CRPGまにあ

カテゴリー:I/O

スポンサーサイト

投稿日:--/--/-- |  カテゴリー:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I/O - ここからが本番

投稿日:2018/10/04 |  カテゴリー:I/O  |  コメント:0
最終シナリオ」の前にそれ以前の全てのルートのシーンとメッセージ率、さらにエンディングなどを制覇したのは、この系統では本作が初かもしれない。本作はそれらの達成が平易であったから出来たことだけれど、そうだとしても、ここまではかなりのお気に入り作品になっています。

続きには現状まで進めた状態での考察などが少しだけありますが、全制覇後に自分で読むのが面白いので残しておきたい。けれどもネタバレ満載ですから、I/O を未プレイの人はけしてクリックしないでください。
スポンサーサイト

続きを読む »

I/O - 混乱を来たす

投稿日:2018/10/01 |  カテゴリー:I/O  |  コメント:6
主人公の数だけ分のルートがあるということで、4つめも終えたが脳内が混乱してしまう内容だった。本作は予測をしてもいとも容易くそれらを否定されるような展開が続くわけですが、4つめのルートDは頭が追いつかずに全てに自信をなくしてしまった。

ここからはルートAからDを再びプレイして、スキップを駆使して選択肢をつぶしていこうと考えていますが、先にこれをやっておく方が物語をさらに深く知ることができそうだ。この分岐つぶしも面倒くさいどころか喜びを感じているので、ここまでの本作の評価はかなり良好だといえるだろう。それにしても本作は、押さえなければならない要点が多方面にわたるから、考えさせられることが多いです。

続きには4つめまで終えた段階での感想を少しだけ。

続きを読む »

I/O - 3つめのルートを終えたが

投稿日:2018/09/30 |  カテゴリー:I/O  |  コメント:0
この系統のアドベンチャーゲームは、今どういった状況に置かれているのか、それまでに提示された内容から多岐にわたる推測を行いつつ読み進めることが何より楽しいのだが、本作はその範囲がとても広く、考えれば考えるほど全てがミスリードなのではないかと疑ってみたりと、そういう意味で非常に楽しめています。

3つめまで終えても全メッセージが「41%」ですから、今後もまだまだ先が長そうですが、一通りの形は何となくだが見えてきた。昨日までは、1つめ、2つめでミスを犯しながら進めていたと思っていたけれど、これは恐らくけっこう良い感じに進行していそうな気がします。

続きには3つめまで終えた段階での感想などが少しだけあります。

続きを読む »

I/O - 2つめのルートを1回終えた

投稿日:2018/09/30 |  カテゴリー:I/O  |  コメント:0
もちろん詳しいことは書けませんが、個人的には「Remember11」と同じぐらい好きになれそうな本作です。2つめを終えてみてある1つのことに気づけたのだが、それは続きの方に書いています。本作をプレイしている人は少ないだろうから、誰も見ない続きになりそうだが。

続きにはネタバレ有りでの感想が少しだけ。

続きを読む »

I/O - プレイ開始

投稿日:2018/09/27 |  カテゴリー:I/O  |  コメント:0
一連の中澤工氏監修による1本ですが、まずは最初のルートを終えました。infinityシリーズやルートダブル、他にも12Rivenなどは、不思議系であると同時に暖かな印象を受ける作風であるけれど、本作は絵柄がそう感じさせるのか、もう少し尖ったような、怖いイメージでもあります。

このジャンルはネタバレどころか先入観さえ危険なので、何が題材になっているのかそういったことは一切書けないけれど、個人的に最近動画やネットでよく見たり聞いたりして興味津々だった内容なので、ここまでは非常に楽しめています。発売された時期は Remember11 の1年後ですから、恋愛ADV要素などはなく始まったらすぐに不思議な世界へと誘われるので、そういう面でもいまプレイしても十分楽しめる作品であるだろう。

システム面は一連のシリーズ中でも良い出来だった「Remember11」「ルートダブル」などと比較しても遜色ないので、とあるルートをクリアしたあとにエンディングリストやシーンリストなどを見て色々と考察するあの「至福の時間」遊びも健在だ。

本作はPS2版が発売された2年半後にPC版も発売されているが、中古で数万円というとんでも価格になっているので、実質的にPS2でしかプレイできないところが難点であり知名度が低い原因になっていそうだが、その内容は他シリーズ作品と肩を並べられると感じるほど今のところは楽しめています。

続きには1つめのルートを終えての感想が少し。

続きを読む »

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。