CRPGまにあ

アーカイブ:2010年05月

King's Bounty: Armored Princess モンテロ鉱山の戦い

投稿日:2010/05/31 |  カテゴリー:King's Bounty: Armored Princess  |  コメント:0  | トラックバック:0
だいぶ強くなってきたので、溜まっていたアップグレード可能アイテムを捌いてみよう。一部アイテムはアップグレードすることができて、そのアイテムを守護する敵軍を倒せばグレードアップするという、有りそうで無かったなかなか面白いシステムです。

kb 2010-05-30 11-11-25-42
知性+5は素敵すぎる

MONTEROの攻略を開始してみると、地表にいる敵はVERONAよりも弱い集団が多く、予想していなかった展開に戸惑うというより「ちょっと息抜き」期間のような感じだ。そのついでに、ここまではアメリ姫や友軍が弱かったため挑戦できなかったアイテムの守護者と連戦してみた。

RPGでよくありがちなのは、知性(INT)などのステータスは上昇してもその効能が分かり難いゲームが多い。だが King's Bounty の場合、知性は1上がるだけでも魔法の威力が目に見えて上がる。それこそ切れ目の 7 上げれば戦闘が格段楽になります。

kb 2010-05-30 19-37-19-95
MONTEROの地下。モンテロ鉱山ダンジョン

中盤まではダンジョンは数えるほどで、規模が小さなものがいくつかあった程度でしたが、モンテロの地下は初のそれらしいダンジョンだ。ダンジョン内は地上よりも敵が強いが、現在アメリ姫はLv30、だいぶ力もついきたのでそれほど苦も無く攻略できている…と思っていたら。

kb 2010-05-30 23-08-04-04
今回こそ初のボス戦。乗っている3匹の顔が憎たらしい。

現在、アメリ姫はDebuff魔法をかけると魔法の矢で1500~2500ダメージ、ファイヤーボールならその倍はダメージが出せる※1。このボスは体力 約1万なので、技能「上位魔法」の1ラウンド2回詠唱効果と相まって、楽に倒せるんじゃないかと思うけどそうはいかない。

すさまじい物理ダメージ攻撃で、ドラゴン1体分なら確実に即死。剣士と護衛兵のうじゃうじゃでも2発でアウトだ。このようなボス戦は5つのユニットを全て数の暴力系で挑む方が効果的だと感じたが、ユニットの予備は2つしかないので、やりくりが難しい。

そんな訳で、まだまだMONTERO攻略中です。

※1
このボスにDebuffは効かなさそう。さらに、魔法耐性が高いのか、上述のような最大ダメージはまず期待できない。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

King's Bounty: Armored Princess 峠を越えたか

投稿日:2010/05/29 |  カテゴリー:King's Bounty: Armored Princess  |  コメント:0  | トラックバック:0
kb 2010-05-29 00-48-57-29
VERONAから行動範囲が広がった

VERONAから徒歩でMONTEROへ進入可能。航海地図を入手して、DERSU、UMKAS、ELONへも渡航できるようになった。ここまではどうしても進まなければならない地点に強力なストッパーが居ると、そこで立ち往生して時間を食っていたが、その悩みも一気に解消されて楽になってきました。

kb 2010-05-29 14-45-15-72
VERONAは2箇所だけ強い敵軍を放置してある

黒丸はほぼ攻略済みの地域で、緑は地表の敵の半分を倒し、赤丸はこれから攻略を始める地域です。こうなってくるとどこから攻略すればいいのか悩んでしまうが、クエスト報酬の経験値量で判断すると、数値が少なめのMONTEROを先にするべきなんだろうか。ELONはドラゴンを売っている地域でもあるし、この中では高難易度地域かもしれない。

kb 2010-05-28 20-14-13-29
ここはMONTERO。面積が広いので敵の数も多い。



クエスト内容のことで。ご多分に洩れず、このゲームのクエストも海外ゲームによくある淡白かつ、討伐依頼が多い形式的なものばかりかと思いきや、読んでいると各キャラクター達の個性や土地や人物などの来歴など、掘り下げて聞かせてくれることも多く、なかなか楽しませてくれます。

関西弁MODにありがたみを感じると共に、これは是非とも前作 The Legend もプレイしたくなってきた。情報では The Legend の方が歯ごたえがあるらしく、鎧姫は追加要素が多いので、そこらでパワーバランスがユーザー側に少し傾いたんでしょうか。と言う訳で日本語版のゴールド エディションを注文しておきましょう。

kb 2010-05-29 12-31-25-92
現在の我が友軍

ドラゴンが3種類になったが、1体としてはタフではあるけど、絶対的な攻撃力、そして防御力では数の暴力タイプに劣るのは明白なので、コストが掛かるけど本当はわさわさ系で攻めたい。しかし、ヒールをLv3に強化すれば、レッドドラゴンとエメラルドグリーンドラゴンは使い勝手がいいから手放せない。

kb 2010-05-29 14-46-29-44
レベルは25になった。

アメリ姫にベタ惚れだったジミーは、可哀想だがメイジ向きの同行人ではないのでおさらばした。代わりに同行してもらっているVERONAで出会ったエレンヘルは、メイジのサポートにぴたっりの人物。

レベルは25で行動地域もかなり広がり、そろそろ折り返し地点のような気がするけど、技能もまだ中途半端だし、行く先々の敵軍勢の数が暴力的に増えてきている。ここからが本当のスタートかもしれない。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

ImpulseのSins of a Solar Empire

投稿日:2010/05/28 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:4  | トラックバック:0
Sins of a Solar Empire 2010-05-18 23-58-22-38
先週、920円ぐらいで購入した Sins of a Solar Empire

Impulseさんよ!
ここまで下げますか!

Impulse Sins of a Solar Empireのページへリンク


なんと今回は80%オフで、現在サイト上の表示価格 363円 です。
拡張が2つばかり存在していまして、それらはもちろん含まれない本体のみの価格ですが、それでもこれはお買い得。何と言っても日本語訳が含まれていますから、普通に日本語で遊べる良質なスペースストラテジーです。

Sins of a Solar Empire 2010-05-18 17-44-58-47
このように日本語版です

と言う訳で、Strategy好きならこの機会に手に入れておくのが吉。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

King's Bounty: Armored Princess 戦慄のピーター・ドレイン

投稿日:2010/05/27 |  カテゴリー:King's Bounty: Armored Princess  |  コメント:0  | トラックバック:0
kb 2010-05-27 22-32-04-03
もう堪忍してください

一見、どこにでも居そうな農夫のおじさんに見えるが、おぞましい召喚士だった。途中から、最初の布陣で配置されていた敵とは全く違う構成の敵軍と、18ラウンド戦ってやっと勝利したが、被害が甚大だ。

kb 2010-05-27 22-37-02-54
友軍被害は2万ゴールドを超えた

まだまだVERONA攻略中なんですが、やればやるほど良好バランスに脱帽だ。
久々に長時間楽しめる戦闘ゲームに出会えたことに、感慨を覚えている。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

King's Bounty: Armored Princess 中盤戦に突入

投稿日:2010/05/26 |  カテゴリー:King's Bounty: Armored Princess  |  コメント:0  | トラックバック:0
kb 2010-05-25 18-24-53-59
真ん中のVERONAが現在の活動地域

中盤戦と言っても折り返したわけじゃない。マップ面積で判断するからに35%~40%くらいだろうか。それでいてプレイタイムはすでに50時間弱なので、いくら初回プレイかつ難易度ハードとは言え、歯ごたえ十分でボリューム満載のゲームだろう。

kb 2010-05-23 08-18-45-52
使えそうで使い難いタイプのパラディン

どうやらアメリ姫のレベルかゲームの進展具合によって、一部のお店で雇えるキャラに新顔が追加されていくようで、開始地点DEBIR島でパラディンを雇えるようになった。だが、このゲームでパラディンのようなタイプは中途半端に感じてしまう。

・統率要求値が低く攻撃力がそこそこで反撃不可属性を持っているタイプの数の暴力
・ドラゴンや巨人系の、1体でも高いヘルスを誇るタイプ

私としてはこの2つのタイプが好みであって有効に使えている。パラディンは1固体の体力は200で、価格は1500GPもする。体力200程度だとそれほど強力でない攻撃でも1体なら削り殺されてしまうので、戦闘の度に高価なユニットが減っていくのは気が気でない。

kb 2010-05-23 18-19-06-65
弱点もあるがこのタイプは使える

このドラゴンにストーンスキンなどの防御魔法をかければ、強力な物理攻撃型敵ユニットでも接近される前にポイズンなどで削っておけば、十分殴りあえる。さらに、運が良ければ結果的に損害無しで戦闘を終えられる。しかし、敵ユニットのおぞましい単体魔法や、まだダメージを与えていない数の暴力系の一撃など、これだと現段階でもすでに即死させられることが多いので、打たれ強さとしては集団ユニットの方が勝る。



kb 2010-05-23 10-00-22-87
後ろのスクロール(地図)を取りたい。だが簡単には取れない。

最初の山場はSCARLET WIND島に到達した時だと以前に書きましたが、2回目の山場は錆びた錨島ことRusty Anchorの大詰めでした。地図の守護者や制止して待ち構えている集団は強いタイプが多く、メイジのアメリ姫 Lv16~17では太刀打ちできない集団ばかり残ってしまって、突破口を開くのに大変苦労させられた。その後、VERONAは配置されている敵の数が多いので、敵の強さも選り取りみどり、危なげなくLv19にまで達した。

評価は一度クリアしてからにしようと思っていたんですが、このゲームはバランス的に、キャラ育成的にも、近頃出会ったことがないほど絶妙なところを突いてきている。日本、そして北米と、元来優れた「挑戦ゲーム」「勝利に酔いしれるゲーム」を作る器量があった国が落ちぶれていく中、ロシアは恐るべしだ。1C Company発※1と言うことから、数年前の作品ぐらいまでは「クソゲー」も数多くあるんだろうけど、ここ最近は突出した良作が存在している。勝利に酔いしれるゲームというジャンルでは、恐らくロシアが一部ゲーム限定で、現段階では世界一確定だろう。

※1
勘違いされないように念のため。1C Companyは主にロシアや東欧デベロッパーが作ったゲームの販売を行うところです。新生King's BountyはKatauri Interativeが開発したゲームです。




kb 2010-05-26 09-21-52-13
このおいちゃん曲者ですぜ。こんな顔しておいてえげつない。

kb 2010-05-26 06-39-01-67
大型ボスと初対面(まだ倒せない)

ボスと対戦して初めて分かった「チビドラゴンはボス戦で召喚できない」という仕様。チビドラゴンを強化し易いウォリアーは苦労するんじゃないだろうか。と言うよりメイジアメリ姫は現段階Lv20くらいまではチビドラゴンや憤怒を強化し難いのでほんと困っている。このレベルぐらいまではウォリアーの方が断然強くて進めやすいんだろうなあ。

kb 2010-05-26 09-53-22-64
本日の状態

だいぶ強くなってきたが、結局技能の魔法は全て「早く上げたい」ものばかりで、歯がゆさと習得した時の喜びの連鎖バランス、CRPGを熟知している作りだ。武器はやっと購入できる価格で良いものが店に陳列された。騎士の剣なんですが、護衛兵や剣士の攻撃が+3するので、それらのユニットを重視して使用しています。とは言ってもこの1本のみで、訓練用の剣はジミーが装備している。早くもう1本まともな武器が欲しい。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

King of the Road 今日もやっちゃったさ

投稿日:2010/05/26 |  カテゴリー:King of the Road  |  コメント:0  | トラックバック:0
以前にカードが使えなくなったトラブルが一度あり、最近は改善されたが遅かったダウンロード速度のこともあって、GamersGateは嫌いだとブログで言ってきましたが、ここ最近は全く逆、大好きなGamersGate。

今週は「SIMULATOR WEEK!」のようで、沢山のゲームがセール対象になっています。様々なタイプのSimulatorが安くなっているので、気分転換にいいかもね。その中でも伐採ゲームが気になったが、安いゲームに食指が働いた私です。

GamersGate SIMULATOR WEEK!へリンク

king 2010-05-25 20-29-18-32
トラックで走るゲームさ

2.49ドルなので240円くらいでしょうか。面倒なんで調べていませんが、販売1Cと言うことから、このゲームもロシアか東欧産なのかな。トラックと乗用車が選べるようで、何年か前のゲームだが、最高解像度の1600x1200を選べばそこそこ美しい画質だ。

余談ですが、このようなちょい古めかしいゲームはインゲームビデオオプションが解像度変更ぐらいしかないパターンが多いので、アンチエイリアスと異方正フィルタリングをドライバー側でかけてやりましょう。アンチエイリアスはまだしも、異方正フィルタリングことAFは、遠方(主に地面)のテクスチャーのぼやけを改善してくれるので、効果が凄まじく高いです。

king 2010-05-25 20-29-56-03
ドライバー視点

設定すればパッドでも遊べるんでしょうけど、とりあえずキーボード操作で遊んでいますが、レースものにありがちなリアルな挙動などは一切示さず、コーナーで滑ったりし難いので気軽に遊べるゲームだ。

king 2010-05-25 20-41-41-28
さー休憩しよう

始めてみたもののゲームの目的が理解できない。ゴールを目指せばいいんだろうけど、勝敗を競うようなゲームではないんだろう。何気にハードロック調のギターサウンドが耳に心地よく、1~2時間ならだらだらとドライブを続けてしまいそうなゲームです。

king 2010-05-25 20-38-01-79
ドライブゲーム80% クライムゲーム20%か。

あまり気分は良くないが、走行している他車やパトカーに追突したりして犯罪ごっこもできる。調子に乗っていたら事故って転倒してしまった。景観はなかなか美しく、操作性はすこぶる良好で、粋なサウンドが心地いい。ちょっと頑張って最終地点まで走ってみようかな。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

King's Bounty: Crossworlds - Armored Princessの拡張

投稿日:2010/05/25 |  カテゴリー:King's Bounty: Crossworlds  |  コメント:0  | トラックバック:0
これぞ私にとってはタイムリーな情報。
どうやら Armored Princess の拡張で、スタンドアローンで動作するゲームのようです。

・販売元 1C Company のページへリンク
・RPGWatchの当該情報記事へリンク
・まだ更新されてないが King's Bounty の公式ページへリンク

50の新アビリティーに13の新魔法という事から、けっこう色んなものが追加されそうな。この拡張の見所はエディターが付いてくるところかもしれない。発売時期は Q3 2010 のようで、遅くても年末までにはお披露目になりそう。

関係ない話、小出しにされるDLCは遠慮したいが、大掛かりな拡張パックなら大歓迎だ。小出しにされるDLCことダウンロードコンテンツは、言葉が違うだけでMMORPGにおける「アイテム課金」となんら変わらん。

本当に価値のあるDLCならまだしも、多くのDLCの存在意義とメーカーの意図は、あえてゲームに至らない箇所を作り、ユーザーから小銭を搾取し続けようというもの。小銭マシーンになるのはごめんしたい。

ってすでにDL販売小銭マシーンの私だが、明日もまたやっちゃうかもしれないさ。



数多くの拡張パックをこの身で体験してきたが、実に素晴らしいと感じたものは

・Morrowindの拡張 Tribunal
・Titan Questの拡張 Immortal Throne

この2つは金字塔だ。
とは言えここ数年、昨今のゲームは開発費が高騰しているなどと言われつつも、同じエンジンを使用した拡張ものや、続編と銘打たれていても見るからに単独で動作する拡張パック風味の作品が増加傾向にあって、発売サイクルが以前より早まっているが、こういうものは前述の「大掛かりな拡張」に該当するので私としては歓迎したい。

例えば、STALKERシリーズは3作ともこれに当てはまるし
新生King's Bountyシリーズもまさにこれでしょう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

あかん、やっちゃう

投稿日:2010/05/23 |  カテゴリー:Eschalon: Book II  |  コメント:0  | トラックバック:0
book_2 2010-05-23 17-15-54-25
Impulseのセール期間中に買ってしまった

いやもう…1680円なんて価格を見せられたら買うしかないでしょう。Eschalon: Book II は Patch 1.02 がリリースされているようで、Impulse版はもちろん1.02です。専用クライアントがあるSteamとImpulseは、パッチに関してはお気楽かつ便利だ。

GamersGateは品揃えはダントツで1位だけど、ものによってはパッチで非常に手間がかかる。もちろんパッケージ版も同じようにまさにそれなんですが、やっぱりSteamとImpulseは使い易い。

book_2 2010-05-23 17-16-34-73
テキストは読み易いほうだ

長くプレイしてみないことには断言できないが、英語は分かり易く簡単な部類に入るような気がする。RPGなんで他ジャンルよりはテキスト量が多いのは確定だろうけど、商業ベースとして最近発売されたRPG群よりはテキスト量が少ないゲームに思える。

適当に Spell Caster で作ってみたんですが、Skill Cartography が便利かもしれない。Skillをただ習得しただけ状態なので精度が低いようだけど、右上に地図が描きこまれるようになる。Cartgraphyが無いとここは空欄のままになるのかな。或いは魔法で代用できるのか。

端的にこのゲームを表しますと、古きよき日のCRPGがいま再び!というデザインのRPGです。キャラクターの成長で一喜一憂し、少しずつ世界を開拓していく醍醐味と、手に汗握る戦闘、いくつものクエストなどなど。公式サイトの情報ですと、プレイタイムは約40時間程度のようですが、気の済むまで世界を散策してキャラの育成で悩みぬいて、そして英語ゲームなので日本語よりは時間を食う。じっくり取り組めばこの2倍ほどの時間、楽しめそうな。

プレイするのはお気に入りゲームで抱えているものを終わらせてからにしよう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

King's Bounty: Armored Princess 憤怒と武器

投稿日:2010/05/23 |  カテゴリー:King's Bounty: Armored Princess  |  コメント:0  | トラックバック:0
サードエリアとなるBOLA島もほぼ終えたが、悩みが一つ二つ。この作品「鎧姫」は、プレイ開始時か新エリア進入時かどの段階で決まるかは不明ですが、地面に配置してあるアイテムや祭壇、お店で売られているアイテムなどがランダムに変化するようで、ここまで武器が一切お店に並ばない。同行人のジミーに持たせてあるのは超序盤で拾ったアンデッド+20%のみに剣で、アメリ姫は今だ練習用の剣を装備することを余儀なくされている。一部クエストはこれらの攻撃や防御が承諾できる規定値になっているので、さらに困りものだ。余談だがクエスト対象の敵軍勢もプレイの度に配置が異なる。

kb 2010-05-22 08-18-56-52
喋る斧クエストの戦闘

画像のサイクロプスは統率要求値が高いので今は1体しか使えないが、ユニット数が少なめで体力が多いタイプは、敵の削り程度の攻撃なら何度受けても戦闘終了後になれば実質損害がないのでかなり使える。敵1ユニットを残し、瀕死状態で生殺しにして、報賞対象の魔法だが普段はなかなか使えないものをその時に使いまくり、サイクロプスには盾になってもらう。これが体力が低くて数が多いユニットだと、被害が少ないとはいえユニット数が削られて気分が悪い。

kb 2010-05-22 07-41-43-69
こやつは苦労させられました

同エリアでも敵団体の強さに幅があると前回書きましたが、へクターはSCARLET WINDの敵だが、BOLAで鍛えてから挑んでやっと勝利できた。なので、初見「これは倒せないだろう」と感じても、MAPをうろついて倒せる敵を探して挑んでいけば、難易度ハードでも何とかなるね。

kb 2010-05-22 18-45-21-83
BOLA島を終えて

終えたと言っても「丘の上の数が多い熊」「攻撃:4 防御:4」がクエスト条件になっている建物内のアレなどはとりあえず放置してある。胴鎧もちょっと前にやっと手に入ったので、今回のプレイは武器と胴鎧の入手に恵まれてなさそうだ。

アメリ姫はメイジなんですが、ここまでプレイすれば痛感すること、「メイジだと赤いルーン(力)が足りない」。致命的に足りないレベルで、技能「魔法」でも赤いルーンがけっこうな数で必要だから悩ましいところだ。とりあえず力は、憤怒+8とチビドラゴンの経験値+20%を習得したが、そこで使用してしまった赤いルーンが相当痛手だった。さらに憤怒+8でも現在すでに物足りない。憤怒最大値を満足に上げ、チビドラゴン経験値上げもMAXにし、魔法技能の混沌などをLv3にするのは相当先のことになりそうな。

混沌をLv2にしてファイヤーボールをアップグレードしたら、それだけで少しだけ戦闘が楽になってきた。さらに上位魔術Lv1を習得して、ポイズン→ファイヤーボールなら2連続詠唱ができるようになったので、戦術の幅が広がった。他に有効に感じたのは集中で、戦闘で毎ターンごとに魔力が回復するんですが、Lv1の+2でも馬鹿にできない効果です。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

4GamerのElven Legacyレビュー記事

投稿日:2010/05/21 |  カテゴリー:Elven Legacy  |  コメント:0  | トラックバック:0
4Gamerにエルヴン・レガシーのレビューが掲載された。

今や希少すぎ? 歯ごたえのある王道ターン制ファンタジーストラテジー
「エルヴンレガシー 完全日本語版」のレビューを掲載


ElvenLegacy 2010-05-08 02-35-58-31
どっちかと言うと右側のエルフおじさんが主役

やはりライターの方も感じたようで、強烈な難易度のようです。難易度はノーマル固定としても、その上で黄金の勝利を維持して、秘法ゲットやイベントなどが隠されたHEX全網羅は不可能に近いんじゃないか、と私は感じた。

システム的なことですが、このゲームはインゲームオプションからアンチエイリアシングをオンにすると、フォントが崩れてしまう不都合が英語版からそのまま引きずっていて、これの回避は nHancer でAA設定をすればOKです。

互換性→Direct3Dの、アンチエイリアス互換性、にチェックを入れて、「00000045: AA & HDR」を選択。そして nHancer上からAAをオンすればフォントが崩れずにAAが有効になります。ただちょっとだけ、グラフィック品質の割にはAAをオンにすると重いと感じるかもしれない。私はGTX260 SLIなので、SLI 8xにして重さ問題は回避しています。ついでにインゲームオプションには異方性フィルタリングの項目が無いので、nHancerでこちらもオンにし、16xなどにすればテクスチャーのぼやけが無くなり画質が向上する。

気になるのは英語版では発売済みのプチ拡張パック類、Ranger、Siege、Magic、の3本ですが、サイバーフロントは拡張やパッチの類はきっちり出してくるところなので、いずれ3本込みで5800円程度で日本語版が出ると予想している。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター