CRPGまにあ

カテゴリー:神採りアルケミーマイスター

面白そうな2011年春予定のゲーム

投稿日:2010/12/08 |  カテゴリー:神採りアルケミーマイスター  |  コメント:4  | トラックバック:0
一つめは戦女神シリーズで定評のあるエウシュリーの作品

「神採りアルケミーマイスター」応援中!
18禁です

ジャンルが知識採集+工房運営+戦術シミュレーションRPGとなっていまして、公式サイトによると、お店の経営から素材と知識の収集に研究、さらにキャラ育成なども含め、運営しつつ戦うSRPGなんでしょう。お店と言えば先日Steamで5ドルセールで売られたルセッティアが最近では評判で、他にはPS版のを1本所有しているが(未プレイ)アトリエシリーズなどと共通点があるゲームなのかもしれませんね。私の場合、経営ゲームといえば後述する犬と猫の作品を思い出す。

神採りアルケミーマイスターのページを見てみると、エウシュリーらしくビジュアル的には文句のつけようがないほど美しい。システム的にやり込み要素が高い作品のようですし、このメーカーのゲームはまずハズレがないと予想されるので、半年後くらいに発売のようですが、注目のゲームになった。戦女神シリーズのように、完全に楽しむには発売年次に従ってプレイする必要性がなさそうなので、これ1本から始められる所も長所でしょう。



二つめは犬と猫の作品
ムーンライトバスケット ~交易馬車はどこまでも!~

フリーゲームであったレミュールの錬金術師から一連の1000円作品が好評でして、レミュオールは最後までやり遂げた。王国とハーヴェストは購入していないんですが、それまでのリミットと海洋レストランの2本はとりあえずプレイしていて、これら作品群は相当やり込み度が高いです。

来春発売のムーンライトバスケットはレミュオールの主人公が再び帰ってくるようで、内容としては、題材が違うがこれまでの物を踏襲した形の作品になるのではないでしょうか。1000円なので気軽に購入できるから、ムーンライトバスケットはプレイしてみるつもりです。



ここまでは体裁を取り繕った無難な書き方をしましたが、最初の神採りアルケミーマイスター。これは18禁であり、いわゆるエロゲーですが、私は中途半端が性に合わないので、潔いエロゲー18禁の、優れたRPGやSrategyは好印象です。

エロゲーは一部が問題視されていますが、果たしてエロゲーだけなんだろうか。一般作品にも危険な物が多く存在しているのに、それら都合が悪い臭い所は見て見ぬ振りで、叩きやすい所を内容も見ずに、精査もせずに一方的に悪者扱いは如何なものか。

同社の戦女神2を数ヶ月前に最後までプレイしたが、そこいらの銃を街中で乱射するゲームよりも、杖をついた老人を轢き殺すゲームよりも、暗殺者のように首をか掻き切って血が噴き出すゲームなどよりも、よっぽど優しいメッセージが籠められていた。

それだけ裸体とその表現がいかんぞと言うことなんだろうけど
私にとっては不合理でしかない。

都合が悪いにおいどころ、と書きましたが、結局はさ、今現在アメリカも日本もバイオレンス物が流行り、それらは儲けが出るし大多数派が好むものだから容認され、正に善と化している。不健全な風潮ですぜ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター