CRPGまにあ

アーカイブ:2009年12月

GV-USB レビュー

投稿日:2009/12/25 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
GV-USBのメーカーサイトへ

hunuaaCap 2009-12-25 21-04-53-68
GV-USBでS端子接続によるPS2ゲームの撮影。ってこのゲームは!

一見、配線のみに見える安価なタイプのビデオキャプチャです。ソフトウェアエンコードで、メーカーはとりあえず安心なI-O DATA、接続はUSB、Amazonだと実売価格約4000円、画質はボードタイプのものよりは劣る、と言ったところでしょうか。

使用するのが初代ファミコンからPS2までなので、言葉は悪いがこれらのゲーム機に画質なんて期待していない。文字のぼやけが最小限に抑えられ、映像が乱れなかったらそれでいい。最も気になっていたのは「USB接続タイプは延滞がある」というもの。要するにUSBタイプのビデオキャプチャに接続してあるゲーム機のパッドでの操作に延滞が生じ、特にアクション系のゲームでは支障がでるってことです。

私なりの結論ですが

・USBタイプでも遅延は無い

あまりにも非力なCPUであった場合はこれに当てはまらないかもしれない※1。例えばPentium 4@1.6Ghzとか、それ以前のCPUなどなど。メーカーサイトの動作環境の推奨CPUぐらいあれば、「ただ映すことだけ」に関しては問題ないと思います。北森P4@3Ghz、Athlon XP@2Ghz、私のセカンドPCのConroe-L Celeron 1.6Ghzとか、これら3つは大体同じくらいの性能ですが、これぐらいあればまあOKでしょう。

ビデオキャプチャ接続によるゲーム機の映像を表示するためによく使われるのが

・ふぬああ
・DScaler

延滞が起こるのはこれらの設定に問題があるはず。オーバーレイとDirect3Dの違いとか、ふぬああなら延滞はないがDScalerなら延滞が生じるとか、他にも色々と原因が考えられるでしょう。私の環境だとDScalerとは相性が悪く、ふぬああだと調子がいい。サウンドの仕様からしてできればDScalerのほうがいいんだけどね。

本来なら安心接続するための手段はビデオスキャンコンバーター、或いはモニターにダイレクト接続※2になるんですが、ビデオキャプチャなら動画撮影もできるしスクリーンショットも撮れる。多目的に使えるからビデオキャプチャは面白いです。

※1
このパターンでの不都合は、延滞というより単なるパワー不足の処理落ちだ。


※2
直付けはPS3などの現行新型機でしか事実上できない。コンポジットやS端子を備えたPC用モニターはごく一部しか存在しないから。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

ドット抜けが直っていた

投稿日:2009/12/25 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
1年ほど前に購入したBenQの液晶モニターG2400WD。電源スイッチのちょうど上の辺り、タスクバーの真ん中部分に黒抜け(消灯タイプ)のけっこう目立つのがあったんですが、知らないうちに直っていた。黒抜けは断線によるものらしく、タイプ的に厄介らしい。

大きさとしては数ミリに達しそうなほどだったので、購入当初はかなり気になって、揉んでみたりドット抜けを直す(直るかもしれない)ツールを走らせてみたりしたが効果がなかったんです。

と言うわけで、運が良ければ直ることもあるってことで。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Obulis まずはCHAPTER 1が終了

投稿日:2009/12/24 |  カテゴリー:Obulis  |  コメント:0  | トラックバック:0
Obulis_steam 2009-12-23 21-14-02-62
頭の体操になります

一昔二昔前なら、これだけで5千円くらいでパッケージ販売できそうなほどクオリティーが高く中身が優れていると思います。ここ最近レトロゲームがマイブームなので、この手のゲームはWelcome状態だ。コンシューマーレトロ機との決定的な相違点は、やっぱりPCゲームは映像が鮮明なので、目にも優しいしプレイしていて気持ちいい。

Obulisは時間制限などもなく、急かされる要素が何一つとしてないので、この作りは評価できると思う。マウス片手にゆっくり居眠りでもしながら遊べるゲームがあってもいいじゃない。現にChapter 1の最終ステージが難しくて、考えているうちに眠ってしまった。

Obulis_steam 2009-12-23 20-00-47-35
基本的にカラーボールを指定の場所に「放り込む」ことでクリアになる

ボールを跳ね回らせて指定の場所に入れていくんですが、これが一筋縄ではいかない。「え、そんな!」みたいな方法が正規の攻略手段のときもあれば、それを外れても別手段でクリアできるときもある。

という訳で、これはお勧めの1本です。



最近はWindows上でゲーム機を動かす手段として、ビデオキャプチャを使用しその挙動を調べるためにあえてセカンドPCのみを起動して過ごしているんですが、私のセカンドPCスペックは

・CPU: Celeron 420 (Conroe-L) 定格駆動 1.6Ghz
・GPU: Asus GeForce7600GT 256MB

という省電力仕様かつ低スペックに分類されるものですが、Obulisはこれでも十分です。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

ほくほくな私

投稿日:2009/12/23 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:6  | トラックバック:0
Steamの年末年始セールです。
購入したのは

・Braid
2.49ドル

・Audiosurf
2.5ドル

・Puzzle Indie Pack(Obulisが本命)
2.99ドル。Chains / Gumboy - Crazy Adventures / Obulis / Vigil: Blood Bitterness

・S.T.A.L.K.E.R.: Clear Sky
4.99ドル。最も嬉しかった品

・Complete Shooter Pack
3.74ドル。Alien Shooter系の4本詰め合わせ

・Evil Genius
1.99ドル。なかなか面白いという情報があったので。

・Action Indie Pack(Tank Universalが本命)
4.99ドル。インディーズ系の5本セットで、Space Traderメタスコア 53という数値に
私の心奥深くに眠るクソゲーハンター魂が揺さぶられた。

・Defence Grid: The Awakening
2.49ドル。本日の日替わりセール品

・Sniper Elite
1.99ドル。安かったし、何となく。

締めて2650円でした。
これだけでも1年遊べるボリューム…いや、それ以上いけるかもしれない。

PS2とPS1ソフトに、初代ファミコンソフトも少々、合わせて40本くらい購入したし、本来最も楽しみにしていたはずのA Farewell to DragonsやDrakensangなどはそのまま置いてある。嬉しい反面、昔のように大御所PC RPGの日本語版を1万円ぐらいでまた買ってみたいなと思ってみたりもするけど、もうそれは不可能だ。

安いや高いやなどと口にする以前に、そういう品は存在しない。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

釈迦に説法第二段。Steamの年末年始 大セール

投稿日:2009/12/23 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
今年もやって参りました。
去年はSacred 2に燃えに燃えていたのでDL配信サイトのセールはほぼスルーしたんですが、今年は色々と購入してみるつもり。今回は普段はまず買わないであろう、カジュアルゲームの良作をメインに選んでみるつもりです。

カジュアルゲームでは、ちらっとネット検索したところ
・Braid(日本語で遊べる)
・Obulis
両方とも割り引き後200円くらい。

この2つはかなり評価が高いようです。
これまでSteamに限らずDL販売に触れたことのないそこの貴方、これを機会にお一ついかがでしょう。カジュアルゲームならPCスペックはノートクラス、或いはネットブックでも大丈夫。

Today Onlyで光るのは、S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobylが1.99ドル。
(有志の方々による日本語化MODが導入できる)

もうこれは買うしかないだろう価格だ。



うほっ
S.T.A.L.K.E.R.: Clear Skyが4.99ドルだ!
わ~い
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

GOG.com Holiday Sale!

投稿日:2009/12/22 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
当ブログからリンクを貼っているメジャーなネット配信系サイトを毎日巡回している方には釈迦に説法でしょうが、GOG.comがかなり大規模なセールを行っています。

GOG.comセールページへリンク

GOG.comの良いところ
・DRM Freeなので何回でもどのPCにもインストール可能
・必然的にディスク入れやSecuROMや認証などとは無縁
・サイトのセンスも良く回線も良好
・安い

一部を除いたほぼ全てのソフトが25%~40%引きで、来年の1月3日までセール期間のようです。元が良心的価格のGOG.comなので、40%引きだとしても金額的にはそこまで驚くほどのものではないですけどね。

Strategyにしてはちょっとばかりテキストが多めだけど、名作STRONGHOLD(4.19ドル)なんかはお買い得そう。このゲームはStrategyに馴染みが薄い人でも十分楽しめると思います。私が持っているのは日本語版なので、粋な声優陣補正が評価を上げているかもしれないけどね。いずれにしてもSTRONGHOLDは最も楽しめたリアルタイムストラテジーでした。15面の恐怖は今でも忘れられない。

他に評価が高めなのは
・FALLOUT1と2(本物のFalloutだ)
・FREESPACEシリーズ
・Might and Magic 6-PACK(6だけでも価値あり)
・DECENT1と2と3+拡張(買おうかなと考えている)
・STONEKEEP(思い出の品。パッケージがウイスキーみたいで凝っていた)
・Jagged Alliance 2(途中までしかプレイしていないが良作戦術+戦略ゲーム)
・Arx Fatalis(名作だが英語だときつそう)
・Divine Divinity(これも個人的にCRPGで名作に入ると思う。だが英語が厳しそう)
・Heroes of Might and Magicシリーズは、Startup Mediaのコレもお得。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

あっさり終了した京都 花の密室殺人事件

投稿日:2009/12/21 |  カテゴリー:京都 花の密室殺人事件  |  コメント:0  | トラックバック:0
このゲームが生まれたのは1988年。RPGではイース1とイース2、AVGではジーザスにスナッチャーなどに代表される新たなる方向性「難しさから優しさの時代へ」が打ち立てられた頃の作品なので、それ以前の超絶難易度ゲームがもてはやされる風潮が過ぎ去ろうとしていた時期だ。

とは言えまだまだ「AVG=超絶難易度じゃなきゃダメ」という理念が根付いていた時期でもあるので、それでいながらこのようなジェットコースーター感覚はとても珍しいんじゃないかと思う。AVGって簡単にイカレた難易度に調整できるジャンルでもあるし、題材が殺人事件だから尚更だ。

kyouto80016.jpg
かりや警部よ。あんた無能すぎるぜ。

某動画アップロードサイトで、姉妹作「京都 財テク殺人事件」の実況プレイを以前に観たことがあって、その時もひしひしと感じたが、このかりや警部はとっても笑わせてくれます。素人が捜査し仕入れてきた情報に「なんですって!」とド肝を抜かれたような反応を示し、殺人現場の安易な細工や証拠を見逃す見逃す…知人なら一般市民であっても、現場を弄くられ、証拠品などを持ち去られても半ばスルーしてしまうのはどうかと思いますよ。

面白い作品でしたが、矛盾を感じた箇所も多かった

・青酸カリは口紅に仕込まれていた。唇に塗られた毒で死んだ。
この情報に腰を抜かしたように驚くかりや警部。警察が見逃すはずないでしょ。
これに関しては、直後に鑑識から連絡が入るので調べていたんだろうけど。

・被害者の自宅から、かりや警部の目を盗んで写真を持ち出す主人公
それって犯罪だと思うが…後にかりや警部に持ち出したことを知られてしまうが、お咎めなし。

・密室状態を作りだす材料となった板
この板が殺人現場である家の納屋にあるのに気づかない警察

・密室のふすまが破られ張り替えられていても、それに気づかない警察
後にかりや警部は、キャサリンの推理に驚いていた

・殺害現場の遺体の側に置いてあった座布団の穴に気づかない警察
これにもかりや警部は驚いていた

まだまだ探せば突っ込みどころはありそうですが、どちらかといえば2時間サスペンス物の乗りなのでまあこんなものなんでしょう。それよりも、理不尽な謎で何十日もつまずいて進行不能になったり、内容のうす~いゲームなのに、何十何百時間とプレイを強制されるよりはよほどマシだ。

プレイ時間は数時間程度でしたが、これにより新たな「ゲームを評するときの立ち位置(視点)」が私の中に形成された。そういう意味では短時間で得られるものが多いから良し良し。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

幸せなひと時

投稿日:2009/12/20 |  カテゴリー:京都 花の密室殺人事件  |  コメント:0  | トラックバック:0
私はどちらかというと極端な性格だ。最も愛していた「何よりも高画質でゲームを楽しめるPC」に嫌気がさしたなら、次はレトロゲームだ。レトロついでにこれまでプレイせずにいたアドベンチャーゲームを遊んでみよう。

念のため付け加えますが、海外産PCゲーム自体に嫌気がさしたわけじゃない。職人たちが精魂込めて作り上げるゲームは、優作だろうとクソゲーだろうと素晴らしい。毎度のお決まり台詞ですが経営体制のことで、これまでPCゲームを買い続けてきたことが悲しくなってしまう浅ましい経営戦略です。

80012.jpg
京都 花の密室殺人事件

10年ほど前に他界されたようですが、ミステリーの女王 山村美沙さんがシナリオを担当したアドベンチャーゲームで、初代ファミコンでは3作AVGが発売されています。確か1994か1995年にAV仕様ファミコンを購入したとき、このゲームも同時に買った覚えがあります。94~95年といえば、Wizardry BCF、そしてCDSの2本を骨の髄まで堪能し、Lands of LoreにEye of the Beholderなどを486SX TOWNSでプレイした直後だったので、いま思い起こせばとても恥ずかしいが、「海外ゲーム最高」という信念が最高潮に達したころだった。

なのでこのゲームは起動して触った瞬間に「ポイ」となってしまった。
ごめんよ、いま遊んでも十分楽しいゲームなのに…酷いことをしたもんだ。
あれから15年。いまはあっちの方が、あの大陸は腐ってますぜ。



手持ちの

AV仕様ファミリーコンピュータ
スーパーファミコン
プレイステーション

この中でスーパーファミコンだけが壊れていた。動くには動くけど、ビデオ出力が逝きそうな状態のようで、画面がありえないほど汚く乱れて表示されてしまう。そのうち中古で買い直そうかな。

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

グラディウス2と沙羅曼蛇が可愛く思える

投稿日:2009/12/18 |  カテゴリー:Jets'n'Guns  |  コメント:0  | トラックバック:0
最も好きなジャンルはRPGですが、最も得意な(だった)ジャンルは2Dシューティングと格闘ゲームなどの私。しかし、10代の頃の話であって、本人が自覚していないだけで反射神経が鈍っているかもしれない。

JnG 2009-12-18 22-05-44-19
Jets'n'Guns Gold 難易度はノーマル

2Dシューティングで燃えたのはグラディウス1と2、そして沙羅曼蛇なんですが、グラディウス1はどちらかというと難易度低めだけど、他2つは高難易度として有名なゲームだと思う。Jets'n'Gunsはパーツ購入でシップを強化できて、1発被弾で落ちることはないヒットポイントシステムだからこそのゲームバランスだろうけど、序盤から敵の硬さ、弾幕量などは相当やばいです。

パッドを購入してプレイしているんだけど、これは一筋縄ではいかない難易度だ。

JnG 2009-12-18 22-06-46-28
ステージの始めにシップパーツを購入できる

このときにセーブも出来て、さらにそのまま本番に突入せずに練習ステージでパーツの性質を試したりできる親切設計です。プレイ中に出現するアイテムなどの効果が不明なので、やり込むつもりならまずはその辺りから勉強しないとね。



今日のImpulse「タスクトレイ常駐お知らせセール」は、マニア受けしそうなStrategyのGalactic Civilizations 2が1.99ドルだったので購入してみた。

Steamは殿様商売かつセール品がいけてない

Direct2Driveは国の制限がユーザーを馬鹿にしているレベル
(D2DというよりEAなどの悪名高いパブリッシャーだが)

GamersGateは問題を多々抱えているが、上記2つと比べると結局のところ頑張っているかもしれない。

GOG.comは元から性質が違うのでここではパス

となると、Impulseってなかなか評価できると思う。
(回線インフラもここが最高だ)

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

24 hours Impulse

投稿日:2009/12/16 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
数日前に気づいたんですが、Impulseが24時間刻みで1本ずつ品が変わっていくセールをしています。

昨日はJets'n'Guns Goldという
お金を貯めてシップをカスタマイズしながら進むシューティングゲームが1.99ドルでした。
とりあえず面白そうなので購入したが、ゲームパッドが必須に近いからおあずけ。

このセールはちょっと変わっていて、Impulseをインストールし、なおかつImpulseがタスクトレイに常駐しているときのみ通知がくるんです。タスクトレイに常駐するのは誰でも嫌がるものだと思うけど、私もそれがうっとおしいのでインスト直後に表示させないようOFFにしたんですが、これを再びONにする項目がImpulseクライアントに無い。

そんなときは
Program Files > Stardok > Impulse > Nowフォルダ、に存在するImpulseNow.exeを実行すればタスクトレイに現れます。そしてタスクトレイのImpulseを右クリし、SettingsからLoad Impulse Now on Startupにチェックを入れておけば、次回Windows起動後からはタスクトレイに常駐するようになります。ちょっとめんどくさいシステムですけどね。

仮に1回目の通知を逃しても、タスクトレイのImpulseを右クリからView promotionsを選択すれば、その日のセール品をいつでもチェックすることができます。

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター