CRPGまにあ

カテゴリー:Numen: Contest of Heroes

Numen: Contest of Heroes キッズの殺戮

投稿日:2010/07/04 |  カテゴリー:Numen: Contest of Heroes  |  コメント:0  | トラックバック:0
Numen: Contest of Heroesですが、海外ゲームにしては珍しく子供時代から開始となります。物語の進行に合わせて段階的に成長していくようなので、子供時代はごく限られた期間のようだけど、子供に武器を持たせるゲームは日本の専売特許だと思っていたが、海外にもそういうゲームがあるんだ。

numen 2010-06-30 19-21-00-70
どちらを選ぶかで序盤のストーリーが少し変化する

プレイ前に見ていた他プレイヤーのレビューどおり、左クリックの細かな操作で攻撃を行う一般的な Hack and Slash とはちょいと相反していて、左クリックで一応攻撃はするが、右クリックでターゲットして予めキーボードの「1~0キー」に登録しておいた技や魔法を食らわせたり、化け物が密集している地帯に少しずつ近寄って、リンクしないように一本釣りする操作フィーリングなど、ここらはMMORPGのソロプレーに近い感覚があるのは間違いない。

numen 2010-07-01 15-07-42-47
ファイヤーボールばかり使っています

とは言ってもそれは操作性から直感するもので
やっぱりこのゲームは殺戮と育成の天秤 Hack and Slash の血縁だろう。



numen 2010-07-01 21-03-26-40
序盤は少女時代。だが、町にはチンコ像

チェコ生まれでロシアから流通というお家柄なので、かなりキワモノっぽいゲームを予想していたんですが、これが大ハズレで序盤プレイフィーリングはなかなか良好だ。この手のゲームではよく引き合いに出しますが、確かに日本のゲームのようなぐいぐい引っ張っていくような演出はないが、洗練されたUIに無難に仕上がっている操作形態に、見慣れているとはいえ安心して取り組めるクエストシステム。装備箇所がなかなか多く、RPG好きとしてはこの点も歓迎できる。

しかし、このゲームは Hack and Slash と物語重視RPGとの間を行くような作りで、良作Hack and Slashとしての視点から見るといくつかプレイの妨げになっている点が気になった。

・攻撃発動中は画面旋回不可
これはストレスが溜まります。

・難易度は3段階でいつでも変更可能
海外産のRPG、特にアメリカ生まれは難易度を弄れるものが多い傾向にありますが、このゲームは一応 Hack and Slash なので、できれば難易度は開始時に選んで、難易度自体が「挑戦の対象」とした作りの方が私としては好印象だ。でなければ戦いに真剣に取り組めないし、取り組むこと自体が馬鹿馬鹿しくなってくる。

・セーブポイントは焚き火の任意定点制
古いものしか知識がないですが、日本のゲーム、主に家庭用ゲームだけど、以前はROMであったり機器の性能が著しく低かったりで、それら制約からセーブは定点制なものが多かった。PCゲームでも一部に定点制は存在するが、私としてはこの仕様、あまり好意的に受け止められない。Titan QuestやSacred2 Closedのように逐一セーブされて「不正は一切できない」システムか、或いは、よくある仕様だがいつでもどこでもセーブとロードが可能という、このどちらかの方が結果的に良くなると思う。さらに突っ込めば殺戮ゲームとしてセーブの為の移動時間が白けたものになってしまうのと、幸いにもこのゲームは安定しているが、よく落ちるゲームだった場合は生きた心地がしないだろう。

・昼夜の概念。夜はNPC売り子が消えてしまう
最初の町(村)でのことなので、先に進めばまた違ってくるのかもしれないが、昼夜の概念でリアル性を増してゲームとしての評価が高まるRPGは、Bethesdaが得意な「世界観で遊ぶゲーム」他には「物語重視のゲーム」、これらには無くてはならない要素だと思いますが、装備の入れ替えに売買などでNPCを利用する頻度が高いゲームでこれは、やはりストレスの原因になってしまう。

numen 2010-07-01 21-44-47-02
セーブはこの場所のみ。

とは言えこのゲーム、クエストを進行させるのに昼と夜が深く関わっているようで、謎解きという面では上手く昼夜の概念は機能しているのかもしれない。セーブ定点制に関しては、自動にしろ任意にしても、その縛りが逆に緊張感を維持させる要素として働く場合もあるので、一概にダメと言い切れないし、そういう意味では定点制も有りだろう。



numen 2010-07-03 22-31-00-98
少女時代だけでも時間がかかる

結果的に Hack and Slash と物語重視RPGの中間的なCRPGなので、のんびりと進展していく傾向にある。少しだけネタバレになりますが、少女で開始するともう片方の少年が序盤で死んでしまい、少年の魂が安らげる場所を求めて少女が旅するという展開のようで、これが当面の目的なのか最終なのかは分からないが、ちょっと切ない物語なのかもしれない。

悪いところを重点的に述べましたが、このゲームは東欧ロシア産としてはかなり良好な部類に入るだろう。グラフィックはよく見れば古臭さが滲み出ているが、見慣れてくると十分美しいし、上記画像もぱっと見なら素敵に見えることでしょう。

そして久々に御三家という言葉を出しますが、Diablo、Titan Quest、Sacred。
Hack and Slashでは何年経ってもこの3シリーズが頂点に君臨したままで、並の同ジャンルゲームなら開始早々見下してしまい、適正に楽しめなくなってしまう。

だがこのゲームは戦闘システムから異端色を発し、システム全体も熟れているし、新たなRPGを求めるのなら、他の東欧ロシアのキワモノ系よりも、Numenで遊ぶ方が良い思い出ができそうだ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター