CRPGまにあ

アーカイブ:2010年08月

Elemental: War of Magic 開拓中

投稿日:2010/08/30 |  カテゴリー:Elemental: War of Magic  |  コメント:4  | トラックバック:0
Elemental 2010-08-30 22-15-20-33
Settlementが4つに

4つでも管理が大変です。Elementalはグラフィック面で最新技術が使われてなく、画質的に軽く見えそうだが、これがまた超が付くほどヘビー級の重さだ。上記画像の角度からだとFPSが相当低下しています。

これだけ多大なリソースゲームなので、もうそれだけの理由のみで十分楽しめるけど、やっぱり細かな所で配慮に欠けるシステムだ。例えば画像左側のユニットや町タブをクリックすると、施設や連れている他ユニットアイコンが表示されるが、ロードをするとこの設定がリセットされてしまう。画像右上のマップと地形情報ウインドウもロードするとリセットされるので、その度に開きなおす必要があって厄介だ。

プレイしているモードはキャンペーンではなくNew Gameで、設定項目は敵対Faction以外は全てデフォルトで、敵対にはFaction全てを放り込んでみました。デフォルトだとマップ規模が Small なんですが、Smallでも十分すぎる広さに感じます。難易度はそのまま Normal で、Stardockゲームらしく難易度は8段階あり、Normalの上にまだ4つもある。キャンペーンは難易度設定できないのが気になるのと、挑むのはもっと慣れてからにするつもりです。



Elemental 2010-08-30 12-23-50-94
Levelが低いTechnology

HarvestingはIrrigation Systemがアンロックされる。
訳は「灌漑(かんがい)」のようで、これを建てるとフード +25%になる。
この+25%は、収穫が25%増しになると認識しているが、真意は不明です。



Elemental 2010-08-30 22-21-46-04
ちびっ子召喚デーモン

低レベル魔法なんですが、召喚すると消える事無くレベルも上がっていく。
見た目は小さいがなかなかパワーがあります。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

インタラクティブシネマでも

投稿日:2010/08/30 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:2  | トラックバック:0


前回こちらで動画のリンクを張り付けてからもう1年になるのか。

来年Q1に発売予定の The Witcher 2
RPGWatchリンクで見つけたGamescom動画ですが、素直に凄いと感じます。褒めるだけではアレなので、あえて皮肉るとしたら、DirectX11に対応して、髪の毛だけでもこうなっていたらさらに魅力が増したのになあ。

これはPC版の動画のようですが、今作2からはゲーム機でも発売されるようで、PC版とどれだけクオリティーに差が出るのか見物なのと、今年末にはHD6000シリーズが登場するが、5770の後継、ここではHD6770仮 約15000円としておきますが、ミドルレンジ帯のGPUで最高設定にした時の挙動、こちらにも興味がある。

動画のラストでおっぱい丸出しシーンが映るんですが
こういうのはゲーム機だとどうなるんだろうね。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Elemental: War of Magic 農作業は楽しい

投稿日:2010/08/30 |  カテゴリー:Elemental: War of Magic  |  コメント:0  | トラックバック:0
ちょっとした事でも書いていきましょう。

Elemental 2010-08-30 00-08-23-36
これは立地条件が良い場所なんだろうか

少しずつ勢力範囲が拡大していき、勢力内にリソース採取用の場所(マス)が入ると特殊な施設を建てる事ができる。もちろん建設条件となっているリソースに金などが必要なんですが、これらが固まっている場所を新開地とするのが理想なのか。

Elemental 2010-08-29 23-04-52-38
肥沃な地 農場を建てるとFood 4



Elemental 2010-08-29 23-49-36-24
Technology Civilization Level 1: Production

Elemental 2010-08-30 00-35-38-41
Great Millがアンロックされる。
Settlement Level 2 必要

リソースが重要なゲームな訳で、中でもマテリアルは消費が激しい。
Great Millは御覧のようにマテリアル 4らしいので、良さそうじゃないか。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Elemetal: War of Magic JANUSKと結婚

投稿日:2010/08/29 |  カテゴリー:Elemental: War of Magic  |  コメント:0  | トラックバック:0
Elemental 2010-08-29 08-08-33-95
結婚もあるようなんですけど、どう作用するのか。

まだまだ一見さんレベルの私です。ゲームの方はバグも残っていたり、単純にバランスに難有りな箇所もあるんでしょうが、そこまで気になる物には遭遇していない。一見レベルの感想ですが、ゲーム内容、面白さはかなり深く濃いものである事は間違いない。

だからこそ気になるポイント。
このゲームはどう考えても操作性に爆弾を抱えている。GUIとして、グラフィカルユーザーインターフェイスとしての出来は申し分ない。マウスクリックで直感的に画面内のリンクを操作する動きは満点かもしれないが、そこを離れてUIとしての総括した操作性は明らかにおかしな点が目立つ。

・画面角度変更ドラッグ

デフォルト設定ではマウスホイールボタン押しのドラッグで視野を回転させられますが、Meridian4が販売する一部ゲームで似たような仕様のゲームもあったが、やはりホイールボタンでドラッグは馴染めない。多くのゲームは右クリックでグリグリ回転させるのが通例であるし、OSのマウスボタン設定で「オートスクロール」になっていないと反応しない点も大きな落とし穴だ。だが、これはまだ容認できるレベルかな。

・角度回転時の画面上部と下部
私はマウス右サイドボタンにオートスクロールを設定し、そのボタンで画面ドラッグを行うようにしたが、何故か釈然としない点があった。それは行う度に回転する方向が違うのである。いつも自分が慣れている方向とは逆回転した場合、とても不快だ。分かりやすくFPSを例に出すと、マウスを上にスライドさせると画面が下を向くゲームがあるが、こういう物はオプションで方向を設定できたりするが、Elementalにその設定項目はない。

本日判明したんですが、画面上部で角度変更ドラッグを行うと逆回転。画面下部で行うといつも慣れている方向へ回転、という変わった仕様である事に気づいた。プレイ中、常に画面下部を意識する必要があるのは辛いものがある。

この逆回転がどれだけ不快か、何かに例えるならば、「今日から車を運転する時は右車線を走れ!」「箸は左手で持て!(私はどっちでも持てる人間だが、普通の人は無理だろう)」、何と言うか、生活習慣そのものを変えろと指図されているようで辛い。さらに付け加えるならば、多くのゲームでは右クリドラッグで行う回転を右サイドボタンで行うその行為、オートマ車のアクセルとブレーキペダルの間に透明のアクリル板を挟まれて「今日からブレーキは左足で踏め!」。突拍子が無い例えと受け取られるかもしれないが、これと感覚的に酷似している。

・Detailは「Dキー」で統一して欲しい
町、生きているユニット、これらはオブジェクトを選択してある状態で「Dキー」を押すと、絵本のようなウインドウが開き詳細表示され、とても便利で味わい深い。だが、マップに点在している数々のオブジェクト類のDetail表示は、何故か「Dキー」は反応せず、画面下部バーにある「Detailボタン」をクリックする必要がある。DキーDキーDキーとテンポ良く操作している時に、急に画面下部クリックを要求されるのは操作が雑になってしまうし、ゲームの流れに水を差してしまう。

・画面スクロール方法に若干問題有り
最近のStrategy、或いは俯瞰視点型RPGもですが、WASD、↑↓←→(カーソルキー)、などに予めスクロール(pan)が設定してあるものが多い。個人的な志向ではWASDだがここでは割愛して、Elemetalはキーボードで画面スクロールが出来ない。画面端にカーソルを持っていく、左クリックでドラッグずりずり。この2つの方法で行えるんですが、幸いにも左クリックドラッグが良好な操作性なので救われているが、できればWASD、或いはカーソルキーで行える仕様である事が望ましい。さらに付け加えると、キーバインド変更可であることも。

・Kindom Infoから一連のウインドウの閉じ方
このウインドウにはテクノロジーやクエスト一覧など、重要な情報が記述されるので閲覧頻度が高い。しかし、何故かこのウインドウだけはESCで閉じる事ができず、ESCを押すとそのままオプション画面が表示されてしまう。これは同社のGalCiv2も似たような仕様なので改善はされないポイントだろうと諦めているが、何か拘りでもあるのかね。



Elemental 2010-08-29 08-15-21-98
働くおじさんとおばさん

ざっと気になった点を挙げてみましたが、全て操作に関するものです。ゲーム内容はもっとやり込まないと評価を述べることすらおこがましい。と言うより、内容が深そうなビッグゲームだけに、これら至らない操作性が残念でならない。

画面のドラッグやスクロールに関しては、StrategyとしてはB級扱いだが、Elven Legacy はとても良好な出来栄えだ。デフォルトでスクロールは WASD に設定してあり、高速にびゅんびゅん動き、角度は右クリでぐりんぐりん思うまま。まさにレースゲームそのものなのかと錯覚してしまうほどレスポンスが素晴らしい。うーん、Elven Racer に改名した方が良いかもしれない。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Impulseで Eschalon1と2 共に50% OFF

投稿日:2010/08/29 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:6  | トラックバック:0
格安ダウンロード販売セールに踊らされるより、5千円、又は1万円払ってでもやりたいゲームで遊ぶ。この方が健全だと改心してからは、出来る限りセールを記事にしないよう努めてきましたが、優秀なゲームが安くなっている場合はまた別だ。

Eschalon Book 1 現在851円
Eschalon Book 2 現在1064円

PC RPG好きならご存知なタイトルでしょう。Eschalonの場合は、1と2のシナリオの優劣、これは最後までプレイしていないから私は何とも言えないが、システム的には2がグレードアップしているので、拘りがない人ならBook 2のみプレイで十分かもしれない。

私としては好きなシリーズなので、持っていなかった Book 1 を購入しておこう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Elemental: War of Magic - Version 1.06

投稿日:2010/08/28 |  カテゴリー:Elemental: War of Magic  |  コメント:3  | トラックバック:0
本日もパッチが当たってVersion 1.06となり、もうそろそろBetaモード脱皮かね。
これでやっと本格的にプレイできる。

Elemental 2010-08-28 00-11-08-20
New Game 開始時の君主選択

一つ適当に作ったキャラが混ざっているが、10人用意されています。この手のゲームですと、主役は「ヒーロー」などと名付けられている事が多いが、Elementalでは「Sovereign」、ソヴァレインと発音するのか、凝った名称になっている。意味は、君主、統治者、国王、らしい。

Elemental 2010-08-28 01-15-51-67
ユニット:パイオニア 開拓者

開始早々雇えるJanuskという書記官の助言によれば、まずはパイオニアを雇えとの事。パイオニアは「探検モード」にすると勝手にそこらを移動し始めるんですが、最良の使い方はもっと慣れないと判らない。他にも序盤から農民などが雇えるが、どのタイミングでどれだけの数で効率良く、という指標も不明だ。ここら辺は慣れるしかないね。



Elemental 2010-08-28 01-29-06-68
Kingdom Technology

Elemental 2010-08-28 02-32-09-43
Empire Technology

KingdomがLight、EmpireがDark、になるのかな。Leads toに表示されている次の段階を押していけば、ハイパーリンク形式で順に詳細閲覧できる。このタイプのゲームですと、グラフィックで表示するツリー形式が多いけど、Elementalのハイパーリンクは使い勝手がなかなか良いし、絵付きで本を開いて読めるシステムだから、風情がある。

いずれにしても、テクノロジーだけでも凄い数なので、これらの効能に恩恵、研究するタイミング、単純に可否。ここらを見極めるのは大仕事だ。Procipineeという魔法型の王女様キャラを選択したので、魔法が生きてくるようなテクノロジーの探求、分かり易く金銭に食料が増えるもの、装備に乗り物など、ここらを意識しながら進めていこうかな。

ゲームの中でも特にStrategyは、勝つことも大きな目標だが「完璧に振舞える道筋」、表現が難しいので変な言葉になっていますが、そうなるにはどうすればいいのか? こういうのを自分で模索しながら向上していくものだと思うけど、その器としてElementalは申し分ない大きさだ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Elemental: War of Magic 食わせ物 Win7

投稿日:2010/08/26 |  カテゴリー:Elemental: War of Magic  |  コメント:0  | トラックバック:0
Elemental 2010-08-26 23-33-40-62
グラフィックは個性的だが好み

幼少期からPCゲームで遊び、PC自作に手を染めて早20年、どんなゲームでもシステムのみ限定なら、短時間で長所と短所を判別できる。さすがに画面角度変更の操作を見過ごすはずが無い。Flexscanさん情報とプレイ環境、そして私との違い、考えられるのはただ1つだ。

早速サブ機のWinXP 32bitにElementalをインストールし
マウスのボタン設定をデフォルトに戻すとあっさり角度変更ドラッグ操作が出来た。

・WinXPはセンターホイールボタンの既定設定が「オートスクロール(既定)」
・Win 7はセンターホイールボタンの既定設定が「フリップ(既定)」

Win7の場合、OSのマウス設定、センターホイールボタンを「オートスクロール」に設定し直す必要がありました。従って、センターホイールボタンに、好みのボタン割り当てが出来なくなってしまう。仕方が無いが、ドラッグは遊んでいる右クリで行う仕様が無難だなあ。



・追記
うっかりしていた。
5ボタン以上のマウスなら、「プログラム特有のボタン割り当てを有効にする」をチェックして、Elemental.exe 或いは Elemental: War of Magic を選択し、Elemental専用の設定として左右どちらかのマウスボタンに「オートスクロール」を割り当てれば事足りる。そのボタンを押して画面ドラッグが出来るから、センターホイールボタンは「アレしかダメ!」って人でも操作性を損なう事無く遊べます。

・マイクロソフト社製のマウスで、マイクロソフトのドライバーが入れてある環境です。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

久々の真ん中ストレート Neverwinter

投稿日:2010/08/26 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:2  | トラックバック:0
4Gamer記事で知ったんですが、開発メーカーが未知数なので若干怪しげだが
NeverwinterはPC専用のシングル/co-opがメインのRPGになるようです。

NEVERWINTER Official Site(まだ何も無い)

世界設定、ジャンル、対応機種からして剛速球ストレートだけど
投げてみたらすっぽ抜けなオチにはならないでと期待しておきましょう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Elemental: War of Magic - Version 1.05.016

投稿日:2010/08/26 |  カテゴリー:Elemental: War of Magic  |  コメント:2  | トラックバック:0
本日は大掛かりな仕様変更に修正が行われたVersion 1.05の後に、プチ修正パッチVersion 1.05.016が導入された。物を出したら知らん顔をするヤリ逃げメーカーだって沢山いるこのご時世に、発売から2日目でこの仕事量は素晴らしい。

Elemental 2010-08-25 15-28-07-11
パッチで戦闘シーンの視点が変更された

まだまだまだまだ不慣れな私です。このゲーム、予想以上に懐が深く取っ付き難い印象だ。Stardockの他作品を彷彿するシステムでもあるので、Stardockゲームをこれまでやり込んだ人は意外と早く馴染めそうだが、私は触った程度のプレイヤーなので時間がかかる。

戦闘シーンの視点だが、固定ではなくてKing's Bountyのようにある程度の角度調整が出来た方がプレイし易いと思うけど、そこらも今後の修正に期待しよう

※デフォルト状態ならマウスのセンターホイールボタンを押しながらドラッグで角度調整が出来ますが、予めセンターホイールに別ボタンを割り当てていると反応しなくなります。センターホイールボタンと言うより、マウスボタンプロパティで、「オートスクロール」が割り当ててあればそのボタンで画面ドラッグができます。(マイクロソフトのマウスを使用しています)

Elemental 2010-08-25 23-36-31-95
ESCキーで閉じないウインドウがまだ残っている

キャラクターの装備や情報、他多くのウインドウはVersion 1.05からESC閉じが行えるようになったが、王国詳細ウインドウからの一連の情報ウインドウは以前と変わらず閉じる事ができない。他ウインドウがESC閉じ出来るようになったからこそ、ここらのシステムは操作が煩雑になってしまいそうだ。

と言う訳で、このゲームは最初の1週間くらい、ゲームを進める事も出来なさそう。それだけリソース量が多くて、システム的にも複雑だ。その反面、崇高な遊びを行っているという満足感は、恐らく世界の作品中でも屈指なのではないか。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Patrician 4 - Steam Special Edition

投稿日:2010/08/25 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:3  | トラックバック:0
リリース中: 2010年9月
というSteamでの表記なので、9月発売はほぼ確定なようです。

Patrician IV - Steam Special Edition

購入するならSteamでも良いと思うが、最近思うのは、娯楽のひと時まできっちりと時間管理されてしまうあのシステムは敬遠したい気分になっている。言いたい事は、Steamのゲーム総プレイ時間表示だけに限らず、多くのゲームでセーブデータにプレイ時間が刻まれたりするが、どちらかと言うとのんびり志向の私はプレイ時間表示は好きではない。

Steamやネットゲームでは避けられないシステムだと思うが、一般的なゲームなら、オプション設定で「セーブデータにプレイ時間を表示する - ON OFF」みたいな機能が備わっている事が理想だ。

Sacred 2のようなMORPG Hack and Slashなら、ありがたく感じる事もあるけどね。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター