CRPGまにあ

カテゴリー:マテリアルブレイブ

マテリアルブレイブ - これで終了

投稿日:2012/04/03 |  カテゴリー:マテリアルブレイブ  |  コメント:0  | トラックバック:0
途中から意欲が減退してきたこともあり、後半は一日に数時間程度のプレイでやっと一周目が終わりましたが、二周目はやる気が起きないからこれにて終了になった。

プレイし終えてまず思ったことは、悪いゲームではないのに何故ここまで世間での評価が低いのか、そして、私自身の本作に対する印象が芳しくないのか。使われている素材はクオリティーが高いものばかりなのに、作り手の匙加減一つでゲームの味付けが狂ってしまうという、悪い意味での見本なのかもしれない。

写実的な背景CGが極めて美しく、これより品質で勝る背景CGは滅多に無いと思えるほどであり、コンボのパターンは少なめだが操作性に優れたアクションパートは非常に気持ちのいいものであるし、登場人物らは総じて好印象で、声優さんらの演技も申し分ない。

BGMなどの音楽の評価は主観の極みであるけれど、使われているBGMは痛快でかなり良いと思えるものばかりで、ノベルゲームとしてのシステムオプションは、私が触ってきた作品内では最も多機能でありつつ素晴らしい仕様である。これら良質な素材で構築されていても、ノベルゲームで何より重要な「扇情的」な展開とは無縁であったことと、気持ちの高揚感が無かったことが最たる不満になるのかもしれない。

私の感想としては、駄作とは言わないが各素材の咬み合わせが悪い凡作という結論になるが、世間での低評価はこれまで良作をリリースしてきたメーカー戯画に対しての遺憾の現れなのではないだろうか。これとは少し状態が異なるが、海外RPGである Dragon Age II のユーザー評価が全く振るわなかった一件も似たようなものであるだろう。

以下続きはマテリアルブレイブの一部ネタバレを含んだ感想です。クリアしていない人は続きを押さないで…と言ってみるものの、当Blogに訪れてくださる方々でプレイしている人はまず居なさそうである。

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

マテリアルブレイブ - Version 1.03と追加装備

投稿日:2012/03/30 |  カテゴリー:マテリアルブレイブ  |  コメント:0  | トラックバック:0
いまいちと言いつつも、遊ぶからには楽しんでプレイするが吉である。

戯画『マテリアルブレイブ』応援バナー企画参加中!


Patch 1.03 がリリースされ、アイテムと好感度にマップ達成率は周回プレイ時に引き継げるようになったようだが、レベルとスタミナだけは再スタート時にボーナスが付くだけのようだ。元より周回プレイを顧慮して作られたゲームではないことと、難易度が何時でも変更できるシステムであることも、そして一本道シナリオであることなど、これらの事情からレベルは引き継げなくて当然であるだろう。

他にも細かい修正がありますが、それよりも嬉しいのは
追加特典装備が3つダウンロードできるようになったことだ。

・魔法の帽子(叶)
 回避力 +10 体力 -100

・花魁ヘアー(光)
 鉱力 +10 腕力 -5

・女将さんの割烹着(エーリカ)
 腕力 +10 回避力 -5

つぼみと真白が蚊帳の外状態であるが
5人全員「電子の歌姫服」を装備では芸がないので嬉しい追加となった。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

マテリアルブレイブ - 緊迫感が無い故か

投稿日:2012/03/30 |  カテゴリー:マテリアルブレイブ  |  コメント:0  | トラックバック:0
マテリアルブレイブは8章まで進んでいるが、「そこそこ」ではなくて、それよりも低い「いまいち」という印象である。最大の理由はシナリオの出来であるが、他の要素も密接に絡んでいて、総合すると物足りないゲームだなと感じてしまう。

その一つの原因である「周回プレイ時にクリアデータの引き継ぎ」が出来ないことについて。GIGAスタッフによると本日3月30日中にクリアデータ引き継ぎが可能になるパッチがリリースされるようだが、周回プレイやクリアデータ引き継ぎというシステムは、製作段階から計画的にデザインされるべきであって、後からシステムを改変してそれで良くなるのか疑問である。どの道私はネタバレ回避の為に詳しい情報を仕入れていないので、最後まで遊んでからもう一度考えてみよう。



3月24日の記事でマテリアルブレイブのティアリングについて書いているのですが、メインPCにインストールしてプレイしてみたところ、ティアリングが全く発生しなかった。

考えられる理由として、この手の国産ゲームはビデオメモリが256MBしかない古いパーツを積んだサブPCでプレイしており、メインPCの方はビデオメモリ 1GBである。Tool でプレイ中のビデオメモリ使用量を確認すると300MB付近にまで達する場面もあるから、そこらに原因がありそうだ。

蛇足になるが、自作ならCeleron G530を用いた国産18禁ゲーム兼ネット用PCが数万円程度で出来上がるだろう。低消費電力であることが最大の魅力であるけれど、Wolfdale以降という条件付きだが、CeleronとMicro-ATXマザーの組み合わせが最も好きなのだ。

・Celeron G530 (HD Graphics 2000)
 3500円
・メモリ 8GB
 3000円
・MicroATXマザー
 4k~6k
・2T HDD(値上がりしていて時期が悪い)
 1万円

メインパーツはこれくらいで上等である。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

マテリアルブレイブ - 爽やかな作風

投稿日:2012/03/25 |  カテゴリー:マテリアルブレイブ  |  コメント:0  | トラックバック:0
某章まで進んだのですが、まだまだこれからでしょう。

戯画『マテリアルブレイブ』応援バナー企画参加中!


特典の装備は計4つの制服が付いてきたのだが、性能からして電子の歌姫服をメインに使っている。特典制服に着替えてもキャラクターの立ち絵までは変化しないけれど、2Dでの移動モードや戦闘シーン、他にはステータスや装備を変更する画面では着替えた姿で表示されている。

・星修学園女子制服(初回特典)
 体力 +100

・武月学園女子制服(予約特典)
 楽観力 +5

・水無月真リボン(予約特典)
 鉱力 +5

・電子の歌姫服(ソフマップ特典)
 治癒力 +5 楽観力 +5

こんな所でして、ソフマップ装備か星修の体力+100が秀でている。



シナリオやゲームバランスなどの出来映え以前に、ユーザーインターフェースが極めて優れているマテリアルブレイブである。昨年の話になるが、満足できたゲームの一つにエウシュリーの「神採りアルケミーマイスター」を挙げたのだが、その理由の大部分は UI が優れていることであり、神採りよりもさらに細かく調整できるシステム周りは特筆に値するほどだ。

UI と設定項目に関しては抜群の機能を誇っているマテリアルブレイブであるが、戦闘シーンが格闘ゲーム風であるからゲームパッドで遊ばざるを得ないのだ。とは言ってもゲームパッドでプレイすることを配慮されて作られたUIのようであるから、すこぶる快適にプレイできている。「昨今のゲームは複雑化している」ことを念頭に置かねばならないが、パッドでこれほど快適にプレイできているゲームは、過去の経験とコンソールゲームを含めてもマテリアルブレイブが最高かもしれない。

ADVモードでセーブをするのなら「→ Aボタン」のみであるから瞬時に行えるし、「紙芝居風の2Dアドベンチャーに加えて戦闘シーンなどが存在するゲーム」としての作りが上手いというところか。

ネタバレに関して書くつもりはありませんが
私の趣味からは外れるけど、使われている曲がかなり心地良いゲームです。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

マテリアルブレイブが届く

投稿日:2012/03/24 |  カテゴリー:マテリアルブレイブ  |  コメント:0  | トラックバック:0
20日に発送されていたようで、発売日の午前中に家に届いていたようだ。購入したのは特典が多めのソフマップ販売の初回版であるが、これまで購入したゲームの中で特典の数が最多であるかもしれない。一番の目玉はもちろん王城叶のベッドシーツだが、まだ開封していないけど使ってやるさ。私の両親は父母ともにネタが結構通用するので、これくらいならギャグの範疇で済むのである。

戯画『マテリアルブレイブ』応援バナー企画参加中!


今日は触りだけの所見になりますが、パッチに関しては起動時にインターネットを経由した自動アップデート機能が備わっていて非常に便利である。パッチファイルを手動でDLしてから当てる一般的な方法は柔軟性に長けているので、自動と比較してどちらが良いとは言い切れないのだけれど、私としては便利な自動アップデートは有り難い機能だと思える。

game003329a.jpg
D3DOverrider 設定

国産の2D 18禁ゲームと言えど品質は千差万別なのだが、本作は痒い所にも手が届く多様なシステム設定が可能であり、クオリティー的にかなり高いものであるだろう。

一つだけに気になった事がありまして、本作は状況に応じてADVモードや横スクロールでの移動や戦闘モードなどに切り替わるのだが、2D横スクロール状態でのティアリングがかなり目に付くゲームである。症状としては大きな横線が波打つようなティアリングであり、私はティアリングとジャギーにはとても敏感であるから気になっているのかもしれないが、改善策はまたしても D3DOverrider であった。

D3DOverriderは Riva Tuner に付属している Tool でして、ドライバ側からの設定では垂直同期が効かないゲームであっても、D3DOverriderなら可能な場合が多々あるのだ。マテリアルブレイブは2Dゲームであるが、画像の設定にしたら見事にティアリングが消滅してくれた。ちなみにNVIDIAドライバ側からの垂直同期ONではティアリングは消えなかった。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

戯画の マテリアルブレイブ を予約

投稿日:2012/03/16 |  カテゴリー:マテリアルブレイブ  |  コメント:2  | トラックバック:0
既に予約してある創刻のアテリアルの発売日は4月27日であるが、3月下旬から4月にかけて、18禁もので遊びたいゲームが幾つか発売されるから頭を悩ませていた。ここ数日で十本ほど18禁ゲームの体験版をプレイしてみて、触って直ぐに良い物だと体感できたマテリアルブレイブを購入してみるとことにした。

戯画『マテリアルブレイブ』応援バナー企画参加中!


戯画のゲームは BALDR SKY のDive1と2を先にプレイしたいと考えていたが、マテリアルブレイブはシリーズものではないから問題ないだろう。そして今回が初戯画作品となる訳で、発売日は3月23日だ。

気になるのは1ヵ月後に発売されるエウシュリーの創刻のアテリアルと世界観が酷似していることであるが、恐らく偶然なんでしょうけど、ゲームに興味がない人だとADVモードでは見分けがつかないほど似ているのではないだろうか。

・現代~近未来学園物であること
・学校の周りが島になっていてモノレールのような電車が走っていること
・とある理由で主人公らに力が発現していること(これは定番だが)
・無駄にロリっぽいこと
・タイトル名も少し似ている

とは言ってもアクションRPG+ADVであるマテリアルブレイブと
カードバトルSLG+ADVの創刻なので、プレイ感は大きく異なるのだが。



ここ最近面白いなと感じていることは、18禁ゲームの初回パッケージ版に関してで、予約キャンペーンに始まり、メーカー特典だけではなく販売店によって付属品を別のものにして個性を持たせている。ヘビーなファンである人々は販売店ごとに異なる特典目当てで1人で何本か購入する場合もあるだろうし、消費者側は選択できる機会が楽しいひと時となるから、なかなか上手い企画であるだろう。

海外ゲームの発売で稀に事件が起こる「発売日直後のDLC」は論外であるが、発売前にきっちり商品情報を掲示する商法は全く違ったものとして目に映る。普段見慣れているSteamなどのDL版価格とは違って、国産18禁作品は価格が高めであるから、体験版の存在は有意義なものであるし、国産18禁ゲームに限ってはパッケージ販売が今後も重要なものだと改めて痛感した。

そんな訳で私は特典が多いソフマップ(リンク先は18禁)で予約したんですが、特典の中にえろいベットシーツがある。冷たい目で見られようと使ってやろうじゃないか。親と同居しているがシーツの上で寝てやろうじゃないか。干すときに頭を抱えることが見えているが、使ってやるさ。

ちなみに創刻のアテリアルはAmazonではなくて DMM.R18(18禁)で予約をしてある。Amazonは販売店特典がまず付かないので、この手のゲームの予約購入には向いていないのだが、DMM.R18 はテレカがついてくることと、テレカ無し初回版の価格は見たところ最安値ではないだろうか。



プレイしてみた約10本の体験版の中で最後まで遊んだものは、意外にも 屋上の百合霊 さんというゲームであった。一応18禁ゲームであるけれど、ソフトで微笑ましい作風で、卑猥な感じが全くしない内容だった。他には少し危険な匂いがするものの 英雄*戦姫 というシミュレーションが目に留まったのだが、触ってみた印象では単調である予感がしたので、今回は購入を見送ることにした。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター