CRPGまにあ

カテゴリー:Might & Magic Heroes VI

Might & Magic Heroes VI - Altar of Wishesを使ってみる

投稿日:2011/10/30 |  カテゴリー:Might & Magic Heroes VI  |  コメント:0  | トラックバック:0
Might  Magic Heroes VI 09-33-48-79
ランクがBronzeになった

現在、Necropolice Chapter 3 を終えたところですが、その途中でDynasty RankがIronからBronzeに上がった。早速Bronzeで入手できる品をAltar of Wishesで吟味したところ、4つが候補に挙がった。ここで用いるポイントは、実績アンロックで獲得できるDynasty Sealsです。

ちなみに一つめは画像の Sister Vestal のポートレートだ。

Might  Magic Heroes VI 13-47-24-03
これがなきゃ始まらない(Bronze)

初期状態での Trait Slot は1つだけなので、実績ポイントを消費して増やしていくことになる。今のところBronzeとSilverにしか Trait Slot の商品が見当たらないが、Slot総数は5つとなっており、4つめと5つめのアンロックはどうなるのだろうか。

Might  Magic Heroes VI 13-47-32-92
これもBronzeでアンロック

どんなゲームでもEXPは美味しそうに見えてしまう。MMH6はキャンペーン中にLevel capが掛かったりするし、そこまでEXPに執着する必要はなさそうだけど、やっぱりこの魅力に敵うものは無し。

Might  Magic Heroes VI 13-47-39-47
4つめは目標:損害無しの強い味方

Acclaimed Leaderは初期状態でも購入できるIronのTraitですが、損害無しだと次の戦いで士気が5ポイント上がるという効果だ。Trait Slotに入れたマップでは始終効果を発揮できるものとして良さそうではないか。



Bronzeに昇格した直後、恐らくサーバー不調だと推測しているが、Altar of Wishes の調子が悪く、買い物をしても品がアンロックされない状態だった。数時間ほど置いてから試してみたら、1回目のEXP Wiseで同じように反応しなかったから続けて購入操作をしたのだが、ラグで2回分の買い物をしたことにされたのが腹立たしい。

具体的には二度目の操作時はそこに「Wise EXP」がなく、ずり下がってきた隣のTraitまで購入してしまったのだ。なので、ちょっとでもラグっぽいなと感じたら、その日のAltar of Wishesで買い物は控えた方がいいかもしれない。

Might  Magic Heroes VI 07-51-03-79
用途を考えておこう
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Might & Magic Heroes VI - 心象世界は血縁者の味

投稿日:2011/10/27 |  カテゴリー:Might & Magic Heroes VI  |  コメント:0  | トラックバック:0
Necropolice Chapter 1 は正統派ステージでしたが、Chapter 2 は一風変わった世界へと導かれる。具体的にはセカンドステージは拠点を攻略して強化して進めるのではなくて、近親作品King's Bountyのように、放浪者のような進行となります。いきなりの変化球的な味付けに少々驚いた。

画像とか見たくない人は続きを押さないで。

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Might & Magic Heroes VI - 2つのDynasty Weapon

投稿日:2011/10/27 |  カテゴリー:Might & Magic Heroes VI  |  コメント:0  | トラックバック:0
Necropolice Campaign: Chapter 1 のマップには、2つのDynasty Weaponが配置されているが、2つとも強めの敵が守護者となっている。Dynasty Weaponの入手に関してだけど、恐らくバグなのだろうと思われるが、主人公以外のヒーロー、いわゆる雇われヒーローで拾い上げてしまうと取ったことにならないのだ。この症状については早急に改善してほしいが、取り敢えず重要な物を取るとき、重要な戦いに挑むときなどは、主人公ヒーローで行うべし。

Might  Magic Heroes VI 07-24-02-68
訳有り物品 Arachne

Might  Magic Heroes VI 08-32-59-58
Dynasty Weaponはユーザーに付いて回る

ArachneのLevel 4: Drain Lifeの効能が壊れているようで、有り得ないほど強力な武器になるようだ。私は現状Level 2だけど、度が過ぎるものは下降修正しないとゲームの寿命が短くなってしまうだろう。



Might  Magic Heroes VI 21-15-57-91
advanced marketplaceは素敵

この画像はチュートリアルキャンペーン Slava でのものだが、現段階ではNecropoliceだと上級ショップが建てられない。Factionごとに差別化してあるのか、或いはいずれ建てられるようになるのか、疑問ではあるが、キャンペーンを順に遂行し、基本から覚えていくの吉である。

陳列される品は高性能なものが沢山あり、マップ終盤にでもなればお金には然程困らないはずなので、欲しい物を買い揃えるのに好適だ。これも意図せぬ仕様なのかもしれないが、通常は週が変われば品が全て入れ替わるのだけど、一つ購入してクイックセーブをし、直ぐにロードすれば同じように品が入れ替わる。



Might  Magic Heroes VI 10-20-10-56
この施設とお金があれば、勝利が約束されたようなもの

Town Rank 3の建物ですが、Altar of Etarnal Servitudeは、戦いで減らされてしまったユニットを高額で蘇生することができる。マップの序盤~中盤だと活用させられないだろうけど、お金が余り始めたら、大軍勢バトル→全蘇生→合流→繰り返し、この流れで難しく感じるマップだとしても、乗り切れる可能性が高まる。

MMH6は週毎に一定数の兵を雇うことが可能なのだが、無闇に時間を経過させて兵を増やしても詰んでしまう恐れがあるのだ。敵派閥や中立Creaturesなども、時間の経過と共に数が増えていくから、よく考えて行動しないと八方塞がりになるかもしれない。



Might  Magic Heroes VI 17-45-06-70
シングルでも他プレイヤーと微弱ながら繋がっている

CONFLUX Orb はプレイヤーたちが自由に書き込めるインゲーム掲示板のようなもので、随所に設置してあります。有用な情報だと感じたら、そのコメントに1~5の評価を付けることが可能で、評価が高いコメントはソート機能で上位に表示される。英語とはいえ、中にはネタバレズドーンな書き込みもあるだろうから、アクセスしたら評価が高いコメントのみの表示に切り替えるのが得策だろう。自分の力だけで進みたい人は見ないほうがいいね。

続きはキャンペーンチャプター 1の経過

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Might & Magic Heroes VI - 第一キャンペーンへ

投稿日:2011/10/26 |  カテゴリー:Might & Magic Heroes VI  |  コメント:0  | トラックバック:0
Might  Magic Heroes VI 23-38-29-80
Necropolis Campaignを開始

チュートリアルキャンペーンは2つのチャプターから構成され、2つともクリアすると一気に5つのキャンペーンがアンロックされます。チュートリアルキャンペーンといえども2つめのマップはかなりの規模でして、プレイ内容にもよるけど5時間前後かかるのではないだろうか。

チュートリアルキャンペーンの主役 Slava は、その後アンロックされるキャンペーンで主役を務めるキャラたちの父親でして、家族総出の戦いを描いている作品のようです。

読み込み中に表示される挿絵のクオリティーが高い
Might  Magic Heroes VI 23-38-49-04
訳ありメンヘラ娘が主役となる

どのキャンペーンからプレイしたら良いのか、非常に悩ましい仕様だが、ここは難しく考えずに順序良く左から攻めて行こうと思う。2つ上の画像、左の亀マークがチュートリアル、順にNecropolice、Haven、Sanctuary、Inferno、Stronghold、となる。性別は順に、パパ、女、男、女、男、男、となります。

難易度は3段階で、Easy、Normal、Hardとなっており、マップ選択毎に変更可能です。初プレイであるから、ゲームバランスを把握するために最後までNormalで進みます。

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Might & Magic Heroes VI - FXAAでジャギーとおさらば

投稿日:2011/10/25 |  カテゴリー:Might & Magic Heroes VI  |  コメント:2  | トラックバック:0
以前にも書いていますけど、MMH6はAAことアンチエイリアスの設定がインゲームオプションにも無く、ドライバ側でAAを有効にしても、ジャギーが消えないどころかテクスチャ化けを起こす始末。

何か改善策がないかと調べてみると、FXAAなら有効にできるという情報を仕入れることができた。FXAAとは Fast Approximate Anti-Aliasing の略称ですが、現状ではMODという形で配布されています。難しい設定など不要でして、解凍した4つのファイルを対象ゲームの exeファイル が置かれているフォルダにコピーするだけ。

先ずは長所を
・品質の割りに極めて軽い
・MSAAでは行き届かない部分のエッジにまで効果が出る
・インゲーム中にオン⇔オフが瞬時に行える

後日、短所を追記
・MSSAなどよりも、ちょっとだけエッジ周辺がぼけてしまう
・広範囲のエッジに効果が出るので、必然的にぼける面積も広くなる

英語ですけどこちらのサイトに詳細な記述があり
DLできるサイトへのリンクがあります。



早速試してみたんですが、結果的にFXAAが有効になってジャギーが無くなり、美しい画質になったが幾つか気になるポイントがあったのでそれらを記しておきます。

・Windows 7のUACが妨げになる
UACとはユーザーアカウント制御のことで、アプリケーションを実行しようとすると確認ウインドウがポップアップするお邪魔なアレのこと。このUACは誰しもオンのままだと思いますが、オンにしているとFXAA Modフォルダインでの起動時に動作が停止する症状が出てしまった。管理者モード、或いは互換モードで実行すれば、取り敢えず起動するようになったが、管理者モードでゲームを起動すると、次はマウスのボタン設定が無効化されてしまう症状が現れた。余談だけどSacred 2などの他作品でも類似したケースに陥った経験があり。こうなると何をどうやってもマウスの設定が無効になるから、手早い解決策としてUACをオフにしておきました。

書き込みでご教示いただき解決済みです


・FXAAはとても優秀だけど、フォントやUIのエッジまで削られる
これは実際に画像を見てほしいのですが、こういったAAの効果を確かめるための画像は縮小はしちゃいけないし、皆様方のモニターが極端に小さかったりすると、結果的に縮小された状態になるかもしれません。

先ずは効果のほどを
Might  Magic Heroes VI 09-53-44-59b Might  Magic Heroes VI 09-53-46-63b

左がFXAA - ON 右はnon - AA

ポーズが違いますけど、ジャギーの有無は一目瞭然でしょう。このようにジャギーが無い滑らかな画質になるのだが、フォントまで削られるから文字が小さいゲームだとかなり見辛くなってしまう。

Might  Magic Heroes VI 09-53-46-63
non - AA

Might  Magic Heroes VI 09-53-44-59
FXAA

これはよ~く見ないと分かり難いかもしれませんが、FXAAが有効になっている画像の文字の方が「暗く」見えることでしょう。MMH6のフォントは太めだから余り気にならないけど、ブラウザで用いるようなフォントのゲームだと読解が厳しくなることでしょう。

そんな訳で、非公式とはいえAAが有効になり、美しい画質でプレイできるようになったが、その代償が少しだけあるという結果でした。



他作品でインゲームオプションにAAの項目が無かったり、あっても問題を抱えていたりという、実質AA無しでのプレイを迫られる困ったちゃん達は

・Disciples 3: Resurrection(Renaissanceも含む)
短時間しか試していないが、AAが有効になり美麗な画質に磨きがかかる

・Elven Legacy(日本語版)
AAの効果は出るけれど、文字が細いので読み辛くなってしまうことと、画面の切り換えに異常レベルで時間が掛かるようになってしまう。ここらは私の環境特有の症状かもしれないが。

・ラストレムナント
・Risen
・King Arthur

この三作もAAの問題児であるが、夜にでも試してみよう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Might & Magic Heroes VI - 理想郷が今ここに

投稿日:2011/10/24 |  カテゴリー:Might & Magic Heroes VI  |  コメント:6  | トラックバック:0
初代King's Bountyを起源とし、開発メーカーが移り変わりながら6作目まできたHeroes M&Mシリーズですが、本作MMH6はその歴史に恥じない完成度を誇っており、Strategy-RPGが好きな人にとっては正に時間泥棒と化すだろう。

本作で注目したいポイントとして、UBIのオンラインシステムとの融合がとても上手く機能していることだ。安易にシリアルキーを入力するだけのDRMとは違って、ネットに繋いでいる醍醐味をプレイヤーが味わえるシステムであり、シングルゲーム(一人遊び)だとしても有効に作用しているだろう。

PCゲームに於けるDRMとは、その多くはお金を払った消費者に無駄な負担が掛かるだけの物ばかりであったが、著作権の保護をしつつ、ユーザーが楽しめるシステムの構築をしているUBIは、なかなかの手腕だと考えを改めたところです。UBIは嫌いだと明言していた私ですが、この点に関してはこれまで触ってきたシステムの中で最高かもしれない。

その優れたオンラインシステムと由緒正しきSRPGが組み合わさったのだから
必然的に面白さの度合いが大きくなるだろう。




Might  Magic Heroes VI 17-42-23-92
Achievements(実績)

実績とは遊び要素が増す自己満足的なものとなっている作品が過半数を占めているが、MMH6では実績を解除すると Dynasty Seals というポイントが増えていく。そのポイントは、Dynasty Weapon、Dynasty Traits、ポートレートなどと交換できます。(僅かながらユニットが強化される実績報酬も有り)

Might  Magic Heroes VI 17-42-31-20
ユーザーランクが上がれば品も増えていく

ユーザーランクとは Dynasty Level のことなんですが、MMH6はどんなゲームモードでプレイしていても、Dynasty Experienceという、いわゆるユーザー経験値が増えていき、一定のレベルに達すれば、Iron→Bronze→Silver→Gold→Platinum、といった具合にランクが上がっていきます。

最初はIronで、レベル10でBronze、以後も同様な条件なので先が長いけれど、何かとユーザー経験値が増えていくのは嬉しいものだ。知人にデモばかりだと勿体ないよと進言したのはこのような理由からです。

Might  Magic Heroes VI 17-39-39-82
他にもCreatureの能力やゲーム中では見れないCGなども有り



MMH6 111024a
これは起動時のランチャーから貰える報酬

UplayはUBIのゲームで稼いだポイントなら全て共通のようで、既にポイントが貯まっているのなら直ぐにでも入手できる。本作MMH6の場合は、Dynasty Weaponを獲得したり、Dynasty Levelが2とか、他にはキャンペーンをクリアしたりすれば、画像の報酬を貰えるだけのポイントが貯まるのだ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Might & Magic Heroes VI - これぞ紆余曲折

投稿日:2011/10/23 |  カテゴリー:Might & Magic Heroes VI  |  コメント:0  | トラックバック:0
MMH6 緑男騒動の件ですが、半分は修正済み、半分は「うっそぴょーん」ときたもんだ。嘘というより「Deluxe Editonコンテンツはもう暫く待ってくれ」「取り敢えずPatch 1.1.1まで当てたものを用意したから、もう一度フルダウンロードしてくれ」、という意向らしい。

正直なところ、Deluxe Editionコンテンツはどうでもいいんだけど、パッチだけはリリース直後に確実に更新できるような状態にして欲しいが、この様子だとパッチがリリースされる度に7GB弱のファイルをダウンロードする破目になるかもしれない。無論、その度に再インストールとなるだろう。

シリアルキーでDeluxe EditionをUBIに登録してある状態なので、まともに動くソフトさえあれば事足りるから、いずれDL版なりパケ版なりがお安くなったらプログラムを買い換えるという意味での愚行に走ろうかと思っている。て言うかもうお前さんらに付き合いきれんわ。



Might  Magic Heroes VI 17-16-43-63
物自体はとっても素晴らしい

リリース直後ということもあり、バグが結構あるようだから大手メディアの評価は低めになっているが、毎度のごとくそんなもの気にする必要はない。「できれば米国産」「できれば大手デベロッパとパブリッシャー」「流行もの」、これらのワードが揃わなければネガキャンを始めるスコア大好きなメディアさんだから。

Might  Magic Heroes VI 16-10-43-71
色んなTraitやAbilityがある

これは最初の方で選択できるTraitで、無難にSupply Waggonにしておいた。Dynasty TraitsにAbilityにMagicに装備品などなど、覚えることが満載のゲームだけど、現状は海外ゲームだとこのジャンルが最も好きだ。昨年はKing's Bounty 姫も楽しんでBlog更新をしていたが、やっぱりこの血統は面白い
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

MMH6 緑男騒動 - その後

投稿日:2011/10/23 |  カテゴリー:Might & Magic Heroes VI  |  コメント:0  | トラックバック:0
http://forums.greenmangaming.com/topic/1098/

ようやくアップデートがきましたが、これからDLをしてインストールをし、順調に事が運ばなければ安心できない。緑男スタッフの書き込んだ内容からして完全に機能するようになったらしいが、前歴が多すぎるから信用はできない。

・パッチの更新が正常に行えること
・Deluxe Editionのコンテンツが入っていること

この2つだけが問題だ。
それはそうと、メールを確認してみると、もう一つ新しいMMH6のシリアルキーが緑男から送られてきたが、何から何まで怪しげだ。大丈夫なんかい。

MMH6とDisciples 3: Resurrectionは購入間もないから致し方ないとして、貯まっている緑男10ドルをShogun 2 Samurai DLCに交換し、以後は二度と利用しないつもりです。長所としてお買い得価格や錬金術があったとしても、ストレスが溜まることだけは避けたい。錬金術だけは継続し、マネーが増えてきたらSteamで有効化するゲームだけ買うという計画ならありだが。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

MMH6 GMGやらかし事件 - 神光臨

投稿日:2011/10/21 |  カテゴリー:Might & Magic Heroes VI  |  コメント:5  | トラックバック:0
作業をしていたのが朝方だったので最後まで確認できませんでしたが、パッチファイルをgu.exeからDL可能になるものの、パッチインストールの段階で「MMH6がインストールされていないのでパッチが当てられない」と表示され、結局は失敗してしまいます。

恐らくGreenman Gamingのシステムに問題があるのだろうと推測しているが、Greenmanクライアントでゲームをインストしても、OS上でインストした扱いにならないこと。「プログラムと機能」「プログラムの追加と削除」、ここに登録されないからアプリケーションが存在しないと判別されるのか。

MMH6がインストール済みであると見せかけるようなレジストリ書き換えを試してみたが、私の知識では進展はなかった。どの道Deluxe Editionのコンテンツが含まれていない欠陥商品なので、近いうちに動いてくれると思いたいが、既に発売から10日経過しているのだ。

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

GMG過去最凶の大筒

投稿日:2011/10/21 |  カテゴリー:Might & Magic Heroes VI  |  コメント:2  | トラックバック:0
Might & Magic Heroes VI そのものとは何ら関連性はありません。

もうね、GMGこと緑男は救いようがない。
今回のは越えちゃいけない一線を越えたな。

GMGのMight & Magic Heroes VIは未だにパッチを当てることができないのだ。Ubisoft Game Launcherの起動時に反応がないからどうも変だなと思っていたが、GMGのMMH6は gu.exe(autopatch) がイカレているようだ。このファイルを直クリックしてもエラーが出るだけで、フォーラムで調べてみると多くのユーザーが同じようにトラップを喰らっていた模様。

GMGはいまだ対処してくれないし、パッチファイル 1.1と1.1.1をDLして試してみても結果は同じでMMH6が存在しないと言われる始末。GMGのゲームはインストールしてもGMGクライアントのファイルとして扱われるようで、PC上でインストした事にはならないから、ここらにも大きな問題を抱えていそうだ。

そして対応してくれたとしても、GMGのシステムだとファイルを丸ごとDLし直しになるはずだから、その労力は計り知れない。さらにDeluxe Editionのコンテンツがフォルダに入ってないし、呆れてものが言えないほどだ。

そんな訳で、絶対にGreenman GamingのMight & Magic Heroes VI は購入しちゃいけない。余りにも酷い経営だし、対処する気があるのかどうか分かりゃしない。と言うかもう今後は、GMG、緑男という文字さえ当Blogには載せないことにした。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター