CRPGまにあ

アーカイブ:2010年07月

戦女神2 決断の時

投稿日:2010/07/31 |  カテゴリー:戦女神2  |  コメント:0  | トラックバック:0
今回は決断に関する内容と、キャラクター設定について若干のネタバレがあります。

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

フレームレートを表示しないベンチマークの意図は

投稿日:2010/07/31 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
Monster Hunter Frontier Benchma 2010-07-31 12-47-14-32
新しいベンチマークはとりあえず試す

意味がなくても試します。
以前にモンハンベンチを記事にしていますが、今回のベンチは第二弾の方です。
前回は 260 SLI でしたから、260シングルとなった現在はパワーダウンしている。

第一弾ベンチも同様だと思いますが
モンハンベンチはGPU負荷が高く、逆にCPU負荷は低い。

・Phenom II X6 1055T 250x14 3.5Ghz
・Palit GTX260 SP216 core700/mem1200/shader1512
・Driver 258.96
・Windows 7 HomePremium 64bit



Monster Hunter Frontier Benchma 2010-07-31 12-45-46-29
デフォルト設定(FPSは200前後を推移)



Monster Hunter Frontier Benchma 2010-07-31 12-54-03-48
解像度を1920x1200 WUXGAでのスコア(FPSは80~100強で推移)



タイトルのことですが、分かる人はすぐにピンとくる事でしょう。まともなベンチマークなら重要なフレームレート(FPS)を表示させて当然なんだが、何故それをしないのか?

・情報操作をし易いから
・販売促進に繋がる。ソフト自体も、情報サイトと提携しているメーカーなども。

消費者は常に警戒せねばならない。
見極めよう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

戦女神2 極めて女尊男卑

投稿日:2010/07/29 |  カテゴリー:戦女神2  |  コメント:0  | トラックバック:0
第七章まで進みました。
このタイプのゲームでのネタバレは致命傷となりうるので
出来るだけシナリオには触れずにいきましょう。

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

キング・アーサー ザ ロールプレイング ウォーゲーム 日本語版

投稿日:2010/07/28 |  カテゴリー:King Arthur: The Role-playing Wargame  |  コメント:6  | トラックバック:0
購入済みなんですが、戦女神シリーズに魅せられたのでプレイは延期に。
若干のネタバレ、そして、システムに自分だけの力で馴染んでいく醍醐味を無くしてしまう事になるけど、AoDと同じくキング・アーサーも取っ付き難いゲームだと思うので、このようなレビューは実にありがたい。

4Gamer記事
これぞ,剣と魔法の世界の原点。じっくりやり込みたい人向けのRTS/RPG,「キング・アーサー ザ ロールプレイング ウォーゲーム 日本語版」のレビューを掲載


これまで4Gamer批判を何度かしてきましたが、何だかんだ言いつつ、海外ゲーム(古くからのPCゲーム)を真っ当に理解されているライターさんが数名ほど在籍していて、PCパーツレビューは上々、どちらかと言えばマイナーな日本語にローカライズされた海外作品にも真摯に取り組んでいる、などの理由から評価は高い。

毎日必ず見るのはRPGWatchと4Gamerぐらいか。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

戦女神2 第四章へ

投稿日:2010/07/27 |  カテゴリー:戦女神2  |  コメント:0  | トラックバック:0
全十三章なのでまだまだ序盤。
やっと各々キャラクターの性格や役割などを理解できてきたので楽しくなってきた。それにしても、事前に分かっていたとは言え、戦女神2だけではなく、このシリーズはプレイタイムが豪いことになってしまうほどのボリュームだ。

開発メーカーのエウシュリーは大鑑巨砲主義と有名なようで、小粒を小刻みにリリースではなく、年に1本ペースで大作を輩出し続けているようだ。エロゲーながら購入に至った最も大きな動機は、VERITAデモがアス比16:9限定とは言えHDにきっちり対応していたこと。
※HDというか1024x576ウインドウ最大化による擬似フル画面

エロゲーなどの紙芝居ゲームには、4:3或いは5:4などの四角形に近い方が向いていると思えるが、時代に合わせて手抜き無しで作り込むその姿はとても印象が良い。

(続きを読んでも大きなネタバレはありません)

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

戦女神2 - 18禁RPG

投稿日:2010/07/25 |  カテゴリー:戦女神2  |  コメント:2  | トラックバック:0
DrakensangにArsenal of Democracy、そしてEschalonなど
高尚なタイトルを掲げておいて、今回はエロゲーです。

RPGという略称だけでは一括りには出来ないほど方向性は様々で、自らが敬愛するジャンルは細分化して陶酔したりしていますが、対象が人それぞれなだけで、誰でもあることでしょう。それとはちょっと観点がずれるかもしれないけど、戦女神シリーズは「エロ抜きにしてもRPGとして非常に優秀」という評価が大多数を占めていて、興味が湧いてきたので購入してみた。

戦女神シリーズは4作品発売していて、戦女神(1999)、戦女神2(2002)、戦女神ZERO(2008)、戦女神VERITA(2010)、購入したのは初代作のビジュアルノベル版が同梱された戦女神2の廉価版。購入前に今年発売された新作VERITAデモを試してみたんですが、シリーズ物によく有りがちな、ある意味ファンディスクと例えてもいいほどいきなり新規プレイヤーは置いてきぼりな展開で、ストーリーをよく知って感情移入したいのなら、戦女神のビジュアルノベル版から始める必要があると感じた。

予想では大方のあらすじを断片的に5~10分程度で概説する初代作ビジュアルノベル版だろうと高を括っていたら大間違い、素早く読んでも4~5時間、私は何事もゆっくりなので7時間かかりましたが、それほどの力の篭りようだった。

やっとこさ戦女神2のプレイを開始した段階なんですが
一部操作に関するUIに不備な点があるだけで、これはなかなか楽しめそうな予感。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

アーセナル オブ デモクラシー 日本語版 v1.04パッチ

投稿日:2010/07/23 |  カテゴリー:Arsenal of Democracy  |  コメント:0  | トラックバック:0
Ver1.04がリリースしたようです。
発売から1ヶ月経過していますが、まだマニュアルを読破していない。Paradox Gameに慣れている人はそうでもないんでしょうが、AoDはこれまで触れたゲームの中でも初見極めて取っ付き難い。逆に、複雑ゆえに乗りこなした時の喜びは高そうだが。

こちらも未読ですが、4GamerにAoDの記事が掲載された。
「ハーツ オブ アイアンIII」と「アーセナル オブ デモクラシー」今遊ぶなら,どっち?

内容はさておき、AoDは安いところも魅力だ。
日本語版でさえ4618円という価格だから。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

アパシー 学校であった怖い話1995 特別編(追加ディスク込み)

投稿日:2010/07/22 |  カテゴリー:アパシー 学校であった怖い話1995 特別編  |  コメント:0  | トラックバック:0
ときおり思い出したようにプレイしています。
プレイとは言っても読み進めて選択肢をクリックするのみだけどね。

game000011bb.jpg
不快だがそそられる絵だ

ノベルなのでクリックの頻度が高くなるのは当たり前だが、このゲームは

・その物語での分岐探し
・分岐による全く別物語への展開探し

盛り込まれているシナリオ量が膨大なので、これらを独断で網羅するのは不可能ではないかと思えるほどボリュームがあって、コンピュータノベルとしては難易度が高い。ほんの少しだけ設定資料と攻略本に目を通してみたんですが、一見した程度では分岐の仕組みを理解できないほどだ。

最近気づいたんですが時限式の選択肢もあるようで、これはどういったものかと言うと、選択肢が表示されても何もせずにいると、「どっちなんだ、はっきりしろよ!」みたいな展開になって別物語への道が開けたりする。

一般的なゲームですと「拡張パック」に該当する追加ディスクのシナリオが本編よりも好評らしく、私もいくつか追加ディスクのシナリオを体験しましたが、なかなか楽しめるものばかりだった。

頭を悩ます難儀なRPGやStrategyに食指が働かなくなる時期でもある暑い夏に、気分転換かつ恐怖による納涼作品として優秀だと思います。以前から書いていますが、同人作品なので価格が安く、手を出しやすいからありがたい。特別編本体が2000円で、追加ディスクが1500円です。

・アパシー 学校であった怖い話1995 特別編 公式サイト
・アパシー 学校であった怖い話1995 特別編 追加ディスク 公式サイト
・メーカーサイト 七転び八転がり



私はここまで30時間ほどこのゲームをプレイしていますが、CGとエンディング達成率が30%にも満たない状態なので、同人ゲーム、気分転換ゲームなどとは侮れないほどのボリュームがあります。ボリューム満載でも質が悪ければただの駄作だが、各シナリオの性質の違いが巧妙なので、トータル的に及第点レベルに達している。

難点があるとすれば、これはまあ「学校であった」という意向から外れた感想になってしまうけど、シナリオの基点が学生視野からなので、そういう意味ではバリエーションに欠けるかもしれないが、おませな学生ばかりなので問題ないだろう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

もう1回FF14ベンチ

投稿日:2010/07/20 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
FF14などに最適化されたDriver 258.96で再び計測してみました。ちなみにFF14に限らず、MMORPGは金輪際プレイする意思はありませんが、FF14は基本的に月額課金のようで、課金体制に関しては拍手喝采だ。

1998年から2003年まで月額課金のMMORPGをプレイし続け、その後、アイテム課金に移り行くネットゲーム事情を見てきた身としては、それらに対して安易に肯定はできない。シングルゲームのDLCであれば、ミッション追加や特別な装備を購入など、これらはDLCとして健全な物だと思えるが、ネットゲームでの課金体制を同列で扱うのは危険すぎる。皆が平等である安心感を一定の月額課金として「買う」仕組み、やっぱりこれが真っ当な道だろう。



・Phenom II X6 1055T 250x14 3.5Ghz
・Palit GTX260 SP216 core700/mem1200/shader1512
・Driver 258.96
・Windows 7 HomePremium 64bit
・FF14ベンチをフルスクリーン化
・ベンチはHIGHで計測

FFXivWinBenchmark 2010-07-20 15-57-37-49
前回の SCORE=2564 をフルスクリーン化で2920にアップ
(Driver Verは失念)

FFXivWinBenchmark 2010-07-20 18-51-11-22
最新258.96でのスコア

結果的に700ほど上昇したことになります。
FusionことOntario、そしてLlanoでどれだけスコアが出るのか気になる。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

息が長いSpellforce 2

投稿日:2010/07/20 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
本体の発売は4年前で、2本目の拡張が今年の年末までにはリリースされるようです。
このゲームもTactical role-playing gameとしていつかはプレイしようと思っていますが
Steam版のGold Edtionを持っているので、やるのなら今年の拡張発売後にしよう。

・Spellforce 2: Faith in Destiny リリース時期は Q4 2010

Official Spellforce Site
Spellforce 2: Faith in Destinyのスクリーンショット
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター