CRPGまにあ

カテゴリー:女神異聞録ペルソナ

初代ペルソナ、セベク編を終えた

投稿日:2011/08/14 |  カテゴリー:女神異聞録ペルソナ  |  コメント:2  | トラックバック:0
ラストダンジョンと思わしき場所に到達した後、より一層ペルソナ作成に拍車が掛かり、数十時間ほど遺跡とマーケット、学校などに入り浸っていた。ゴンゴロウを+8にしてアイテム交換したり、対ボス用としてDebufferペルソナを用意したりと、やる事が沢山あったが、その弊害としてレベルが上がりすぎて、戦闘がもの凄く緩くなってしまった。

amarec20110812a.jpg
補助魔法要員として優秀なペルソナ

余り意味は無くても気分的な物として潜在回復でオトヒメを作成したり、拘り始めるとこのゲームは底が無いほどだ。半月程の期間に100時間かけて、宛ら流しプレイのように一気に最後まで進んだが、初代ペルソナのペルソナ作成と育成に魅了されてしまうと、年単位で時間を費やしてしまいそうなほどやり込み要素が高い作品だと感じた。私が愛するゲームに挙げているMorrowindやWizardry 8など、タイプは全く違うが、年単位で遊べるゲームと言う意味では同等の素質を持っているだろう。

amarec20110813b.jpg
PS2なら不精にならず、毎回起動時にディスク読み込みを「高速」にするが吉

ごく稀に読み込みを高速にすると不都合が発生するPS1ソフトがあるようだが、初代ペルソナは100時間プレイでも頗る安定していた。体感で判別できるほど読み込み時間が短縮され、特にダンジョンでの活動は読み込みが殆ど気にならない程度にまで早くなるから、有り難い機能であった。

話をペルソナの物語に移しますが、このゲームはシナリオが2本用意されているようで、あやせ、エリー、ゆきのさんという女性陣を仲間にするには雪の女王編に進まなければらならないようだ。セベク編が本編で、雪の女王編はサブシナリオのような扱いらしいが、時間があれば是非とも雪の女王編もプレイしておきたい。

前回記事にも書いていますが、15年前のゲームであり、CD直読み込みのもっさり感が漂うゲーム機の作品であり、システムやゲームバランスなども、お世辞にも優れているとは言えず、優れているどころかかなり劣悪な部類に入るだろう。

然し、前回と同様にして、ペルソナ関連のシステムだけは極上の物である。
何年経っても色褪せないこの魅力に、私も100時間を謹呈してしまった。

雪の女王編はさておき、ペルソナ2は二本立てとなっているので
もしもプレイするのなら気合をいれにゃならんね

amarec20110814c.jpg
で、あんた誰よ?



ちなみにペルソナは初代のみWindows版が発売されていたようだ。
Windows版ならエミュで動かすPS版のように、軽快なプレイ(読み込み限定)なんだろう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

初代ペルソナ - ゴールが目前。

投稿日:2011/08/12 |  カテゴリー:女神異聞録ペルソナ  |  コメント:0  | トラックバック:0
amarec20110811a.jpg
最終ペルソナはこいつに。

Wikiに限らず、検索をかけると未だに初代ペルソナの「ペルソナ作成及び育成講座」の個人サイトが多数見つかりますが、それだけの根強い人気の理由は終盤までプレイすると良く理解できます。

エンカウント過多なバランスは初級~中級プレイヤーの意欲奪い、CD-ROM直読み込みのもっさり感は時代錯誤も甚だしく、シナリオは以前にどこかで見たような既視感を誘い、エンカウント過多故の育ち過ぎによる緩くなりがちな戦闘に加え、古い作品ではお約束のインターフェースが洗練されていないことなども。さらには「分かれ道の片方は行き止まり」、のみで構築されたデザインセンスの欠片も感じられない3Dダンジョンは、凡作以下かと思ってしまうほど。

然し、上述の負の要素を一撃のもとに粉砕してしまう優れたポイントが、ペルソナの作成と育成だ。ペルソナシステムの評価だけでも、この作品を名作と呼んでも差し支えはない。

amarec20110812d.jpg
中盤以降はあっという間に育ってしまった

初代ペルソナは、ペルソナ作成の秘訣を理解しない事には楽しめない作品だと感じる。序盤から中盤には掛けては、ペルソナ作成よりもシナリオに目が行ってしまい、そうなるとエンカウントの連続が非常に煩わしくなってしまう。

中盤にかけて「はなこさんのカード取ってなかったなぁ」「FOOL作成は面倒だけど遣り甲斐がある」などと思い始めたらそこでエンジンが始動。そこからは、探索している、物語を追っている、という思考よりも、「常に育成している」「カードを集めている」という思考が勝ってしまい、そうなればエンカウント過多なシステムさえ許容できるようになってくる。

amarec20110811b.jpg
お気に入りのペルソナ「ウシャス」。どう見ても逸物だ

最後のダンジョン以降に何かあるのかは不明ですが
取り敢えず最終仕様ペルソナは

・主人公
Lv61 FOOLカマクラゴンゴロウ
FOOL生成事故で潜在復活付き。魔法石はメディアラハンの半月の石版

・マキ
Lv53 PRIESTESSウシャス
Lv43鬼女サロメxLv50外道シャドウ+魔法石はマハマグダインの震魔の石版
潜在復活付きで既に3回ほど育てており、主砲となっている。
Lv61ヴェルザンディのマハジオダイン継承を作りたいが、難しい問題。

・南条くん
Lv60 JUDGEMENTヤマオカ
幽鬼xLv41屍鬼ゾンビペインター+鼈甲ぶちの眼鏡
潜在復活付きだが南条くんのレベルが低くて降魔できず。

・マーク
Lv47 FOOLナルカミ
FOOL生成事故で潜在復活付き。魔法石はメディアラハンの半月の石版
ナルカミもLv+8を3回ほどクリアしており、我が方の主砲だ。

・ブラウン
Lv59 HANGEDMANバルバトス
夜魔x悪霊+魔法石はマハジオダインの閃光の石版
こちらも潜在復活付きだが、ブラウンのレベルが低くて降魔できず。

以上。
ペルソナ攻略サイト諸氏に敬礼。

amarec20110809f.jpg
魔法石はこれで購入

スロットがかなり緩く作られているが、ポーカーのジャックポット狙いが最も効率が良さそうな。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

擦って直したPS2

投稿日:2011/08/06 |  カテゴリー:女神異聞録ペルソナ  |  コメント:2  | トラックバック:0
amarec20110806.jpg
頑張ってます。進捗度はまだ1/4ぐらいか。

普段はPS2が床に転がっており、その存在を数ヶ月ほど忘れてしまう期間もあるが、いざ遊べなくなると無性にやりたくてうずうずしている自分が居た。と言うかペルソナを最後まで遊んでみようの挑戦期間中だったから尚更だ。

先端が断線してしまったPS2のスイッチに繋げるフラットケーブルですが、爪切りの爪とぎをヤスリの代用として丁寧に擦り続け、接続面となる金属7本が剥き出しになるように仕上げた。他には消失してしまったケーブル先端裏側に貼り付ける水色のプラスチックの代用として、薄い透明プラスチックを縦2cm、横7~8mmくらいで切り取り、そいつをフラットケーブルと接続コネクターの間に潜り込ませて「押し込み」「接続効率アップ」として使ってみた。

結果はリセットスイッチとディスクイジェクトボタンは正確に機能するようになったが、ランプが点灯しなくなったので、いずれPS2のジャンクを手に入れてケーブルを取り替えようと思っている。今のところ遊ぶのに支障はないので、このままでもいいんだけどね。

取り付けてみたPC用の12cmファンですが、感動するほどPS2は静かになり、風量は若干だが増しているだろう。幾つかのファンをUSB5V駆動にしてPS2の上に乗せて風量を体感してみたのですが、風量的に妥当で満足できるラインは、12CMファンの80CFM以上が適当だと思える。通常の12V駆動での80CFMクラスだとかなり煩いファンの部類となるが、5V化なのでファンの音は全く気にならないレベルとなるし、元が20~40CFMや、8cmなどの口径が小さいものは、5V駆動時の風量が物足りなくなってしまう。

取り敢えず、手持ちのサイズファン、Globe Fanは全て5V化OKで
最終的に風量が80CFM以上の12cm Globe Fanを採用した。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

PS2のファンを12cmに交換してみる

投稿日:2011/08/03 |  カテゴリー:女神異聞録ペルソナ  |  コメント:0  | トラックバック:0
修行でしょうか、修練でしょうか、いや苦行か。

もっさりと遅いPS1版ペルソナを最後まで遊んでみよう計画は順調に進んでいたが、ちょっとした事故が発生して2週間ほどプレイが止まってしまう事態となった。

以前にも書いていますが、PS2のデフォルトファンの騒音が我慢できないほどなので、こちらさんを参考にして、KABUTO(兜)クーラーに付いていた余り物の12cmファンを付けてみたが、その過程でスイッチのフラットケーブルが外れてしまった。ちなみにCPUのファンは、内部のお掃除ついでに1年に1回ペースで新品12cmファンに交換している。安く買えば500円くらいだからね。

このフラットケーブルの挿し込み口が曲者でして、ぺらぺらのフニャフニャ材質ケーブルに、薄い水色の小さなプラスチックが貼り付けてあり、そのプラスチックごと挿しこむように作られている。外れた瞬間に水色プラスチックがどこかに飛んでいってしまい、フラットケーブルをそのままぐりぐりしていたら見事に断線してしまった。一般的なケーブルとは違って、このフラットケーブルを加工するのは技術的に私では不可能なほど難しく、仕方ないからヤフオクでPS2ジャンクを買いましょうか。安ければ1円で買えるだろう。

PC用ケースファンの5V化ですが、私はこれまで試した5つほどのファンは全て5Vでも動いている。KABUTOクーラー付属、鎌風Rev.B付属、Gelid Silent 8などなど。然しながら、元から低回転の8cmファンの5V化は風量的に物足りない。12cmファンなら5V化でも風量がかなりあるので、PS2は無音の如く静かになった。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

久々にPS2を弄る

投稿日:2011/07/28 |  カテゴリー:女神異聞録ペルソナ  |  コメント:4  | トラックバック:0
amarec20110726-171058.jpg
初代ペルソナ

今現在、歴代ゲーム機の中古ソフトで最もお買い得価格になっているのは初代PS用のゲームだ。Amazonでは余程の人気作か希少品でもない限り軒並み1円という価格が付いているが、送料が平均340円なので、欲しい品の1本買いには適していても、大量購入には不適である。私の場合は以前に駿河屋で50本ほどまとめ買いしたので、これだけで向こう10年の暇つぶしになるだろう。

初代PSはPS2と並んで本体が1億台以上売れているから、比例するように様々なゲームが発売された訳だが、腐るほど出回っているから現在の中古捨値になっているのも一つの理由なんだろうけど、比肩するような事情として、ファミコンとスーファミのROMと比べると物質的に価値が劣ることと、CDやDVDなどのメディア読み込みの鈍さ、言ってみれば不便であること。これらも捨値に直結している要因なのではと実感している。

画像の初代ペルソナは今でも語り継がれる名作の一つなんですが、中身は確かにずっしり濃くて、歯応え十分といった作風だが、ちょっとした画面切り替えでロードが入り、これまで体験したことがないようなエンカウント過多な戦闘は、ゲームの難度以前のストッパーといった所か。

Dungeon of Dredmorから「初続き」になるが、プレイしていてこれだけ眠くなるゲームは初めてかもしれない。けして「つまらない」から眠くなる訳ではなく、戦闘中のモーションが異常に長く、それらをキャンセルするオプションが無いからじっと待つ以外に道はない。そして戦闘の前後にちょっぴり長いロード時間があり、ほんの少し移動すればまた遭遇となる。

こうやって書いてみると悪いゲームに聞こえてしまうが、それを押し切ってでもプレイを続ける価値はある。これらの短所が改善されたのがPSP用のペルソナ1らしいが、そちらはBGMが自己主張しすぎると、別件で不評なようだ。

真意は3千円弱でベスト版が発売になったペルソナ4を遊びたいと思っていたのですが、どうせプレイするのなら初代作からと。険しい道程の始まりである。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター