CRPGまにあ

アーカイブ:2010年12月

2010年にプレイしたゲームの感想

投稿日:2010/12/31 |  カテゴリー:2010年にプレイしたゲームの感想  |  コメント:0  | トラックバック:0
昨年に引き続き、その年プレイしたゲームのけじめをつけるという意味で
今年プレイした作品で本当に面白いと感じたものは何であったのか。

今年も昨年と同じく、年始から春先辺りまではプレイ時間が異常レベルに達してしまう Sacred 2の罠 に嵌り込んでしまい、その間は新たなゲームに触れることが出来ませんでした。4月頃から色んなゲームで遊び始めたのですが、途中で投げたしたり、開始当初で冷めてしまった物が幾つかありますが、そこそこの本数で遊び、そして最後までやり遂げた。

私がゲームの評価を、自分にとって面白いゲームであるかの判別をする基準ですが、開発費が数十数百億円も投入された物とか、広告費に金をかけて前評判によって人気が確立された物とか、メディアが頻繁に取り上げ日々絶賛中の物とか、そんなものは批評するにおいて由無し事でしかない。

2010年は大手メーカーや大手メディアが、シネマティック系の作品で強圧的な統制に勤しむ態様が散見されたが、他人のふんどしで相撲をとっているようでは何時かメッキが剥がれる時が来るだろうし、正当な発展でなければ満場一致の支持など得られはしない。

そんな最中に、日本に生息するPCゲームを好む私は
このゲームで極限の高揚を体感した。

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

今年最後の慎ましいお買い物 Ver1.3

投稿日:2010/12/31 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:6  | トラックバック:0
1.3になってしまいましたが、これが今年最後となるでしょう。

grand ages1
本体と拡張がセットで4ドル

ダウンロード販売セールの安さに舞い上がり、無闇やたらと買い漁ってゲームを粗末に扱ってしまうコンボについて、以前に反省しましたので、欲しいゲームのみ選択した年末でありました。

結果的に年末に購入した物は

・Venetica / 2350円 パッケージ版 CD WOW!で通販
・Return to Mysterious Island 2 / 7.98ドル GamersGateで購入
・Neverwinter Nights 2 Platinum / 9.99ドル Steamで購入
・Colin McRae DiRT 2 / 4.99ドル Steamで購入
・Guardians of Graxia Map Pack / GamersGateでブルーコインと交換
・Greed Corp / 2.5ドル Steamで購入
・Swords and Soldiers HD / 2.5ドル Steamで購入
・Grand Ages: Rome GOLD / 4ドル Steamで購入

反省した割には数が多いが、まあこんなところでしょう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

迷宮クロスブラッド CRPGの原点こそ新たな世界

投稿日:2010/12/31 |  カテゴリー:迷宮クロスブラッド  |  コメント:0  | トラックバック:0
一日平均数時間ペースですが、着実にプレイしています。

前回記事で訪れた愛音チャペルは序盤の山場のような場所でして、このダンジョンをクリアすると、移動可能な範囲がさらに広がります。前回分でも書いたのですが、迷宮クロスブラッドはメインシナリオは一本道ながら、当面の攻略地点の選択はプレイヤーに委ねられていて、敵の強さに合わせる必要があるから好き勝手にという訳にはいかないが、窮屈さが余り感じられず、伸び伸びとしたプレイが可能となっている。

X-BLOOD000882.jpg
この直後、前衛2人が致命傷を受けて倒れた

元来、Wizardryはゲームシステムがとてもシンプルな物で、前期Wizardryベースの作品はその傾向がさらに顕著であります。日本人が和風Wizardryとして、アスキーの外伝を皮切りに様々な国産Wizardryが登場してきましたが、迷宮クロスブラッドはその中でもリソース量が目を見張るほど多く、ゲームの厚みを増す為の数々の装飾が、破綻せずに極めて高いバランスで実現されています。結果、プレイしていてこれほど楽しいゲームはないだろうと、そのような感想を抱くゲームです。

マップは20x20の1エリアが幾つか組み合わさって構築されており、その繋がりで一つの大きなダンジョンが出来上がっているのですが、初期Wizardryでありがちであった正方形ダンジョンばかりではなく、常に不定形なので陳腐に感じることがない。Wizardryに限らず多くのゲームは、プレイヤーが有利に事を運べるように、言わばプレイヤーのご機嫌を窺うかのように、順を追って少しずつ敵が強くなるのが通例となっているが、迷宮クロスブラッドはそのような飽きやすい単純な構造ではない。

一つのダンジョン内でも隣のエリアに移れば敵のレベルが跳ね上がることが多く、通信システムを使って現在地の異形(いぎょう。クリーチャー)レベルをきちんと確認していかなければならない。挑戦的な敵の強さや、上述のマップ構造の件と相俟って、緊張感溢れるプレイ、本物の冒険が行えるゲームであるだろう。

PC88などのゲーム用PC、ファミコンやスーファミ、ゲームボーイなど、それら古典時代からの国産の伝統を頑なに守り続け、さらに正当に進化した形が正にこのゲームなのではと、そのように思う次第であります。当Blog始まって以来の台詞になりますが、歯ごたえがあるCRPG好きで、国産ゲームに偏見を持っていないのなら、このゲームは無条件でお勧めです。面白いという言葉しか出てきません。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

今年最後の慎ましいお買い物 Ver1.2

投稿日:2010/12/30 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:2  | トラックバック:0
steam20101230.jpg
Greed CorpSwords and Soldiers HDの2本を追加

この2本はなにしてあそぼ?のFlexscanさんがこちらにプレイ動画をアップされています。インディーズ系の作品はフルプライスだとしても、500円、或いは1000円程度なんですが、どうしても欲しい物以外はスルーしてしまう。そんな時に、気軽に手を出せるダウンロード販売の格安セールは実にありがたい。口にする必要もないほどお決まりの台詞ですけどね。

マルチプレイも可能なタイトルのようで、1作品 2.5ドルと格安ですし
気になるお方はこの機会に入手するのも宜しいでしょう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Blue CoinsでGoG Map Pack

投稿日:2010/12/29 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
gogmp1.jpg
Blue Coinsと交換した

本体はGamersGateで以前に購入済み。

先日、ImpulseでGuardians of Graxiaを買い直したいという旨の記事を書きましたが、GamersGateには庶民の味方、Blue Coinsがあるではないか。本作は英語版なのですが、英二鹿さんによるVersion 1.5 and Map Packに対応した日本語化ファイルがありますので、日本語で遊べる海外産の貴重なターンベースストラテジーであります。

画像はMap Packのみの価格なんですが、こちらに本体とMap Packがセットになった品があります。しかし、現在別個販売ですと、本体は年末セール50% OFFで5ドルとなっていて、セット品の方は通常価格の11.68ドルままという、混乱を招きそうな状態になっています。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

今年最後の慎ましいお買い物 Ver1.1

投稿日:2010/12/29 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
買ったのはこれだけ
dirt2.jpg
Colin McRae DiRT 2
75% OFF - 4.99ドル


DirectX 11ビデオカードを所有しているのに、DirectX 11アプリを1本も持っていない現実に終止符をと。たったそれだけの理由で購入してみました。年末セールということで75% OFFの4.99ドルだから、ちょっと高めなコンビニのお菓子と思っておけばいい。

それはさて置き、DiRT 2はゲームとしてなかなか高評価なので
意外と楽しめるのではと微妙に期待していたりする。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

迷宮クロスブラッド 怪異な愛音チャペル

投稿日:2010/12/28 |  カテゴリー:迷宮クロスブラッド  |  コメント:0  | トラックバック:0
本日、最新パッチ Version 1.101 がリリースした。

然しながら、本作はその例に当てはまらないが、パッチの追加、及び修正項目などで、致命的なネタバレを含む文章を見せられる場合が多々あり、このような更新履歴に目を通す時は注意が必要です。古いところですと、Divine Divinity日本語版の修正内容の一文で、唐突にラスボスのネーム明かし砲を食らって萎えた経験がある。

ゲームの方は各キャラクターのメインブラッドがレベル8に達し、初心者の域を脱したかなという頃。迷宮クロスブラッドは物語の中軸となる一連のクエストの他に、レベルキャップ開放が目的となる課題クエストから成り立つゲームです。

要は先にレベルキャップ開放となる課題を優先して行けば円滑に事が運ぶ訳で、その課題となる試練の数も多く、一本道な作風ながら、そこそこの自由な移動、プレイヤーの意思による組み立てが許されているゲームだ。

現在、愛音チャペルという施設(ダンジョン)を攻略中ですが、如何にもWizardryらしい試問の連続を捌いているところです。その多くは町の喧騒に紛れて聞こえてくる人々の声や、対象施設内にヒントとなるものがイベントとして置かれているので、難度としてはそこまで高いものではない。

いずれにしてもこのゲーム、Wizardryらしい厳しさを有し、現今作品で顕著なユーザーに媚を売るような物や、或いは見せることを優先したシネマティック系の作品など、これらとは相反するような中身であり、一石を投じるようなその歯ごたえは、今の私にとって最も楽しいと感じられるゲームであります。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

今年最後の慎ましいお買い物

投稿日:2010/12/28 |  カテゴリー:Venetica  |  コメント:0  | トラックバック:0
Venetica 11-13-46-06
ドイツ生まれのVenetica

昨年から期待作だと当Blogで繰り返し唱えてきたVeneticaですが、やっと購入に踏み切る時期が訪れました。UK版はすでに発売済みで、来月にUS版も発売されるようですが、本国ドイツでオリジナルPC版が発売されたのは1年と3ヶ月も前である。何故これだけ遅れたのか。PCとXbox360の発売後にPS3でリリースすることが決まり、こちらへの落とし込みで時間を割いたのではないだろうか。

本作は私が敬遠しがちなゲーム機とのマルチタイトルですが、大手産ならいざ知らず、ドイツに代表される欧州勢の作品で、中小企業が作る物で魅力あるものなら邪険にせずに少しはプレイしていこうかなという姿勢です。今のところは。

購入はCD WOW!から、現在2350円 やす~い

昨年はDragon AgeやRisenなどの、ゲーム機とのマルチタイトルをいくつかプッシュしていて、デモ版を何作かプレイしてみたが、その中でVeneticaの戦闘での小気味よい動作は最も光っていたポイントだった。掘り下げればゲーム機ライクなアクションゲームっぽい動きなのかもしれないが、何より「もっさり」している事が最たるマイナス要因となるので、動きが痛快であることは長所であるだろう。


以前にも紹介しましたが

Veneticaは Patch Version 1.02 で描写が強化されていまして、特にライティングなどの効果が映えているようで、Version 1.02後は美しさに磨きがかかっています。



もう1本はGamersGateから、Return to Mysterious Island 2を購入した。年末セールで7.98ドルになっているので、これを逃すと機会を逸してしまいそう。本作は先月下旬に初代作をGamersGateで購入し、難度が程好く島の雰囲気も素晴らしく、主役の女性とお猿のジェップの組み合わせが一服の清涼剤かと思えるほど温かみが感じられる作品だったので、1週間ほどかけてクリアする事ができた。

パズルや謎解き要素が肝のアドベンチャーゲームの続編となると、その多くは難度が増している傾向にあるので、この作品も恐らく習慣に従え的な状態なのではと予想しています。



もう一つ追加になった
neverwinter nights 2 aa
Steamで売られると同時に50% OFFに。 9.99ドル

Neverwinter Nights 2はGamersGateでセット品を以前に購入したが、二つめの拡張 Storm of Zehir が含まれていないセットだったので買い直した。しかし、Steamは可能ならばプレイ時間表示を強制するシステムだけは何とかして欲しいものだ。プロフィールの編集から「非公開」に設定すれば、第三者には状態が見えなくなるが、それは解決策には程遠いものであるし、自分自身にはプレイ時間が見えつつきっちり刻まれるのだから全く意味がない。

とは言っても、やっぱりお手軽かつ信頼がおけるゲーミングツールであるSteamなのは紛れもない事実なので、インストールの利便性だけでも買い直す意義はあるだろう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

迷宮クロスブラッド 全員女子

投稿日:2010/12/27 |  カテゴリー:迷宮クロスブラッド  |  コメント:0  | トラックバック:0
X-BLOOD000820.jpg
みんな生まれたばかり

迷宮クロスブラッドをWizardryの一派と捉えるのならば、Wizardryの新作をプレイするのは実に8年ぶりとなる。8年前にプレイした作品はWizardry 8なんですが、8は女性キャラがとても優遇されていた。迷宮クロスブラッドと、巨匠ことDavid.W.BradleyやSirtech-Canadaと因果関係は何も無いが、気分的に全て女性キャラにしてみた。ちなみにキャラクタの名前は語呂が良さそうな姓名を組み合わせただけです。

・メインブラッド(MB) サブブラッド(SB)

キャラクタ no.1 / エリ
MB:戦術士 SB:武術士 タイプ:マッスル 性格:善

キャラクタ no.2 / ミク
MB:王騎士 SB:拳術士 タイプ:スタンダード 性格:中立

キャラクタ no.3 / ヨーコ
MB:武術士 SB:暗術士 タイプ:アスリート 性格:中立

キャラクタ no.4 / マキ
MB:射術士 SB:召術士 タイプ:ファニー 性格:中立

キャラクタ no.5 / カナミ
MB:聖術士 SB:学術士 タイプ:エレガント 性格:善

キャラクタ no.6 / シノブ
MB:魔術士 SB 聖術士 タイプ:エレガント 性格:善

迷宮クロスブラッド Wikiのキャラクタデータを見てしまったので、バランスが良い構成になっているはずだが、正直なところ、幾らビルドゲームとは言えそれら情報を知るだけでも微ネタバレとなってしまい、ゲームの楽しみが薄れてしまうから、今後はゲームをクリアするまで何も見ずに、情報は遮断するつもりです。

Wizardry系で真っ先に気になるところとしては、作品によって呼び名が異なるが、「体力」「VIT」に関して。先に体力を上げていかないと結果的にヒットポイントが低くなるのではという、これに対する懸念ですね。古いWizardryですとVITを作成段階から最大にしてプレイするのが通例となっていたが、迷宮クロスブラッドはどうなっているのか、それは分からない。初回プレイから何もかも完璧にするなど虫が良すぎる話であるし、今回はヒットポイントが低くなったとしても、全てを受け入れてプレイしようと思っています。

このゲームはプレイしてみるとよく分かるんですが、これほど痒いところを的確にかいてくれるゲームは評価されるべき物であり、そして作りが非常に丁寧ですから、安心して人に勧められるゲームです。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

迷宮クロスブラッド まだキャラメイキング中

投稿日:2010/12/25 |  カテゴリー:迷宮クロスブラッド  |  コメント:0  | トラックバック:0
このゲームは1キャラにつき2つのブラッドコードを組み合わせる事が出来るのですが、このブラッドコードとは概念的に職業(クラス)になります。2つを組み合わせるという事で、アクションと非アクションの差異がありますが、Titan Questのキャラビルドと通じるところが多いです。

ですが、このブラッドもキャラ作成後に自在に入れ替える事が可能なシステムでして、それらも踏まえてキャラ作成時は「性別」「キャラクタのタイプ」「特性値ボーナス」、ここだけ望みのものを選んでおき(根気よく)、他は後から弄るのが効率がいいです。

まだ思考中なんですが( / メインブラッド サブブラッド)

キャラクタ no.1 / 戦術士 武術士
キャラクタ no.2 / 王騎士 武術士
キャラクタ no.3 / 武術士 暗術士
キャラクタ no.4 / 魔術士 聖術士
キャラクタ no.5 / 聖術士 学術士
キャラクタ no.6 / 射術士 召術士
性格は善と中立で。

先ほど見つけた迷宮クロスブラッド Wikiも参考にしましたが、前衛は攻撃に特化、後衛はスペル重視で射術と召術はちょっとロマンといった具合で、この手のゲームは回復要員が多すぎて困るどころか、逆に利点が多いだろうと踏んで聖術2つに。サブに武術2つが個性が無くなりそうで気になるが、攻撃特化だとそうなるしなあ。

前期WizardryをベースとしたWizardry外伝の系譜である本作ですが、2010年も残すところ僅かとなった現在にプレイしてみると、これが逆に新鮮味を感じて非常に楽しめる。未だキャラクタ作成段階だが、それでも楽しいという現実。

よくよく考えてみれば、当Blogのタイトル、CRPGまにあの「C」
このCへの信念に通じる印象でもあります。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター