冬イベントをぎりぎり終える

投稿日:2017/02/27 |  カテゴリー:艦隊これくしょん  |  コメント:0
青葉のカメラ(2017年02月27日 18時33分16秒)
今回はE-3までで本当に良かった

最終海域であるE-3甲は削りとラストを含めて10回出撃で攻略できました。とは言っても事前のIマスとJマスのS勝利ギミックと、ラスダンになってからの任務扱い「Jマスで2回A勝利以上ギミック」もありましたから、それなりに手間がかかる内容だった。

今回はE-3までという短さながらも、藤波掘りと伊13掘り、そして攻略中もずっと基地航空隊が出ずっぱりだったから、存外に燃料の消耗が多かったイベントだろう。私は常時資材は各29万以上(最近は鋼材が減り気味)を維持しているけれど、その状態からイベントに突入して終了時点で燃料がここまで減っているのは、最も苦戦した2015年夏イベントに並ぶ消耗具合でした。とは言っても今回は短期間で遠征もままならないままのイベントでしたから、それらを鑑みると2015年夏の方が激しく消耗していそうだし、そもそも2015年夏イベント時は資材大食いの基地航空隊など無かった。

今回はぎりぎり参戦でも藤波と伊13を入手できて、全ての海域を甲でクリアできたけれど、次回からはもう少し余裕を持ってイベントに挑みたい。後回しにして良いことなんて何もないとよく言うけれど、まさにそれを痛感しました。

青葉のカメラ(2017年02月27日 18時34分10秒)
君たち優秀だったよ

ラスダンをクリアしたときは、旗艦の双子は耐久500以上、空母おばさんは2人とも健在で耐久200以上の小破で夜戦に突入したが、綺麗に連携を決めてS勝利で終えることができた。大井北上コンビはもちろん安定していたし、試製晴嵐を装備させた利根は最後で納得のいくダメージを叩き出して、止めは運57かつ四式ソナーを装備させた大潮の魚雷カットイン400ダメージオーバーでした。



●体験してきた季節イベント10回の難しさランク
(全て難易度「甲」での見解)

1位:反撃!第二次SN作戦 (2015年夏イベント)
E-7は二度と見たくない。様々な要因が絡みあい、悪夢と化したイベント。

2位:迎撃!第二次マレー沖海戦 (2016年夏イベント)
E-4甲がきつかった。E-1丙は通常海域として残して欲しいと思えるほど美味。

3位:開設!基地航空隊 (2016年春イベント)
非常に長くて基地航空隊の奇跡を待つイベント。

4位:発令!「艦隊作戦第三法」 (2016年秋イベント)
E-4攻略での出撃回数が過去最多の40回を記録したイベント。
最終海域は易しかった。
--------------------
越えられない壁
--------------------
5位:発令!第十一号作戦 (2015年春イベント)
最終海域が楽しくて曲も良かった。これが最良(無難)かもしれない。

6位:迎撃!トラック泊地強襲 (2015年冬イベント)
アニメと連携したイベント。トリプルダイソンにボス曲「海色」は最高に燃えた。

7位:偵察戦力緊急展開!「光」作戦 (2017年冬イベント)←NEW!
敵艦隊の強さは2015年春や2015年冬よりも明らかに上だが、あの頃よりも兵装が大幅に強化され、加えて基地航空隊の存在もありますから、それらの影響から体感的にはこの位置くらいだと感じた。

8位:出撃!礼号作戦 (2016年冬イベント)
ボス艦隊のみに限定すればこれも最強ボスの部類だろう。

9位:突入!海上輸送作戦 (2015年秋イベント)
中休みかつ輸送作戦が実装されたイベント。

10位:発動!渾作戦 (2014年秋イベント)
難易度システムがまだなかったイベント。全体的にドロップが良くて、なおかつE-4-C潜水艦マス育成がとても美味しかった。

艦隊これくしょん - ドロップしてくれてありがとう

投稿日:2017/02/26 |  カテゴリー:艦隊これくしょん  |  コメント:2
やる気がなかったのは私の勝手な都合だけれど、こんな状態でも何とか伊13がドロップしてくれました。今回の最終海域ボスマスでの「伊13」丙掘りは、諸処の事情から紛れもなく過去最凶最悪の掘り場(難易が理由ではない)であるから、この場所で三桁出撃掘りとかになったら心が折れるかもしれない。

正確に出撃回数を数えていないけれど、私の場合は7回くらいリセットしたから約40回出撃程度でドロップしたのですが、運が良かったのか当初はS勝利が8割くらい取れていた。最終的にドロップしたときの戦績は、敵の第2艦隊は6隻沈めて、第1艦隊の方は旗艦の双子は残ったままの他2隻撃沈というA勝利の最小条件でしたから、出る時はこんなもんなんだろうね。

今回はちょっとしたリアルの事情などもあって、やる気がないだの潮時などという言葉が複数回ほど飛び出てきたけれど、それはもうない。しっかりと考えを改めて、普段はサブPCで起動している艦これを久々にメインPCで動かした途端に伊13がドロップしてくれたので、偶然かもしれないけど気持ちが通じるのかもしれない。

そんなわけで残るは最終海域の甲攻略だけになりましたが、今日は彩雲の輸送とギミック解除だけにしておいて、明日から始めてみよう。残りのイベント期間は40時間を切っているはずだが、これで運悪く泥沼にはまって、9つめの甲勲章を取り逃したら目も当てられないが、さてどうなるか。

続きを読む »

艦隊これくしょん - 2017冬イベント(続き)

投稿日:2017/02/23 |  カテゴリー:艦隊これくしょん  |  コメント:0
青葉のカメラ(2017年02月23日 17時27分51秒)
取り敢えずE-2まで終えた

E-1甲はこれまでのイベント海域の中でも易しさランクトップ3に入りそうなほどで、E-2甲もTP1/4以降からちょっとだけ厄介なだけでかなり楽に感じました。それにしてもTP1/4からルートが変わったり、何かと輸送まみれだったりと、ちょいちょい色んな仕掛けを施すようになってきた艦これイベントだろう。

E-2甲攻略前にE-2丙「藤波」掘りをやっていたわけですが、おおよそ25回から30回程度の出撃でドロップしてくれた。確率から言って平均レベルでのドロップだろうけど、過去に体験したローマと海風の200回オーバーがあるからこれくらいなら何も感じないし有り難い方だ。

残りは最後のE-3のみだけれど、伊13掘りはA勝利狙いにして明日から始めてみよう。28日の朝にイベント終了だから時間が押している状態なので、伊13掘りのリミットは26日までになりそうだ。

青葉のカメラ(2017年02月23日 17時28分13秒)
時雨とポイポイと同じ人だが、タニベさんの声はいい

艦隊これくしょん - 2017冬イベント

投稿日:2017/02/21 |  カテゴリー:艦隊これくしょん  |  コメント:0
青葉のカメラ(2017年02月21日 06時39分21秒)
イベント突入前の資材量。鋼材が減り気味な日々

既に冬イベント開始から10日過ぎていますが、今回は全くやる気が起きず、そろそろ潮時なのかなと考えていた。とは言っても一時的な倦怠期なのかもしれないし、ここまで続けてきた労力を無駄にしたくないから、残り1週間しか時間がないけど今から挑戦してみよう。

残り7日しかないわけですが、海域数がE-7までとかのイベントなら頭を抱えてしまいそうだが、今回はE-3までという少ない海域数らしい。けれどもE-2とE-3で新艦娘の丙掘りが待ち構えているし、さらにはE-3は丙掘りリセットに幾つかの兵装が必要になるようだ。

これまで甲勲章をずっと続けて取ってきていますから、そういった事情も鑑みて今回も頑張ってみましょうか。

艦隊これくしょん - 摩耶の運改修を開始

投稿日:2017/01/16 |  カテゴリー:艦隊これくしょん  |  コメント:0
青葉のカメラ(2017年01月16日 10時52分03秒)
増設スロットに機銃が装備可能となれば

完全ではないけれど主だった運改修候補の艦娘らは望みの値まで上げられたから、次は誰にするかと考えていたんですが、数週間前の増設スロットの拡張が摩耶様の運改修の引き金となった。摩耶の場合はまるゆ改5人の運改修が「5回」も必要だから完成まで時間が掛かるけれど、いざ出来上がってしまえば魚雷カットインと最高の対空CI艦の両立が可能になるから、まさに頼れる存在になるだろう。

これまでに運を上げてきた艦娘らはこのようになっていますが

・青葉 「運65」カッコカリ済み
改二が実装されたら運の上限も上がるだろうから、運MAXにするのは改二以後に調整する予定です。それはそうと次の重巡改二は青葉ではなかったけれど、以前にも書いているように初期実装重巡の最後になる方が価値と有り難みが増すから、個人的にはまだまだ溜め期間でいてほしい。

・扶桑型姉妹の2人 カッコカリ済み
姉様のほうだけ1回まるゆ改修をしていますが、いつか両名とも運MAXが目標。

・妙高 「運56」

・大潮 「運57」

・阿武隈 「運57」カッコカリ済み

・北上 「運59」カッコカリ済み

・プリンツ・オイゲン 「運48」
プリンツはもう1回まるゆ改修をしたい

・摩耶
あと4回「まるゆ改5人の踊り食い」をせねば。

艦隊これくしょん - アーケード版に嫁

投稿日:2017/01/11 |  カテゴリー:艦隊これくしょん  |  コメント:2


アーケード版は触ったことがありませんが、やっと青葉が使えるようになるらしく、2017年は良いスタートになりそうだ。昨秋に次の改二は重巡だという情報が出てきましたが、昨年は改二艦がたったの6人という出し渋りでしたから、今年はどうなることやら。私が着任した2014年は戦艦に空母などを交えて24人の改二実装でしたから、その差は歴然。

動画のアーケード版青葉も言っている「敵は、まだこちらに気づいてないよ」というものがありますが、よくこの台詞がネタにされているけれど、これも含めて青葉の戦闘時と母港での台詞は全て「第一次ソロモン海戦」についてのものだろう。

艦隊これくしょん - 潜水艦が一組減るとペースが狂う

投稿日:2016/12/15 |  カテゴリー:艦隊これくしょん  |  コメント:0
青葉のカメラ(2016年12月15日 02時44分17秒)
キッカ取り大変でした

今回は48時間掛かる潜水艦派遣作戦が2回に、2時間の海外艦との接触も2回というハード遠征任務でしたが、オリョールデイリー用の潜水艦が使えなくなると調子が狂ってしまう。

潜水艦は最初の1人を結婚する艦として伊26以外はLv100以上にしていますが、他にオリョール連続回し用として伊168、伊19、伊8、伊58の4人を未改造で3組揃えているけれど、普段はこの計4組で回しているところが3組だけになると、途端に上手く回らなくなってストレスが溜まり始めます。今回はそれだけ潜水艦組にお世話になっているのだと痛感させられた。

橘花は翔鶴型のみ装備可能となっているけれど、そろそろ一航戦の2人を、特に赤城さんを強化してくれてもいいのではないか。現状の赤城は器用貧乏ポジションとして非常に使い難い状態ですから、改二で思い切り性能を伸ばしてほしいものだ。

艦隊これくしょん - もうギミック解除ゲー

投稿日:2016/12/03 |  カテゴリー:艦隊これくしょん  |  コメント:0
青葉のカメラ(2016年12月03日 20時02分49秒)a
最後はあっさりと酒匂で

先月10日頃からずっと体調が悪いままなのでやる気が出ないイベントになってしまったが、本日何とか全海域「甲」でクリアすることができた。今回のイベントはギミック解除があまりにも面倒で嫌気が差してしまったが、体調が悪い時に限って芳しくない流れが続くようで、E-4甲に至っては過去最多の40回出撃ほど要してしまった。

今回のE-4は難易度「星12」となっているが、絶対にそんなことはないだろう。
2015夏イベントE-7甲 > 2016秋イベントE-4甲 ≒ 2016夏イベントE-4甲
体感では星15から16ほどの難易度に感じた。

最後のE-5はクロスロード作戦組の3人がいたらかなり易しくなる海域だったが、道中はそれなりに厳しかった。とは言っても甲作戦でさえ前衛支援無しで攻略できる難度でしたから、これまでの高難度海域と比べたら数段易しいものだった。

青葉のカメラ(2016年12月03日 20時06分10秒)a
こんな星の数難易度なんて当てにならない

青葉のカメラ(2016年12月03日 20時06分06秒)a
次作戦突入の表示位置、何とかならないか

病院にも行って数日ほど前からほぼ完治してきたのだが、そういった気力でさえゲームの展開に反映されるのか、掘りを諦めていた新艦娘「朝風」はボス削り1回目でドロップしてくれました。E-5攻略と新艦ドロップに関しては良かったけれど、タイトルにも書いたがほんとここ最近のイベントはギミック解除に大忙しだ。後発攻略組は出回っている情報を見て解除の条件を知ることができるけれど、1人でプレイするゲームだとしたら絶対に分からないものだろう。

青葉のカメラ(2016年12月03日 20時16分22秒)a
攻略中に出てくれてありがとう

2015夏イベントの風雲も掘りを諦めた直後の攻略でぽろっと出てくれましたが、今のところ何とかイベント実装の全艦娘入手が続けられている。そういえば私にとって最後の未入手艦娘だった酒匂が、今回のE-5で4人も出たことが何ともいえない気分にさせてくれた。
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター