CRPGまにあ

カテゴリー:Risen 2

Risen 2 - 路線変更の成否

投稿日:2015/10/04 |  カテゴリー:Risen 2  |  コメント:2  | トラックバック:0
risen2_2015_10gaga_47_321.jpg
名無し男の二度目の旅が終わった

今夏に再燃した「男臭いRPGがやりたい」病ですが、前作である初代Risenに続いて、本日続編の Risen 2 を最後までプレイしました。まず何より言いたいことは、本シリーズは会話の流れがとても速く、日本語になっていても読むのが間に合わない時があるほどなので、前作に続き本作でも日本語化ファイルが非常に有り難かったです。

日本語化ファイルが無かったら、会話の妙を味わえずにクエストジャーナルとにらめっこするゲームになっていたはずですが、Risen 2 は一部の掛け声以外日本語に完訳状態で、続きの Risen 3 もほぼ完了しているようです。

物語の演出に飲まれるように、一部のクエストがキャンセルされてしまいましたが、結果的にほぼ全てのクエストをクリアしてマップは隅々まで探索しました。

risen2_2015_10awgwag_36_41_403.jpg
続きである Risen 3 でこの2人は出てくるのだろうか

いつものように物語や敵の名前などには触れずにネタバレ無しで幾つか思ったことを書いていきますが、本作が今の私にとって非常に面白かったのは事実だけれど、ゲーム機とのマルチ化によって核となる部分が前作初代Risenから大きく変容していますから、本作は人によって評価が割れそうなゲームです。

・中身は前作から大幅なボリュームアップ
本作から乗組員という枠で仲間が同行することや、投擲武器はココナッツに塩やオウムと幅広く、魔法系としてブードゥーが存在し、それ以外のスキルも前作から大きく拡張されています。前作はこぢんまりとしたオープンワールドに物語が凝縮されているタイプでしたが、今回は地上のみに限定すれば、前作より4倍から5倍ほど広くなっているだろう。

・多彩なスキルがあるけれど、活かしきれていないものがある
前述したように投擲武器には興味深いものが多かったり、魔法扱いのブードゥー人形による呪いなど、演出的に面白そうなものが沢山あるスキルなんですが、明らかに活かしきれていないスキルが複数存在しています。ただ単純に「スキルの種類が多いから使い切れない」という理由なら、それは主役である名無し男のキャラビルド用と割り切れるが、そうではなく効果が乏しかったり使う場面が殆ど無いという類だ。

前作では貝になって小型化する魔法が本作では「猿回し」に置き換えられたが、そもそも猿を使うシーンが数えるほどしかないし、回復がアルコール類な為にブードゥーのポーションがほぼ用無しだったりする訳ですが、猿の件は「ダンジョン」に関わっているので、それについては後述します。

・戦闘バランスに関して
前作は最初から最後まで手に汗握る戦いを堪能できたけれど、今回は複数スキルの相乗効果によって、中盤ぐらいからかなり易しくなってきましたが、この「易しい」というのは厳しかった初代Risen比ですから、一般的なゲームよりは難しい部類です。

Risen 2 を開始した直後に本シリーズの名物モンスターでもある「イノシシ」に斬りかかってみると、「やっぱり今回も鬼の野生生物」なのかと思ってしまうけれど、本作は防具の更新以外にもスキルによる耐性上昇という手段があるので、楽になってくる段階が前作より遥かに早い時期に訪れるのだ。

耐性を均一に少しだけ上昇させる強靭を早めに上げ続けて、さらには刀耐性を優先して上げればそれだけでかなり硬くなるから、中盤に入る前にはそこらの野生生物は怖くなくなる訳ですが、他にも本作には体力の自動回復というスキルがあって、後半になって自動回復を取れば戦闘自体も回復アイテムの管理にも余裕が出てきます。

・視認性が低くなったユーザーインターフェース(UI)
前作はPC用に最適化された非常に使いやすいUIでしたが、本作は明らかにゲームパッド向けに作られたUIであり、一見すると華やかになったUIとして良い印象を持ちそうだけれど、アイテムソートが簡略化されてしまったのが大きな痛手だろう。物語が展開した時に重要なアイテムを受け取ったとして、前作なら最初からいい具合にソートされているからすぐにそのアイテムを確認できたが、本作は「装備、使用アイテム、その他」の区分しかないから、目当ての品を探す手間が掛かるのだ。

さらにUIネタとして、前作の焚き火で実際に肉を焼く男の料理や、アイテム作成時の演出などもそのままプレイ画面内で行われていたが、本作はバックが黒いUI画面に飛ばされてから一瞬で工程が完了してしまう。恐らくこれは無駄を省きたかったのだろうけど、RPGは世界に浸れる要素となる「風情」がとても重要であるから、ここらはもうちょっと気を利かせて欲しかった。

・船と仲間
これに関しては贅沢な要望みたいになりそうですが、仲間にもアイテム装備が可能ならもっと楽しめたはずだし、せっかく船があるのなら船の装備とアップグレードや、それらを活躍させる「海戦」があったら燃える展開が期待できたけれど、さすがにそこまでは実装できなかったのだろう。

・本作最大の問題点でもあるダンジョンの改悪
本作については、プレイ前からUIは大衆化による影響を受けているだろうと覚悟していたし、Piranha Bytes の真骨頂である「男と男の乱舞」ではなく、女性キャラも全面に押し出してイメージチェンジを図っていることも個人的には何の問題にならないけれど、初代Risenで輝いていたダンジョンの作りが大幅に劣化したことは残念だった。

初代Risenのダンジョンは、アクションRPGに適した絶妙なさじ加減のダンジョンが構築されていて、直感的に操作可能な仕掛けのみで、あれだけ楽しく苦しめたのはデザインの良さが光っていたのだろう。易しすぎず難しすぎず、アクションRPGという分類のみなら、前作のダンジョンは三本の指に入るほどの出来だった。

本作の地上マップは4倍から5倍ほど広くなっていると先述していますが、ダンジョンに関しては規模的に10%程度に、仕掛けの量だと「5%未満」に落ち込んでいる。仕掛けの質とてレバーがちょっとだけで、アイテムを置く台座のようなものが少しだけ、あれだけ良く出来ていたダンジョンが続編とは思えないほどの変貌ぶりだろう。

ダンジョンの作りがこれだけ簡易化されているから、先に書いた隙間を通って活躍させられる「猿」の存在がかなり希薄になっているのだ。覚えているだけで3回しか猿を使うシーンが無かったはずですが、前作ではどれだけ貝になったか数え切れないほどだし、貝と浮遊と念動力、このコンビネーションが実に美しいダンジョンだった。



risen2_2015_09ssss21_06_35_266.jpg
ブードゥー人形による人物乗り移りは笑えるものが多かった

今回はシリーズものを続けてプレイしているから、前作との比較による感想が多めになりましたが、前作より品質は上がっている本作であるし、コンテンツ量が大幅に増えていて、名無し男は男前になり、前作より物語に減り張りがついた印象を受けるが、ゲームの面白さはそれだけでは決まらないという好例なのではないだろうか。

改めて言いますが、本作の戦闘は一般的なRPGより激しく難しいし、ゲーム自体は普通に面白いレベルで、前作で主役の名無し男を好きになっていればさらに楽しめるはずですが、こぢんまりとした世界でプレイヤーを突き放したような Piranha Bytes 節が効いている中で、熱い戦闘と良好なデザインのダンジョンが堪能できた前作がそれだけ印象的だったということだろう。

私としては非常に楽しめた Risen 2 でしたが、できればこのまま「名無し男とパティの最後の旅」を見てみたいけれど、Risen 3 はどうなっているのだろうか。

Risen 2 - 某作品の転生かもしれない

投稿日:2015/09/29 |  カテゴリー:Risen 2  |  コメント:0  | トラックバック:0
risen2_2015_09_26sss_00_651.jpg
船出の時。こういう美しさは好きだ

1ヶ月前こちらで書いたように、Arx Fatalis と Ultima 9: Ascension のプレイ動画を見て久々に「男臭いRPG」がやりたい熱に駆られたわけですが、ここまでプレイして実感したことは、本作の開発者らは Ultima 9 が大好きなのではないだろうか。

前作はそれほどでもなかったけれど、Risen 2 は設定などが一部かぶっているところがありますし、会話システムとUIもリスペクトしているのではと思える節があり、そして何より本作の途中から可能になる船による移動も Ultima 9 を彷彿させるのだ。

risen2_2015_09_2sss_47_120.jpg
船を手に入れて船長になった名無しの男

出航はパティに話しかけることで実行されるのだが、パティは海賊の娘であり、ある男の手助けをするために存在しているところもあの時の旅と同じような感覚なのだ。

とは言ってもただリスペクトしているだけではなく、本作はそれらを現代風に作り変えて、ゲームが進む度に様々な要素がお目見えすることになりますから、プレイヤーを飽きさせない遊び要素の豊富さは類似作品の中でも群を抜いているだろう。

risen2_2015_09_sss37_31_851.jpg
彼女は第二のヒロイン候補だろう

強制イベント以外ではパティか画像のチャニを連れていくことができるのだが、雑魚散らしなら回復魔法で名無し男を癒やしてくれるチャニで、本作ではアルコールだが回復ポーションを使うことになる強めの敵が相手なら、ある程度は敵を受け止めてくれるパティという使い分けが理想になりそうだけど、そこらは適当にやっても何とかなるバランスだろう。

risen2_2015_09_2sss14_45_636.jpg
もう一人の友人も登場だ

エルドリックは前作で名無しの男が世話になった人物であるが、前作の功績は彼の力に依るところが大きい。エルドリック抜きではけして成しえなかった初代Risenにおける名無し男の戦いなのだ。

ここまで30時間以上 Risen 2 をプレイしていますが、前作からの思い入れもあるし、名無し男はお気に入りになり、本作で一部が大衆化したものの、その根底に流れる激しい Piranha Bytes 魂は全く変わらずといったことも含め、このシリーズは生涯忘れられない良い思い出になりそうです。

Risen 2 - 最高のジャングルゲーム

投稿日:2015/09/27 |  カテゴリー:Risen 2  |  コメント:2  | トラックバック:0
risen2_2015_09_sasf00_431.jpg
子ワニと思って近づいたらけっこう大きかった

前作は最初から最後まで常に「苦しい」思いをした冒険でしたが、そのテイストは実にPC用のRPGらしく中身が濃いものだった。本作は一部に関して Piranha Bytes としてのプライドをかなぐり捨て、多くのユーザーに触れてもらおうという意図が感じられるものの、それでも他作品より厳しい世界であるし、何より面白可笑しく楽しめる要素が前作より増えているだろう。

risen2_2015_09_sss11_695.jpg
この画像は釣りの釣果や密林で獣を仕留めた時に撮る記念写真のようなものだ



risen2_2015_09_2dd7_085.jpg
この選択はアレなのか

本作は乗組員という枠で複数のNPCを仲間にすることが可能なんですが、一人目は前作から引き続き登場しているパティで、二人目は画像の原住民の娘チャニになった。状況によっては全員で出撃したり、普段は誰か1人を連れて探索に出る仕様になっていて、こういった面からもずっと男の一人旅だった前作とは味わいが違うのだ。

risen2_2015_0fff41_35_979.jpg
パティは海賊、チャニは回復有りの魔法使い

Gothicシリーズ三作はどれも未クリアだけどプレイ済みで、初代Risenはつい先日最後までプレイした訳ですが、Piranha Bytes の作品には一通り触れていることになるけれど、この画像で Piranha Bytes が1つのプライドを捨てたことが理解できる。

女は隅に追いやって、男ばかりの世界で男と男が触れ合う Piranha Bytes の作品群だったが、本作はそこから路線を少し変更した記念すべきゲームなのかもしれない。個人的には美しい女性が増えることは歓迎だから、この変更に対して何も不満はない。



risen2_2015_09_sss_34_125.jpg
ブードゥー人形で人を操るのだ

物語の過程で限れたシーンのみだけれど、本作はブードゥー人形で相手を操り、その間に話を進めるという興味深いスキルが存在しています。人形を作るためには対象人物の髪の毛が必要になるわけですが、そこは「元空き巣のプロフェッショナル」だった名無し男ですから、そういった物を集めるのは彼の十八番だろう。

Risen 2 - 海賊への道

投稿日:2015/09/22 |  カテゴリー:Risen 2  |  コメント:0  | トラックバック:0
risen2_2015ddff_506.jpg
父と娘は再会を済ませた

本作は前作Risenのような開けたオープンワールドではなく、幾つかのそれなりに広いマップが段階的に開放されていく仕組みになっていて、物語が進めばこれらの土地に自在に移動できるようになるのだろう。最初は異端審問の本部があるカルデラの水晶砦、次は砂糖の島タカリギュア、さらに次へといった展開になるのだ。

risen2_2015_09_2ssfs24_563.jpg
このゲームは易しかった

海賊のねぐらに到着すると、パティの父であり大海賊のスチールベアードと顔を合わせることになるわけですが、前作ではその名前だけ出てきたものの、結局パティは父を見つけられなかったのだ。序盤はこの父親に認められて海賊入りをすることが目標であって、その為には砂糖の島でほぼ全てのクエストを消化する必要がある。

画像は宝の地図を賭けた飲みくらべなんですが、前回の射的に比べたら子供だまし程度だった。飲み続けると手が震え始めるから、酒瓶を上手く掴むことができなくなるけれども、10回ほど試したが一度も負けることはなかった。

risen2_2015_09dd_20_19_537.jpg
現段階ではおぞましい強さの敵

現状はご覧のように服のみであり、武器もそこそこの物しか持っておらず、有効な戦闘スキルなど何もない状態だから、このような強めの敵と正面から戦うことができないのだが、本作には「蹴り」というスキルがあって、このスキルは甲羅を持つ敵に対して使うとひっくり返すことが可能で、裏返ったらそこをグサグサと嬲るって戦法だ。

risen2_2015_09_2sss50_21_594.jpg
雪辱を果たす

前回の模擬戦ではボコボコにされて敗北したが、今回は卑怯な手段を用いて勝利することができた。本作は右手の主武器の他に左手に銃や投擲武器を装備可能で、この左手の武器で「卑怯な手段」という攻撃が行えるのだ。現状では銃の命中率がかなり低いけれど、本作から実装されたダッシュで間合いを取り、詰められたらバック転やサイドステップなどで逃げて、高いダメージの銃を撃って逃げまわる戦法が非常に有効だ。

本シリーズと言うよりも、Piranha Bytes の作品群よりも有名で売上も高いRPGが幾つかあるけれども、それらよりも戦闘に対する取り組み方、事前の準備、実践での戦術などなど、Risenシリーズはそういった要素がとても楽しく作られている。

多くの物語主体RPGは戦闘の難度が低い傾向にあり、そういったバランスだと「消化試合」の連続で、倒せて当たり前の敵ばかりで、敵の前に立ってがむしゃらに武器を振るうだけで済んでしまうものだけれど、Risenシリーズは敵の前で武器を連打しているだけではすぐに殺されてしまうし、たとえ勝ったとしても消耗が激しくて後の展開に支障を来すから、そうならないように「努力」することが重要であり非常に楽しいのだ。

当ブログを始める前からRPGが好きなことに変わりはないが、周期的に好みのタイプが変遷している私ですが、1ヶ月前にも書いたように、現在は「良い意味で薄汚い男が活躍する3DのRPG」を求めていて、そういった今の私から見てRisenシリーズは満足できています。

2015-09-2sfff002.jpg
画質的にも満足です

とは言ってもここ1年内にリリースされた DrectX11 タイトルとか、DX9世代だとしてもMODでやれるだけやったゲームと比較すると見劣りしてしまうけれど、画像で分かるようにとても美しい景観だろう。

しかしながら、画質の割には重めのエンジンに分類されるゲームであり、解像度FullHDでインゲームオプション最高でフレームレート60を維持したいのなら、GTX970かR9 290程度が必要になるだろう。たとえそれらのGPUを使っていても、混みいった場所では角度によってフレームレートが下がってしまう場面がありますが、ごく限られたシーンのみだから気になることはない。

現在のPC環境は
i5-3470(Z77TBOC 3.8Ghz-4Ghz設定)
R9 290(core1050Mhz)
メモリ8GB、SSD

それはそうと、剣海岸に到着したらパティとスチールベアード親子の3人で行動を共にすることになるのだが、そこである選択を迫られることになった。もちろん私はネタバレの類は一切見ていないし今後もクリアするまで見るつもりはないけれど、これは大きな分岐の選択なのだろうか。どうするか悩んでしまう。

Risen 2 - お兄ちゃんならぬ「おじさん」になって再び

投稿日:2015/09/20 |  カテゴリー:Risen 2  |  コメント:2  | トラックバック:0
risen2_2015_09_1ssss25_422.jpg
主役は前作から引き続き「名無しの男」でした

前作とは髪型が異なっていたことと、風貌が似ていなかったから当初は主役交代かと思っていたんですが、序盤の会話から今回の主人公も前作の主役である「名無しお兄ちゃん」であることが判明した。私の見解では前作の時点で20代後半ぐらいのように見えていたんですが、それから数年後の物語ということで、恐らく30から32歳ぐらいになったあの男なのだろう。

前作で全てを終えた後に、パティと共に海を渡って異端審問の本拠地で世話になっていたようで、その間は酒浸りになっていたから腕が衰えているという設定なのだろう。

ちょっと触ってみて最も強く感じたことは、本作 Risen 2 をプレイするのなら、是が非でも前作を最後までプレイしておくのが望ましい。初代Risenを最後まできっちりプレイしているか否か、これによって本作への意欲、取り組み方が全く異なるものになるだろうし、感情移入度が雲泥の差になるだろう。

risen2_2015_0sss_07_291.jpg
前作から「らしさ」をそのまま受け継いでいる

前作からスキルシステムが大きく変更されている Risen 2 だけれど、窃盗系技術の重要性は変わらずにそのままなのだ。剣術はもちろん、今回は呪術めいた「ブードゥー」なんていうスキルもあるんですが、まず真っ先に重要になってくるのは画像のスニークだったりします。

それはそうと、画像のNPCは「お前に盗みの技術を教えてやるぞ」と話を持ちかけてくるものの、目の前の男は数年前まで「空き巣のプロフェッショナル」だった過去を持っていて、前作の舞台である島の民家すべてから物を持ちだしたほどの男なのだ。そんな泥棒のプロでも酒浸りだったために、そっちの技術も衰えたと解釈しておきましょう。

risen2_2015_09_1ssss_472.jpg
今回も楽をさせてくれない。半裸でスタート

前作も最初のアーマーを入手するまで相当難儀したけれども、今回は物語の便宜上「半裸」で冒険を開始しなければならず、オマケにいきなり高額で「ただの服」を買わされる羽目になった。

とは言っても今回の冒険は、画像で後ろに映っている彼女の「パティ」が序盤は同行してくれるから、前作の序盤よりは楽に進めることができるのだ。前作は右も左も分からないまま、棍棒や錆びれた剣を片手に超回避の猪や巨大鳥と戦わなければならなかったが、今回はパティも一緒に攻撃して少しだけなら敵の攻撃を受けてくれます。

risen2_2015_0sss1_18_351.jpg
過去の英雄どころかボッコボコにされる図

NPCに稽古をつけてもらうと模擬戦になるんですが、前作とは勝手が違うから初戦はぼこぼこにされてしまった。今はまだ戦い方の妙を心得ていない状態だけれど、今作からは細かな払い斬りのような剣戟になっているようで、両手斧の重い溜め連打だった前作のようにいかない。

risen2_2015_09_1sss_04_049.jpg
何やらほんわか中の2人

前作は浜辺に打ち捨てられて、無法者集団の汚い男たちの間で振り回され、超回避な野生生物との激しい戦闘などもあり、それはもう殺伐とした冒険だったけれど、今回は全体的に少しだけ余裕が感じられる序盤です。けれども少し道を違えれば全く敵わないような化け物が出てくるので、本質的に Piranha Bytes の厳しいゲームであることに変わりはなさそうだ。

risen2_2015_09sss21_176.jpg
この射的は難しかった

あるNPCの所で射撃の訓練をすることができるのだが、他ゲームも含めてこういったミニゲーム風の挑戦では最も難しく感じた。左から10個の的が順に飛んでくるんですが、1回目は5個、2回目は6、3回目は7個落とさねばならず、久々に目を皿のようにしてシューティングに浸ってしまった。

コツとしては首や目を動かさなくても映像範囲全体をとらえられる距離までディスプレイから離れて、カーソルを右にずらすようにターゲットすることだろうか。

risen2_2015_09_sss4_384.jpg
女の前で醜態をさらし続ける名無しの男

そんな訳で冒険開始となった Risen 2 ですが、数日前まで前作をプレイしていたのだから、とても好意的にゲームを始められた。UIはどちらかと言うとゲーム機に最適化してあり、前作のような殺伐とした世界ではなくちょっぴり柔らかくなった印象だけれど、基本は変わっていないから激しく熱いゲームなのだろう。何よりも「名無し男」の続編をプレイできるという嬉しさ。これが最も強い感覚なのかもしれない。

Risen 2 - 日本語化ファイルは完訳のようです

投稿日:2015/09/18 |  カテゴリー:Risen 2  |  コメント:0  | トラックバック:0
risen2_2015_09_wfafw20_996.jpg
DLCも含めて全て日本語化されている模様

他のゲームでもお世話になっている毎度有り難い日本語化ファイルですが、Risen 2 を日本語化してみると嬉しい誤算、全てが日本語化されている状態でした。画像に名前が表示されているパティは昨日もネタにした初代Risenから続けて登場するヒロイン枠で、その下のエルドリックも Risen の登場人物です。前作をプレイしていれば楽しみ方の幅が広がることでしょう。

少しだけプレイして判明したことは、主役は前作の名無しお兄ちゃんではなく船乗りの男であり、本作のテーマでもある海賊になっていくのだろうか。全体的に前作よりもゲーム機に重点を置いた作りになっていて、ユーザーインターフェースは明らかにパッドに最適化している作りだけれど、ジャーナルやマップにインベントリなどを個別にキーで呼び出せるから、それほど違和感なくプレイすることができます。どちらかと言うとパッドに最適化されているわけですが、UIとしての出来栄えはかなり良好な部類だと思います。

※NPCと会話してみると「お前の目から…取れなかった」という話が聞けたので、もしかするとあのお兄ちゃんなのだろうか。見た目だけでは分からないのだ。

●キーアサインができない。設定しても空欄になる不具合
これはゲームパッドを接続していると起こる症状のようで、パッドを外してからPCを再起動して、その後に Risen 2 を起動してキーアサインを行うと正常に設定できた。私の場合はPS2パッドUSB変換アダプターをぶら下げたままになっていたから、そのブツを外したらキーの登録が出来るようになりました。
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター