CRPGまにあ

カテゴリー:King's Bounty: Armored Princess

King's Bounty: Armored Princess 力と魔法の完全体

投稿日:2010/06/16 |  カテゴリー:King's Bounty: Armored Princess  |  コメント:0  | トラックバック:0
難易度はハードで序盤はかなり苦戦し、クラスはメイジでプレイ、さらに納得のいく勝利を収めるまで何度でも再戦していたので、何とクリアまでに130時間も掛かってしまった。

性格的に完璧主義なので、どんなゲームでも私は時間がかかりがちになるんですが、それにしても King's Bounty: Armored Princess は、エンターテイメント性に溢れる作品でなければ「悪」という、このような商業ベース作品が持て囃される傾向がある現代において、コンピュータゲーム本来の楽しさを人々に啓蒙しているかのようだ。

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

King's Bounty: Armored Princess そして故郷へ

投稿日:2010/06/15 |  カテゴリー:King's Bounty: Armored Princess  |  コメント:0  | トラックバック:0
kb 2010-06-14 21-03-07-15
ティアナ最南の地 Sheterra

最後の神々の石を持つケイタフは後回しにして、ティアナの未攻略エリア、悪魔が栄える地へ。ここは悪魔「サマン」が統括するエリアのようで、クリアに必須の地域ではなかった。しかし、アメリ姫を強化してケイタフ戦を少しでも有利に運ぶ為に、どうしても攻略しておきたい。

地表の敵と戦ってみると、やはりREHAより敵が弱く、もっと前に攻略する場所だったのかもしれない。ここで苦戦したのはサーゲイダスという悪魔だけで、それ以外はレベル50を超えたアメリ姫の敵ではなかった。

kb 2010-06-14 22-39-40-39
サマンにも圧勝

攻略前にREHAで爬虫類部隊を最大数まで編成し、一度も補充することなくサマン戦を終えたので楽だったほうだろう。その足でREHAへ舞い戻り、放浪呪文を全て使用して、爬虫類部隊を再編成してケイタフに挑んだ。

kb 2010-06-15 02-05-09-93
ケイタフ戦はアタッカーをこの位置へ

現地の部族にヒントが貰えるんですが、過去の戦いでケイタフは片腕を負傷していて上手く攻撃できないポイントがあると。この位置にいるユニットには攻撃が当たらないので、防御Buffを掛けなくても済むからある意味楽だったのかもしれない。

ケイタフにはアタッカー役のみ張り付かせ、それ以外のユニットはケイタフが召喚する敵軍への遊撃を行う。安全地帯以外から手を出すと大ダメージを被るので、近接攻撃は1ユニットだけでいい。

kb 2010-06-15 02-18-45-61
ケイタフには復讐の天使が有効だった

知性が高いメイジだからでもあるけど、画像のように守護天使ダメージが5472。ケイタフ戦では知性 77 で挑みましたが、余裕があるときはいずれかのユニットに復讐の天使を掛け続けた。ケイタフはジルガディスよりも全体攻撃の頻度が高く、逆に安全地帯から攻撃してくるユニットには反撃できないので、後方の遊撃ユニットに対して復讐の天使を使用した。

戦いの後半からケイタフの範囲攻撃が連続で行われ、かなり危険な状況に追い込まれたけど、ゲイザーなら1万、ゴーストブレードなら5000以上、フレイミング・アローでさえ5000弱というダメージが出せるメイジ アメリ姫なので、攻撃魔法も織り交ぜて18ラウンドで勝利した。

kb 2010-06-15 02-22-27-49
余裕は一切ない辛勝

ウォリアーとパラディンだとケイタフ戦などはどうなるのか非常に気になる。メイジなら知性の高さで強引に押し切れるが、他クラスだった場合は何か有効な策でもあるんだろうか。それはいつか最高難易度で確認してみたい。



これで8つの石が全て揃った。VERONAとMONTERO間に建つ愛の寺院へ向かい、そこで8つの石を使ってこの世界の守護者「ティアナ」と謁見することができた。

kb 2010-06-15 02-41-09-91
神によりこの地の守を任された亀

2つの願いを聞き入れてくれるという事で、一つめはDEBIR島のフレディック王にティアナの統治を任せること。二つめは、この世界に来ているはずの師匠ビル・ギルバートと一緒に、故郷ダリオンへ帰してもらうこと。亀は快く願いを受け入れてくれ、アメリ姫がこちらの世界に飛ばされた直後の時間にまで遡って故郷へ戻してくれた。

kb 2010-06-15 02-41-41-70
おとんと久々に再会

生意気なヘレンヘルまで連れてきてしまった。悪魔バールはまだ城門前にいるようで、おとんや側近からのお説教を一通り聞き終えてから外に出て、これから最後の戦いです。

kb 2010-06-15 02-59-35-54
彼は前作の主人公

アメリ姫に戦いの指南をした人物でもあるようで、その師匠と共に最後の戦いなんですが、前作でビル・ギルバートとバールは一戦交えているようで、2作続けて同じ敵がラストボスという訳ですね。状況としては国が滅ぶかもしれない大事の渦中だが、おとんやビルに対してアメリ姫は「あれ倒してきたんやで~」「こっちも倒したんやで~」と子供のように自慢する姿が対照的だ。

という訳で最後の戦いだが、今のところ三戦三敗。
ケイタフ戦は前哨戦かと思えるほどの悪魔です。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

King's Bounty: Armored Princess 爬虫類たちと大御所戦

投稿日:2010/06/14 |  カテゴリー:King's Bounty: Armored Princess  |  コメント:0  | トラックバック:0
前回から爬虫類部隊を指揮するアメリ姫になりました。
いまだに技能習得で悩んでいるが、精神技能の「説得」Lv3に爬虫類たちの士気+1があるので取るかどうか迷う。とあるリザードマンから対ケイタフ用の武器を託されていて、これは爬虫類の攻撃+15%なので、ケイタフ以外でも優秀な品なんです。

・本日はこれまでに力の差を感じ、放置してきた敵軍を倒して回ろう。

まずはMONTEROのドラゴンのねぐらですが、ブラックドラゴン18体がかなりデンジャラスでしたが、レッドとグリーンには魔法ゲイザーが有効なので、何とか勝つことができた。コツとしてはレッドとグリーンはゲイザーがダメージソースで、友軍に近寄りすぎているユニットが居るなら上位魔術1発目にポイズンスカルなどを入れておく。

ブラックの方は、反撃は1ラウンド1回という仕様を利用して、最初にアタックをかけるユニットはかなり被ダメージを被るが、連続して同じ敵ユニットに近接アタックを繰り返す。余裕があるのなら戦闘開始直後にドラゴンスレイヤーLv3を詠唱し、育成竜のドラゴンダイビングも忘れずに。魔法を受け付けないブラックドラゴンに対して、育成竜の攻撃は非常に有効です。

さらに魔法詠唱回数と育成竜の憤怒が上手く絡み合えば、トラップをブラックドラゴンの横に仕掛けて、1マス敵を吹き飛ばすドラゴンダイビングでトラップを食らわせてやる戦法もかなりいい。どうやら魔法トラップのダメージだけは無効化できないようです。

kb 2010-06-14 00-47-20-84
ファーストアタッカー役ティレックスの損害が酷い



お次はVERONAの現チャンピオンであるアーノルド・へニンゲムだ。

kb 2010-06-14 00-55-39-99
初めてVERONAに来た頃は、この敵軍を見て震え上がった

アーノルド・へニンゲムはすでに敵ではなかった。レッドドラゴンが6体混ざっているが、6体程度では魔法ゲイザーの餌食にしかならない。基本戦法は上位魔術で「ファイヤーボール→ゲイザー」これで事足りる。

kb 2010-06-14 01-01-34-45
赤丸内は トラップ→ドラゴンダイビング の100%トラップハメの図。

kb 2010-06-14 01-04-56-85
圧勝!



さて、ここからが本題、メインクエスト絡みのボス戦だ。

kb 2010-06-14 01-08-01-50
神々の石を持つ者で、現在ティアナの王を名乗る者

今回のティアナでの騒乱に関わる重要人物です。対デメニオンもアーノルドと同じような戦法で何とかなるが、戦闘開始直後に翼竜を羊にされ後に壊滅、さらにアーチデーモンの特攻でそこそこ被害が出てしまった。

kb 2010-06-14 01-09-53-44
意外と戦い易い地形

ドラゴンやデーモン系が混ざっているが、それらはゲイザーを数回撃つころにはほぼ壊滅している。厄介なのは途方もない体力を誇る騎士タイプで、これらは近寄られる前にポイズンスカルか、或いは地形と憤怒量が許すならトラップ→ドラゴンダイビングの100%トラップで大ダメージを食らわせた。

kb 2010-06-14 01-17-45-52
終盤のメイジ アメリ姫は強い



次はELRONのジルガディスだが、その前に地表で放置していた暗黒騎士モロとお手合わせ。モロは同行人となるNPCでもあるんですが、経験値のために心を鬼にして挑んだ。ブラックドラゴン20体、騎士226体、暗黒騎士380体、護衛兵714体という大所帯なために被害がけっこう出たが、最初に突撃してくるブラックドラゴンさえ捌けば他はすでに敵ではなかった。

そして鏡の塔へ。

kb 2010-06-14 02-27-42-48
右側のアイコンは放浪呪文。真剣勝負です。

難易度はハード、そしてメイジでプレイし、VERONAに上陸するまでは血反吐を吐くほど苦戦の連続でしたが、そこからはアメリ姫の技能も高まり資金も潤い始め、さらに移動できるエリアが増えたこともあって安定期に入っていましたが、中盤以降に遭遇した敵の中で、ジルガディスとケイタフだけは尋常ではない力を感じたので真剣に挑まねばならない。

ジルガディスは元エルフの魔術師で、宇宙理念に執着し、その存在する次元があやふやなグレムリンにあえてなる事を望んだようで、会話してみるとそこまで悪人とは思えなかった。しかし追放された恨みからか、ティアナをめちゃめちゃにしてやる~という目標があるようで、アメリ姫とは戦闘に。

kb 2010-06-14 02-33-50-94
1ラウンドめはジルガディスが先行

まずは最初のターンでジルガディスは中央にグレムリンタワーを召喚するが、ジルガディス戦の鉄則は「グレムリンタワーを稼動させてはならない」。このタワーは攻撃魔法だけではなく、ドラゴンやエントに巨人などの大量ユニットをこれでもかと召喚し始めるので、それを許していたらとても勝負にならない。

kb 2010-06-14 01-49-34-75
悪夢の展開

この画像のような展開になれば終わりだ。
そうならないために、各友軍ユニットに役割分担をもたせた。

・トカゲ男とティレックスはジルガディスに張り付きダメージを与えるタンク
・翼竜とその子供はグレムリンタワー攻撃に専念
・芋虫コウシャは子供を産み続けダメージソースを増やす
・引き篭もりトリケラトプスは地中に隠れて被ダメージを出来る限り減らしならジルガディスを攻撃

ジルガディスの反撃物理ダメージは極めて痛いので、攻撃を始める前にトカゲ男とティレックスには是非ともストーンスキンとディヴァイン・アーマーを掛ける。どちらか1つでも欠けると大ダメージを食らってしまうが、両方ともBuffしてあれば、ティレックスは被ダメージ50~100、トカゲ男は100~200と、ここまで被ダメージを抑えられる。余裕があれば復讐の天使なんですが、ジルガディスは反射ダメージをかなりレジストするようで、無理に復讐の天使をかける必要はない。

kb 2010-06-14 02-42-48-36
上手くこちらのペースで戦えてる図

黄色はジルガディスへのタンク、赤は塔を攻撃、水色は引き篭もりレンジ攻撃、青は子供を生み続けている。翼竜2部隊では塔を破壊しきれないので、地中を掘って移動できるコウシャベイビーを塔とジルガディスへ臨機応変にターゲットを変えるといい感じだ。

ジルガディスは、全体攻撃ウェーブ→グレムリンタワー召喚、この繰り返しなので、大ダメージを受けるのはウェーブの時だけになる。ストーンスキンとディヴァイン・アーマー分の魔力が無くなり、トカゲ男とティレックスがBuff無し状態の時は攻撃を停止させることも必要だった。防御Buffをしてなければごっそりと減らされる。

kb 2010-06-14 02-50-58-06
13ラウンドで勝利した

ちなみに放浪呪文の力で、魔力は170、知性は72、これで挑みました。放浪呪文にはクリティカル15%上げなど素的な物が多いが、その中でも一見地味だけど重要なのは、統率を+20%するスクロールだと感じた。その分だけユニット数が増すので、ジルガディスの攻撃「避けられない全体攻撃」に有効だからね。



大御所戦とはいえ、画像が多めで長くなってしまいましたが、ここまで来て最終エリアだと思っていたマグマの地 Sheterra でのクエスト報酬である経験値が、REHAより少ないことに気づいた。という事は先に攻略するエリアだったのか。

どちらにしてもケイタフだけは恐ろしいので
Sheterraをある程度攻略してからにしましょう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

King's Bounty: Armored Princess トカゲの生き神様

投稿日:2010/06/13 |  カテゴリー:King's Bounty: Armored Princess  |  コメント:0  | トラックバック:0
kb 2010-06-11 00-23-20-93
闘技場にそびえる生き神様ケイタフの像

生き神様といえば別ゲームになりますが、MorrowindのVivecとAlmalexiaを連想する。こちらの2人は地下に眠っていた神器から力を引き出し、通常のダークエルフが圧倒的なパワーとエルフ以上の長寿を身につけ、神様と崇められるようになったんですが、ケイタフもそれと非常によく似ている境遇なようです。

さらに話が逸れますが、Vivecの部屋に侵入して、殺さない程度にぼっこぼこにしばき上げて、たまにヒールで回復してあげるという非人道的な遊びをしていた人は私以外にも居ることだろう。

kb 2010-06-11 23-50-24-62
REHAの地は爬虫類が主な敵(ゲイザーが決まった瞬間)

爬虫類という事で装甲が厚く、打たれ強い生物が多いからなかなか歯ごたえがある。しかし、高レベルメイジになると、「魔力20以下の魔法→ゲイザー」、上位魔術を利用したこの撃ち方を2~3ラウンド続けるだけで、敵軍は相当なダメージを受け半壊に持ち込める。

主義の違いで対立しているリザードマン部族の依頼を熟していくと、REHAの暴君ケイタフを倒してくれと懇願される。ケイタフが棲む洞窟に入るには闘技場で勝利を収める必要があるらしく、意気込んで挑んでみるとこれがまた厄介な初期配置だ。

kb 2010-06-12 14-37-47-12
いきなり敵の通常物理攻撃が届いてしまう

あまりにも被害が出るので、ドラゴンなどを駐屯部隊として置いてきた。すでに金銭的には潤っているんですが、ドラゴン類は売られている数に限りがあるので減らすことは避けたい。急遽、現地調達ということでREHAの爬虫類部隊を組んでみたが、これがなかなか強くて使い勝手もいい。

kb 2010-06-12 16-58-16-41
使い難いが89体の生物が好みだ。

闘技場では敵の勇者タイプ2団体と戦い勝利するとケイタフの洞窟に入ることが許される。入ってみると問答無用で戦闘になるんですが、これは何か対策を練らないと勝てそうにないほど、異常な力を感じた。

kb 2010-06-12 17-14-44-45
戦闘開始の瞬間に全ユニットが5000~7000ダメージを被る

ここまでArmored Princessをプレイしてきましたが、ここからは最後の瞬間へ向けてラストスパートでしょう。まずはVERONAへ戻り、神々の石を護るボスの1人「デメニオン」を倒す。デメニオンはボスとはいっても通常戦闘になる勇者タイプなので、恐らく3体の中では最も力が弱いはずだ。

次はELRONへ渡り、鏡の塔のジルガディスを倒す。こちらは一筋縄ではいかない強さを誇る敵だろう。それから友軍ユニットをケイタフ用に入れ替え、REHAでケイタフに挑みましょう。

そこまで済んだら最終エリア Sheterra へ向かう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

King's Bounty: Armored Princess 二つの島

投稿日:2010/06/11 |  カテゴリー:King's Bounty: Armored Princess  |  コメント:0  | トラックバック:0
残るエリアは、UZALA、Nameless、REHA、Sheterra、この4つなんですが、Sheterraはデーモンが跋扈しマグマ煮えたぎる地で、いかにも「最後にしなさい」という匂いが感じられるので後回し。と言う訳で今日はUZALAとNamelessです。

kb 2010-06-10 20-56-06-33
すでに敵ではなかった

UZALAでのクエストで、DERUSの巨大カエルを退治することになった。難易度ハードで突き進んできましたが、アメリ姫はレベル45以上、メイジとして円熟期に入ったようで、カエルの神様程度には動じない。

kb 2010-06-11 18-13-24-47
Lv3で最大8体を攻撃する魔法ゲイザー

最近の悩みは魔法スクロールのことで、このゲームはストックしておける巻物数に制限がありまして、技能である程度緩和はできるが、その技能を習得していないのでデフォルト状態だ。拾ったり誰かから譲り受けたりするのは最大数を超えて入手可能なんですが、放浪呪文が数十単位で貯まっているので、現在最大保存数を大きく超えているから購入することができない。やっと箱からゲイザーを手に入れたが、技能と知性が高まったメイジですと強力な攻撃魔法になり、戦闘が飛躍的に楽になってきた。

kb 2010-06-11 21-27-16-79
アメリ姫の新お師匠さんと故あって戦闘

UZALAはゴブリンのエリアだったんですが、どうやら先に攻略したELRONより難易度が低い地域のようで、苦も無く攻略を済ませた(時間はけっこう掛かってます)。そして次は死者の島 Nemeless へ。こちらは頼まれごとが多く、クエスト報酬だけでも経験値は相当なものだった。

お師匠さんとも一戦交えたが、さすがにこの島を1人で仕切る死人様だ。初期の配置も嫌らしく、敵の数も多めで、妖精とドライアドにかなりの損害が出たが何とか勝てた。ちなみにユニットを2つ予備で持てるんですが、こちらのスロットはただ保管するだけなので統率の上限が関係ないから、よく消費するユニットをまとめ買いしておけば軍勢補充でショップへ走ることがほぼ無くなります。

kb 2010-06-11 18-54-27-21
妖精とドライアドを大量に。



kb 2010-06-11 21-56-32-14
レベルはついに大台の50に。

首尾よくNameless島でのクエストやお師匠さんの依頼をこなし、残るはREHAとSheterraのみ。神々の石は現在5つ集まったので、3つを何としても入手しなければならない。ジルガディスとデメニオンは戦える状態だけど放置してあるが、REHAのケイタフはまだ見ぬ敵だ。

という事で、そろそろ大詰めが近づいてきた。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

King's Bounty: Armored Princess ドリラーと再戦

投稿日:2010/06/09 |  カテゴリー:King's Bounty: Armored Princess  |  コメント:0  | トラックバック:0
MONTERO地下で初めてドリラーと遭遇したときは、アメリ姫はレベル30程度だった。あれから幾多の戦いをこなし、レベルは40を超えてきた。クエスト絡みでVERONAに渡ったので、ついでにMONTEROのドリラーと再び戦ってみよう。

まずは貴重な放浪呪文スクロールで有効な物をいくつか使用し、その上で挑んでみると意外とあっさり勝てるようになっていた。それならばと人間欲がでるもので、放浪呪文も無しで、素のままでどこまで健闘できるか試してみたんですが、10回目ぐらいでドリラー完封に成功した。

kb 2010-06-08 21-15-47-85
崩れ去る瞬間(アメリ姫はLv42)

キーとなるのはタンク役となるレッドドラゴンで、それ以外のドラゴンは使わなかった。反撃を阻止する妖精をアタッカー役のように使い、レッドドラゴンには常にストーンスキンとディヴァイン・アーマーが掛かった状態にして、攻撃魔法は低コストのフレイミング・アローを余裕があるときだけ使う。それよりも優先するものは、復讐の天使をレッドドラゴンにかけ続けること。

ドリラーのノーマルアタックはサイドのマスにまで攻撃判定が発生するので、妖精とタンクのレッドドラゴンは隣接させず、ドリラーの危険な技「直線上のマス全てを貫通攻撃」、これをあえてレッドドラゴンの列に誘導させるために、ドライアドで召喚した囮植物をレッドドラゴンの後ろに並べる。余裕があれば囮植物をレッドドラゴンの隣からドリラーを攻撃させて、レッドドラゴンに掛かっている復讐の天使を1ラウンドに複数回発動させるようにする。

運もありますが、この方法で完封勝利でした。

kb 2010-06-08 21-15-53-04
実に気持ちいい瞬間



クエスト報告の為にELRONに戻ってきたので、せっかくだからとユチャクとシノビ親子とも再戦することにした。この親子はレベルが40以上と高く、引き連れているユニットにフューリアスゴブリンの大軍がいるのでかなり厄介だ。

kb 2010-06-09 15-16-09-63
この戦いではオイルミストが大活躍

1HEXを囲んで7マス内に敵が固まったらオイルミストラッシュの好機だ。オイルミスト→ファイヤーレイン、これだけでも1万近い大ダメージになるのと、さらにブラックとレッドドラゴンを上手く活用して2マスブレスを食らわせてやれば効果が増す。

親のユチャクも危なげなく倒し、エルフの王に鍵を貰い、鏡の塔に入れるようになった。そこには物語のキーパーソン、エルフ魔術師のジルガディスが巨大グレムリンとなってアメリ姫を待ち構えていたが、UZALAやREHAの地表部分でさらに鍛えてから出直してこよう。

kb 2010-06-09 16-07-06-52
グレムリンの塔を召喚する曲者だ

さて、ここまでのプレイ時間は約「110時間」に達している訳で、この辺りからやっと後半戦なんですが、ここに来てもキャラクターの育成方針で悩み、装備品への欲もあり、試行錯誤の波が衰えることはない。これほどのロシアの力量とセンス、商業ベース作品大国アメリカは、都合よく黙殺し続けることだろう。

kb 2010-06-09 16-23-17-17
次こそUZALAへ。

黒丸はほぼ攻略済み地域ですが

・MONTEROはドラゴンの巣窟を放置
・VERONAは現チャンピオンと神々の石を護る強い軍勢の2つを放置
・ELRONは地表の兵「暗黒の騎士」とジルガディスを放置



kb 2010-06-09 18-04-16-93
レベルは45

知性は7の倍数が重要な境界線で、できれば63にしたいが、何とか56は維持したい。妖精やドライアドも含まれるエルフ強化用の「森の守護セット」コンプを狙っているが、銀の鎖かたびらが手に入らない。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

King's Bounty: Armored Princess ちぐはぐな友軍

投稿日:2010/06/08 |  カテゴリー:King's Bounty: Armored Princess  |  コメント:0  | トラックバック:0
kb 2010-06-07 17-34-10-49
思い知ったか!

師匠として引くに引けないエレンヘル戦、勝つには勝ったが大損害を被ってしまった。前回書いたとおり、全体攻撃魔法でレッドとグリーンドラゴンユニットが削り殺されてしまうので、全滅してもいいように編成し直して来たが、魔法を受け付けない特殊体質なブラックドラゴン以外は粉砕されてしまった。

kb 2010-06-07 17-33-44-49
EXPは7500、お金は11万。またもむしり取る。

お前はどこからそんな団体を連れてきたんだ!と突っ込みたくなるような嫌らしい敵軍の構成だ。ドラゴンの塊や騎士タイプの大軍ユニットと、スペルキャスターやちびっ子デーモン火玉投げとか、これらの組み合わせが今のところ敵として最も厄介です。

この戦いで学んだことは、メイジ アメリ姫なら魔法を無効化するブラックドラゴン 1ユニットでも何とか戦えてしまうことだった。魔法はほぼ受け付けなくて、HEXの端から端まで1ラウンド内に移動できるから、ブラックドラゴンが飛び回っている間にアメリ姫の魔法で敵を殲滅できる。

確かに被害が甚大で経費が嵩む弟子戦だったが、EXP 7500は美味しすぎる。調伏アイテムのグレムリンの塔のように、定期的にエレンヘルはこのモード突入になれば最高の付き人だ。この戦い以後は大人しくしているが、さてどうなるか。



UZALAに向かう前にクエスト絡みで久々に立ち寄ったELRONで、ユニットの補充をしがてら、そこらの敵軍と戦ってみると何とか勝てるようになっていた。予定を変更してELRON攻略を開始し、ショップを巡っていたらやっと望みのキャラクターを購入できるようになった。

kb 2010-06-07 23-13-43-43
反撃阻止が優秀

kb 2010-06-07 23-08-56-03
湖の妖精とドライアド

美女と野獣の組み合わせだが、これがなかなかバランスがいい。妖精は反撃阻止の能力があるので、被ダメージが少なくなる分タフで長持ちし、結果的にDPSが高い。さらにイニシアチブとスピードも高く、購入価格も安いので屈指のユニットかもしれない。この妖精を連隊として制限無く購入できるショップがELRONに存在したのです。

ドライアドは派手さないが、植物召喚が囮としてもダメージソースとしても優れている。ちなみに召喚生物は倒されても損害に含まれないので、完封を目指す時も役に立つから多目的ユニットだ。他にはLv1-3の敵軍限定だが、数ラウンド眠らせることもできるので、DoTとは相性が悪いがこれもなかなか使える。ドライアドも制限無く購入できるショップを発見した。

さらに上述二つのユニットは、精神技能の説得で士気が上昇するのと、ELRONで売られている妖精とドライアドの士気+3のリングがあるから、かなり優遇されているユニットだろう。ドラゴン3種類ですが、説明は割愛するが、どれもこれも個性があって、メイジ アメリ姫だと手放せないユニットだ。

ELRONの地表は敵軍2つのみ厄介なものが存在したが、それ以外は苦も無く常勝続きで進んだ。建物内部に居座っているユチャクとシノビ親子はなかなか手強く、他には、鏡の塔は内部に入れないので、これらは後回しとすることにした。

kb 2010-06-08 01-08-21-96
地表で最も苦戦したのは女デーモンだった
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

King's Bounty: Armored Princess 恩を仇で返す者は

投稿日:2010/06/06 |  カテゴリー:King's Bounty: Armored Princess  |  コメント:0  | トラックバック:0
DERSU島の次はUZALA島に渡ってみたが、北の島TEKRONの方が敵が弱く感じたので、次の攻略エリアはTEKRON島とした。この島は面積は狭いが発生するクエストがけっこう多く、戦闘の機会も多かったことからほぼ攻略し終えるまでにレベルが5つも上がった。

ちなみにこのゲームの経験値ですが、敵との戦闘で70%、クエスト報酬で30%、ぐらいの割合なので、クエストをクリアすることが非常に重要なのです。

kb 2010-06-04 16-05-45-19
メカ弄り系クエストを出題された

ドワーフ爺のクエストを終わらせると「あんこう船」に乗れるようになり、この地下洞窟のみの乗り物なのに、なかなか凝っている。この洞窟にも同行人として雇えるNPCが存在し、VERONA以降も何人か同行可能NPCを見かけたが、あれからずっとメイジのエレンヘルのお世話になっている。エレンヘルは知性+4だけじゃなく、定期的に貴重な放浪呪文スクロールを書写する技能も持ち合わせ、とても優れた人物だがそれが後の災いとなる。

kb 2010-06-06 18-19-05-42
TEKRONで最もパワフルに感じたガベンダム卿

数十人の騎士ユニットに斬りつけられると大ダメージを受けてしまうが、このような肉弾系には最初にポイズンスカルなどを入れて、ストーンスキン+ディバインアーマーをかけたレッドドラゴン突撃で何とかなってしまう。と言うか、このレベルの敵でもユニットを全てドラゴン系にしておけば、完封できるだろう。

kb 2010-06-06 21-51-58-35
4つめの神々の石を護るもの

ストーリー上の目的として神々の石を8つ集めなければならなくて、ここまでまだ3つだけだったがやっと4つめを手に入れた。残るはUZALAの喜びの寺院と、それ以外の3つは全てボスを倒す必要があるようだ。

さて、面積のわりにはかなり時間がかかったが、TEKRON攻略も地下の深淵クエストだけになり、深淵内の敵軍は視認できるものは2つだけなんだが、最初のブラックドラゴン10体がかなり厄介なので後回しにすることにした。そして地表に残していた最後の敵軍を粉砕すると…

kb 2010-06-06 22-20-47-16
なんちゅう奴や!

まさかこのような展開になるとは予想もしていなかったが、そりゃ当たり前だろう。
こんな小憎たらしい奴にはお仕置きするべし。

kb 2010-06-06 22-25-49-13
だがコヤツ、なかなか強いんです。

勝てなくはないけど、時おりエレンヘルが詠唱する全体攻撃魔法が1500ダメージを超えることもあり、そうなるとドラゴンなどに損害が出るので問題ありだ。駐屯部隊の方法も覚えたことですし、ユニットを変更してから懲らしめてやりましょう。

しかしですね、ここまで同行してもらい、知性アップの恩恵や放浪呪文スクロール無償提供など、それだけしてもらっているのに、弟子を倒して今度は経験値をふんだくろうとしている私の方が恩知らずだな。



kb 2010-06-06 22-31-56-29
レベルは40に。

魔法の召喚がなかなか使えるので、今すぐにでも技能の「召喚」を上げてLv3にしたいが、メイジだとどうしても優先するのは「魔力量」「知性」などになるから、このレベルでもそこまでルーンが回らない。とは言え知性を上げればダメージ魔法以外の魔法も強化されるので、メイジならやっぱり知性だろうという事で論学をLv3にした。

精神分野は真ん中のクリティカル発生率上げと、その下の人間とエルフの士気上げが重要だと思えたので少しずつ上げ始めている。ユニットの攻撃と防御、そしてクリティカルなどが大幅に上昇するので、士気はとても重要だろう。

kb 2010-06-06 22-32-36-81
現在のちびドラゴン技

今のところ気になるのは2点。憤怒量が46なのに、有効技ドラゴンダイビングのコストは52。メイジの弱点でもあるんですが、長いこと使えない状態なんです。もう1つは財宝の探索なんですが、1ラウンドごとに敵ユニット(友軍にも)にダメージを与える祭壇系を掘り起こすアップグレードが出来る状態なんですが、これをしてしまうとコストが9に上がってしまう。宝箱だけなら6なので、上げて良いのかどうか…育成竜に関しては非常に悩みますね。

中盤を過ぎ、そろそろ後半戦に差し掛かろうとしていますが、ここに来てメイジ アメリ姫として嬉しいものは「魔力アクセラレータ」です。現段階でも魔力が19回復するので、集中の+8と併せてとても効果が高い。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

King's Bounty: Armored Princess - DERSU島の巨大蜘蛛

投稿日:2010/06/04 |  カテゴリー:King's Bounty: Armored Princess  |  コメント:4  | トラックバック:0
DERSU島のマップはMONTEROマップよりもかなり前に手に入れていたが、地表を徘徊している生物が強力だったので後回しになった。この島はオークが住む場所で、名物は巨大な生き神様のカエル、そして巨大蜘蛛の2つだ。おっと、もう1人、オークの乙女「グラティ」を忘れていた。

kb 2010-06-03 05-33-10-25
ただの太った蛙

このカエルと戦うことはないけど、餌となる「湖の妖精を100匹用意しろ」という、かなりきな臭い内容のクエストに関わっている。DERSU島の攻略に取り掛かる前に、現在有効に使える魔法を念入りに調べたので、以前よりも戦いが楽になってきた。飛び道具がなく、致命的にならない程度の物理近接攻撃しかしてこない敵軍なら、上手く戦えば完封(ユニットの損害なし)できることもある。

kb 2010-06-03 13-27-15-46
プレイタイムこれまで約95時間。やっと大型ボスを1体倒せた

DERSUの巨大蜘蛛は、MONTERO地下のドリラーのような痛い物理ダメージ攻撃はしてこない。代わりに1~2ラウンドごとにコグモの群れを召喚するのと、強力な毒が厄介だった。痛い物理攻撃がないので、この巨大蜘蛛はドラゴン類をメインに使用して挑んでみたんですが、性質が悪いのはこの蜘蛛の毒はヒールで解除できなくて、グリーンドラゴンが2体やられてしまったけど何とか勝つことができた。

kb 2010-06-03 13-28-44-38
EXPがっぽりなので、損害には目を瞑ろう

巨大蜘蛛に張り付くユニットにはストーンスキンをかけて、コグモの集団には剣士とドラゴンフライの数の暴力攻撃で応戦した。ラウンドの度に巨大蜘蛛へのタンク役の体力が減り気味なら攻撃よりも優先してヒールを入れて、余裕があるのなら復讐の天使や、魔力コストが低く昆虫類には効果の高いフレイミングアローなどを使っていった。

さーこれで、いくつか他エリアとの繋がりがあるDERSUクエストが残るのは仕方ないが、とりあえずDERSUも攻略が済んだ。お次は、ストーリー上DERSUと対になっているUZALAか、或いは北西のTEKRONにするか。



・恥ずかしい事実
ダウンロード販売が主流になり、皆さんも私と同じく「プレイ前にマニュアルなんて読まない」というお方が増えたことでしょう。ほぼ全てのゲームにPDFマニュアルは付属しているが、パッケージのマニュアルのような味がなく、さらには海外作品ばかりなので英語マニュアルはどうしても敬遠してしまう。

その弊害か、大きなお城は駐屯部隊としてユニット3つまでなら置けることに昨日初めて気づき、変だなとは思っていたんですが、これでやっと多彩なユニット構成が楽しめそうです。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

King's Bounty: Armored Princess 本日は魔法の研究

投稿日:2010/06/02 |  カテゴリー:King's Bounty: Armored Princess  |  コメント:0  | トラックバック:0
せっかくのメイジ アメリ姫なんだし、ファイヤーボールとフレイミングアローとポイズンスカルとオイルミストばかりじゃ芸がない。まだまだ先は長いんだし、有効に使える魔法を見極めてみよう。現在Lv35で、魔法三属性ともLv3になり、他重要な技能もLv3になったから、やっと今になって調べることができるようになった。

kb 2010-06-02 21-38-57-32
防御に反撃Buffを4つかける

魔法レベル3のストーンスキンとディバインアーマー、まずはこの2つをドラゴンなどにかけるだけで非常に硬くなる。さらにLv3だと全ユニットに効果が及ぶブレスに、反射で大ダメージを与える復讐の天使もかなり使える魔法だ。

画像の敵ベテランオークは応戦という技能を持っていて、結果的に1ラウンド2回攻撃になるパワフルな敵だが、防御Buffをかければレッドドラゴン4匹の1ユニットでも応戦可能なほどです。他の魔法も色々と調べてみましょう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター