CRPGまにあ

カテゴリー:Sengoku

Sengoku入門動画

投稿日:2011/09/21 |  カテゴリー:Sengoku  |  コメント:0  | トラックバック:0
現段階では「その2」までのようですが、その3も製作中のようです。
取っ付きにくいParadoxゲームですから、とても有り難い動画ですね。

画質がかなり良い動画なので、フル画面で見た方が分かり易いでしょう。





テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Greenman GamingのSengokuを起動

投稿日:2011/09/16 |  カテゴリー:Sengoku  |  コメント:6  | トラックバック:0
こちらはSengoku公式サイト

Greenman Gamingこと緑男で新作を購入するのは初めてのことで、ParadoxゲームであるSengokuのパッチ配布や管理においての心配事が幾つかあったが、Sengokuは他Paradoxゲームのようにランチャーを起動するタイプなので、どこで購入しても起動する方法は似たようなものだろう。

インストール後は緑男クライアントを起動する必要は無い
sengokuuu000004.jpg
Sengokuフォルダ内の Sengoku.exe がランチャー起動

Sengoku.exeのショートカットをデスクトップに貼り付ければいい。パッチがリリースされたら Check for Update で直ぐに更新可能になるはずだ。フォルダ内にある SengokuGame.exe の方は、ゲームを直接起動するファイルなので、NVIDIAドライバ画質設定や、ゲーム固有のマウスボタン設定などはこちらを指定すればいい。

緑男クライアントでインストールするゲームの多くはシリアルキーが必要なものばかりだが、Sengokuも同様にしてDLが完了したらそのままインストし、初起動時にシリアルキーの入力は要求されず、クリックしていくだけでいい。

まだ触っているだけの段階ですが、ユーザーによるSengokuの評価はなかなか高いようです。ゲーム自体が頗る軽く、戦略重視な1枚マップで展開されるシステムはストレスを感じ難く、重量級作品でありがちな長いロード時間や切り替えでの中弛みとは無縁なゲームと言えるだろう。



・Sengokuは基本DRM Free

・Greenman Gamingは独自のシリアルキーがあるように見えるが、実際には入力する必要はない。

・予約特典のHearts of Iron 3は購入直後に送られてきたメールにVoucher codeが送付されていた。GreenmanサイトでHoI3購入ページへ行き、そこでVoucher codeを入力したら0ドルとなった。その後、10.5ドルに化ける。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Sengoku Demoを試す

投稿日:2011/09/11 |  カテゴリー:Sengoku  |  コメント:0  | トラックバック:0
Sengoku 03-29-39-49
おつですな (この画像の解像度は1440x900)

デモ版のファイルサイズは数百メガバイトなので、気軽に試すことができます。Paradoxのゲームは、Europa Universalis III 、Arsenal of Democracyなどを短時間プレイしているが、軽量なデモ版ながら、Sengokuの動作は相当軽く感じられます。

起動時の読み込みも速ければ、ゲームスピードを最速にしてもFPS 45~50前後を維持している。勿論、それ以下の速度ではFPS 60を振り切った状態だが、EU3はまだしも、HoI2エンジンで作られた「もっさり動作」でお馴染みのAoDとは、雲泥の差だと感じられるほど滑らかに動いている。

Sengoku 04-54-31-34
この画像は1920x1200だが、容量の事情から横1500に縮小している

Paradoxのゲームと言えば、解像度の上昇に伴うUIスケーリングをしてくれない作品ばかりであり、Sengokuも高解像度プレイ時のフォントサイズが小さすぎる嫌いがあります。再現するには24~27インチモニターが必要だが、上掲2枚の画像を横1920に拡大すれば、2枚目の画像のフォントサイズが如何に小さいか分かるだろう。

私のモニターはアス比 16:10 の24インチなので、解像度の縦が、1200、1050、900、800、といった所になりますが、24インチモニターでも実用的な解像度は、1280x800、1440x900、辺りが個人的には限界だと思えた。ちなみに私の視力は両眼とも2.0でありますが、日本語に慣れている日本人からすると、小さい英文字には閉口してしまう限りだ。

ここ最近の不祥事で悪評が高まってしまったが、Sengokuはほぼ間違いなくサイバーフロントから日本語版が出そうなので、英語に自信がない人はそちらを持つのも一考だろう。

ゲーム内容としては、とても軽いエンジンによるParadox独自のシステムで遊ぶ戦国絵巻として見れば、かなり魅力がある物だと思います。システム的に野戦などは簡単に方が付くが、城攻めはなかなか面白そうな雰囲気でもある。とは言ってもParadoxゲーム初級者の私が言うことなので、精通した人ですと他の意見が出るかもしれません。

もう一つ、本作にもShogun 2で脚光を浴びた「天下分け目システム」が実装されているようで、日本の半分を掌握すると発生するらしい。バランス如何によって賛否がありそうだが、Strategyの国盗り物で後半起こりがちな、消化試合、勝てると分かりきっている戦い、などに辟易していたプレイヤーらにとって、願ってもないシステムになれば幸いだ。

どっちにしても明後日には発売になり、私は緑男で購入済みであるから
もうすぐ本作を心行くまで楽しむことができる。

みんなが注目している Sengoku Wiki
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

どっちにする

投稿日:2011/09/10 |  カテゴリー:Sengoku  |  コメント:5  | トラックバック:0
SENGOKUとA Game of Thrones - Genesis
両作品ともにGamersGateとGreenman Gamingで発売予定に入っている。

GG
・SENGOKU - 29.95ドル (HOI3が付いてくる)
・A Game of Thrones - Genesis - 39.95ドル

緑男
・SENGOKU - 29.95ドル save15%で 25.45ドル (HOI3付属)
・A Game of Thrones - Genesis - 39.95ドル

数日前の緑男祭りでのクレジットが26.8ドル貯まっているので、緑男でならSENGOKUが0円で購入できてしまう。祭り後にMight and Magic Heroes 6も緑男クレジットで購入したが、ほんと足を向けて寝られない緑男だ。GamersGateはParadox直営であるから、Paradox産のゲームはアップデート面では安心なので、SENGOKUはGGで買いたくなるのが玉に瑕。

こうやって再評価してみると、クーポンによってさらに20%オフになり、緑男クレジットも使えて、Pre-Order割引15%もある緑男はかなりお安く購入できると気づいた。計算してみると、SENGOKUはクーポンでのsave20%で 20.36ドルで購入できてしまう。

game002207.jpg
この価格は魅力だ

もうちょっと再考してから決めますかな。SENGOKUは9月13日発売。A Game of Thrones - Genesisは9月29日発売となっている。来月にはM&M Heroes 6もあるから、しばらくは面白そうなStrategyが立て続けに発売だ。



game002208.jpg
今回は緑男への感謝を込めて

クーポンの対象は一つの商品のみとなるので、新たなsave20%クーポンをA Game of Thrones - Genesisに用い、39.95 x 0.8 - 26.8ドルになり、5.16ドルで購入することができた。そしてSengokuはそのまま25ドルで購入し、日本円にして2400円で、M&M Heroes 6、A Game of Thrones、Sengoku、の3本を購入したことになる。

新作の場合ですと、Greenmanのクライアントでのパッチリリースが少しばかり気に掛かるポイントだが、そこさえSteam並みの「遅れること数日程度」なら許せる範囲といえるだろう。



・後日談

SengokuはGamersGateやGreenman Gamingなどで予約購入すると、Heart of Iron 3がもれなくプレゼントされるんですが、やっぱり緑男さんユルユルやなぁ。プレゼントで貰えたHoI3は10ドルで売ることができます。なので結果的にSengokuは15ドルで購入できた算段となる。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター