CRPGまにあ

カテゴリー:Lands of Lore: The Throne of Chaos

Lands of Lore: The Throne of Chaos - 充足の1週間

投稿日:2011/11/26 |  カテゴリー:Lands of Lore: The Throne of Chaos  |  コメント:2  | トラックバック:0
あっという間に Lands of Lore を終えてしまった。プレイしていて楽しいと思えない作品や、楽しくてもストレスとなるポイントを内包しているものなどは、早期にプレイを断念してしまうことが当たり前のようにある。Lands of Loreはとても古い作品であり、昨今のゲームと比較すると熟れていないところが結構目に付いてしまうが、それらを押し切る形で1週間で最後まで行けたという事実は、紛れもなくこの作品が私にとっては名作であったことの証左となるだろう。

game002545a.jpg
某作品OVA版のエンヤを連想するスコーシャ

実体は老婆で、美女、コウモリ、怪物などなど、何にでも変化できるShapechangerなスコーシャであるが、最終的に対峙する敵が若い美男美女だと物語が陳腐と化してしまいがちで、そういった意味では醜悪な容貌のスコーシャの存在が、本作の重厚さを一段高みへ押し上げていると言える。

※発音が「シャ」なので、全てスコーシャという読みに改めました



●特徴

・DOS時代のダンジョン探索RPGとしては絶妙なさじ加減
これより以前に発売されているRPGは、自動マッピングシステム非搭載であったり、明らかに「クリアできない」ように仕向けられた超難度だったりで、幾らなんでも褒められた作品だと思えないものが多々あるが、本作ですと地図は通り過ぎるだけで四方の形状と仕掛けなどを確実に書き記していってくれる。シネマティックRPGの起源とも言えるフル音声システムは、物体などに接触するときでさえひとり言として発言してくれるし、加えて物語の佳境に於いてはやっぱり音声付きだと盛り上がる。

・戦闘は多すぎず少なすぎず
多すぎても少なすぎても白けてしまう要素だが、初めて足を踏み入れる場所にはそれなりの数、重要地点では結構多く、踏破したエリアには稀に再出現した敵が徘徊しているバランスである。開始時に4人のキャラクターから選択できるが、魔法タイプを選んで魔法を駆使するプレイも可能で、武器攻撃に加えて当時のリアルタイムRPGらしく石や刃物などを投げつけてダメージを稼いだりできる。それでも戦い方のバリエーションは少ない方だけれど、距離の調節や回復のタイミングなどを計りつつ、シンプルながら工夫して楽しく遊べるシステムだろう。

・ダンジョンの作りはまさに至極
システム側から押し付けられることもなく、クエストという枠の中で、矢印を用いて安直に誘導するような味気ない作りでもなく、道はプレイヤーが自ら切り開いて行かねばならない。CRPGの定番として、その過程で説明が付かない仕掛けがあったりするが、逆説的に侵入者を阻むための仕掛けが易々と理解されるようでは、それは道を遮ったり重要なアイテムを守る仕掛けとして機能していない訳だから、その観点だと現行の作品群より90年代後半より以前の作品らに一理あると言わざるを得ない。いずれにしても、「ゲームは挑戦するもの」という意識が強い私の意見であるが。

・とは言え仕掛けの一部に難解なものが有り
私の場合は何をして良いのか分からずに詰まったことが1回。これでよいのか?と不安になったことが2回あり、計3回ほど海外のWalkthroughサイトを見てしまった。プレイタイムは数十時間程度ですが、一切の情報を遮断する方針だとプレイタイムは倍以上に膨れ上がるだろうし、そもそもクリアまでこぎ着けない可能性もある。

・物語は線形な作りであり、移動の自由は無いが、逆に遊び易い
サブクエストという概念は存在するが、同時に課せられる仕事は多くても2~3といった程度である。ただでさえダンジョン探索で頭が混乱しがちになる本作であるから、タスク的なものはこのくらいが丁度よい塩梅かと思える。マップは所々に別エリアへ向けて進行方向が分かれている場面があるが、どっち道向こうで繋がっていたりする地形だから、ほぼ一本道な作風であるだろう。

・唯一、気になる箇所としては
移動時にマップが表示されないのはちょっぴり不満であるが、マップクリック1発で即座にエリア情報が表示されるからその点に関しては余り気にならないが、一つだけ面倒に感じたポイントとしてはアイテムの管理だろうか。横長のツールバーは表示範囲が狭いので不便に感じたが、左右の矢印を左クリックだとアイテム1マス分スクロールで、右クリックすれば1枠分スクロールしてくれる。右クリックを併用すればかなり操作が楽になる。

・PCの古典的なリアルタイムRPGとして入門に最適
難しすぎては駄目だろうが、簡単すぎても味気ない。ゲーム自体が面白くないのは論外であるし、戦闘や仕掛けなどが陳腐であるのも遊べない作品だと思えるが、本作はそれら全ての負の要素を回避していたからこそ、私は1週間掛けて最後まで楽しく遊べたのだ。だからこそ、今年最高の古典的作品の筆頭として本作を挙げたい。



さて、このまま同時購入した Lands of Lore: Guardians of Destiny(二作目)をプレイしてもいいが、他にも遊びたいゲームがあるから困りものだ。とは言っても「機会があればまた遊んでみよう」とBlogで呟いた作品をその後に遊んだ例がないから、やるのならこのまま一気に行くのが吉なのか。

Lands of Lore をクリアした人だけへの台詞ですが、「Lands of Lore speedrun」で検索すると、1時間12分でクリアした動画を見つけることができる。一度クリアした人たちだけの楽しみ方だろうけど、こういうのを見ると挑戦してみたいなと思えてくるね。

SpeedrunだとMorrowindの7分はまさに圧巻であった。こちらはYoutubeで検索すれば今でも視聴可能だけど、こういったSpeedrunで凄まじい動きをしている人の技術というか操作の巧みさとでも言うのか、格闘ゲームとは違う質の芸術性を感じる。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Lands of Lore: The Throne of Chaos - 心地よい頭の混乱

投稿日:2011/11/22 |  カテゴリー:Lands of Lore: The Throne of Chaos  |  コメント:0  | トラックバック:0
game002424a.jpg
変幻自在のスコーシャ

国産ゲームだと敵となるキャラクターでさえ美形であることが当たり前だが、いい顔をしているスコーシャである。Upper Opinwoodからスコーシャの塔へ繋がっているようで、カラスとなって舞い降りてきたスコーシャに魔法で道に障壁を作られてしまい、それ以上は進行不能となってしまった。

game002428b.jpg
Urbish Mining Companyの1階

Urbish Mining Companyは地下4階まであるようだが、本作はご覧のようにマップが不定形で隠されたエリアの有無が予測し難く、慎重に探索しなければ頻繁に小ハマリに陥るかもしれない。現にこのダンジョンから難度がかなり増しているようで、2日ほどUrbish Miningに入り浸っている状態だ。

壁の小さなスイッチなど易しい方で、レバーの組み合わせや複数備え付けられているハンドルの位置や、扉を開ける為に用いる物は鍵型のアイテムとは限らないし、頭を柔らかくして挑む姿勢が要求されるだろう。

game002423a.jpg
Hornet honeyか

2つめは Hornet honey、そして3つめらしい Blood stone も入手したので、残るは Mother Earth と呼ばれるパウダーか試薬だと思われるが、全て入手すればエリクサーが出来上がるのかもしれない。

いずれにしても、昨今のCRPGと同じ気構えで挑むと門前払いを食らってしまう難度であるが、これよりも前の作品はオートマップ機能でさえ搭載していない作品が多く、Lands of Lore程度のゲームバランスが最も心地よい塩梅だと思える。

ゲームの外で行うマッピングという行為に時間を割かれるのは本意ではないが、本作はダンジョンだけに集中してゲームに取り組める。定期的にPCやゲーム機のレトロゲームに触れる機会があるが、今回のLands of Loreは相当高い評価となりそうで、まさに宝石箱のようなダンジョン探索ゲームである。



・DOSBoxのキーマッピングを変更

Lands of Lore はキーボードのテンキーに移動が割り振られているが、テンキーは右側なので、マウスを右手で持つ右利きの人には堪え難いキー配置だ。と言うより私はテンキーやカーソルキーで移動など絶対に出来ない派であり、WASDじゃないとゲームを遊ぶ前にキーボードの位置を変更する必要があるから、やる気がそがれてしまう。

※余談であるが、PC88の頃は右手はテンキー及びカーソルキーだったけどね

game002437a.jpg
DOSBoxは簡単にキーの入れ替えができるようです

本題はゲームのプレイであるから、こういう設定はさくっと終わらせたいのが本音だ。 Ctrlキー+F1 を押すと画像の設定画面が表示されるが、今回はテンキーの8をWに、7をAに、9をDに、5をSに、4をQに、6をEに登録し直した。

1. 画像のテンキー8をクリック
2. 右側に表示される Add をクリックする
3. キーボードの W を押す
4. 変更したいキー全てに同様の操作を
5. Save、そしてExit

これだけで操作し易くなりました。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Lands of Lore: The Throne of Chaosで遊ぶ

投稿日:2011/11/21 |  カテゴリー:Lands of Lore: The Throne of Chaos  |  コメント:0  | トラックバック:0
Dagger in... Dagger out.

とある紙切れに記された文字。どうりで前回の謎の窪みで苦労したわけだ。巻物やノートなどをキャラクタポートレートの上で右クリすれば使用したことになると、Draracle's Caveを終えたあたりでやっと気づいたお馬鹿な私であった。幸いにも件の窪みでは、10回目くらいに試したのがDaggerだったから事なきを得たが、今後はもうちょっと事が上手く運びそうだ。ちなみに魔法を習得するのも同じ動作でして、巻物をポートレート上で右クリすれば新しい魔法が使用できるようになった。

game002397a.jpg
お前さん何故か憎たらしいなぁ

Opinwoodからは Gorkha Swamp、そしてUrbish Mining Companyという2つのエリアに繋がっており、次の目的地にはGorkha Swampを選択した。Opinwoodにも幾つか気になる地点があり、一つはKeepから逃れてきた王族が隠れている馬車と、もう一つは画像の怪しげな御仁だが、いずれにしても先にRuby of Truthの奪還と、王を解毒するエリクサーを生成しなければならない。

Gorka Swampに入るとそれまでの風景が一変して沼地らしいエリアとなり、沼地だからか仕掛けの類などは殆ど見当たらないが、沸き立つ毒沼が所々に点在している。このマスに入るとそのまま全員即死になるほどのトラップであるが、この毒沼の成分がエリクサーの原料なのだ。

game002408a.jpg
抽象的な表現だが、とあるNPCに訳してもらったのだ

Opinwoodで情報を仕入れてから、このSwampに居るNPCにRiddleを1回分100coinで訳してもらえる。上から3つめのSwampに関するところが毒沼成分なんだろうけど、他3つは今のところ見当がつかない状態だ。

game002406a.jpg
こちらはGorkha族の統治者

Ruby of TruthはGorkha族が所有していたようで、依頼を解決するか、戦って殺すか、盗むか、3つの選択肢が示されるが、どれを選んでも差し支えないだろう。物語的に面白いのはもちろん依頼を受けるで、対象のHelmetを入手して戻るとRuby of Truthを譲ってくれた。

ちなみに毒沼は魔法Freezeを唱えると一定時間のみ通過できるようになるので、Freezeを多用して沼地のマップを踏破する必要があります。

game002413a.jpg
Opinwoodの馬車へ

Ruby of Truthを入手すれば画像の名前失念Keepの女史と話すことができるようになるが、どっち道エリクサーが先だよという結論に至る。

次はUrbish Mining Companyに行く予定だが、このゲームはアイテムを所持できる総数が明らかに少ないので、道中で泣く泣くアイテムを捨てることが頻繁に起こってしまう。現段階ではSwamp内にショップが2軒あるから、面倒でもそちらへ足を運んで小銭に換えているところだが、Riddle翻訳や未知のアイテム購入などで結構お金がかかるので、出来る限り懐を温かくしておきたい。

game002417a.jpg
採掘場へ浸入するが

いきなり半無敵の化け物に遭遇したが、Opinwoodで入手した緑の髑髏が役にたった。緑髑髏をポートレート上で使用すると緑色の霧を噴射する魔法が発動し、化け物はこの魔法が弱点だったようだ。

こうやって文章にしてみると、まとまりの無い可笑しな話みたいになってしまうけど、Lands of Loreは非常に楽しいゲームです。一つ一つの行動が重く、一つ一つのクエストが実に神秘的に目に映る。やっぱり便利になったとは言え、最近のゲームは定番のクエストジャーナルどころか、行動を始める前に全てが示される傾向にあるが、便利であればあるほど「お使い」「いかにもタスク」という味わいへ変換されていってしまう。これは避けられないことだと思うけれど。

そんな訳で、真の冒険はやはり魅力的だということで。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Lands of Lore: The Throne of Chaos

投稿日:2011/11/19 |  カテゴリー:Lands of Lore: The Throne of Chaos  |  コメント:0  | トラックバック:0
game002363a.jpg
シネマティックRPGの源流である本作

93年生まれの作品ですから、ゲーム機とは違ってハードディスクが普及し始めていたPCなので、本作は会話の全てが音声付きとなっている。後期Wizardryシリーズのように、会話の流れをプレイヤーが制御できる作りではなく、演出第一で魅せようとしている意志がはっきりと現れているので、こういう作品が現在主流となっているシネマティックRPGの先駆けなのだろうと感慨深いものがあります。

※とは言っても会話モードのみシネマティックRPGらしいだけであり、ゲーム性そのものは、Dungeon Master、Ultima Underworldなどと同質の、生きている迷宮を攻略する骨太なリアルタイムRPGである。

game002373a.jpg
次々と厄介事が起こる王家の方々

ゲームの目的としては、当初は Ruby of Truth を奪還し、勢いが増すスコーシャ軍に対抗せねばならないという勅令が主人公に下されるが、スコーシャによって王が半死にさせられたり、Gladstone Keepが強襲されたりと目まぐるしく状況が急転し続けていく。

先ず序盤は、Northlands(森)から侵入できるThug's Hideoutを攻略することが賢明だと判断し、それから海を渡ってSouthlandsへ行き着き、Roland's Mannorの攻略を済ませてからもう一度Gladstone Keepへ戻ると、王がスコーシャに毒を盛られて半死となってしまい、その解毒薬を見つけ出すことが最優先事項となってしまう。

game002370a.jpg
2人分かい。やられましたわ。

酒場で仲間になったティモシーがここでパーティーを抜け、画像に写っている阿修羅ゴーレムのような種族の男が仲間になって、Draracle's Caveへの入り口を開いてくれるようになる。Draracle's Caveからは正に仕掛けが満載のCRPGらしいダンジョンがプレイヤーの前に立ちはだかることになるのだが、昨今の易しいゲームばかりに浸っていると、序盤のこのダンジョンでさえ白旗をあげてしまいそうなほど骨があります。

Draracle's Caveは4層構造となっており、壁のスイッチやトラップ回避の昇降床、通り抜け可能な壁に幻影落とし穴に、とあるアイテムにのみ反応する「謎の窪み」などなど、まさに刺激的なダンジョンとなっている。さらには敵の攻撃力がなかなか高いので、向かい合って殴り合うだけではこちらが押されてしまうから、Hit and Awayを駆使して、安全地帯で休息を挟みながら慎重に行動せねばならない。

game002387a.jpg
中に入れる品の方に問題あり

今回はJewelled Daggerの入手に詰まってしまい、半ば諦めかけていたのだが、怪しさ満点の窪みを弄り回していたら奇跡的に道が開けた。この段階でこれほど手間どっているようでは先が思いやられるが、プレイの質としては非常に高いので、今後の展開にも胸が躍る。

※Jewelled Daggerが入っていた宝箱は通常のピッキングでは全く歯が立たなかったので、壁を壊すときに用いるハンマーを装備して殴りつけたら見事に外枠が壊れて中の品を頂くことができた。様々な手法が用意されているあたりは流石と言ったところ。

Draracle's Caveの主 Draracle からはエリクサーの生成方法そのものを聞き出すことが出来なかったが、今後の手順を示唆してくれた。ここでGladstone Keepへ戻ると城塞が炎上しており、拠点を失った主人公はKeepの生存者らの助力を受けて、海を渡ってOpinwoodへと足を踏み入れることになる。

そんなこんなで、楽しく遊んでいる最中です。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Lands of Lore: The Throne of Chaosをプレイする

投稿日:2011/11/17 |  カテゴリー:Lands of Lore: The Throne of Chaos  |  コメント:2  | トラックバック:0
game002347.jpg
簡素なGUIが年代を感じさせる

早速 Lands of Lore をプレイし始めましたが、2作目はゲームエンジンが別物となっており、根幹から異なるゲームの様相を呈している。今回プレイしているのは1作目ですが、古いゲームなのでキーマップの変更が出来ないから、移動はカーソルキーかテンキー、及びGUIカーソルのみだったりするけど、簡素な作りだからとてもプレイし易いです。

・システムが極めてシンプル
当時はこのタイプの海外ゲームに触るとその重厚さに身震いするほどだったが、90年代後期の作品あたりから現在に至るまで、ゲームリソースが際限なく増しており、今プレイしてみると遊びやすいシンプルなゲームだと感じるでしょう。

・戦闘システム
80年代後期から90年代初期は、Dungeon MasterやUltima Underworldなどのリアルタイム3D RPGが台頭してきた時期であり、93年生まれのLands of Loreはその影響を受けているからか、擬似3DリアルタイムアクションRPGといった作りで、画像を見て想像するよりも遥かに忙しい操作を強いられる。いわゆる Hit and Away を駆使して戦いに勝利していくのだ。

・キャラクターの成長
スキルに該当する Fighter Rogue Mage の3種類があり、行動することによって経験値が貯まっていき、上限になるとレベルが一つ上がるシステムになっている。最近5作目が発売されたばかりのTESシリーズとほぼ同じシステムであるが、種類が少ないから本作は成長に於いてもシンプルである。

game002364.jpg
ローランド邸での戦闘

・攻撃と魔法詠唱
画面上の敵をクリックしても攻撃できず、ポートレート横にある剣アイコンと魔法アイコンを押すことによって行動をするシステムだ。剣アイコンを押すとそのまま攻撃発動、魔法アイコンは押してからSpell Levelを選ぶと発動、といった具合になるのだが、Hit and Awayを駆使することが絶対なので、移動はどうやってもキーボードがベストになるだろう。

・装備品やアイテムなど
右手と左手、頭と首と胴と手首と靴と指輪が2つ、RPG好きが満足できる箇所が一通り揃っている。アイテム欄は画像で確認できる横長いツールバー形式で、左右のカーソルキーを押してアイテムをスロットに入れていくのだけど、キーボードで操作できないから若干煩わしさを感じてしまう。とは言っても慣れれば然程気にならないものだけど。

・マップの随所に散らばる様々な仕掛け
リアルタイムRPGでは定番であるが、昇降床の上に石ころなどの重石となるアイテムを置いて仕掛けを動かしたり、DMや後期Wizを彷彿する壁の隠しスイッチを見つけ出したり、扉や宝箱に合う鍵を入手して、開けた瞬間に喜んでみたり、当時のRPGでは当たり前であったが、今ではなかなか味わえないギミック満載のダンジョンを堪能することができる。

・オートマッピング搭載だから迷うことはない
画像の右上の本のアイコン。物語の進行によって超序盤で手に入る物で、これを押すとすぐさま現在地が表示される。重要地点に扉に宝箱や床タイルや、隠しスイッチなども記録されていくから便利にできているだろう。

game002368.jpg
このひと時は最高である

ちょっとだけプレイしてみた印象ですが、とても遊びやすくて懐かしさを感じさせてくれる良いゲームだと感じた。物語的には最終的に悪の軍勢に対抗していくようなことが書かれており、定番なファンタジーワールドなんでしょうけど、戦って奪って強化して話して物語を進めて、このサイクルが非常に速く行えるゲームでして、そういうゲームは時勢の影響を受けずに、いつ遊んでも面白い物なのかもしれない。

何を今更ネタですが、GOG.comの品はユーザーが一切設定などしなくてもDOSBOXが自動で動いてくれるし、Win XPのみならずVistaと7にも完全対応しているのは非常に有り難い。勿論、DRM Freeなところも良心的である。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Lands of Lore 1+2 思い出の品を再び

投稿日:2011/11/16 |  カテゴリー:Lands of Lore: The Throne of Chaos  |  コメント:0  | トラックバック:0
game002344.jpg
GOG.comに入荷 - 1と2のセットで5.99ドル

Lands of Lore: The Throne of Chaos
Lands of Lore: Guardians of Destiny

Lands of Loreシリーズは3作出ているようですが、1作目と2作目の上記2本がセットになったものがGOG.comで販売されるようになった。Lands of LoreとStonekeepは思い出の品でして、最後まで遊ばなかったことが未だに心残りだったので、久々にPCレトロゲームを即買いした。

それにしても、3作目は1999年にWindows版として世に出たようで、その当時はBGシリーズや後期M&Mなどの出現でCRPGの質※1が頂点に達した頃でもあり、3の存在を今になって知ったことが不思議でもあるが、99年と言えば私は某ネットゲームに傾倒していた時期でもあるし、知らなくて当然なのかもしれない。

記憶している限りでは、Lands of LoreはTOWNS用の日本語版を購入したはずだが、Stonekeepはそこから数年後にDOS版を購入したはずで、Stonekeepのパッケージが洋酒のケース並みに洒落た物だったから部屋に飾っていたことを思い出した。当時のPCゲームのパッケージは凝ったものが沢山あったからね。

2本とはいえ、古いゲームにしては1.8GBとなかなかの容量を誇っている Lands of Lore であるが、インストしたらこのまま遊んでみようかなと考えている。GOGの画像を見るからに、この時代の作品は今のゲームにはない艶と言うか、魅了されるような雰囲気がある。

※1
質よりも、品格、ゲーム性、という表現が適切かもしれない




久々にGOG.comの商品を見ているが、いつの間にか後期 Might and Magic も全て揃っていたようだ。GOG.comの品はもちろん英語版だけど、文章量はそこまで多くはないので違和感なく遊べるゲームだろう。私は愛するゲームに M&M の6と7を挙げているが、「痛快」という言葉が相応しいCRPGである。

6は旧作1~5とセット品である9.99ドルに含まれ、7から9までが単品で5.99ドルになっている。6と7は優れた作品であり、8もなかなかの佳作で、9はバグが満載であったことと、開発期間が短いことからかなり不評であったけど、後期M&Mのフィーリングを上手く表している良ゲームだ。

後期M&Mに共通するところは、知人のdamnedさんの言葉を借りるが「男の肉料理」である作風なのに、使われている曲がどれもこれも非常に美しく哀調に満ちていることだ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター