CRPGまにあ

カテゴリー:Drakensang: The River of Time

SteamのDrakensangシリーズ

投稿日:2014/03/02 |  カテゴリー:Drakensang: The River of Time  |  コメント:0  | トラックバック:0
既に消滅してしまったドイツのデベロッパ「Radon Labs」が残した傑作CRPGですが、パブリッシャーがDTPだった一作目の「The Dark Eye」はダウンロード販売やパッケージ版を普通に購入できていたのだが、パブリッシャーがValusoftに変わった二作目とその拡張は、異常レベルのおま国体制で購入するなら一部のショップでしかできないという状況が続いていた。

それが数ヶ月ほど前からか、Steamでも二作目の「The River of Time」とその拡張「Phileasson's Secret」が購入できるようになっているので、シリーズを通してプレイするのなら有り難い環境が整ったと言えるだろう。私自身はThe Dark Eyeのパッケージ版を持ってはいるものの、インストールの為にディスクを取り出すのが面倒であるし、プレイの度にディスク入れを強要されるなど現在の海外ゲームメインのPCユーザーにとっては時代錯誤以外の何物でもない。当の私も毎度のディスク起動チェックと入れっぱなしによるディスク裏の汚れなどが気になってThe Dark Eyeをプレイしなくなってしまった。

Drakensang: The Dark Eye
Drakensang: The River of Time
Drakensang - Phileasson's Secret

今は通常価格になっていますが、いずれセールが来ることがあるのならその時にでも買ってみようかなと考えているが、値引き関係無しにやりたくなったらまとめて購入してみよう。

三作の大まかな評価の話ですが、The Dark Eyeはユーザー評価がかなり高く、River of Timeはそれよりも少しだけ評価が高い。ただし、拡張のPhileasson's Secretはそれほどでもないようです。

中身はこれぞ正統派RPGといった仕上がりであり、Dark Eyeは難易度調整がないシステムだけれどけっこう歯ごたえがある印象で、River of Timeはデモ版にプレイ開始時の難易度設定が有ったから、上位の難易度で遊べばかなり楽しめそうな予感だ。

Drakensang Complete Saga Edition

投稿日:2011/07/15 |  カテゴリー:Drakensang: The River of Time  |  コメント:2  | トラックバック:0
毎度のこちらに情報が掲載されましたが

・The Dark Eye
・The River of Time
・Phileasson's Secret

3本入りの最終版がUS向けに発売になるようだ。発売予定は今年の9月20日らしいが、Drakensangの北米仕様は見事におま国になっているので、ダウンロード版だと恐らく日本からは正規に購入できなさそう。然し、Amazon USは日本への販売を行っているようなので(私は利用したことがない)、ここからDL購入、及びパッケージ版の通販ができるかもしれない。いずれにしても、UK向けに同じ品が発売されるのなら危惧することはないのだが。←イギリスはゲームのDL販売と海外向け通販の先進国だから。

とは言え先日のSteamサマーセール期間中に、「Steam US」でRiver of TimeとPhileasson's Secretが50% OFFで、9.99ドルと4.99ドルで売られていた。さすがにぴくっと反応したのですが、真っ白を貫くさ。

3本入りのセットになったとしても、高くて数千円程度だろう。競技性が高いものや、マルチに価値がある作品なら迷わずSteamとなるが、このタイプのRPGで時間的に監視されるのは御免なので、やっぱり記念品にもなるパッケージ版が私の理想だ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Drakensang: The River of Timeのパッケージ版

投稿日:2011/06/30 |  カテゴリー:Drakensang: The River of Time  |  コメント:0  | トラックバック:0
Startupmedia - Drakensang: The River of Time (13.95ポンド)

drakensang 06-09-48-58
これはデモ版

もう何度目の台詞か定かではないが、そろそろDrakensang: The Dark Eyeを始動させる気分になってきていまして、Dark Eyeの後にまだ2作控えている。好きなゲームなので、購入するのならできればパッケージ版が欲しかったのだが、ここに来てパッケージ版も販売され始めているようだ。

Phileasson's Secretのパッケージ版は今のところ見付けられないが、いずれRiver of TimeとPhileasson's Secretのコンプリート版も発売になりそうな予感。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

DrakensangとKonung 3

投稿日:2011/05/16 |  カテゴリー:Drakensang: The River of Time  |  コメント:0  | トラックバック:0
各所ショップでDrakensang: The River of Timeの拡張 Phileasson's Secret が販売され始めているようですが、Gametap以外は地域規制で日本は蚊帳の外状態である。Drakensangの場合は、デベロッパーの今は無きRadon Labs、そしてDTP Entertaimentや現在の里親Bigpointに、パブリッシャーとして他にも幾つか社名が挙がっていますし、どのような理由で「おま国」になっているのか皆目見当がつかない。

・Gametap
Drakensang: The River of Time / 19.95ドル
Drakensang: Phileasson's Secret / 9.95ドル

初代作のThe Dark EyeはImpulseだと通常価格 807円となっている。こちらは日本から購入できるようですし、Radon Labs製Drakensangの元祖であり、中身は古きよき日のCRPGを踏襲しており、本格的なRPGを求めている人にはお勧めの1本だ。

「The Dark Eyeをプレイせねば」と、当Blog開始当初から5~6回ほど口にしているような気がするが、何時か気力が溢れているときにでも、Dark Eyeから順にDrakensangを最後まで遊んでみたいと思っています。



もう一つもImpulse品ですが、3ヶ月前に80% OFFセールを見逃してしまったKonung 3: Ties of the Dynastyが、75% OFFで現在 504円になっている。触ってみたいゲームであるが、購入しても最後までプレイしたいという意志が無いですから、そんな中途半端な気持ちでゲームに挑みたくないし、やっぱり安いからといって買い漁るのは、自分自身の意欲低下に繋がる私であった。

Konung 3が欲しかった人には朗報なセールであるが。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Drakensang: The River of Time 英語版がそろそろ発売になる。

投稿日:2011/01/07 |  カテゴリー:Drakensang: The River of Time  |  コメント:0  | トラックバック:0
20110107a.jpg
Impulseに入荷するが、日本からは買えない

20110107b.jpg
D2D。こちらは言うまでもない

Direct2Driveでの価格が19.95ドルなので、パッケージ版も2000円前後なら非常にありがたい。Radon Labsによる最後の一撃な本作ですが(拡張もあり)、映像が近代的な欧米CRPGの中で、古きよき日の香りを保持しているのは恐らくこのシリーズだけだろうと言わしめるほど、正統派CRPGの続編です。

世間での評価は

River of Time > Dark Eye >> Phileasson's Secret

このような順になるのか。
私の場合はThe Dark Eyeを先にプレイせねば。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Drakensang: The River of Time 英語版が2011年初頭に。

投稿日:2010/09/24 |  カテゴリー:Drakensang: The River of Time  |  コメント:3  | トラックバック:0
毎度のRPGWatch記事によると、River of Timeは2011年初頭に英語版がリリースされるようです。River of Time拡張のDrakensang: Phileasson’s Secretについては不明。

ユーザー個人の好き嫌いはさておき、ここ5年の間に発売されたRPGの中で、最もPC版のRPGらしいDrakensangシリーズだと私は信じています。内容的にはCRPGの古典で、土台となる舞台は現行マシンのグラフィック性能を十分に引き出し堪能できる美しさで、ターゲット層が大衆ではないので、難易度的にもGUIから感じとれる操作フィーリングもPC RPGそのもの。最高の折衷だ。

drakensang 15-02-43
来年までにはThe Dark Eyeを料理しよう
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Drakensang: Phileasson’s Secret

投稿日:2010/03/28 |  カテゴリー:Drakensang: The River of Time  |  コメント:0  | トラックバック:0
こちらと
こちらを

見てみると、Phileasson's SecretはDrakensang: The River of Timeの拡張で、The River of Time本体が必要になるようです。The River of Timeは、本国German Versionはすでにリリースされていますが、English Versionは今のところ未定で、拡張のPhileasson's SecrectはGerman Versionが2010年8月31日にリリース予定のようだ。

しかしながら、日本語版どころかドイツゲームが世界向けの英語にローカライズされて、それを待ち望まねばならないというこの趣味。誰も悪くないとは言え、時たま無性に寂しくなることがある。音声なんてドイツ語のままでいいので、手間を省いてテキストのみ英語にし、素早くリリースしてくれる方が日本人としては好都合なんだが、PCゲーム市場を好き放題荒らしている某国がそれでは認めないんだろう。

ふと思うのは、Drakensangシリーズや、数日前に記事にしたAvernum 6など、こういう正統派で良質なゲームの日本語版こそPC RPGファンが望んでいるものなのに、多くの日本人は触れる機会もなく時が過ぎてしまうのが残念だ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Drakensangにさらなる拡張か。

投稿日:2010/02/19 |  カテゴリー:Drakensang: The River of Time  |  コメント:0  | トラックバック:0
Drakensang 2なのか、The Dark Eye→The River of Timeときて、さらに同系統の拡張なのかは分かりませんが、何か出るという情報がRPGWatchに掲載されていました。

こちらはオフィシャルサイトの関連ページへリンク

いずれにしても楽しみが増えることはとても嬉しい。願わくば、この素晴らしいCRPGをどこかのメーカーがローカライズしてくれたらさらに盛り上がるんだろうけど、それは難しいだろう。The River of TimeのGerman Versionはどうやらリリースされたようなので、いくらなんでもThe Dark Eyeに着手せねば。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

常時臨戦態勢なお間抜けが改善されている

投稿日:2010/01/16 |  カテゴリー:Drakensang: The River of Time  |  コメント:0  | トラックバック:0
Drakensang: The River of Time Demoの続きです。

drakensang 2010-01-16 03-10-02-28
One-Hand Weaponの場合は腰に差します

ちょっと進めてみたんですが、グラフィック的にもかなり頑張っています。前作も十分すぎるほど美しかったんですが、The River of Timeはさらに磨きがかかっているような。背中の大剣でお分かりだと思いますが、前作の難点だった常時オラオラ姿勢ではなくなっています。

drakensang 2010-01-16 03-09-19-27
またあの猫だ

drakensang 2010-01-s16 03-03-48-96
港には親子で。

以前にもどこかで書いているんですが、このゲームを作るメーカーは動物トレーニングゲームをいくつか発売しているようで、そこからのゲスト出演かつマスコットキャラクターなんでしょうね。



drakensang 2010-01-16 02-55-03-55
PhysXなんていらない

PhysXほどリアルではないんですけど、上記画像の洞窟の如何わしい表現は見事じゃないだろうか。ここの空気を吸うと病気になりそうな雰囲気があるでしょう。本来ならPhysXの落ち葉やら草木などを、ゲームの謎やギミックとして取り入れたらさぞ面白いんではないかなと私は思うけどね。とは言えRadeonユーザーのこともあるので、PhysXはどちらかといえばWelcomeじゃない。

drakensang 2010-01-16 03-01-08-12
序盤のクエストが進行後、真夜中に奇襲があって大騒動に。

うーん、これは。Sacred 2ばかりやってないで、The Dark Eyeに着手せなばならんね。
まずは英語版が発売されるのを待ちましょう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Drakensang: The River of Time ドイツ語版デモ

投稿日:2010/01/14 |  カテゴリー:Drakensang: The River of Time  |  コメント:0  | トラックバック:0
drakensang 2010-01-14 06-08-53-90
Radon Labsの猫はリアルだ。毛がふさふさしてそうで可愛らしい。

ドイツでは2008年、ワールドワイドの英語版は去年発売になった、前作Drakensang: The Dark Eyeはまだ終わらせていない私ですが、来月発売予定の続編The River of Timeは今年一番の期待作だったりします。独語版デモがリリースしていたので早速インストしてみたんですが、下記画像のように光源処理が素晴らしく、理想のファンタジーワールドがそこにあった。

drakensang 2010-01-14 06-16-55-86
久々だ。開始直後に、柔らかな美しさに絶句した



drakensang 2010-01-14 06-19-47-89
Inventory画面

ざっと見たところGUIなどは前作Dark Eyeそのままで、よくある数年から10年ほど年月が離れた続編ではなく、「スタンドアローンの拡張パック風だがボリュームは普通に1本分」みたいな作品ではないかと予想しています。前作でもユーザーインターフェイス周りは素晴らしい出来だったので、そのまま踏襲している本作もそこらで心配する必要はありません。安心してプレイできる。

drakensang 2010-01-14 06-16-15-83
さて、気になるポイント「フルボイス化」

当ブログに目を通して頂いているお方たちは、私と同じような趣向を持ち、私と同じような信条の持ち主だとお見受けしていますが、喜んでください。Radon Labsは時代に身を売ったりはしなかった。CRPGとして本来あるべき姿である、ウインドウ内に表示されているテキスト分だけボイスが連動して流れ、プレイヤーの意思でのみ「次へ」「キャンセル」の選択ができる。ウインドウ内のテキスト分を喋ったら、プレイヤーがクリックして送るまではそのまま止まっているので、ゆっくり文章を読めます。俗に言うカットシーン風味な展開のときも、クリックすれば簡単に会話をキャンセルして先送りできるので、その辺りでストレスを受けることはないはずだ。

ささっと起動して10分ほど弄くった程度なんですが、作りが丁寧で、世界観は理想的なファンタジーで、こてこてファンタジーだが過去の米国産RPGのような男臭過ぎるラインにまでは達してなく、そこらは牧歌的で美麗なグラフィックと、なかなか美形な女性キャラたちが中和させる作用として働いていて、ベースはTRPGで、前作のバランスから予想するに戦闘の歯ごたえも十分そう。

現状のRadon Labsと、Drakensangシリーズの出来栄えと、コンピュータゲームとしての世界情勢を総括して見てみると、このメーカーは今現在、世界で最も優れたPC RPGを作れるのでは、と感じた。Radon Labsよ、1人のファンとして言いたい。今はどこよりも何よりも輝いてるよ。このまま行ってくれ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター