CRPGまにあ

カテゴリー:Fallout 3

Fallout 3 - 時間泥棒ゲーム(既に70時間)

投稿日:2015/10/20 |  カテゴリー:Fallout 3  |  コメント:2  | トラックバック:0
Fallout3_2015_1asffsa_28_673.jpg
まだ3つしか取れてないボブルヘッド

・使用MODは(初回プレイだからUIやテクスチャのみ)
NMCs Texture Pack for FO3 MAXIMUM
DarNified UI F3
UI MOD導入に伴うINIやXML調整、4Gパッチ、そして日本語化

本作はVer1.1以上からマウスカーソルが異常に加速する問題を抱えたまま放置されているので、Fallout 3 Wiki JPなどを見てINI調整を行うべきだろう。べきと言うよりも、INIで調整しないとまともにプレイできないほどだ。

他にもデフォルト状態だと起きる不具合があって、上記リンク先のマルチコアCPU向け関連のINI設定をしなければ、屋内だと高い確率で固まる症状が出ていた。適切な設定をした後は、70時間以上プレイしても固まりやCTDの類は一度も起きていない。



海外では来月発売予定で、日本での日本語版は再来月になるようですが、次回作の Fallout 4 はユーザーが納得できる形で販売されるようで、その点に関してはめでたしめでたしと言ったところでしょう。

開発を行う本家と、日本での販売と翻訳を行うメーカーとの間でどのような契約が結ばれているかなんて外部の人間が知る由もないけれど、日本のゲーム機で日本語版が発売されるまで、SteamでのPC用英語版をロックするアレだけは本当にヘイトが溜まるんで止めたほうがいい。

余計な一言が目立つメーカー。有言実行できないメーカー。そもそも管轄外であろうPCにまで手を伸ばしつつ、ゲームを買わせない、ゲームで遊ばせないなんて非道な策略をめぐらすメーカーなども実在しているが、この手のヘイトは根深い系であって、悪い印象のメーカーとしてユーザーに浸透する最大の要因だけれど、一度定着したこれら負の印象を晴らすことは並大抵ではないだろう。

Fallout3_2015_1wfafwa_11_443.jpg
撮影時以外は常に一人称視点です

本作は2006年に発売された同社の Oblivion がベースになっていて、僅かに改良を施したシステムにオリジナルである Fallout の世界観を上手く落とし込んであるわけですが、個人的には楽々戦闘V.A.T.S.の存在が肝なゲームだと感じています。

V.A.T.S.による部位自動攻撃はFPSやTPSの手動ターゲットのように疲れることがなく、さらにはV.A.T.S.演出時のキルムーブと音が非常に爽快であるわけですが、「疲れない→気持ちいい→まだまだ遊べる」という流れで、気づいたら5時間6時間プレイしていたというここ最近の日々です。

終末後の世界が舞台であるから、地上はもちろん崩壊していて基本的に何も無いマップだけれども、随所に拠点やちょっとした野盗のキャンプなどが点在している。地上が無味である代わりに地下世界は同社のTESシリーズよりも作り込まれている印象を受ける本作ですが、端的に言えばTESシリーズは地上が華やかな陽の世界、Bethesda流Falloutは地下が作り込まれた陰と言ったところだろう。

Fallout3_2015_saf_54_44_581.jpg
このDLCアーマーは優秀すぎてバランスブレイカー

幾つかDLCにも手を出していますが、電脳空間が舞台だったDLCクエストの報酬は、画像の冬用T-51bパワーアーマーだった。何よりこのアーマーは痛むことがないから修理の必要がなく、痛みによる防御力の低下とも無縁でバランス破壊気味かつちょっと味気なさを感じるものであるが、戦いにおいては最も信頼おける防具だからとても有り難い。
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター