CRPGまにあ

カテゴリー:Ascension To The Throne

Ascension To The Throne 不出来の奇跡

投稿日:2010/07/19 |  カテゴリー:Ascension To The Throne  |  コメント:3  | トラックバック:0
さて、アレクサンダーの復讐劇も大詰めです。

ここ数年、ロシアと東欧で活発になってきたジャンル Strategy-RPG。本作もSRPGで、つい最近一ヶ月ほどかけてプレイした King's Bounty Armored Princess(KB姫)も同じジャンルなので、不本意ながら比較しながら批評したりもしましたが、本音はそういう角度からの評価はしたくはない。

自身が最上と崇める品を持ち出すと、その瞬間から現在遊んでいる品を蔑視してしまうことになり、そうなってしまうとそれは適正を欠く評価だ。自身のプライドを自分自身へ押し付けてしまうと、その作品が持つ優れたポイントを見極められなくなるし、さらには素直に楽しめなくなるので、結果的にとても損をしてしまう。とは言え続けて同ジャンルゲームをプレイしたので、都合が良かったから常に見比べながら遊びましたが、KB姫が優秀であったからこそ本作の良さも実によく理解できた。

毎度の台詞ですが、その作品ごとに視点を変えてあげること。私は最近やっとこれを実践できるようになりましたが、これがゲームを楽しめるようにする最良の姿勢だと思います。

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Ascension To The Throne 解放戦

投稿日:2010/07/18 |  カテゴリー:Ascension To The Throne  |  コメント:5  | トラックバック:0
これを書いている現在、すでにクリアしているので
忘れないうちに記録しておこう。

ATThrone 2010-07-15 01-52-47-62
Eneyaの故郷ANNAROTH

前回のラストでEneya姉さんからヘルプ要請があり、フレデリック船でANNAROTHに渡航した。ここからはもう最後の詰め。御覧のようにANNAROTHは移動可能範囲が狭く、ほぼ一直線です。

ATThrone 2010-07-16 02-41-55-82
Rafaelは後半のキーパーソン

かなりすっ飛ばしていますが、Eneyaと合流してからRafaelが守るWarland城へ入った。Warlandは敵兵団に包囲されていて、それらを撃破していくのだが、ここに来て数的に充実してきたアマゾネス部隊の強さは常軌を逸している。

このゲームは中盤以降、友軍ユニットをアマゾネスばかりで揃えた場合の戦闘フィーリングは、「スペア・ストライクが100%出ると分かりきっているボウリング」、この表現が最も適切だろう。まだもうちょっと先の話だが、ラスト戦の敵以外、アマゾネス部隊10人なら、敵兵団10人をワンチャンスで確実に仕留められる。うーん、大味を飛び越えて美味だ。



ちゃんと記録していないが、ANNAROTHはオール完封だったかもしれない。破竹の勢いでWarlandを解放し、次こそ最終エリア、アレクサンダーの故郷Airathへやってきた。

ATThrone 2010-07-16 03-27-18-00
Airathも狭いが、最後にしてはお遊びが沢山ある

後半の目的、そして倒すべき敵、それらの事情など。この物語の冒頭でアレクサンダー王に反逆し、Airathを死地に変えた大魔道士 Wolfguard には悪魔が憑いていたようで(ありがち)、Wolfguardに憑いた悪魔の他にも2体、合計3体の悪魔を倒すという展開になります。

ATThrone 2010-07-16 03-24-58-47
このゲームは日本産RPGの影響をかなり受けている

悪魔の1体はすでにRafaelが倒したようで、残りは2体。AnshanにいるVELIAR、そしてMorrion城にいるWolfguardに憑いているSAMAEL。アレクサンダー以外の3人はMorrionまでの道を確保することになり、Anshanへはアレクサンダー単独で乗り込むことになった。

ATThrone 2010-07-16 03-36-19-80
奇奇怪怪

「西から昇ったお日様が」というお馴染みの歌詞がありますが
海から昇るお月様も滅多に見れるもんじゃない。



Anshanの門には敵方のNPCが常駐していて入ることができない。アレクサンダーはこの国ではすでに故人となっているが、うかつに顔を見られたら騒動が起きてしまう。なので巡礼者に変装し、城門のNPCを騙して城内に潜入することになった。

城内では奴隷として身売りされそうになっていたAirathのアマゾネスを助けるクエストなどがあり、奥へ進むとVELIARと戦闘となった。

ATThrone 2010-07-16 04-54-05-02
なかなか強そうだ

ラスボスの前座でもあるVELIARはヘルスも高いし、その醜悪な容貌からして身構えてしまうが、アレクサンダーが身構えている間にアマゾネス部隊の玩具と化した。もちろんボウリングのピンという玩具に。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Ascension To The Throne アーサーの約束

投稿日:2010/07/15 |  カテゴリー:Ascension To The Throne  |  コメント:0  | トラックバック:0
ここまで触れていなかったんですが、主人公アレクサンダーの目標は、祖国へ戻ることと、この世界OGANTHARの各エリアを治める領主たちに忠誠を誓わせ、OGANTHARの王と成ることも目標の一つだった。

Suntownに到着するとEneya姉さんは祖国へ戻ることになり、ここでお別れとなった。
少しばかり心細くなるが仕方ないだろう。

ATThrone 2010-07-14 23-54-10-49
徳川のお隣さん、アーサー

アーサーの城に入るにはSuntownに居るNPCの協力が必要だった。中に入ると何やら物々しい雰囲気で一触即発状態だ。アーサー側に加担して悪漢どもを退治すると、前回の徳川さんとは違ってとてもフレンドリーな関係を築くことができた。アーサーは、Airath王の噂は聞いたことがあるが、簡単に忠誠を誓うわけにはいかぬと。Tree Islandを治めるエドワードは強い戦士で、彼に勝利したなら認めると意思表示してくれたので、すぐさま向かう事にした。

前回のフレデリックが船を手配をしてくれ
港でフレデリックに話しかけると船を利用できるようになった。

ATThrone 2010-07-15 00-49-42-48
っとその前に

超初期に受けたクエストで、Hunterville南にそびえるピラミッドの謎。3つの魔法のワードを深夜のピラミッドで唱えると何かが起こるらしく、ここに来てやっと3つめの言葉を知ったので早速試してみた。順番を間違えるとハズレ品として上記画像のPLAGUEが出てくるが、正解なら各種属性が上昇するからやっておいて損はない。

ATThrone 2010-07-15 01-18-45-96
城西のデュエル会場

詳細はすっ飛ばして、エドワードと勝負することになったが、1on1ではなく通常の戦闘で雌雄を決する事となった。例のごとく大一番ではお決まりの3連続戦闘だったが、アマゾネス部隊の活躍で3連完封(損害無し)でアレクサンダーが勝利した。

ATThrone 2010-07-15 01-36-41-54
悪趣味ですなあ

帰りの道中、木から何かがぶら下がっているのに気づいたので上を向いて見ると… 宝箱や祭壇などと同じ属性のオブジェクトなんだが、血みどろゲームではない作品でいきなりこの描写はちょっと引いてしまった。ですが、こういう使い方がよく口にする「メリハリ」であって、最近巷に蔓延している「血みどろクライムただストレートで押してくるだけゲーム」は好きになれない。

ATThrone 2010-07-15 01-43-56-63
ついにここまで。

しかしこれで終わりではない。アレクサンダーの最終目標。あからさまに目標として明言されていないが、どう考えても今回の厄災の元凶「反乱を起こした大魔道士」、こやつと決着を付ける必要がある。

ここでフレデリックが血相を変えてアレクサンダーの下へやってきた。故郷ANNAROTHへ戻ったEneyaから連絡があり、あちらで騒動が起きているから助けて欲しいと。どうやらANNAROTHにも厄災が振り撒かれているようだ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Ascension To The Throne - Konici Wa, DVS-san

投稿日:2010/07/14 |  カテゴリー:Ascension To The Throne  |  コメント:6  | トラックバック:0
それにしても徳川の城とアーサー城が隣接しているとは、ゲームとは言え暴走気味だ。アマゾネスのエリアから南下して、徳川エリアにやって来たが、領主と会うのがとても楽しみだ。

ATThrone 2010-07-14 05-00-59-42
片言の日本語を話すアレクサンダー王

米国のゲームで日本文化をリスペクトしているものは過去にいくつか体験したが、ウクライナのデベロッパーだと思うんですが、意外な展開にちょっと驚いた。徳川さんは「我らの言葉が分かるのか?」と返し、和気あいあいな流れになるかと思ったが雲行きが怪しい。

徳川さんはアマゾネスエリアで頼まれたクエストに関係している人物を拉致監禁中で、その人物を救う為に敵対しなければならない定めだったのです。

ATThrone 2010-07-14 05-21-33-53
後半はEneyaと共に行動することになる

ゲームシステム的に視点位置が違うだけで、新生King's Bountyと直球で同じジャンルの本作ですが、共通するところが多いので興味深い。初代作の主役はマッチョな男性、続編は女性、そして両者に接点があるということ。

ここでEneyaが1つの案を出し、その計画を実行する流れになった。
深夜に忍び込んで目的の人物を救出すると。

そして夜更けに城内へ潜入し、救出対象のフレデリックを助け出したが
徳川さん一味にみつかってしまい結局戦闘になってしまった。

ATThrone 2010-07-14 05-23-25-33
単騎ユニットとしては強い徳川さんだが

このゲームは主役アレクサンダーであろうと、どれだけ強くても単騎ではただの悪あがきレベルの強さでしかない。1ユニット最大10体で構成されるので、10体のアマゾネス部隊に投げ槍攻撃をされようものなら、屈強な男子ユニットでも即死してしまう。

無論、徳川さんも一瞬にしてあの世へ旅立たれたが、そりゃそうだ、これはどう見ても家康旗下の徳川軍じゃない。この徳川さんは私に言わせると「上杉謙信と武蔵坊弁慶に憧れているジャイアン」にしか見えない。

本物の精強三河軍で、さらに画像のような平野での野戦ならば
アマゾネス部隊だろうと、どこぞの国の精鋭であろうと、蒸発させられる。

ATThrone 2010-07-14 05-25-29-91
おい、君だけこの世界で浮いてるぞ

救い出したのはダンディな御仁だ。この為に命を賭けたのが馬鹿馬鹿しいが、フレデリックは有益な情報をいくつか提供してくれて、今後の指針も示してくれた。向かうはエドワードの城であること、アーサーエリアのSuntownから船が出ていることも。

フレデリックは解雇ができないので、Eneyaと並んで重要人物のようだ。



ここからはユニットのデータなど、画像のみなので見たい人だけどうぞ。

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Ascension To The Throne アレクサンダーの休息

投稿日:2010/07/14 |  カテゴリー:Ascension To The Throne  |  コメント:0  | トラックバック:0
ATThrone 2010-07-13 16-37-37-43
ValkyrieのEneya

彼女もアレクサンダーと同じく異世界からきた人のようだ。Eneyaはアマゾネスの長 Diana に信頼されているようで、この後の強襲戦では私の下に留まるようにと命じられたが、そこを押し切ってアレクサンダーと共に行動することになった。

Eneyaは敵野営地の近く、「滝の前で落ち合いましょう、先に向かいます」と言い残して視界から消えた。しかし、ここまで戦続きで疲れきっているアレクサンダーは、決戦前の余興にと別の場所へ向かった。

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Ascension To The Throne 半裸精神

投稿日:2010/07/13 |  カテゴリー:Ascension To The Throne  |  コメント:4  | トラックバック:0
物足りなさやシステムの至らなさを感じつつも
なかなか楽しませてもらえるAscension To The Throne。

ATThrone 2010-07-13 14-44-52-38
分かり難いが厄介なスペルキャスターばかりの敵兵団

Steelberg周辺から敵の数と強さが急激に高まり、それまでのように適当にユニットを突っ込ませているだけでは圧勝できなくなってきたんですが、そこで前回の弓兵 YEOMAN です。本作はAuthorityの高さで率いることのできる兵団数の上限が決まるんですが、これまで、野外の宝箱、会話中の選択肢、などは全てAuthorityが上昇する選択肢にしてきた。YEOMANはAuthority要求値が高いが、それまでの兵団を解雇してでも全軍入れ替えるだけの価値がある。

ATThrone 2010-07-13 15-18-19-06
なかなか壮観だ

最初の画像は厄介なスペルキャスターをぐうの音も出ないほどの勢いで完封する図。そりゃあこれだけのYEOMANならそれこそ蹂躙だが、果たしてこの戦闘バランスでいいのだろうか。知略を巡らせなくても、YEOMAN軍団にした途端、完封の嵐。

このゲームはユニットのSpeed値によってターンの順番が決まり、敵が同じ(Armor値が同じ)場合、仕掛ける側が同じユニットなら常にダメージ固定のシステムが相俟って、浅い戦闘システムが尚さら幼稚な方向へと傾いてしまう。

そんな訳で領主ギルバートが治めるエリアをあっさりクリアして
次はアマゾネスの地へ。

ATThrone 2010-07-13 16-14-25-54
圧倒されるアレクサンダー王

悪いことばかりを書いているような気がする本作だが、クエストの伏線の張り方、その回収、などはなかなか上手くできている。だいぶ前に受けたクエストが後になって「この段階で繋がる訳か。納得」といった感じで、この点だけは俗に言うお使いクエストが多かったKing's Bountyより光るポイントかもしれない。

上記画像の半裸お姉さんは、ユニット「AMAZON」達のインストラクター兼、求人受け付け係のようなNPCで、アレクサンダー王にもこの世界での弓兵と投げ槍の優位性をレクチャーしてくれます。AMAZONはYEOMANよりも要求Authorityが倍ほどかかり、さらにレンジが短いのだが、Speedが最速レベルでヘルス量と飛び道具ダメージは2倍ほどあるので、大活躍中のYEOMANを少しずつAMAZONに置き換えていくつもりです。

ATThrone 2010-07-13 16-51-43-51
またも半裸女子に圧倒されるアレクサンダー王

とんとん拍子で話は進み、AMAZON達の頭であるDianaの城へ。
ここで興味深い人物と遭遇した。

ATThrone 2010-07-13 16-38-27-03
アレクサンダーの眼前の人物

この女性キャラが続編の主人公 Eneya で間違いないでしょう。
EneyaはAmazの町周辺にいたアンデットを単独で一蹴したようで、アレクサンダー王は「そうは見えない」と言い、目の前の男が某国の王には「見えない」とEneyaは言う。このやり取りからして、この段階から続編の予定がされていたのかな。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Ascension To The Throne 盛り上がらないSRPG

投稿日:2010/07/13 |  カテゴリー:Ascension To The Throne  |  コメント:1  | トラックバック:0
ATThrone 2010-07-12 21-28-29-61
箱入り熊の危機を救う

ここ数日はゲームをしていなかったが、また再開。
掴み所が無いと言うより明らかにゲームとしてのコンテンツ不足な本作。
と言う訳であまり書くことがないのです。

ATThrone 2010-07-12 23-52-21-55
薄緑に変色しているエリアは攻略済み

地域ごとに領主が何人かいまして、その領主の依頼などをこなして行きつつ元の世界へ戻る方法を探すアレクサンダー王(主役の男)。現在すでにマップの中間辺り Steelberg に到達していて、このマップが全てならあっさり終わるんじゃないかなと予想しています。

ATThrone 2010-07-12 23-32-45-82
大損害を被った戦い。ヘルガ姉さんが死んだ

King's Bountyのようにユニットをどこかの施設に預けることができない様で、能力不足を感じ始めたユニットは、破壊するか敢えて昇天させるかして消すしか選択肢がないのが気になるポイントだ。主人公以外の通常ユニットは成長しないシステムなので、NPCとして登場した人物でも、弱さを感じ始めたら引退時期だ。

ATThrone 2010-07-12 23-52-25-25
ダメージとレンジ共に申し分なし

しかしこのゲーム、途中で放置しているPlanet Alcatrazのように、進行に支障を来す※1ような事柄はないので、スムーズな展開を望めるからストレスは殆ど感じない。その一点のみだけはとても優秀だ。

※1
Planet Alcatrazは新たなエリアに到達する度に、とても不快な盗みを長時間やらなければならないのです。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Ascension To The Throne 手軽なStrategy-RPG

投稿日:2010/07/09 |  カテゴリー:Ascension To The Throne  |  コメント:0  | トラックバック:0
日本流ですとシミュレーションロールプレイングゲーム。海外ではStrategyとSimulation gameが明確に分けられていて、その多くはStrategyに分類する。どちらにしても「S-RPG」なので、SRPGというジャンル表記はとても都合がいい。

ATThrone 2010-07-09 00-13-27-36
とりあえずレベル10に。

今のところHEALTHにしかポイントを振っていない。御覧のように装備箇所が4つと少なく、Amulet、Ringが2、武器付きのトータルユニフォーム、といった具合です。このゲームは難易度を設定する項目が用意されておらず、練りこまれたゲームバランスであることが前提ですが、私が最も好む戦闘ゲームの形であります。

超序盤は不慣れなことと、主役の丸腰が災いしてちょっと苦労しましたが、そこを抜けるといきなり楽々な展開になってきた。楽々とは言ってもそれなりに思考しないと損害を抑えて勝利できないが、やはりつい先日まで「King's Bounty 姫」を難易度ハード+メイジでプレイしていたあの感覚が体に残っているからこう思うんだろう。それだけ姫の旅は過酷だったから。

ATThrone 2010-07-08 23-37-08-34
エンカウントシステムは斬新

主に非リアルタイム制でのシステムですが、RPGではランダムにシンボルなど、お馴染みのエンカウントシステムがありますが、このゲームは「地表シンボルエンカウントシステム」、とでも呼称すればいいのか、画像の地面に見えている大きな円に入ると敵兵団の種類、そして数が表示され、戦うか否かを問われる。

Strategy-RPGには群を抜いた優等生 新生King's Bounty(以下KB) が存在しますので、そちらと比較しつつ進めますが、KBの優れているところはマップ1つをとっても顕著に現れている。無駄な移動を減らすために世界をコンパクトにまとめ、イベント発生地点にNPCや各施設に、敵兵団の配置間隔なども、それらを回る行為でストレスが溜まりにくいシステムであるが、コンテンツ量が豊富なので、けして「世界が狭い」とは感じない造りだ。要するに開発者が戦闘ゲームとしてのノウハウをよく心得ている。

だがこのゲームは、いわゆるオープンエンド様式で、戦闘を純粋に楽しむゲームとしての形から少し外れている。世界を広くしてゲーム性が引き立つタイプのCRPG、例えばBethesdaの一連の作品、Gothicシリーズ、亡きTroikaのArcanum、日本のルナドン、これらのゲームだと無駄に広かったとしても見栄えがするが、戦闘と育成をスムーズに楽しみたいゲームでは足枷になってしまう。

さらに酷評すると、マップの広さとコンテンツ量が均等ではないので、結果的に最悪のゲームなのかと思われてしまいそうですが、後述しますけど、まんざら悪いことではない。

ATThrone 2010-07-08 23-53-56-35
ズームすれば迫力のある戦闘シーンだが

ヘックスでターン制、ユニットの攻撃に防御時は6方向への気配りなど、それらの戦術を練るのが楽しいシステムですが、このゲームはそこが大雑把だ。1つのユニット最大数は10体のようで、例えば敵兵団が5~6体だった場合、10体で攻撃を仕掛けるとわらわらと群らがって攻撃をし、「次のターンへ備えてこのヘックスに留り」、なんて戦術はとてもできないシステムです。結局は大部隊が無造作に入り乱れる稚拙な戦闘になってしまう。

生粋のStrategyである Elven Legacy。このゲームはハードな Battle Strategyなので、これと比べるのは酷かもしれないが、Elven Legacyだと防御時の反撃を有効活用する為に、攻撃ターン終了時に反撃必殺ダメージを期待したユニット陣形を組んだりできるが(システムで用意されたものではなくプレイヤーが仕組む)、その繊細な作りとはまさに雲泥の差だ。

とは言えこのゲームは防御後の反撃が無いシステムなので
それが出来るKBやElven Legacyと比較するのは無理があるかもしれない。

ATThrone 2010-07-08 23-33-20-52
友軍にお金を分配すればAuthorityが上昇する

かなり厳しい事ばかり書いたんですが、矛盾しますが私としての評価は「上々なゲーム」です。やはり毎度の台詞「ゲームによって視点を変えてあげなければならない」。変にこだわって評価する視点を固定してしまうと自身が損してしまう。

このゲームはタイトルどおり、お手軽に楽しめるStrategy-RPGとして見てみると、その要素を十二分に満たしているだろう。無駄に走り回ることになるマップは、各所に多めに点在しているポータルが助け舟となるし、それ以前に広い世界を堪能したい人なら逆に垂涎ものだろう。

防御後の反撃がないヘックス戦なので、戦術としては敵兵団が友軍ユニットの攻撃可能範囲に入ってから近接部隊は行動開始で、弓兵と魔法を使う敵ユニットには最初から注意する。基本戦術はこうなりますが、大雑把な作りなので方位を気にしなくてもいいし、深く考えずに戦闘をこなしていける。

テキスト量はどちらかといえば少ないほうですが、どちらにしてもこのジャンルはストーリーをすっ飛ばしてもその面白さを十分に味わえる。さらに、男子諸君にとってはとても嬉しい半裸のお姉ちゃんも登場するので、えろ要素では及第点以上だろう。

KBより明らかに全てが数段劣りますが、必要最低限のモノは上手く肉付けしてあるし、必要最低限だからこそ素早く進行させられるのは、優れた長所でもあるだろう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Ascension To The Throne

投稿日:2010/07/08 |  カテゴリー:Ascension To The Throne  |  コメント:4  | トラックバック:0
GamersGateで1C Company 75% OFFセールが行われていて、そのラインナップの多くはお馴染みのゲームばかりだったが、珍しくセール対象に含まれた Ascension To The Throne 75%オフ が際立っていたので購入した。

ATThrone 2010-07-06 23-48-16-10
2006年に発売している

このゲームも当ブログでは恒例のロシア産、そしてジャンルは Strategy-RPG で、序盤プレイでの印象は、どちらかと言えばRPG色が濃い作品だと感じた。一見すると、一昔前のグラフィックに無骨なシステムなどがマイナスとして目に映り、ここ数年盛んな北米産の概念的にJRPG化したゲームとの対比がすごいが、このゲームはなかなか(ぎりぎり)ツボを押さえている。

ATThrone 2010-07-07 01-25-50-35
男も女も半裸でスタート

主役の名は Alexander。Airathという国の王だったが、王宮使い魔道士に裏切られ、家族も仲間も皆殺しにされ、激闘の渦中に浴びた魔法で鎧を砕かれ、体も砕かれたように見えたが、自身は見知らぬ世界に1人放り出された。という冒頭なんですが、最初に謎の親切なおじいちゃん、その直後、半裸のお姉ちゃんがお出迎えしてくれます。

RPGらしく序盤からクエストを山盛りで依頼されるんですが、やっぱりロシアゲームらしく序盤がきつい。新生King's Bountyのように兵団を雇う必要があり、その資金が全く足りないし、兵数の上限に関わっている Authority(権威)も低く、さらには主人公はほぼ丸腰なので、戦闘に突入するといきなりお荷物になってしまう。

最初は町で依頼される借金の取立てや、鉱石を入手して武具を拵えてもらうクエストから取り掛かったほうがいいだろう。それから農民を雇い、戦闘を行うクエストに挑んだ。

ATThrone 2010-07-07 01-45-34-13
ターン制 ヘックス戦闘です

新生King's Bountyと全く同じジャンルなんだが、出来としてはあちらが断然上だ。キャラクター育成的にもKing's Bountyは良い意味で悩ましいポイントが多く、幅も広いが、このゲームは装備にしろ魔法などもかなりシンプルな印象を受ける。

ATThrone 2010-07-07 03-38-20-35
半裸のヘルガ姉さんも仲間に。

いくつか気になる点があるものの、シンプル故にストレートに楽しめそうな素質がありそう。



詳しく分からないが開発のDVSというメーカーはウクライナなのか。
どうやらスタンドアローン動作の拡張 Ascension to the Throne. Valkyrie という女性が主人公になった続編も出ているようだが、こちらは取り扱う品が豊富なGamersGateですら販売していない。とてつもなくマイナーなゲームだ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター