CRPGまにあ

カテゴリー:戦ノ国~もののふ絵巻~

戦ノ国を注文

投稿日:2010/10/15 |  カテゴリー:戦ノ国~もののふ絵巻~  |  コメント:2  | トラックバック:0
大まかにネット上の評価を見てみましたが、操作性、UIについては厳しい意見が目立ち、内容については賛否があるようだが、私としては実に魅力的だと感じた。現在、戦国物パワーゲームの筆頭、光栄産の信長の野望 烈風伝で遊んでいますが、楽しんでいることに偽りはないが、本音を吐くと正直心が折れそうだ。

私が戦略ゲームで、勝負を題材にしたゲームで最も興醒めしてしまうことは、勝つと分かりきっている戦いを何度も何度も強要されること。もちろん、興醒めしないラインを上回っているゲームが沢山在るわけじゃないし、完璧なゲームなんて存在しないのかもしれないが、あまりにもゲームバランスが狂っているものは、プレイしていて気持ちよいものではない。

Si-phon の戦ノ国は、戦をなるだけ回避し、外交交渉を主にゲームが進行していくようで、これまで主流となっていた戦国ゲームの有り形を根底から覆すような、そこまでは無理だとしても、ちょっとだけ殻を破ってくれたらいいなと微期待している。

・4Gamer記事
必ずしも天下統一にはこだわらないユニークな戦国シミュレーション,「戦ノ国~もののふ絵巻~」のレビューを掲載(徳岡正肇)


・Si-phon(サイ・フォン)
パッチ Ver 1.11 が本日リリースとなった


パッチの改善点、変更点、修正点は多岐に渡り
それだけの不都合があったのかと不安になる反面、メーカーのやる気が感じられる。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター