CRPGまにあ

カテゴリー:12RIVEN -the Ψcliminal of integral-

12RIVEN - トリック系ADVのシネマティック化

投稿日:2012/03/15 |  カテゴリー:12RIVEN -the Ψcliminal of integral-  |  コメント:6  | トラックバック:0
一言一句洩らさずに読み進め、最後のルートでは選択肢が原因で後半つまづいた所があったものの、30時間弱で全てを終えた。12RIVENは、Ever17やRemember11(以後は前二作と表記)のような、メッセージ及び選択肢完成度といったクリア後のコンテンツアンロック条件が無いシステムだから、最終ルートを終えればCGなどが全てアンロックされた状態になった。

その作風は前二作よりもテンポが速く感じられる節があり、ジェットコースーター系のADVという印象を受けた。国産ADVはノベルタイプ紙芝居ゲームと形容されることが多く、元より見せることに主眼が置かれているジャンルであるからタイトルの「シネマティック化」は語弊があるのだけれど、前二作の緩やかな流れとはまた違った味わいという意味でもあり、当Blogで時折述べている「RPGのシネマティック化」を捩った感想であります。

検索をかけて当時に遊んだ方々の感想を見てみたのだが、前二作をプレイ済みでの12RIVENをプレイした感想となると、その大半が「前二作には及ばないけどそこらの一般作よりは断然面白い」という評価になるのではないだろうか。その言葉に付随するように、整合性に欠ける箇所や公正ではないシーンが至るところに散見される、という文言も付け加えるべきであるが。

ネタバレしない当たり障りがない感想として
・並みのADVでは太刀打ちできないほど面白い
・前二作の直系としての面目は何とか保っている
・前二作とは違って、広い行動範囲+多めのギミック作品へと変貌している
・声優の演技は申し分ない出来だと感じた
・CG品質に難がある

12RIVENは詰め込まれている仕掛けの数が前二作を明らかに上回っているのだが、数が多くても良くはならないという見本のようなゲームだろう。余り詳細には書けないけれど、特にEver17は全ての仕掛けをスマートに収束させているところが高評価の一因であるし、けして破綻することなく「国産ADVは基本的に一人称視点であること」「国産ADVの主人公にボイスは無くても当然であること」、などを巧みに利用していたことも優れていたポイントである。

Remember11はゲームシステムとしての品質が非常に高く、シナリオの方はゆっくりと辻褄を合わせていく過程がとても丁寧である。CGが美しくて声優の演技もすこぶる良好であり、単純に1本のゲームとして見た場合の私の好みはRemember11になるかもしれない。無論、トリック系のADVとしての出来はEver17に軍配があがる訳ですが、最近の私の傾向としては、好みの声優さんが出ているか否かはゲームの印象に大きく影響を与える要素なのだ。

もうちょっと突っ込んだものは続きに書いてみます。一部ネタバレになるので、12RIVENを未プレイのお方は押さないようお願いします。

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

12RIVEN をプレイ中(半分ほど終える)

投稿日:2012/03/13 |  カテゴリー:12RIVEN -the Ψcliminal of integral-  |  コメント:0  | トラックバック:0
12RIVENはInfinityシリーズには含まれず、integralシリーズの第1弾という位置付けとなっていて、Remember 11に続くInfinityの第4弾は昨年発売になったcode_18になる。残念なことに第4弾はかなり評価が低いようだが。

一つだけ別シリーズとなった 12RIVEN だが、打越氏が関わっている作品だけに、全体を通した作風は Ever17やRemember 11と似かよった物になっているから、それらに共感できたプレイヤーは楽しめるゲームであるだろう。

私はInfinity第1弾となる Never7 は未プレイであるが、Ever17、そしてRemember 11ときて、今回の12RIVENは世間での評判そのままの、過去作と比較すると今一な作品という印象を受けている。この感想には様々な要素が絡んでくるのだが、毎度のごとく、ネタバレになるからその理由をここで述べることはできない。

今回、タイトル名を挙げた作品群は、いわゆる「トリック系(技巧を凝らした)」のアドベンチャーゲームであるから、最後の最後で化ける可能性があるのかもしれないが、ここまでの印象だとそれは有り得ないことだと感じている。

とは言っても、Ever17やRemember 11と同様に、冒頭から一気に引き込まれていく「不思議の連続」は健在であるから、そこらの並ADVよりは断然面白い作品だとここで付言しておきます。現実にも、とあるADVが余り面白くなかったので急遽 12RIVEN を始めたのだが、あれよあれよと言う間に吸い込まれてしまった私なのだ。

重きを置かれているのはPS2版とは言え、2008年の作品であるからシステムの作りは申し分ない出来であるし、操作性やテンポは良好で、ADVとしての既読スキップや閲覧機能などはほぼ完璧であり、システム面での不満は一切無い良作でもある。

続きは展開としての若干のバレがあります。

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター