CRPGまにあ

カテゴリー:The Walking Dead

The Walking Dead - 涙が出た

投稿日:2016/04/17 |  カテゴリー:The Walking Dead  |  コメント:6
WalkingDead101_2016_sss6_52_473.jpg
これぞ主役だと胸を張れる男「リー」

昨日取り敢えず一度終わらせた The Walking Dead ですが、プレイ前はどちらかというと「ヒャッハー系より」の作品なのかなと思っていたけれど、全く違いました。久々にゲームの物語で涙を流した私ですが、この涙は何年か前に同じ属性のものを味わったことがあった。

それが何なのかすぐには分からなかったけれど、半日経ってやっと思い出した。全く別のジャンルで物語も異なるし、共通点など一切ない作品ですが「H・K・O・Rさん」の物語で流した涙と同じものだと気づいた。すぐに分からないよう4文字の頭文字だけで表現していますが、やっぱりこういった実の子供ではない子を守りぬき、信頼関係を築いていく物語は目頭が熱くなるのだろう。

一先ず終えたわけですが、選択肢によってどれだけ物語が変化していくのかを確かめたいから、これからまだまだ挑戦していく予定です。さすがにあの人物があそこで死なずに最後まで残るとか、それはなさそうだけれど。



もう一つ付け加えますが、これまでに素晴らしいと感じた日本のテキストADV及びそれに近いジャンルの作品は、Ever17、うたわれるもの、シュタインズゲート、そして少しばかり趣向が異なるが Fate/Staynight あたりが私にとって最高の物語重視ゲームとなっていますが、本作はこれらの作品に匹敵するぐらい感情が高ぶります。



どうでもいい事だけれど、Steamの実績が全く解除されない。プレイ中に実績アンロックが無かったので、クリアと同時に一気に解除されるのかなと思っていたが、クリアしても1つも解除されない。なんらかの不具合かもしれないが。

The Walking Dead - Season 1

投稿日:2016/04/15 |  カテゴリー:The Walking Dead  |  コメント:0
WalkingDead101_2016_0sss_47_03_453.jpg
とても良く出来たゲームです(種別はアドベンチャーゲーム)

Humble Telltale Bundle - 価格は他4本込みで1ドル
(残り11日ほどバンドル期間が有り)

Humble のバンドルに入っていたから早速プレイしてみましたが、高評価に違わぬ優秀なゲームであることが分かりました。本作は2012年の4月にリリースされたものですが、第三者的な立ち位置から見ると「ドラマ版ウォーキング・デッドの勢いに便乗したゲームではないのか」と思ってしまいそうですが、けしてそんな事はなく「原作、ドラマ版」に続く第3のウォーキング・デッドと呼称したくなるほどシナリオの展開とゲームシステムが優れています。

WalkingDead101_2016_04ww_34_536.jpg
選択肢がとても重要なのだ

ゲームを開始すると画面に「貴方がこの物語を作ってください」という旨のテキストが表示されますが、本作の特徴は主人公の行動如何によって登場人物らの生死が決まり、その結果先の展開が大きく変わることだろう。

アドベンチャーゲームでは選択肢によって先の展開が変わることは珍しいものではないけれど、数あるアドベンチャーゲームの中でも本作はその点にかけて大きな変動の幅があるのではないだろうか。他にも各登場人物らの主人公に対する好感度も大きなウェイト占めていて、誰に好かれているかで物語が変化していきます。

WalkingDead101_2016_04dwwd_04_14_308.jpg
本作のメインヒロインは幼女のクレメンタインだろう

本作は会話シーンによる物語の進展と移動モードの探索シーンがあって、要所で火急の事態に陥りちょっとしたアクションが挟まりますが、これらはとても簡素な作りですから、そういったシーンで詰まることはまず有り得ないだろう。

本作はその97%から98%ほどはシリアスで陰惨な空気が漂う世界で覆われていますが、初めて遭遇するちょっとしたアクションシーンで、うっかり昇天して1人でツッコミを入れながら大笑いする時があり、これがアクセントになってとても良い塩梅になっています。

現状は1ドルのバンドルで入手できますし、完訳の日本語化MODもあってゲームシステムがとても優れていますから、気になった人はこの機会に購入してみましょう。本質的にアドベンチャーゲームが大好きで、ドラマや原作のウォーキング・デッド好きなら間違いなくハマるゲームだと思います。



本作はV-Sync有効のデフォルト状態だとマウスカーソルの動きが糸を引くようなもっさり動作なので、何らかの(Afterburnerのアレとか)ツールでフレームレート制限60を入れると動きがシャープになって改善されます。
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター