CRPGまにあ

カテゴリー:The Elder Scrolls IV: Oblivion

Oblivion - 何年生まれなど関係ない

投稿日:2016/07/17 |  カテゴリー:The Elder Scrolls IV: Oblivion  |  コメント:6
20160713015400_1ob.jpg
盗賊団と暗殺者クエストをやるため、発売から10年目に再び

Oblivion が発売されたのは2006年ですから今年で10年目を迎えるが、シングルゲームは何時だってプレイヤーを受け入れてくれる。自分がやりたい時にやりたいゲームで遊ぶ、それが私の信条ですが、ことPCゲームに限ってはコンソール機よりも有利な点があります。

Oblivion が発売された当時に使用していたGPUはGF6800で、その後にX1950Pro(半年でコア焼け)、X1950XTと流れて行きましたが、当時の環境ではたとえバニラ状態だとしても最高設定でフレームレート60張り付きなど不可能だった。それが現状だと内蔵GPUでさえ余裕をもってフレームレート60張り付きになりますから、こういった古めのゲームをPCで再プレイする場合は、気分を一新して往時とは違った姿勢で再び取り組めるのだ。

20160715ob.jpg
Oblivion の派閥クエストはえぐい話が多めなのだ

今回は盗賊ギルドと暗殺者のクエストを続けてクリアしたわけですが、暗殺者クエストが飛び抜けて良く出来ていました。Oblivion という作品だけに留まらず、私が経験してきたTES3作の中で最も楽しめたものが Oblivion の暗殺者クエストになりそうだ。

Oblivion の戦士ギルドも似たような傾向にありましたが、暗殺者クエストはプレイヤーにやらせる行為が酷であり、これで良いのだろうかと不安に駆られてしまう。さらには二転三転する作品プロットがとても秀逸で、世界全体から「まったりした匂い」が漂う万人受けを狙った Oblivion にしてはかなり心を揺さぶられました。

話を進めていくと Morrowind で派閥クエストとなっている仁義の殺し屋「Morag Tong」の話題が出てきたり、Camonna Tong の悪党とも戦いになり、ソルスセイム島の酒場のオヤジが○られたという話もあったりと、前作との繋がりがちょっぴりあるから Morrowind を先にプレイしていると尚さら楽しめます。

●Morrowind
メインクエスト、Tribunal、Bloodmoon、House Hlaalu、House Redoran、House Telvanni、Fighters Guild、Imperial Cult、Imperial Legion、Mages Guild、Thieves Guild、Morag Tong、Tribunal Temple、East Empire Company、Vampire Clansx3

●Oblivion
メインクエスト、Shivering Isles(終わらせてない)、Fighters Guild、Mages Guild、Thieves Guild、Dark Brotherhood、Arena、Knights of the Nine

●Skyrim
同胞団(これしかクリアしてない)

こう見ると Morrowind の派閥クエストの豊富さが際立ちますが、全体的に楽しめるものが揃っているけれど、太字になっているものが特に面白いと感じたものです。

1. Oblivion - Dark Brotherhood(暗殺者)
2. Morrowind - Tribunal(拡張シナリオ)

その中でも良かったものはこうなりますが、Tribunal は自由な作風である TES の裏をかいたような、息もつかせぬ展開な一直線シナリオ上で、生き神様3人の謎に迫っていく話がとても味わい深かった。



これは念の為に書いておかねばならない事ですが、Oblivion という作品自体を手放しでべた褒めしているわけではない。これまで何度も書いているから省略しているだけであって

・崩壊しているゲームバランス
・マップデザインの存在価値を無に帰すファストトラベルの連続
・「お前は人間探知機か」安直なクエストマーカーシステム

クエストマーカーについては、「分かっている人達が作るインディーレベルのRPG」という枠に含まれるここ最近のゲームならば、そのような愚かな行為は見かけなくなってきていますが、大手の万人受け狙いRPGでは未だに散見されるから困りもだ。

クエストマーカーに関しては2000年前後に現れたMMORPGがルーツになっていそうだが、プレイヤーとキャラクタが知らない事なら情報を得てから表示させるべきであり、既知であるなら最初からマーカーを付ければいいだけであって、この点については大幅に興がそがれることだから個人的には重要視しています。

Oblivion - あの町の美人さん No.2

投稿日:2012/01/16 |  カテゴリー:The Elder Scrolls IV: Oblivion  |  コメント:0  | トラックバック:0
Oblivion あの町の美人さん第二弾です。

現段階のプレイ状況は、全ての主要な町を訪れていて、本編はクリアし、Fighters Guild クエストを終えて、Arenaも終え、拡張Shivering Islesは触りだけプレイしている状態です。

とても良く出来た作品であるが、周知の事実として主にゲームバランス面で随所に至らない点が有るOblivionであるけども、そこから抜け出して、世界観やそこで暮らす人々などに目を向けると他作品では得られない魅力的な味わいがある。何だかんだ言いつつも、どれだけゲームバランスが破綻していようと、TESシリーズ特有の魅力、これだけは絶対に他では体験できない強力な要素なのだろう。

第一弾と同様にしてテクスチャ系のMODは一切入れていないOblivionでありますから、素のままの姿のNPCです。Oblivionはライティングが強すぎるゲームなので、近寄り過ぎると顔面が酷いことになってしまうのですが、明るい場所はそのままで、暗い場所は魔法のLightをかけて、会話できるぎりぎりの距離から話しかけると丁度いい明るさになります。

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Oblivion - Fighters Guild クエストを終える

投稿日:2012/01/04 |  カテゴリー:The Elder Scrolls IV: Oblivion  |  コメント:2  | トラックバック:0
情緒は度外視でファストトラベルを使いまくり、Fighters Guild 一連のクエストを終えてみたが、後半に差し掛かる辺りまではメインクエストと同様に酷い作りであるなと思っていたが、MorrowindからそのままFighters Guild 負の伝統を引きずっているのか、後半からはなかなか興味深い味わいであった。

結果的に、Fighters Guild クエストは後半だけならかなり面白かったです。続きはFighters Guild クエストによって間接的に感じたファストトラベルの罪と、クエストのちょっとした感想です。

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Oblivion - 6年目にして最後まで

投稿日:2012/01/02 |  カテゴリー:The Elder Scrolls IV: Oblivion  |  コメント:8  | トラックバック:0
昨年末から6年目の本気として再びプレイし始めた Oblivion ですが、元旦早々まずはメインクエストを終わらせることができた。

詳細は「続き」に書くとして、ゲームとしては2006年からさらに4年前に発売された TES3 Morrowind より進歩している所が沢山あって、1つのゲームとして見た場合は面白くて良いOblivionだと思えたのだが、メインクエストの品質、風情、緩急の付け方など、これらを踏まえた評価となると、Oblivionは残念な出来ばえ(シナリオ)であると言わざるを得ない。

発売された時期が2002年というのも理由の1つなんだろうけれど、日本でMorrowindは何故ここまで空気扱いされ、何故Oblivionが絶賛されて大騒ぎになったのか、理解に苦しむほどの差がある。シナリオの出来栄え、さらに、ロールプレイの舞台としての評価となるが、一回り二回りどころかMorrowindの方が断然優れたものだ。

今後のプレイ方針を先に書いてみますが、FactionsはこのままMages GuildとFighters Guildは最後までプレイしてみるつもりだが、他は敢えて残しておく意向で、その理由は9年目にしてMorrowind Overhaul 2.0となったMorrowindの件で、こんな事ならFactionの一つか二つ残しておくべきだったと後悔したからだ。未開の領域があれば意欲はそのままでまた何時か楽しむことができるし、不満を口にしつつもこのシリーズは大切にしたいという思いが強いのだ。もちろん拡張のShivering Islesが今後のメインになるが。

今回のプレイでは難易度は全く触らずにデフォルト状態でプレイしているが、言うまでもなく酷いゲームバランスである。TESの慣例である有り得ないほど温いという意味での酷さだが、後に遊ぶ予定のSkyrimは5段階調節の難易度システムだが、ハードから始めて、メインクエストか派閥クエストを終わらせるか、或いは100時間以上プレイしたらその後は最高に固定しようと思っている。

今回のOblivionは言わば駆け足プレイであるから難易度はそのままにしているが、せっかくの体験なのだからSkyrimはとびきりのものにしたい。難易度がそのままだと、私の周りでも悲しみの声が聞こえてきているSkyrimだから。

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Oblivion - あの町の美人さん No.1

投稿日:2011/12/24 |  カテゴリー:The Elder Scrolls IV: Oblivion  |  コメント:0  | トラックバック:0
難易度に関する頭が痛い話はあれで終わりにして、誰もが好きな美人キャラクターの話題。男子は言うまでもないが、女子であっても美人には興味があるから、やっぱり皆の羨望の的なのだ。

とは言ってもここはTamrielというゲーム内の世界である。世の中では化け物だらけのゲームというレッテルを貼られているOblivionだが、奇跡的に美人として存在しているキャラクターが居るのである。私はテクスチャ系MODは入れずにプレイしているので、Oblivion素のままの姿、素のままの美人をピックアップしてみよう。

全てを歩き回った訳じゃないので、今回は第一弾になりそうだ。

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Oblivion - イキたくてもイケない、それがTamrielの伝統

投稿日:2011/12/23 |  カテゴリー:The Elder Scrolls IV: Oblivion  |  コメント:2  | トラックバック:0
タイトルだけ見るとイヤらしさが滲み出てくるようだが
けしてイヤらしい話題ではない。

12月10日にSteamでOblivionを購入してからは毎日のようにCyrodiilを踏査する日々だが、発売直後に数百時間プレイしていたとは言え、クエストや事件や、私の大好きな「有り得ない事態の勃発」などで飽きがくる事がない。もしもプレイ記にしていたら、労力さえ惜しまなければ1年分にもなろうかというボリュームには相変わらず感心してしまう。

とは言っても、もう二度とこの話題には触れないと以前に誓ったのだが、TESシリーズの難易度調整におけるBethesdaの信条、或いは意志、これだけはどうあっても容認できないし、ロールプレイを重視した作品だからと見過ごすことはできない仕様であるだろう。

基本的にTES3以降は、如何なるプレイヤーであっても最後まで遊ぶことができて、全てのコンテンツに触れることができて、敵が強すぎたりして詰まることがないように配慮したバランスがデフォルトの難易度ノーマルになっている。

ロールプレイの語義とはプレイヤーが役割を演じることであり、ロールプレイの意味そのものを尊重しているTESシリーズは、誰でもロールプレイ出来ることが最大の特長として作られている。役割を演じる遊びに重点が置かれた瞬間から、その世界での神はプレイヤー自身であるから、けして行き詰ることがないよう難度は極めて低く調整され、難易度は如何なるときでもプレイヤーが自在に変更できるようなシステムとして作られているのが私の知る TES3 TES4 TES5である。

これらの弊害として顕著なのは、どれだけ戦闘システムが洗練されていたとしても、どれだけ魅力的なアイテムに溢れる世界だったとしても、仮にだが人気があるHack and Slashよりキャラクタービルドが優れていたとしても、不当に緩い難易度と甘すぎる難易度調節機能などによって、その全てが台無しになってしまうことだろう。

ゲームのアイテムに数値があることは定番だが、プレイするからには少しでも良い品が欲しいと誰でも考えるはずで、アイテム入手で一喜一憂するのがコンピュータゲームの醍醐味であることに間違いはない。そして、豊富なアイテムや覚えるスキルを自身で選定し、それらを駆使して場面を突破していくことにアイテムやスキルの価値があるのだ。

TESシリーズのデフォルトの難易度では、戦闘を行う意義さえ見出せないほど温く、全くもって価値がない。TES3からの共通点として、難易度ノーマルでも序盤はそこそこ手ごたえを感じるが、キャラクターが育っていく程にそのバランスが崩れていき、最終的には「適当に良い武器を持ってどつきまわせばOK。ただそれだけ」と、ここに行き着いてしまう。

ロールプレイだから難易度も自分で調節するべきだろうとか、ロールプレイだから自分で縛りを入れなければ楽しめないとか、様々な意見があるのだが、豊富なゲーム内リソース全てを無に帰してしまうような残念な仕様を黙認などできやしない。それだけゲームが好きで、このシリーズが好きなのだ。



現在プレイ中のArgonianはLv40を超えており、ヘビーアーマーに身を包んだ状態だと死にたくても死ねないほどダメージを受けることがないし、育ちきってからは長らくヒーリングポーションすら飲んだことがない。プレイヤーレベルに追いすがるように敵の強さが増していく仕様のOblivionでさえこれなのだから、TES3など論ずるまでもないゲームバランスである。

なにも、「ゲーム開始から最後の瞬間まで魅了されるようなゲームバランスにしてくれ」などという贅沢な要望ではないのだ。Steamのお勧めコメントにも書いたのだが、ハード以上の難易度は固定できるようにすれば済むだけの話。それだけで全く別次元になるというのに。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

The Elder Scrolls IV: Oblivion - 欠陥が美味でもある

投稿日:2011/12/15 |  カテゴリー:The Elder Scrolls IV: Oblivion  |  コメント:0  | トラックバック:0
Oblivion 04-59-04-99
結局、手遅れにならないうちに修行を開始する

発売当初は早期にAF Levelingなどのレベルアップシステム改善MODを導入した為に、Vanilla Oblivionでの育成の味は殆ど知らなかったが、Morrowindからほぼそのままシステムを受け継いでいるので同じゲームの感覚で修行に励むことができる。

違う所としては、MorrowindのNPCは立ちどおしか一定範囲を歩き回るくらいの知能しか持ち合わせていなかったが、Oblivion以降は画像のようにNPCがベッドで寝てしまったりする。画像の場所はChorrolのFighters Guildだが、よくよく見てみると日本語化MODの販売員だった為に爆笑してしまった。

前回記事では+5x3に気持ちが縛られてしまうシステムは欠陥だと書いているが、何だかんだ言ってMorrowindでも自分なりの能率が良い修行スケジュールを組んで楽しんでみたりしていた訳で、計画的にじわじわと自キャラが育っていく過程はかなり面白いのだろう。

Dread Zombie VS Imperial Guard
Oblivion 20-50-44-16
ガードよ、御愁傷様

当初は武器と鎧と盾を実戦で鍛え、ある程度強くなってからは魔法系を引き篭もり修行で結構上げたためにLv 25になったが、ここまで上がると出現するクリーチャーや敵NPCなどが相当強くなり始めている。Oblivionは自分のキャラが強くなれば世界に存在するほぼ全ての生物も強くなっていくシステムであり、「そこらの山賊や村ガードまでこんなに強力になるのはおかしい」という不平や、中盤以降ですと、貧しいから通りすがりの人々を襲うはずの野盗がDaedricやEbonyなどの絢爛装備に身を包んでいたりすることも含め、賛否両論だろうけど、いつまでも敵が強くなり続ければ意欲がそれだけ保たれるので、間を取って損得なしといった所か。

Oblivion 21-53-50-28
Cheydinhal の宿

ここはダークエルフの店だよの台詞が印象的だが、この店が何故か好きなのだ。ダークエルフといえばNPCらのお喋りに耳を傾けると、この時期のMorrowindは大変なことになっているようだが、どのような経緯でSkyrimに繋がっていくのか、そこらを知る為にはやっぱり自らの手でOblivionを味わい尽くすしかない。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

The Elder Scrolls IV: Oblivion - 6年目の本気

投稿日:2011/12/12 |  カテゴリー:The Elder Scrolls IV: Oblivion  |  コメント:0  | トラックバック:0
Oblivion 18-49-13-38
物売り中なので半裸

Argonian好きなのでこれで決まりだ。TESでクエストだけを追うプレイは不本意でしかないが、他には目もくれずにメインクエストだけ辿れば数十時間で終わるのかもしれないけど、さすがにそんなプレイはできないなと再認識したところ。

ルールとしては
・MODは日本語化とUIだけにする
・クラスはテンプレートを選ぶ
・レベルアップ時の +5調整はやらない。自由にプレイして全てを受け入れる。
・時間が掛かったとしても出来る限り色んなものを見て回る
・もちろん本編とSIの両方を終えたい

こんな所なんですが、いきなりAlchemyだけ上がり過ぎてAttributeを調整したい病が再発してしまう。さきほどコメントへの返信にちょこっと書いたんですけど、このシステムが好きになれないから、MorrowindではGCDを愛用し、Oblivionの過去プレイではAF Levelingなどを常用していた。

このレベルアップシステムはTES3とTES4の欠陥であると思っている。仕組みを理解した後は、毎回 Attributeを +5x3つにする最強キャラ遊びが意外と楽しかったりするんだけれど、このゲームの本質は何にも縛られずに自由気ままにプレイをしたいという「欲求」だから、レベルアップ毎にやきもきしたくないのだ。

Skyrimでは仕様がライトに移行してしまったが
上記欠陥は見事に改善されている。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

危険すぎるTES熱

投稿日:2011/12/11 |  カテゴリー:The Elder Scrolls IV: Oblivion  |  コメント:0  | トラックバック:0
TESに触れると現実世界に帰ってこられなくなるから、それを危惧していたことも距離を置いた1つの理由であったが、やっぱりこれは危ない。Oblivionの軽い設定のみでも、全てを忘れて没頭している私がいた。

Oblivion 12-59-22-29
MODはUI系と日本語化のみ

購入したOblivion Game of the Year Deluxeは、本体と拡張のShivering Isles(以後SI)と、DLC 9つがセットになった品で、日本語化MODは本体+SI用のメインと、本体+SI+Morroの訳本MOD、DLCは9つ全ての日本語化ファイルが揃っており、正に至れり尽くせりで有り難いことです。

使い慣れていたBTModが何故か有効にならなかったので、原因を探るよりも新たな物をと考え DarkUId DarN を入れてみた。DarkUId DarN はフォントの行間や字間などの調整が些か面倒であるが、手間を掛ければそれ以上の見返りがある素晴らしいUI MODだと感じた。

Oblivion 12-59-30-11
フォントサイズと字間をもう少し詰める必要があるが、取り敢えずこれで

Oblivion 12-59-58-00
フォントは太くてくっきりメイリオを使用している

Oblivion 10-45-03-02
こちらも読み易いサイズに調整

DarkUId DarN はOBMMで有効化したので、追加espはJP BooksとJPWikiModの2つだけというシンプルな構成になった。記憶している限りでは、以前のプレイ進捗度はメインクエストが1/3ほど、派閥クエストはMageが1/2、Fightersが触りだけ、他は全く手付かずなので、この状態でも相当楽しめそうである。

久々にOblivionをインストしたわけで、グラフィック設定は定番ともいえる WUXGA 4xAA AFx16 in-game option max、発売当初は負荷を下げるために ini にも手を入れていたが、今回は ini は全く触らず、この設定でも現行PCだとストレス無く動くので、発売から5年経ってはいるが、いまこそOblivionを快適に遊べる時代が到来したのかもしれない。

※効果が反映されているか確認していないが、Skyrim設定のまま Adaptive Multi-sample AA とCatalyst A.I.をHigh Qualityにしてあります。若干だがこの設定で重くなるからね。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

SteamセールでOblivion GOTYを購入

投稿日:2011/12/10 |  カテゴリー:The Elder Scrolls IV: Oblivion  |  コメント:0  | トラックバック:0
game002720.jpg
拡張とDLCが全て込みの品

当BlogではMorrowindを愛するゲームの筆頭に挙げつつも、BethesdaとOblivionに関しては厳しい意見を述べていますが、嫌いは好きの裏返しと言うこととで、好きだったからこそ嫌いになってしまったのだ。

Oblivionは発売直後にCollector's Editionを購入し、300時間ほどプレイしたのですが、当初は作品のメインターゲット層の変移や、明らかにPCゲームとして手抜きであるインターフェースなどに気づかぬ振りをしていたが、あるとき倦怠感が頂点に達してそのまま止めてしまった。その後、今から2年ほど前にCollector's Editionの下取り価格が1万円にまで上昇していたので、怒りに任せて売り捌いてしまったのだ。

そのような事情があった訳ですが、Skyrimをプレイしていると、やっぱり前作を途中で止めてしまった件が気になって仕方がない。これまで何度もOblivionの75% OFFセールをスルーしていたんですが、奇遇にも今回のセールが助け舟となってくれた。Skyrimは適度に遊びつつ、Oblivionの方はちょっくら気合を入れて最後まで遊んでみようかなと計画しています。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター