CRPGまにあ

カテゴリー:A Farewell to Dragons

時を読めないロシアのドラゴン

投稿日:2009/11/13 |  カテゴリー:A Farewell to Dragons  |  コメント:4  | トラックバック:0
A Farewell to Dragonsなんですが、GamersGateで買ってしまおうか・・・でもここでは買いたくないし、と悩んでいた時にふとSteamのページを開いてみると、ニューリリースのところに「A Farewell to Dragons」の文字が。迷うことなくそのまま購入。

thegame 2009-11-12 16-24-54-37
ちょっとだけ進めてみた。プレイするのはThe Last Remnantを終わらせてから。

全く同じジャンルの大御所カナダのドラゴンはとりあえず見送ることにしました。私自身、PCゲームを盛り上げていこうという気持ちがあるものの、どうもしっくりこないから、DragonAgeに限らずRisenもVeneticaもDivinity 2も様子見するかもしれない。

それにしても、発売日をもう少しずらす事はできなかったんだろうか。ヒットメーカーBiowareが手がけるDragon Age: Originsとほぼ同時期に発売。バルダーズゲートの精神的な後継作と謳われるDragon Ageですが、システム的にバルダーズゲートをリスペクトしているA Farewell to Dragons。極めつけに両者のタイトルに輝く DRAGON の文字。

私のような頑固者プレイヤーかロシア人以外は、Dragon Ageを選択するのは見えている。日本語版をリリースする時期についても同じようなものですが、タイミングは重要ですよ。



A Farewell to Dragonsはロシアの小説が題材になっているようで、それならば物語をある程度理解していかないと楽しめないから、マニュアルにちょっと目を通してみました。とある所に不運続きの医者のVictorという冴えない男がいて、ある日傷ついた1人の少女とVictorは出会う。その少女を治療し、家まで送る事を買って出るVictorだったが、道中の森で不思議な集団に襲われ、逃げるさなか崖から転落してしまった。目が覚めるとそこはMidworld・・・といった感じで、Victorおじさんと少女Telle、2人のお話みたい。

会話システムは懐かしいスタイル
thegame 2009-11-12 15-43-44-79
古臭く見えるが、英語があまり分からない人にはありがたい会話システムだ。

見てのとおり小説さながらに進行していくようですが、ロシア人が作った英語ゲームなので、ネイティブアメリカンが作ったゲームより英語は理解しやすいんじゃないかと。



デフォルトのキー配置設定などもこなれているし、インゲームオプションも一通り揃い充実していて、グラフィックは少々古めかしいが、気配り上手な好感が持てる作品と言うのが第一印象でした。

難易度は新しいゲームを始める時に、EASY、NORMAL、HARD、の3つから選択し、プレイ途中では変更できないシステムのようです。Morrowindのような「ごっご遊びゲーム」以外のCRPGでは、難易度をいつでも弄れるシステムは冷めてしまう。やっぱり現実逃避のゲームでは挑戦したい、例え途中で力尽きてもイカサマはしたくないから、このシステムも好印象だ。それになんと言っても、戦闘ゲームバルダーズゲートの近親作品だし。

Steamでの購入価格は29.99ドルでした。
1時間程度しか触っていないですが、歯ごたえは十二分という印象です。

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

A Farewell to Dragons

投稿日:2009/11/03 |  カテゴリー:A Farewell to Dragons  |  コメント:0  | トラックバック:0
どうやら発売されたようです。
今のところ入手できそうなのはGamersGateのみのようなんですが、できればこの店では購入したくないのと、欲を言えばパッケージ版が欲しい。

・GamersGate: A Farewell to Dragonsの購入ページ ( 29.95ドルのようです )

GamersGateはA Farewell to DragonsとPlanet Alcatraz、2作とも購入可能なようで、やる気十分に感じられるんですが、回線インフラが最悪なのと、あのダウンローダーはどうあっても好きになれないからここではもう買いたくない。


見つけた動画ではこれが一番システムを把握し易そうだった。

世間では似たタイプで全く同じジャンルのDragon Age: Originsの方が注目を集めているでしょうけど、あちらはつまるところ、コンシューマーゲームなので、硬派な一品にこだわりたいのならこのゲームだ。面白いかどうかは未知数だけど。

見たところかなり本格派志向のように見え、気になる点は会話モードがプレイヤーそっちのけで勝手に進んでいくカットシーンタイプなのか、古風なテキストが一画面ずつ止まって表示される読み易いタイプなのか、ってポイントなんですが、この動画の遭遇シーンを見てみると、もしかしたら好ましい会話システムかも?と期待してしまう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター