CRPGまにあ

アーカイブ:2010年04月

人間に成れたかい

投稿日:2010/04/11 |  カテゴリー:Sacred 2: Ice & Blood  |  コメント:6  | トラックバック:0
Sacred 2 ネタです。

sacred2 2010-04-11 01-16-14-75
Don Iggy Natural FacesというMod

Sacred2スレで紹介されていたModです。
クライアントファイルなので、クローズドやシングルなどのゲームモードに左右されずに有効になるんですが、現在愛用している Celestial Set Armor の頭を装備すると何故か白目ちゃんに戻ってしまう。とは言え Ice & Blood での肌色やヘアースタイル変更を施していても適用されるのはありがたい。

sacred2 2010-04-11 01-29-23-33
黒髪だとこう
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

飯島氏の粋な洗礼

投稿日:2010/04/09 |  カテゴリー:アパシー 学校であった怖い話1995 特別編  |  コメント:2  | トラックバック:0
アパシー学校であった怖い話1995特別編 追加ディスクの体験版
が配布され始めました。

345000000.jpg
体験版は一話のみプレイできます。もちろん分岐もあり。

今回は公式からの通販予約特典として、追加ディスクに登場するサブキャラクター達60人以上のプロフィールが記載された サブキャラクターブック が付いてくるらしい。ファンなら欲しくなる一品ですね。

それにしても、よくある興味をそそらせる為のティザームービーなども、そして、マイPCで正常に動作するかの成否と、一体どのようなゲームなのかをユーザーに知ってもらういわゆるデモ版なども、本来はイメージを良くするために配布するものだと思うんですが、今回の追加ディスク体験版でプレイできるエピソードは、いきなり逝っちゃってます。

そりゃあ確かに怖いけど、まさかこうくるとはね…
どういっちゃってるのか? 気になるお方は体験版を試してみましょう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

こちらさんは応援しておこう

投稿日:2010/04/07 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
数日前に初めて知ったんですが、数年前に「今だからこそPCゲーム市場だ」という信念の元に、九州の長崎に Si-phon(サイ・フォン) というメーカーが発足していたようです。

Si-phonのサイトへリンク

デビュー作は空母決戦というタイトルのシミュレーションゲームのようです。サイトの方に開発方針が書いてあるんですが、昨今のプレイ時間がやたらかかる重量級ゲーム、複雑すぎて慣れる前に投げてしまうゲーム、そして、それら複雑かつ時間がかかるものこそ「善」だという風潮を疑問視し、一石を投じるかのごとく新たなプレイスタイルを確立させようというコンセプトでゲームを作られているようだ。

サイト上の製作裏話や、4gamerにインタビュー記事があったのでそちらにも目を通してみたんですが、概ね私も同意した。私はここ1年で相当数のゲームを確保しているんですが、その殆どをやらず終いでここまできている。インストしてみるものの、「うわ、これはすごい。面白そうだけど時間がかかりそうだし、いつか最後までプレイしたいが、とりあえずは寝かせておこう」。そして、その「いつか」はいつまで経っても訪れない。開発者の方が記事内で同じようなことを発言していたんですが、私も全く同じだ。

そんな時に、1時間から数時間、長くても10時間とか。その程度の時間で最後まできっちり遊べて、尚且つ奥が深くリプレイ性の高いものなら、それは誰しも好意的に受け入れてくれるゲームになるだろう。

このメーカーのターゲット層は、「仕事に疲れた大人」「時間が取れないお父さんたち」のようなので、処女作は空母が主役のゲームになったようですが、次回作は戦国モノになるようです。さすがに空母とかミリタリーものは全く興味がないし、ちんぷんかんぷんな私ですが、戦国モノなら大好きなので、それで興味をもった訳です。

次回作は5月21日発売予定の
戦ノ国~もののふ絵巻~


コンセプトとしては前作空母決戦と同じく、短時間で遊ぶことができてリプレイ性が高いもののようですが、ここらのさじ加減は非常に難しいと思う。短時間でクリアまで至る事ができても、その過程の充実度が薄く、底が浅くて数時間もプレイすれば全てが見えてしまうようなゲームでは、絶対に成功しないだろう。

日本には戦国モノを取り扱う雄、コーエーが存在するが、烈風伝辺りまではまだしも、すでに本格派志向から大きく道を外れてしまっている。ちょうどいま日本の「本格的な戦国モノの上席」、ここは空いたままになっているので、頑張ってその席に座って欲しいものだ。

コーエーの信長の野望はどの作品もなかなか良く出来てはいるが、これは信長の野望だけに限らないかもしれないが、結局は国取りゲームって、日本の領土半分どころか、ある程度掌握すると先が見えてしまう。信長の野望を例えに使うと、近畿や中部辺りを手中に収めると、そこから先は物量に任せた消化試合の連続になってしまう。

信長の野望はイベント数が多いのが売りでもあるので、それらの発生でニヤリとしたり、お気に入りの大名と対決になったら「やっと島津と決戦だ!」のように、プレイヤー自身でモチベーションを高めていかないと、とても最後まで遊べたものじゃない。ただ時間がかかるだけの作業でしかないから。

信長は覇王伝と天翔記が最もやり込んだ作品なんですが、2作ともエンディングを見ないまま終わってしまった。結局のところ、最後まで遊び、クリア数が覚えているだけでも5回はある小学生の頃に遊んだ信長の野望・全国版、クリアする云々で語れば、これが最も遊びこんだ信長となる私なんだろう。

戦ノ国がどのような出来なのかは全く分からないが、メーカーの方向性といい、ゲームのコンセプトなど、そこらはPCゲーマーとして、Strategyものに対してはライトゲーマーな私として、非常にWelcomeなものに見える。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

些細かつ既出なTIPSですが

投稿日:2010/04/06 |  カテゴリー:Sacred 2: Ice & Blood  |  コメント:6  | トラックバック:0
セイクリッド 2 日本語版を購入された方がずいぶんいらっしゃるようですし
ちょっとしたネタを Sacred 2: Ice & Blood アレコレ情報 に
「インゲームでの便利なTIPS」として加筆しました。

Closed Netは確かにラグがけっこう酷いんですが
後々の事を考えると、シングルモードよりClosed Netでプレイされる方が良いと思います。

とは言え本体のみだと Quick Cast ができないので、きついでしょうなあ…
Ice & Blood があれば戦闘中のラグを感じなくなり
さらに、キー1発CA発動ができて便利なのです。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

円卓の生徒 体験版

投稿日:2010/04/04 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:10  | トラックバック:0
こちらがオフィシャルサイトで、今月の23日にPC版が発売になるようなんですが、この作品からエクスペリエンスはXbox360に参入するようで、それならトップの「Windows PC専用」の文字は消しておいた方がいい。舐めてるのかと、私のような人間は思うぞ。Xbox360版は半年ほど遅れて登場するようだが、Windows PC専用の文字で客を釣り、それを資金に別プラットフォームで展開するのなら、尚更「Windows PC専用」はダメだろう。もちろん深い意図は無いと分かってはいるが、見方によってはモラルに欠ける行為だ。

ジェネレーションエクスのメーカーが手掛ける新作ということから、このゲームは私が敬愛するDavid W. Bradley氏のBCFとCDS、そしてSir-Tech Canada製のWizardry 8などと、血縁はないが遠い親族のようなものだ。

遠い昔から続く、Wizardry原理主義者との確執はまだ終わっちゃいない。もう7~8年前になるだろうか。私は以前にもホームページをやっていた事があって、それはもう気が触れているのかと思えるほど過激な内容のサイトだったんですが、あのサイトを始める引き金となった事件は、某原理主義者の質の悪い一言だった。BCFやCDSに8も含め、プレイなどしていないのに、触ったことすらないのに、絵柄だけで、システムが改新されたという情報を耳にしただけで、得意げになって叩きまくるあの言動は一生忘れる事ができないだろう。

さらに、百歩下がって後期より初期Wizardryの方がゲームとして優れているのなら、私は口を閉ざし大人しく引き下がったでしょうが、ファンという補正抜きにしても、どう見てもBCFにCDSの方が、しがらみから解放され、粋な計らいが肉付けされたゲームとして光り輝いていて、勝っている。Wizadry 8に至っては、もはや語るまでもないだろう。8はCRPGとStrategyの最高のフュージョンであって、その観点から評価すると、8はWizardryという枠内だけに止まらず、戦略級CRPGとしてまさに頂点だ。

そんな訳で、いわゆる「Wizardrryもどき」に対して、私はもの凄く過敏に反応し、厳しい評価を下していたんですが、それは過去のことかもしれない。そろそろBlogを開設して1年経とうとしているが、メーカーの不埒な経営体制に対しては鬼のような怒涛の攻めを展開するが、ゲーム自体に対してはものすご~く甘くなっている。このBlogで名を挙げたゲームで、最も評価が悪いのはイース6だけど、それでさえ「至って普通。幼児を恋愛対象として(犯罪だからね)扱おうとするのは何とかならないか」と、その程度の評価だ。

前置きが長くなりましたが、以前とは違い
だいぶ丸くなった私が円卓の生徒 デモをプレイしてみた。



!!!!!
せっかく数時間かけて書いたものが全て消えてしまった。なんてこったい… FC2は途中でおかしくなっても下書きとしてほぼ全て残るんですが、過信したらダメだねこれは。

気が向いたらまた書いてみよう。
まあ、凄く楽しめたという内容なんだけどね。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

ズーの Sacred 2 日本語版

投稿日:2010/04/03 |  カテゴリー:Sacred 2  |  コメント:2  | トラックバック:0
まず始めに。

英語版 Sacred 2 をインストールしている人は、日本語版のインストをすると英語版の方がおかしくなってしまう。英語版のフォントがおかしくなったり、共有チェストの中身が消えたり。どこが悪さしているのか。

私の環境でのことですが、OSはWindows 7 HomePremium 64bitで、これと言った設定などせずとも日本語版 Ver2.43 は安定して動いています。SLIはプロファイルを例のCrysisにしていますので、同じものを読み込んでいるからか快適にSLI動作をしています。SLIでお困りの方は、nHancerを用いてCrysisと同じ設定にしてみましょう。

誤解されると他プレイヤーの方々に迷惑がかかるので念を押して言っておきますが、安定している、不安定だと、Sacred 2の動作について、日本のPCゲーマーが議論しているのは、OSがWindows 7だからです。ここを勘違いしないでください。言わば、プレイステーション1のゲームを、一応上位※1互換があるとはいえ、完全互換ではなかったプレイステーション2で動かしていることと似ている。

※1
日本語は難しい。下位互換と書いていたのを上位互換に訂正しました。


sacred2 2010-04-03 23-35-31-64
日本語フォントはすっきりして見易いものが使われている

sacred2 2010-04-03 23-36-51-83
文字の大きさもGood

sacred2 2010-04-03 23-36-22-54
クエストログも読みやすい

sacred2 2010-04-03 23-37-36-83
所得EXPなどは、英語版よりフォントが大きいのでさらに見やすく

全体的にフォントの仕上がりは良好。Windows 7 64bitかつSLIの私でもちゃんと動いているので、安定性も英語版 2.43 と同じく良好。なので、これまで英語版の本体や拡張などに手を出していなかった人ですと、今回の日本語版からプレイしてみるのはとても良い機会だと思います。

Versionは、本体のみだと最終となる 2.43 です。拡張無しのこのVersionでも、大きなバグやExploit風味なプレイヤーが有利になってしまう不都合などが大方修正されているので、最初から2.43なのは非常にありがたい。

あとは、Zooが Ice & Blood のローカライズをしてくれることを祈っていましょう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

アパシー学校であった怖い話1995特別編 追加ディスク

投稿日:2010/04/03 |  カテゴリー:アパシー 学校であった怖い話1995 特別編  |  コメント:0  | トラックバック:0
当ブログでも軽くレビューしている1995特別編に追加ディスクが発売されるようで
発売日は2010年5月2日、価格は1575円と大変リーズナブルだ。

アパシー学校であった怖い話1995特別編 追加ディスクのページへリンク
(ショッキングな画像があるので、そういうのが苦手な人は閲覧に注意)

七転び八転がり
(こちらはメーカーサイト)

このゲームは簡単に言いますと、90年代にスーパーファミコンで発売になった「学校であった怖い話」これの新バージョンといえるゲームで、もちろん中身は全て刷新され、Windows用のゲームとして内容からシステムに渡り良質で、価格は同人ゲームらしく低価格なので、とても良心的な作品となっています。メーカーサイトから直販しているので、興味がある方はメーカーサイトの作品紹介を一読してみるのも宜しいかと。

追加ディスクでさらにホラーワールドが広がるようで、本体の方はコンプに程遠い私ですが、今回も買っておきましょうか。そういえばアパシー流行り神はぜんぜんプレイしてないなあ。こちらもやらねば。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

ハイレベルでの決断

投稿日:2010/04/03 |  カテゴリー:Sacred 2: Ice & Blood  |  コメント:0  | トラックバック:0
Sacred 2ネタです。

以前に近接反射をいつか100%にしたいという旨を書いているんですが、セラフィムの場合、Battle Stance Mod, Retaliation(近接攻撃反射)の説明文にある「Small chance to reflect close combat damage」、このスモールという表現は正しいようで、ハイエルフの反射と比べると確率が若干低く、高める事が難しいわけです。

そしてChance to Reflect: Close Combatと、Run Speed UP、Allskill、+% EXPなど、これらのステータスを持った店売りレアアーマーを揃えることは非常にめんどくさい。いや、完全にキメるのは不可能かもしれない。

そうなると、育成前から考えていた代用は
sacred2 2010-03-31 06-16-40-83
Mitigationの数値に注目

前々から拡張 Ice & Blood 後はセットアーマーが強化されたと書いていますが、Celestial Seraphim用の Revelation of the Seraphim も当たり前のように強化されてまして、全部位ソケット2、そして数値などがアップ、いくつかステータス追加などなど。

ダメージをそのパーセンテージで緩和する Mitigation の数値も若干強化されていて、Lv180品の胴と肩で、現在全属性 31.5% 緩和となっている。さらにレベルの高い胴と肩、そして、あと1品全属性 Mitigation 付きの装備を追加すれば、ダメージ緩和 50% が可能になるので、こちらのプランに移行しようと考えているんですが、そうなると問題となるのは Run Speed だ。

sacred2 2010-04-02 06-20-23-89
Celestialの弓持ちはなかなか様になる

sacred2 2010-03-27 03-06-04-52
見た目は悩むことはなく、ばっちり決まっている

ここまでは使わなかった Dashing Alacrity を使えば、性能的には万事解決するんですが、如何せん、ここからLv200になるまで「40secに1回 Dashing Alacrity を使わねばならない」という、これが最大の問題だ。さらに、現段階では Allskill Item は+55程度なんですが、これだとAspect混合のコンボなどは、実行速度が最高の150%に届かず、低いものだと135%にしかなっていない。ここらもDashing Alacrityを常用するビルドに方向転換すれば解決するんですが…うーん、どうしましょう。

まだ問題があって、TacticsとExalted Warrior Focusは75で止めてある。そこそこにAllskillを入れるのなら、無理にこれ以上スキルを上げる必要はないんですが、5つ目のCA Dashing AlacrityのModをアンロックするためには、さらに49ポイント分のスキルポイントを先の2スキルに配分する必要がある。どちらのスキルを上げればいいのか、50%/50%か… いや分かっている、悩んでも答えは出ないんだ。

そんな訳で立ち往生している最中です。

sacred2 2010-04-02 05-36-27-58
弱めだがボスと初対戦

箱入り半裸天使だったので、実はこのレベルまできてボスと初めて戦う。
ピストルで Pelting→SoulHammer のコンボを試してみたが、圧勝できるね。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

GamersGateが止まらない

投稿日:2010/04/02 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
何気に掘り出し物セールではGamersGateがトップかもしれない。

GamersGateセール品ページへリンク


今回の目玉は

・Civilization III Complete 2.47ドル
・Gothic III Gold Edition 7.48ドル
・King's Bounty The Legend 4.97ドル

Civilization III Completeを購入しておこう。

Civilizationは 3 そして4、共に大人気の名作のようなんですが、私は完全に乗り遅れてしまった。最新作 Civilization 5 が今年末には発売されそうで、次こそは乗り遅れないように楽しんでみようと思う。問題は3と4の日本語版を扱っているサイバーフロントが素早く動いてくれるかどうかで、前作4の時は英語版から7ヶ月経ってやっと日本語版が登場したようだ。

それから4年、情勢は変化し続け、4のように7ヶ月も遅れてしまうと売れなくなってしまうよ。Steam、D2DにGGにImpulse、まだ他にもあるけど、こちらで英語版を簡単に買えてしまうので、仮に日本語版が出ても売り上げに影響を及ぼしそうな。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター