CRPGまにあ

カテゴリー:Elemental: War of Magic

Elemental: War of Magic Ver1.39beta

投稿日:2011/09/02 |  カテゴリー:Elemental: War of Magic  |  コメント:0  | トラックバック:0
Elemental 22-56-54-53
そして誰もいなくなった

Ver1.4への橋渡し的存在である1.39なんでしょうが、あちらを立てればこちらが立たず、何か新しい修正を施すと、別の箇所で異常が発生している循環大好きなStradockだ。これではFallen Enchantressが心配になってしまう今日この頃である。

先ずはVer1.3からの不都合ですが、画像をご覧頂ければお分かりのように、街で働く人々が消えてしまっている。これは敢えてそのような仕様にしたのなら問題ない事なのかもしれないけれど、無人の街にちょっとばかり寂しさを感じてしまう。

他には兵を雇う時のコスト表示が壊れているが、これは説明し難いんですけど、先に合わせていたカーソルのコストが優先されてしまい、高かったり安かったり、可笑しな表示になるのだ。この辺りは少しプレイすれば分かりそうなものなんだけどね。

もう一つはNotable Locationのレベル制限が壊れている。自身のLocation Levelが 1 だとしても、Lv4でもLv5でもそのままアイテムが入手できてしまう。他にも探せば幾らでも出てきそうだが、ゲームのルール自体がVersionごとに右往左往しているのも気になるポイントだ。Ver1.39からは低レベル施設は1ターンで建設可能となっており、プレイフィーリングが全く別物になっている。

いずれにしても、Fallen Enchantressではがっちりと決めて欲しいものだ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

ゆっくり待ちましょう

投稿日:2011/05/24 |  カテゴリー:Elemental: War of Magic  |  コメント:4  | トラックバック:0

Elemental: Fallen Enchantressの映像です。

私は不評であった初代作 War of Magic でも十分過ぎるほど楽しめたんですが、War of Magicからの反省を生かした渾身作となるでしょうから、Fallen Enchantressは非常に楽しみです。気になる事があるとすれば、War of Magicのように、Catalystだとフレームレートが安定しない不都合を引きずって生まれてこないように祈願しておこう。

そしてもう一つ、War of Magicはティアリングが目に付くゲームだったので、次回作はインゲームオプションで垂直同期が有効に出来ることが好ましい。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Elemental: War of Magic 正式にVersion 1.1となる

投稿日:2010/12/16 |  カテゴリー:Elemental: War of Magic  |  コメント:10  | トラックバック:0
game000802.jpg
近々デモ版が配布される予定

Elementalファンはすでにご存知でしょうが、長かったVersion 1.1beta期間がついに終了しまして、晴れて正式なElemental Version 1.1となりました。

私は発売当初からどっぷりとこのゲームに浸かっていますが、確実に面白く良いゲームになりつつあります。と言うか現段階でもStrategy Gameとして、これ以上に遊べる作品は数が少ないだろう。

Strategyというジャンル一つをとってもタイプが様々でして、ストーリーに沿って進行させるキャンペーンモードが主である作品や、ランダム世界を形成させて何度も何度もチャレンジできる作品など、シングルに特化、或いはマルチで対戦が盛んなStrategyとか。

Elementalの特徴としては、選択するゲームモードにもよりますが、一日数時間、もっと極端に言えば1時間程度でも十分楽しめる作品であることだ。一度ゲームを開始したら最後まで遊びきるのに数十~百時間かかるような、いわゆるRPGの血を引いたStrategy-RPGに多く見られるタイプとは対照的な形でもある。

軽い気持ちでランダム世界を形成させ、マップ規模は「Small」を選択して、数時間程度遊ぶだけでもしっかりとした手応えがあるゲーム。この形を成就させている作品にはなかなかお目にかかれないが、それがこのゲームなのかもしれません。

詳しくは知らないのですが、セールになるという情報もありますし、デモ版も近い内にリリースされるようなので、気になっているお方はデモ版を触ってから購入を検討してみても宜しいでしょう。購入はStradockが運営しているImpulseからとなり、Steamのようなクライアント型のシステムなので、お手軽かつ便利です。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Elemental: War of Magic 4つめの勝利条件

投稿日:2010/12/12 |  カテゴリー:Elemental: War of Magic  |  コメント:2  | トラックバック:0
安定性が増し、落ちなくなったからもう止まらない。
(楽しくてプレイが止まらないの意)

本日もパッチがリリースされ、現在 Version 1.09u

いくらネタバレOKなStrategyとは言え、あからさまに核心に触れている画像を貼り付けるのは気が引けます。続きを読むにはSpell of Makingに関して垂れ流しています。

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Elemental: War of Magic - CPUが効く

投稿日:2010/12/12 |  カテゴリー:Elemental: War of Magic  |  コメント:0  | トラックバック:0
敵対派閥を多めにして、マップの開拓が進むと動作が極度にもっさりしてくるElementalですが、ビデオカードかCPU、どちらが効果があるのか。

使用したセーブデータは100seasonほど経過したもので、ターン換算400ほどです。大きな町の前で見下ろすような角度でセーブをすると、そのデータを読み込むと常に一定の角度から開始されるので、誤差がなく正確なフレームレートが計れます。大きな町を見下ろした状態で、かなり重くなっているデータを用いました。

PCを毎回再起動して、ゲームの読み込みが終わり
フレームレートが落ち着くまで待った数値です。

CPU:Phenom II X6 1055T 3.6Ghz
GPU:Palit GTX260 core700 / mem1200
これが普段の設定で→FPS 33

CPUを4GhzにOC→FPS 36

CPUを2.8Ghz定格に→FPS 27

CPUは3.6Ghzのままで、GPUを定格core625 / mem1100にダウン→FPS 33

CPUは3.6Ghzのままで、AAをoff、4xAA、8xAA、全て→FPS 33

CPUとGPUは上記常用設定(FPS 33)で
解像度をWXGA+からWUXGAまで、色々と変更してみる→全てFPS 33

と言う訳でCPUがかなり効くようです。AMDのPhenomはコアあたりの性能がIntel CPUより劣るので、特に来年早々発売されるIntel Sandy Bridgeの上位を4Ghz以上で動かせば、Elementalを最高の状態で遊ぶことができる環境になるだろう。

それにしても、最近のゲームなのに解像度を変更してもフレームレートに差が現れないってのは珍しい。ちなみにElementalは解像度変更によるGUIのアップスケーリングをしてくれないゲームなので、見易さ重視で1440x900でプレイしている。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Elemental: War of Magic - 昨日はS、今日はT

投稿日:2010/12/11 |  カテゴリー:Elemental: War of Magic  |  コメント:0  | トラックバック:0
Elemental 16-54-05-63
難易度Ridiculousの猛者熊

現在 Version 1.09t(T)

私は一昔前、MMORPGにどっぷり浸かっていた時期があったので、頻繁なアップデートは煩わしいどころか胸が躍るんですが、月額やアイテム課金ではないゲームでこの勢いは天晴れすぎる。本日のアップデートに目を通してみると、高難易度でのCreaturesとSovereignのヒットポイントに修正が入ったようで、弱くなったのかなと思いきや、余計な心配は必要ないほど猛々しい熊のままだった。

と言うか前回記事でのプレイですが、難易度RidiculousでEmpireを潰し、その後、マスタークエストも終わらせてクリアしたのですが、かなり運が良かったようです。画像の熊のHPを見れば一目瞭然でしょうが、超初期段階は熊や狼や賊に抵抗する術が無い。

とりあえず戦えるレベルにするには、武器はWar Staff、鎧は皮鎧、こうなれば野生生物系に何とか太刀打ちできるけど、それまでが正に茨の道だ。いずれにしても、ノーマルでプレイしておけば丁度良いゲームバランスだと思われるので、高難易度はこれぐらいでないと燃え上がらないから、いい感じでしょう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Elemental: War of Magic 1日だけのQ

投稿日:2010/12/10 |  カテゴリー:Elemental: War of Magic  |  コメント:0  | トラックバック:0
神出鬼没なStradock
Version 1.09q(Q)でのプレイフィーリングを書いておこうと思った矢先に
Version 1.09r がリリースされた。

Elemental 01-34-32-99
昨夜は久々に長時間 Elemental

まず重要な事柄ですが、1.09q(Q)になり、以前のような安定性を取り戻しつつあります。画像がその証拠となるはずで、Summer 262 A.C. までターンが進んでいますが、不安定だった1.09p(P)で、敵対派閥を9つにしたプレイですと、ここまで進めることは不可能だった。ある程度世界が形成されてくると、ターン送りで高確率で落ちていたから。

まだまだ変化していくElementalですが、現段階で感じたことなどを。

1.09qのアップデートで、一見すると小粒だが
実は大勢に影響があるほど重大な変更だと思えたのは

・Traveling Bootsがほぼ全てのユニットで購入でき、そして装備可能に。
開始早々お世話になることが多いこのブーツ。移動力が 1 上昇することにより、移動コスト2の森林地帯でも1Season内に2タイル移動可能になるから優れもの。1.09qのChange Logには全てのユニットで利用可能になったと明記されていたが、試してみた内ではMagnar三世は購入できなかったので、全ユニットではないのかもしれない。

・全ての派閥が開始時にMaterialを5つ所有している
有り難くもあり、派閥Altarのお株を奪ってしまいそうな調整だ。KingdomのAltarは、開始時にMaterialを10所有しているのが他派閥と比較しての特典だったのですが、他派閥もスタートダッシュが若干やり易くなった程度か。Altarだと食料施設を建造しつつ、パイオニアを同時に雇えるので、他より有利であることに変わりはない。

・害獣レベルの野生生物もヒットポイントが高くなった

難易度Ridiculousですと敵方ユニットのヒットポイントは3倍になっていたが、そこらをのし歩いている狼や賊もヒットポイントが3倍になった。初期の狼でもHPが40以上あるので、難易度Ridiculousらしく強化された訳です。話が逸れますが、賊といえば某ゲームで姦賊という文字が出てきまして、いやらしい当て字だと思っていたが、ちゃんと意味があるようだ。



Elemental 03-54-32-76
マナ管理

Version 1.1beta以後は派閥全体で一つのマナ値を管理し、共有するシステムになったのですが、1season(ターン)で増量されるマナ値よりも消費が上回ると支障をきたし、1season毎にマイナス分だけマナ値が減ってしまう。

上掲画像のようにチャンピオンユニットにImbue Championを使用して魔法を扱えるようにするとマナ1消費となり、他には町に対するBuff類も、召喚生物などもマナ1消費となるようです。調子に乗ってImbue Championを使いまくったり、召喚生物の大軍で攻めるような安易な戦法が出来難くなるように制限を加えた訳ですね。

新システムの召喚生物は性能が控えめであり、さらにはSpell Bookを研究しなければ使えない。それらを踏まえて長時間プレイした印象から考慮すると、マナ消費は極力控え、マナを蓄える方が後々有利に展開できそうでした。(マルチはこの限りでない)



Elemental 04-12-48-29 Elemental 03-03-19-87

以前は敵方の君主(Sovereign)とチャンピオンユニットなどは、どれだけ国が繁栄しても、時間が経過しても、丸腰で闊歩することが目立ったが、1.09q以降はヒットポイントが高くなり、鎧を装備するようになった。難易度最高のRidiculousでしか検証していませんが、歯ごたえが増す調整はStrategy好きとして嬉しい。と言うより武具をまともに装備しなかった従前がおかしかったのだが。



Elemental 05-10-40-43
右側のポップアップウインドウに注目

攻撃時や反撃でのHit ChanceにDamage値などが表示されるようになった。
Drakeですが、ヒットポイント量が以前より強化されています。



Elemental 05-36-41-18
OKOJIをフル装備にしてみる

アイテム類の数値が変更されていて、1.09pでのテクノロジー:Magicから得られる武具で固めてみましたが、なかなか強くなっているでしょう。とは言え二つ上に貼り付けた画像のAttack 135に攻撃されたら生き残れないかもしれない。



以下は Spell of MakingとMaster Questについて若干のネタバレがあります

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Elemental: War of Magic - Pの次はQですよ

投稿日:2010/12/08 |  カテゴリー:Elemental: War of Magic  |  コメント:2  | トラックバック:0
Elemental 01-25-06-42
これからお散歩? いえ、弾丸です。

今さっき「アップデートきたよ~」とImpulseからポップアップで知らせてくれた。StardockのImpulseはタスクバーにImpulse Nowが常駐するのですが、重要な知らせはこのような形で告げてくれるからありがたい。やっぱりSteamと共に、クライアント型のDL販売サービスは他よりも長所が水際立つ。

今回 Version 1.09q となりまして、まだ9回の猶予がありますが
早く正式な Version 1.1 を拝んでみたい。

ゲーム内容ですが、1.09p状態でも凄く面白いのだが、落ちたり変になったりする事が多いので若干ですが興醒め中だった。今回Change LogのトップにCrash Fixsときているので、不安定さが改善されたら嬉しいなあ。安定さえすればマルチなども楽しめるから。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Elemental: War of Magic - Version 1.09p

投稿日:2010/12/05 |  カテゴリー:Elemental: War of Magic  |  コメント:0  | トラックバック:0
幾つかの修正を含んだ小パッチ 1.09p が入りましたが
「z」までには正式な1.1が出る事を願いたい。

Elemental 23-48-10-43
手強くなっています

まだまだ変化の途中なので特に言及することはないのですが、一つだけ明らかなことは、アップデートを重ねたElementalは確実に良くなっていて、どちらかと言うと発売当初は難度が低めだったが、緩いところをぎゅっと締めて、多様性を増しつついい感じに難度と面白さが増しています。

以前は最高難易度のRidiculousでも何とかなってしまう程度の難しさであったが、Strategyなんだし、Ridiculousはほぼ攻略不可能な難しさでもいいぐらいだ。Normalで丁度良いと感じるような調節が適正だろう。

気になる点があるとすれば、Windows7 64bitだけの問題だと思いたいが、このままさらに最適化が進んでも、64bit OSでのVRAMスワップによる不安定な挙動は改善されないのではないだろうか。VRAM使用量を表示するツールを起動しながら(ガジェットでもいいし)、ウインドウモードでElementalを動かしてみれば分かりますが、あっという間にVRAM 896MB(GTX260)が埋まってしまう。その後、当たり前のように落ちる。

さすがにElementalだけの為に、メインPCのOSをXPにする事はできないし、XPを使用しているサブPCでは非力すぎる。VRAM 2GBのGPUならどうなるのか知りたい所ですが、次にGPUを買うのならAMD製にする予定で、DX11のミドルレンジ帯2GBモデルでお買い得品は存在しない。PalitがNVIDIAしか出さなくなったのが痛恨の極みだ。



Palit NVIDIAだとこういうのがある
・Palit GeForce GTX 460 2GB Sonic / 18980円

リファレンスモデルよりVRAMを多く搭載した品は、コアとメモリクロックが低くなっていることが多いが、本稿の趣旨はVRAMの容量と、せっかく購入するのなら→鮮度、なので、パワーについては除外している。

今月中にはGPUを購入しようと考えているが、欲しいのはこれらかな。

・MSI R6870 Twin Frozr II

・MSI製品ページ
MSI製、2ファンタイプの新型。美しすぎて誰もがうっとり。

・玄人志向 RH5870-E1GHW/HD/DP/G2

・玄人志向製品ページ
玄人の品はしっかりしているから好感が持てる。5870ではこれがCP的に最も光る。

それにしても、6870と6850の発売後、5870がほんと安くなった。半年前と比較すると、1.5~2万円程度価格が下がっている。NVIDIAのような露骨なリネーム商法ではないが、今回AMDは少々「おいた」をやらかしている。

速度的には、HD5870 > HD6870 > HD5850 > HD6850 になる。テッセレーションを多用しているタイトルではHD6000シリーズが僅かながら輝きを増すが、大手メーカー産ゲーム限定とは言え、コンソール機ベースでゲームが最適化されているようでは余り意味はないさ。ピークパワーのみを重視すればOKで、新アーキテクチャはお飾りにしかならない悲しい時代なので。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Elemental: War of Magic - Version 1.09o

投稿日:2010/12/03 |  カテゴリー:Elemental: War of Magic  |  コメント:0  | トラックバック:0
Elemental 22-07-29-25
OKを押しちゃいけない

とりあえず 1.09o にアップデートしただけの状態ですが、前1.09nの挙動が怪しげだったので、念を入れて一度アンインストールしてから再度インストールを試みた。そして起動してみたらその画像だ。OKを押すとデスクトップに戻されるが、常にウインドウ類はESCでキャンセルする習癖があるのが幸いした。ESCでキャンセルしてやれば起動します。

Elemental 22-07-36-71

さて、アップデート項目がテンコ盛りなので、非常にプレイが楽しみだ。年明けまでにImpulseでElementalを購入すれば、第一弾拡張パックが無償になるので、気になったお方はそれまでに購入しましょう。風評に踊らされちゃいかんぜよ。このゲームはデビュー当時、WEB界隈で表向き酷評されていた時期から十分面白かった。そして、今も進化を続けている。実力がある杭は打てないってことで。



・その後
互換モード起動を試していたら、Failed to download...のエラーメッセージが表示されなくなりました。原因は何であったのか、不明です。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター