CRPGまにあ

カテゴリー:2010年にプレイしたゲームの感想

2010年にプレイしたゲームの感想

投稿日:2010/12/31 |  カテゴリー:2010年にプレイしたゲームの感想  |  コメント:0  | トラックバック:0
昨年に引き続き、その年プレイしたゲームのけじめをつけるという意味で
今年プレイした作品で本当に面白いと感じたものは何であったのか。

今年も昨年と同じく、年始から春先辺りまではプレイ時間が異常レベルに達してしまう Sacred 2の罠 に嵌り込んでしまい、その間は新たなゲームに触れることが出来ませんでした。4月頃から色んなゲームで遊び始めたのですが、途中で投げたしたり、開始当初で冷めてしまった物が幾つかありますが、そこそこの本数で遊び、そして最後までやり遂げた。

私がゲームの評価を、自分にとって面白いゲームであるかの判別をする基準ですが、開発費が数十数百億円も投入された物とか、広告費に金をかけて前評判によって人気が確立された物とか、メディアが頻繁に取り上げ日々絶賛中の物とか、そんなものは批評するにおいて由無し事でしかない。

2010年は大手メーカーや大手メディアが、シネマティック系の作品で強圧的な統制に勤しむ態様が散見されたが、他人のふんどしで相撲をとっているようでは何時かメッキが剥がれる時が来るだろうし、正当な発展でなければ満場一致の支持など得られはしない。

そんな最中に、日本に生息するPCゲームを好む私は
このゲームで極限の高揚を体感した。

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター