CRPGまにあ

カテゴリー:Planet Alcatraz

Planet Alcatraz - Impulseで80%OFF

投稿日:2011/03/16 |  カテゴリー:Planet Alcatraz  |  コメント:2  | トラックバック:0
Impulse - 80% OFFで現在323円

本日限りのセールのようですが、数ヶ月ほど前からImpulseのセールは冴えている。
物にもよるが、70~80% OFFも珍しくない。

PlanetAlcatraz 08-05-04-19
近未来が舞台の戦術RPGです

Planet Alcatrazは当Blogに途中までのプレイ記録がありますが、以前にOSを再インストしたときに、うっかりしてセーブデータの保存を怠ってしまった。プレイ記では若干ネタっぽく扱っていますが、これがなかなか見所のある戦術RPGであり、ここ数年内の海外産 俯瞰視点型のRPGでは良く出来ているほうでしょう。

一部に配慮に欠ける箇所があったり、ゲームバランスが大味だったりするが、ロシア産独特の得体の知れない作風と戦術RPGが融合したような、興味深い作品だと思います。突拍子もない表現をしてみると、Bulder's GateやJagged Allianceなどを、ロシア風に料理してみたゲームなのかもしれない。

興味がある人はこのチャンスを見逃さないように。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Planet Alcatraz 仲間はパンイチ

投稿日:2010/05/14 |  カテゴリー:Planet Alcatraz  |  コメント:0  | トラックバック:0
PlanetAlcatraz 2010-04-23 22-39-35-33b
パンイチかつ奴隷

ボリュームがあるゲームをいくつか並行して遊ぶのは気になる体質なもので、他へ行く前に何としても Planet Alcatraz を終わらせなければならない。とは言っても、このゲームは以前にも書いているとおり、スリと経験値 のバランスが破綻してまして、「嫌ならやらなければいい」なんて悠長なことを言ってられなくて、レベルを出来る限り上げたいなら、どうあっても盗みまくる必要があります。なので、ストレートに戦闘やクエストだけを楽しむことができず、途中で入る盗みの時間のせいで、すこぶるテンポが悪くなってしまう。これは大きなマイナス点だ。

PlanetAlcatraz 2010-04-23 22-55-25-62
欲には勝てず。善良なNPCを始末して素敵な武器を入手

一人目の仲間に限らず、このゲームは新たなメンバーが入ってくるとき、どうやら主人公Boar君のレベルから、マイナス 1~2 程度に仲間のレベルが決まるようです。なので、レベルが開きすぎるかも、という事は考えずに、Boar君のレベルは上げたいだけ上げればOKだ。

ですが、Perks(技能のようなもの)に Botanist というレベルアップ毎にSkill Point +3する素晴らしいものがあるので、それらを含めると低レベルで仲間にしておくのも有りかもしれない。ちなみに私は Botanist の存在に気づくのが大変遅れてしまい、Boar君 Lv29の時にやっと習得したので、かなり損をしたようだ。

PlanetAlcatraz 2010-05-13 00-42-19-50
魔性の女たちだ。

クエスト内容は一部にとても過激なものがあって、他国ならとても審査に通りそうにない内容もありそうな。男達が女をいたぶって(なぶり殺し)いて、そこへ助けに入るとか。もちろん女達は無敵なわけなく、助けるのが遅れると死んでしまう。上の画像は誰一人と死なせることなく助けてあげたのに、道を塞がれて移動できなくなる図。

PlanetAlcatraz 2010-05-14 21-42-34-31
苦労の末3人目も仲間に。もちろんパンイチで、さらにハグ。

3人目の仲間 Kruger を助ける直前のクエストはあまりにも酷かった。
最後の方の選択肢を誤るとその場でゲームオーバーさ。

PlanetAlcatraz 2010-05-14 22-14-21-29
人相が悪い男達

最近のゲームには無い、なかなか突出した面白味がある反面、あまりにも調整不足であったり、意地悪すぎる仕様だったり。人を選ぶのは確かなゲームだけど、「パーティー制」というこの仕様。Dragon Age、Drakensang、A Farewell to Dragons、Avernum 6、ふと思いつくここ数年内のパーティー制ゲームのタイトルだが、たったこれだけしか思い浮かばない。なので、そういう意味では大変貴重なCRPGだけどね。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Planet Alcatraz 見え隠れする実体

投稿日:2010/04/21 |  カテゴリー:Planet Alcatraz  |  コメント:0  | トラックバック:0
PlanetAlcatraz 2010-04-19 15-40-42-04
こんな人を眺めてみたり

PlanetAlcatraz 2010-04-19 15-46-19-20
えっちな事をしてみたり

PlanetAlcatraz 2010-04-21 11-57-00-99
またまたトイレでスリを働いたり

PlanetAlcatraz 2010-04-19 16-10-10-76
たまにはしょぼくれてみたり

Planet AlcatrazはNPCたちの仕草やモーションなどがなかなか凝っていまして、それらを観察するのが楽しい。しかしまあ、立ちションをここまでリアルに表現してくれたゲームはこれが初だな。民家に侵入したときに、壁に向かって用を足しているNPCが目に入った時は特に笑えます。

PlanetAlcatraz 2010-04-19 15-43-34-96
ここはどうやっても勝てない。いや、勝負以前の問題だ

産業地区から逃走後は Northern city という地域でうろうろしていまして、基本的に「掏り」「空き巣」「換金」「サブクエスト」など、書いていると私の人格まで疑われそうな内容だが、これらの繰り返しで経験値やお金を稼いでいた。

それにしても、さすがにこの「掏りとEXPのバランス」これは戴けないレベルだ。後述しますが Northern City のマーケットに入り、とあるNPCと会話をして話を進展させると、やっとこのゲームのエンジンに火が入ってくるんだが、そこまで掏りに空き巣などをせずにストレートに進めた場合、キャラクターレベルはかなり低くなるだろうと思われる。現在レベル31なんですが、もしも悪い事をせずに直でマーケット入りした場合、キャラレベルは10そこそこなんじゃないだろうか。

PlanetAlcatraz 2010-04-19 16-04-49-96
街中でテロリストマスクを被った瞬間、街を監視している兵に滅殺される図

サブクエストなんですが、マーケット入りするまでに数箇所ほどBoar君1人ではとても手に負えない山場があった。文明の利器作戦など一切通用しないほどの力の差で、いずれメンバーが集まったら雪辱戦をせねばなるまい。

Northern Cityに入るときに1人のホームレスと会話をしていて、とある人物に取り入るパスワードを教えてもらっていた。そのパスワードでマーケットに居る Blacky という人物と対面できるようになり、ここからやっと普通のRPGっぽくなってきました。Blackyという人物から当面行うミッションや、この辺りの情報について聞く事ができる。

PlanetAlcatraz 2010-04-21 10-44-53-32
その段階で Planet MAP を見ることができるようになる

マーケットには様々なショップNPCが点在していて、アイテムなどもこの辺からやっとまともな物が購入できるようになるんだが、問題は「このゲームの物価は狂っている。高い!」ってことで、掏りと空き巣で懐豊か気分なBoar君でもとても買えないものばかり。

PlanetAlcatraz 2010-04-21 11-48-43-81
アイテムの種類はかなり多い

銃器類はミスが少なく威力も高めなんだが、銃弾の管理が必要になるのと、仲間にもヒットしてしまうから立ち位置調整が適当では済まされないバランスで、ここは評価が高まるポイントだ。この点に関しては表裏一体で、敵も同じ仕様を背負い込んでいるので、対面している敵と銃器類を装備している敵の位置を直線上にすれば※1、こちらにとって有利になる。近接攻撃は難点は少ないけど、外れることも多く、威力が低い。

※1
どの位置にいても敵1と敵2は直線上の配置になるから、これは意味不明な文章でした。
銃器類を装備している敵1と自キャラの間に、敵2が入るような位置取りを心がける、ですね。


ちなみにBoar君が愛用予定の帝国仕様の特殊武器は、ここまで一切登場していない。
なので、スキルを配分できずに困っているんです。

さて。いまだ仲間1人とも合流できていないんだが、さすがにその時期も近いだろう。
3人の名前は分かっているんだ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Planet Alcatraz イカレポンチまっしぐら

投稿日:2010/04/19 |  カテゴリー:Planet Alcatraz  |  コメント:0  | トラックバック:0
PlanetAlcatraz 2010-04-18 19-38-30-37
私的RPG史上、最も破廉恥な男は彼だ

CRPG的に品行方正の模範がDrakensangだとすれば
その対極に位置しそうなPlanet Alcatrazとその主人公Boar君。

このゲームは今のところ10時間ほどプレイしていて、仲間になるはずの面子3人が一向に姿を現さず、そこから判断するにまだまだ序盤だと思うんですが、とある理由からプレイ時間がものすごくかかってしまうんです。盗みによって得られる経験値が馬鹿に出来ない量で、往来を監視しているガードのように、明らかに強いキャラから盗むことは現段階で不可能なんですが、それ以外の一般人からは盗み放題かつお咎めなし。なので、根こそぎ奪う→バック満杯→マーチャントの下へ、この繰り返しになってしまうんだなあ。

PlanetAlcatraz 2010-04-18 15-29-51-81
え…預けられないよ。

ごく稀に辺りのNPCを巻き込んだ乱戦になる事があるんですが、その時に予め武器を盗んでおくと敵になるNPCは素手攻撃のみになるので、そういう事情からも盗んでおくことが安全対策にもなる。

ここまで戦闘らしい戦闘は遭遇だと数えるほどで、あるとすればクエスト関連でちょっとばかりで、盗みで得てきた経験値の方が断然多く、戦闘のみだとキャラクターレベルに相当な差が出来てしまうゲームバランスだ。プレイしていてどういうゲームなのか分からなくなるのはこれが初めて。

PlanetAlcatraz 2010-04-18 14-16-54-57
ほんとお下品ですいません

しかしまあ、日本のゲームは変に着飾るものが多く、現実逃避のゲームなのでそれはそれでいいんですけど、やっぱり海外ゲームのこういう「薄汚さ」はゲームマニアとしてとても魅力的に感じる。このゲームは今のところ「オール薄汚い」けど、汚いところは徹底的に汚いが、美しい景観は息を呑むほどという、そういうメリハリは圧倒的に海外ゲームの方が上だ。

PlanetAlcatraz 2010-04-18 16-14-36-54
レディースものに身を包み殺人を犯すBoar君

で、話の展開なんですが、捕まった後に嫌々ながら産業地区を牛耳るギャングの手先として働かされていたんだが、工場の一角に蒸気機関車があって、クエストの流れでそれに乗って産業地区から脱出できた。街へ入るところで「なぜ俺が軍人だと知ってるんだ?」というBoar君の台詞があったので、やっぱり軍人なんだろうか。

で、どうしましょう。盗みを程ほどにすれば早く先の展開が拝めるんだけど
性分として「根こそぎ派」なもので。キャラスペックに関わるからね。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Planet Alcatraz 糞尿まみれの立身出世

投稿日:2010/03/29 |  カテゴリー:Planet Alcatraz  |  コメント:0  | トラックバック:0
PlanetAlcatraz 2010-03-27 05-41-02-24
手には包丁、ピック、棍棒。やばすぎる3人

クソゲーなのかを明白にするには、ある程度プレイする必要がありますが、バカゲーの方はちょっと違う。バカゲーはプレイせずとも、ネットでゲームの画像を見たり概要を知るだけでも判断できるから、その時点で決め付けても問題はない。そしてPlanet Alcatrazは、この理屈に当てはめるとプレイ前から超クソバカゲーで、ここまでプレイした体験から判断するに、プレイ後も超バカゲーなのは変わりなし。だけど、断じて内容的にクソゲーではない。

システムに1C産らしい至らない箇所が多々あるので、システム面ではクソゲーかもしれないが、内容的には北米産のような商業ベースの作品でもなく、ブログの随所で語っていますが、この作品はスピリット溢れるPCゲームらしい仕上がりだ。テキスト量がかなり多いから他人にお勧めはし難いが、ここまでの感想はけっこう楽しませてくれる。

PlanetAlcatraz 2010-03-27 08-50-43-25
お偉方に認められ、産業地区のガードに昇進したBoar君

段々とこのゲームに興味が湧いてきたので、付属のPDFマニュアルやら、キャラ作成時の文章などに目を通してみると、Boar君は囚人ではないんだろうか。帝国の軍人で、Alcatrazという任務という記述が目に入ってきたんだが、それにしてもBoar君は素行が悪すぎる。本当に軍人なのか。

PlanetAlcatraz 2010-03-27 08-52-45-01
ガード用の服とマシンガンを支給してもらったが、包丁が今もメイン武器だ

ガードになる過程でトイレでほじくり返したり、色んな後始末っぽいことをやらされた。今のところは産業地区各エリアの巡回をやらされているんだが、最初の画像のガブリエルとハムスターは一時的な仲間で、正規メンバーが入ってくる予兆すらない。この先どうなるのか全く読めないので、そういう意味ではとてもわくわくします。

Boar君は帝国武器と接近戦に長けているというスキル構成にしたんですが、早い段階でシーフ技能を持った誰かが仲間になると予想していたのに、一向に入ってくる気配がないから開錠や盗みなどが満足にできなくて、この先ちょっと不安だ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Planet Alcatraz 毛深い男ボアー

投稿日:2010/03/25 |  カテゴリー:Planet Alcatraz  |  コメント:0  | トラックバック:0
前回、冒頭で事故に遭い、未知の惑星に墜落してしまうと書いたんですが、オープニングムービーをもう一度見てみるとちょっと違うようで、強制労働者となる囚人達を乗せた船がどこぞの惑星に向かい、船から囚人を乗せた小型ポッドが発射され惑星に着陸した直後、暴漢達に襲われてしまったという冒頭らしい。テキスト無しで何も語られないから、映像を見て判断するしかないのです。

PlanetAlcatraz 2010-03-24 21-27-29-50
スキルを選択し直したので、また最初から。

このゴリラはとんでもないほどの強さで、普通に戦うとこの時点ではどうやっても勝てなさそうだが、包丁片手のBoar君はほぼ無傷で勝利した。パワフルな野獣であっても、文明の利器Raid StripingとWolfdale 4.2Gの前では赤子同然のようだ。(倒しても何も持ってない)

とまあ半分冗談なんですが、あまりにもクイックセーブとロードが早いとこんなズル技のようになってしまうので、Gothic 3の異常なロードとセーブの長さ、あれはこういう観点から見てみると、それほど悪くないんではと思えてくる。しかしまあ、RPGで強敵と戦う前は誰でもセーブをするでしょう。行うタイミングは戦い始める直前ならなお良し。そして、死ななくても不利になれば誰でもロードをすることでしょう。これを切り詰めていくとこうなってしまうんだなあ。


PlanetAlcatraz 2010-03-25 11-06-16-19
脱いでも何の問題もなく進行するイベント

Titan Questで男性キャラの「モア胸毛MOD」というものがありましたが、見事な体毛のBoar君にはそういうものは必要ないらしい。Boar君は活きが良さそうだから殺されずに済んだようで、「お前には何ができるんだ」という質問から何パターンかに派生していくようですが、今回は倉庫のネズミ退治をしてこいという展開になった。何気にネズミ退治とは在り来たりの進行だね。

PlanetAlcatraz 2010-03-25 11-12-17-91
これは周辺マップ

狭いエリアが区画によって区切られていて、目的地にはショートカットのごとく瞬時の飛べます。重要な地点にはマークが付いていて、カーソルを合わせるとどのクエストに関連しているものかも詳細に表示してくれるので、ちょっと親切すぎかもしれないが、なかなかユーザー思いの良質システムだ。

ここまでプレイして思ったのは、戦闘システムとしてはBaldur's Gate風でもあるんだが、銃器類の多い世界で、瞬時に移動できるマップに、タクティカル要素の高い戦闘、などなど、Jagged Alliance 2を彷彿させるゲームでもある。しかしながら、まだ検証不足ではあるけど、柵があるのに向こう側からびゅんびゅん飛び道具を撃たれたり、すでに「粗」が目立ちすぎているのが気になります。

PlanetAlcatraz 2010-03-25 11-58-22-82
クエストジャーナルは簡易だが見易い

長々と文字が表示されず、ただ行うことだけに絞った文章なので大変分かりやすい。
まだまだまだ超序盤なんだろうけど、このゲームは4人パーティーになるシステムのようで、メンバーが集まってからの戦闘バランスなどがどうなるのかけっこう気になる。B級CRPGで、詳細は割愛するがセッティングを変更するときに不都合があったりするんですが、内容的にはなかなか面白そうな作品だと思います。

プレイしているうちに少しずつ楽しくなってきた。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Planet Alcatraz ニンジンとポテト好き

投稿日:2010/03/24 |  カテゴリー:Planet Alcatraz  |  コメント:0  | トラックバック:0
PlanetAlcatraz 2010-03-23 16-12-33-75
うひょー、買っちゃったよ。(れっきとした正統派のCRPGです)

海外ゲームはフルプライスが日本とは違い低めだ。北米とドイツなどの作品なら、大手産PCゲームだと50ドルが相場で、ロシア産のゲームなら30ドルくらいだろう。日本は物にもよるが、一般的なタイトルだと安くて5000円、高いと10000円程度で、平均するとコンシューマー据え置きソフトは6000~7000円。数は少ないが、PCゲームのローカライズ品だと7000~8000円ぐらいか。

そんな中で一際安いロシアの1C Companyから昨秋リリースされたのが Planet Alcatraz なんですが、PCゲーマーでさえその存在を知らない人の方が多いだろう。それだけマイナーかつ滑稽で、購入を躊躇ってしまいそうになるゲームです。今回はGamersGateで5ドルセールになっていたので迷わず購入したんですが、これを書いている今現在、まだ5ドルセール中なので、タイトル画面のつるつる男の行く末を拝んでみたい人は突撃してみようではないか。



PlanetAlcatraz 2010-03-23 16-17-37-46
プレイキャラクターは目付きの悪いBoar君固定

この段階でアニメ絵に慣れている日本のゲーマーは95%の方が逃げ出しそうだが、我々日本人ゲーマーが馴染み深いダンジョンズ&ドラゴンズを元にしたゲームをプレイしたことがある人なら、ステータスやスキルなどは何の違和感もなく入り込めるんじゃないだろうか。それらの性質、効果などは、カーソルを合わせるとヘルプを表示するツールチップが浮かび上がるので、そこらはなかなかフレンドリーな作りだ。



どうやら主役のBoarは囚人のようで、護送中に事故に遭い、どこぞの惑星に墜落してしまう。タイトルでお分かりのとおり、現代作品ではなく未来を描いている作品なので、囚人バスやパトカーじゃない。

PlanetAlcatraz 2010-03-23 16-22-37-67
命名:赤パン男「頼む、俺を殺してくれ」と。

Boarは何とか生き残ったようだが、墜落現場は凄惨な状況で、外に出てみると火事場泥棒よろしくな2人の無頼漢が襲ってきた。首尾よく撃退すると前方から芋虫のように這いずってくる赤パン男。話を聞いてみると、赤パン男も墜落した船に乗っていたようで、他に生存者は連れ去られた男女が2人、それ以外は死んでしまったようだ。赤パン男は無頼漢どもに脚を痛めつけられたらしく、もう死にたいと切望してくる。

PlanetAlcatraz 2010-03-23 16-23-30-34
赤パン男を踏みつけて殺してしまい、EXPを得る主人公

余談ですが、赤パン男と接触する位置によって、Boarの脚の影に赤パン男が隠れてしまい、そのままお構い無しに進行するカットシーンはさすが1C Companyクオリティーと言わざるを得ない。時おり音声がずれるのは、最早ご愛嬌だ。



PlanetAlcatraz 2010-03-23 16-34-31-66
InventoryとStatus Windowを同時に出してみる

ちょっとばかりHack and Slash系のゲームに通じるタイプですが、高い解像度、広い画面を有効に使っているところは、B級ゲームとはいえさすがにPC専用タイトルだ。Oblivion、Venetica、Starwars: Knights of the Old Republicなど、ふと思いついたタイトルだが、これらは大作だとしてもGUIはPCゲームとして成立していなく、イカレている。それらよりPlanet Alcatrazは、この点に関しては大きく勝っている。

アイテム欄はボタン1発整理機能を完備、キャラクター肖像にドラッグ&ドロップで装備、などなど直感的で分かり易いところもなかなかよく出来ているが、Boar君が常に左右に体を揺らしているので、アイテムの性能を見ようにもツールチップが見ている最中に消えてしまったりする。動くなよ!



PlanetAlcatraz 2010-03-23 17-55-09-43
戦闘システムは高尚なBiowareのBaldur's Gateシリーズをリスペクトしているようだ

PlanetAlcatraz 2010-03-23 18-00-09-18
超序盤にしては強敵すぎるゴリラ!しかし、文明の利器には勝てないゴリラ。

Inventory Windowを表示させたまま戦えたり、装備を好きに入れ替えたり、その辺りはBaldur's Gateシリーズとは違ってかなりアバウトですが、道端や敵の死体から手に入るニンジンやポテトなどをむしゃむしゃ貪りながら戦うその姿は別の意味で楽しい。食べる回数(回復する)に制限はないようで、そのあたりにも調整不足なバランスが匂いだっている。

このゲームは最近のゲームとしては、プログラム的(描画や読み込み)に相当ライトゲームなので、クイックセーブにクイックロードが1秒かからずに行えてしまう。長ければストレスを感じてしまうこれらの動作が一瞬で済むのはありがたいんだが、Baldur's Gate系のゲームで共通の、スペースキーを押して時間を止めつつ、こちらの攻撃が当たったら即セーブ、ゴリラのような強敵から大ダメージを受けてしまったら即ロード、これが簡単に出来てしまうのが気になった。まあこれは、ある意味不正技なのでやらなければいいんだけどね。



PlanetAlcatraz 2010-03-23 18-16-53-56
そうこうしているうちに捕まってしまうBoar君

囚人やとっ捕まえてきた人々をここで強制労働させているようだ。Boar君は何とか殺されずには済んだが、どこぞの工場に人身売買されてしまった。ここからが興味深いところで、会話中の選択肢によって、展開がかなり変わってくるようです。腹立たしかったのはPC88時代のアドベンチャーゲームのように、選択肢を誤るとそのままゲームオーバーになってしまうのは、時代錯誤どころか逆に新鮮に感じてしまった。

内容的には似非Baldur's Gate風の戦闘が楽しめ、なかなかストーリー色が濃いCRPGだ。戦闘はそれなりに楽しめそうだが、英語を細部まで読む気力がない人はぜんぜん楽しめなさそう。目的や当面行うことなどは、CRPGお決まりのクエストジャーナルに要約されるので、進めること自体は問題なさそうだけどね。

とても失礼ですが、フルプライス3000円の価値はなくても、興味本位かつ話のネタとして、5ドルなら十二分遊ぶ価値はあるでしょう。欲しい人は今のうちに突撃しておこう。(2010年3月24日に書いています)

P.S.
おっと、忘れていたがキーマッピングが変更できないシステムなのは戴けない。
気になるのなら、フリーのキーマップ変更ツールを使えば良いだけだが。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター