CRPGまにあ

カテゴリー:金田一少年の事件簿

金田一少年の事件簿3 ~青龍伝説殺人事件~

投稿日:2016/12/08 |  カテゴリー:金田一少年の事件簿  |  コメント:0
数日前にやっと手が空いたから「金田一少年の事件簿3 ~青龍伝説殺人事件~」のプレイを開始しましたが、当初の目標であった「絶対に自分の力だけでクリアする」を死守してベストENDを迎えることができました。

前々回の記事で3作目だけ難度が下がっているようだと書いているけれど、簡単になったと言うよりも、システムが少しだけ洗練された分だけクリアに辿り着きやすくなったという表現が適切だろうか。本シリーズの名物である「明智警視による鬼畜強制退去」というものがありまして、推理モードで少しでもミスを犯したら

明智「やはりきみには任せておけません」

という明智警視の発言の後にゲームオーバーになってしまうのだ。3作目からはこのような明智の鬼畜前には必ずセーブポイントが設けてあり、さらにはセーブファイルに「調査、聞き込み、推理」といった具合に次の段階が明確に記されているので、予測しながら進められる分だけ楽になっていた。

本作はPSの金田一少年の事件簿3部作最後の作品であるわけですが、以前にも書いているように鬼畜システムによる印象の悪さから評価が低めなシリーズだけれど、それらの要因があるからこそかじりつくようにテキストを読んで可能な限り状況を把握したいという思いが強まるし、一言一句も聞き漏らさないぞという信念が生まれます。

ADVにおける昨今の主流は読み進めるだけのテキストノベルになりますが、評価するにあたって重要なファクターとなるものは「シナリオの出来」が真っ先に思い浮かびます。こういった最近の作品にも選択肢が有るには有るけれど、ルート分岐だったりCG回収の為だったりと、凡そ難度とは無関係のものであるだろう。

推理もの、ミステリものの醍醐味は「参加することに意義がある」だと私は思っていますが、そういったジャンルにおいて、適当に読み進めて誤った解答を撒き散らしたとしても、プレイヤーの機嫌取りをするかのように何事もなくベストENDに到達できたら興ざめしてしまいますが、プレイヤーが参加しているという実感、困難を乗り越えたときの達成感など、こういった心の機微はゲームと推理物の融合作品においてとても重要なものだろう。

大昔のFC及びSFC時代からそこそこの数のゲーム機版ADVを体験してきていますが、その中でもこのシリーズは最も好きになれたのではないだろうか。細かいところに目を向けると不満が幾つかあるものの、単純に「どれだけのめり込んだか度数」では間違いなくゲーム機版ADV(非テキストノベル)のトップだった。



シリーズ3作全てを終えたわけですが
ネタバレ無しかつ遠回しな表現で3作のランクを書いてみると

悲報島殺人事件(1)
地獄遊園殺人事件(2)
聖龍伝説殺人事件(3)

●推理物としてシナリオが良かったもの
1 > 3 > 2

●コンピュータ版ADVとしての見どころ
2 > 1 > 3

●システムの出来栄え
3 > 2 > 1

●難しさ(私の尺度で)
1 > 2 > 3

●斬新さ
2 > 1 > 3

●ゲームボリューム
1 > 2 ≒ 3

●登場キャラクタのインパクト(濃さ)
1 ≒ 2 > 3

●お笑い度数
2 ≒ 3 > 1

●明智率
2 > 1 > 3

●剣持率
3 > 1 > 2

●美雪の露出度
3 > 1 ≒ 2

●好きな順位(これが一番重要)
2 > 1 > 3

本格的な内容だったのは1作目で、遊びやすさでは3作目になりますが、後にも先にも見たことがないシステムだった2作目が最もインパクトがあって楽しめたものかもしれない。他にも要因があって、2作目のみゲームの中盤辺りから予想していた真犯人が的中していたから、そういった「勝利したのだ」というイメージも後押ししているだろう。

今年はゲームだけではなくHuluで金田一少年の事件簿リターンズを全て見たことと、某アニメのラスボスは明智警視と同じ声の人ですから、それもあって手持ちの金田一少年の事件簿ゲームに手を付けてみたんですが、最新のリターンズがアニメ化されたことですし、金田一ゲームの新作が発売されたら嬉しいね。

続きにはシリーズ3作をプレイ中に誰を犯人だと考えていたのか、他にはちょっとした感想などが書いてありますが、思い切りネタバレなんでシリーズ3作をプレイした人向けの内容です。

続きを読む »

熱のついでにレトロゲー熱

投稿日:2016/11/26 |  カテゴリー:金田一少年の事件簿  |  コメント:5
今はもう良くなってきたけど風邪を引いて10日ほど寝込んでいました。あまりにも症状が酷かったために艦これのイベントは適当状態だけれど、その間は寝ながらでもプレイ可能な初代PSのゲームなどで遊んでいた。それにしても風邪なんて引いても良いことなんて一切無いですから、皆さんも体調管理を怠らずに、お気をつけください。

2年と11ヶ月前にも風邪を引いていて、その当時の様子がここに残っているけれど、どうも風邪を引くと行動がパターン化されるようだ。今回も「PSのゲーム」「アニメ視聴」「ゲーム実況動画」などで時間を潰していたが、PSゲームと言えば6年前にプレイしてブログにも少しだけ書いた「金田一少年の事件簿」のことが思い出される。

金田一少年の事件簿 悲報島 新たなる惨劇 - 投稿日:2010/08/16

これを書いた直後にゲームの方はクリアしたんですが、数年ほど前にシリーズ2作目の「地獄遊園殺人事件」も何とか最後までプレイしたけれど、2本ともに1箇所だけどうしても分からないところがあって、そこだけ検索をしてヒントを見てしまったことが悔やまれます。

1作目の悲報島は途中でどうやっても進まなくなって訳が分からなくなり、その原因を検索してもう一度最初からやり直したんですが、最後の最後まで犯人を履き違えていたことが記憶に残っています。2作目の地獄遊園の方は犯人についてはほぼ的中していたけれど、最後の難関でどうやったら進展するのか全く分からず、ギブアップして攻略サイトを見てしまったのだ。

このシリーズは古いゲームですからAmazonなどのレビュー数がとても少なくて、鬼畜システムによる印象の悪さからか評価が低めになりがちだけれど、私個人としてはストイックな推理ゲームとしてもの凄く好きになれたゲームで、恐らくこの手のゲームでは最も楽しめたのではないだろうか。本格的なのは1作目の悲報島の方だが、フルボイスかつ斬新なゲームデザインだった地獄遊園の方が個人的には楽しめたかなといった印象です。

そんな訳でずっと(駿河屋の)段ボール箱の中で眠っていた3作目「青龍伝説殺人事件」をそろそろプレイしてみようかなという意欲が湧いてきている状態ですが、やるからには絶対にヒントを見ずに進めてみたい。3作目だけ少し難度が下がっているという話をどこかで目にした覚えがあるけれど、次こそは何としても自分の力だけで完走してやろう。



game009671ss.jpg
スーパーヒロインENDを迎えた

今回複数プレイしたゲームの中で最後までやったのは画像のヒロインドリームでしたが、このゲームは過去に何度か最後までプレイしているもので、控えめな難度で誰でも楽しめる育成ゲームとしてかなりの良作だと感じます。20年前に生まれたゲームということで、現在でも多数生まれている育成ゲームの雛形的存在でもあるのだろう。

ディレクターが声を発するとアナベル・ガトーだったりハマーン様だったりという具合ですから声優陣が豪華なゲームでもありますが、本作も2作目を所有しているので、何れ機会があれば手を付けてみたい。

ちょっと息抜き

投稿日:2010/08/16 |  カテゴリー:金田一少年の事件簿  |  コメント:6  | トラックバック:0
どうも暑い夏は海外産の重量級ゲームにのめり込めないと言うか
重苦しくて意欲が失せる時期のようだ。

来週にはElemental: War of Magicという重量級ゲームをプレイし始めるから
それまでは気軽に遊ぼう。

hunuaaCap 2010-08-16 22-39-52-05
PS1ゲーム 金田一少年の事件簿 悲報島 新たなる惨劇

昨年末、駿河屋でまとめ買いした時に、100円くらいで購入したゲーム。現在はAmazonで見ると「1円」で売られているショップばかりだが、送料が340倍というオチがある。

100円とは言っても安いから適当に購入している訳ではなく、このゲームはPS1のアドベンチャーゲームとしては評価がなかなか高い物です。タイプ的には正統派な犯人捜し推理ゲームなんですが、テキストを垂れ流すだけの似非推理作品ではなくて、要所で幾十から成る推理モード選択肢があり、1つでも間違えるとそこで終了という、昔ながらの厳しさを備えたハード推理アドベンチャーゲームです。

推理を誤った時の展開がこれまた酷でして、登場人物たちに蔑まれて罵られ、まるで罪人のような扱いを受けてそのまま船でお国へ強制送還の演出が入る。

15年前という古いゲームで、ハードな推理モードと辛口なシステムで構築されているゲームだから、今現在主流の良作アドベンチャー視点から見ると不親切な面が目立つが、それらが「真剣に取り組める」というプレイスタイルに変換されるのなら、悪い事とは思わない。

例えばこのゲームのセーブポイントは金田一君の部屋のみなので、とても不便だ。PS2で遊んでいるが、現行PCの性能、ライトなPCゲームの痛快な動作、そして柔軟なセーブとロードシステムなど、これらに馴染んでいる身としては、悪い言葉を使うがその全てが不快なレベルと言える。さらに1つでも推理を間違えるとその場で終了となってしまうシステムも不快路線へ後押しする。

だが、逆の見方をすれば、これらの要素があるからこそ、二度目からは絶対にそうならないように、真摯な姿勢で推理を再開するプレイヤーがそこに居ることだろう。選択を間違えてもその場で何度でも挑戦可能で、セーブとロードが高速で好き放題なシステムが悪いとは言わないが、昔ながらの作品には、やはりそれなりの良さがあるのだ。けして懐古主義からくるものではない。



hunuaaCap 2010-08-16 20-21-20-53
ちなみに漫画やアニメの金田一少年の事件簿は見たことがない

てな訳で、このゲームは悲報島の豪邸とその近辺を舞台に、四日間くらいの中で進行していくんですが、早いものでそろそろ最終日だ。まだ犯人は判明しないが、何と言うか犯人捜しミステリーは、人物が絞られてくるか、或いは犯人が途中で判ってしまうとそのままトーンダウンしてしまう。

最近の趣味としては、当ブログに4回分ぐらいの記事がありますが、フリーゲームの小此木鶯太郎の事件簿、これは犯人視点の倒叙形式ミステリーで、犯跡探しであったり犯人証明であったりする推理システム。犯人視点だからこそプレイヤーが犯人に同化してしまい、時折犯行が暴かれるかどうかで高揚感を味わえたりするが、やっぱりこちらの方が美味だなあ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター