CRPGまにあ

アーカイブ:2011年04月

ムーンライトバスケットの体験版

投稿日:2011/04/30 |  カテゴリー:ムーンライトバスケット  |  コメント:6  | トラックバック:0
いつの間にか体験版がリリースされていたようですが
2011年4月28日に発売になったようです。

これまで数回ほど本作を取り上げていますが、犬と猫の作品でシェアウェア第五弾となる交易SLGです。今回は交易となっていますけど、基本的に商売することに特化した作品をリリースしているところで、体験版を触ってみた印象では過去作品からの集大成でありつつ、新しいことにチャレンジしている意欲作なのでしょう。

game001564.jpg
物語の進行に則した堅実なチュートリアル

シェアウェア第三弾と第四弾は全く触れていないんですが、本作は2011年発の5番目であるから、内容的にてんこ盛りになっているようだ。交易ですから街から街への移動が重要な要素となりますし、簡易オート戦闘だが護衛らの装備やスキルの管理もあり、合成もあり、ミニゲームや宝くじもあり、投資に馬車馬強化なども、一度に書ききれないほどの濃さが詰まっています。

ぱっと見ではどのようなゲームなのか理解し難いでしょうけど、商いゲームに育成ゲームや、温かい作風が好きなお方は一度試してみると宜しいでしょう。私見ですが、上述しているように「商売に特化」している作品なので、売り買いすることに関しての充足感は、このシリーズが体験した中では最高です。

ムーンライトバスケットはシェアウェア作品で価格 1000円 というお買い得品であることも利点だが、5月以降も遊びたいゲームが沢山あって選択が大変な2011年です。今年は1発目から迷宮クロスブラッドに、その後はShogun2、神採りアルケミーマイスターという快作に出会い、佳作となるがVeneticaも良かったし、個人的に当たり年である。



こことかで1000円で販売されていますが、このシリーズはパッチが立て続けにリリースされることが恒例となっているし、神採りアルケミーマイスターをプレイ中でもあるので、落ち着いてから購入することにします。



文章の誤りを打ち消し線を用いて正すのは見づらくなってしまうのと、検索したときに間違った情報を広めてしまう可能性があるので、書き出しを訂正しました。



追記しまくりですが、取り敢えず購入しておいた。
今回はコンプする勢いで頑張ってみるつもりです。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Avadon Win版とDisciples 3の続編

投稿日:2011/04/30 |  カテゴリー:Disciples 3: Resurrection  |  コメント:0  | トラックバック:0
二つともRPGWatchからの情報。

・Avadon: The Black Fortress Official Site

MAC版が先行発売されたSpiderweb Softwareの Avadon: The Black Fortress ですが、5月2日(月曜日)にWindows版が発売されるようです。MAC版の価格は25ドルなので、WIN版も同様に25ドルで2000円くらいか。

公表されているプレイタイムは40時間という事で、普通にプレイすれば1.5倍、ゆっくりプレイすればさらに長時間楽しめるゲームなのでしょう。見た目は簡素で前時代的ですが、本格的な正統派のパーティー制RPGは既に絶滅しかかっており、その中でも米国インディーズメーカーによるこの手のRPGは、今後も注目に値する作品群だ。


・Disciples 3: Resurrection
・アナウンス時の

開発のAkellaによると、評価が芳しくなかったDisciples 3: Renaissanceの大型続編らしく、恐らくStardockのEWoMの拡張Elemental: Fallen Enchantressのように、再起をはかるスタンドアローン拡張としたのではと推察するが、単独動作にしないと適正な評価が得られなくなる事への恐れでしょう。

プレイタイムは70時間となっており、Renaissanceのように100時間以上遊べるゲームのようで、今回はライターに著名な作家を起用したらしく、ここらもElementalと同じような戦略に出ている。現段階では発売時期は未定、そして、本国ロシア語版が先行するのか、世界向けの英語版はどうなるのか、その辺りも不透明です。

スタンドアローンとしたことからその意気込みが見受けられますから(サブタイトルも復活ときてるし)、楽しみに待っていよう。

※「続編」という単語からスタンドアローン動作だと勝手に推定しているだけなので
Disciples 3本体が必要であるかどうか、その点の是非は続報待ちです。


※Disciples 3 Forumで確認しました。スタンドアローン拡張のようです。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

ダンジョンシージ3も日本語版

投稿日:2011/04/28 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
ここ数日ほど日本語版の件が続いていますが、開発がObsidianなので出来栄えが未知数だけど、ダンジョンシージ 3 もPC日本語版が出るようだ。今回、発表されたのはコンソール2機種のみだが、PC版の詳細は追って公開されるようです。

ダンジョンシージ3 公式サイト

ダンジョンシージは初代作をプレイしているが、本作は Hack and Slash であることを改めて強調されており、その仕上がりが期待されるところです。世界視野で中小企業やインディーズを含めれば、Hack and Slashは結構な数がリリースされているんですが、大手の作品や有名なシリーズとなると数えられるほどしか世に出ておらず、出来云々は度外視で好意的に受け入れられるゲームじゃないだろうか。

・コンシューマーな香りが漂う大手のダンジョンシージ3

・プロフェッショナル感が玄人受けしそうなTitan Questの再来「Grim Dawn」

・皆が待ち望む Diablo 3

・未だ公表されぬ Sacred 3


この4作は見逃しちゃいけない。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

神採りアルケミーマイスター 駆け出しの工匠

投稿日:2011/04/27 |  カテゴリー:神採りアルケミーマイスター  |  コメント:0  | トラックバック:0
本日は立て続けにパッチ Ver1.01と1.02がリリースされた。
二つともバグ修正が幾つかといったところ。

第二章まで進んでいますが、店の商品が売れないのが悩みの種。仲間になる各キャラクターには「接客」という能力値があるんですが、出来れば外に連れ出して育成をしたいから店番をさせたくない。プレイヤーが設定しなければ工匠会からの派遣店員が店番をしてくれるが、能力が低いので商品があまり売れないのだ。

ゲームの目的は、第一に自身の評価を上げて次の工匠ランクを目指すことで、工匠としての評価と、店舗レベルと工房レベルも上げていく。クエストにより当面の目標を示唆されはするが、現状で行ける場所なら何処を攻略しようがプレイヤーの自由にできるので、国産ゲームで顕著な直線的な進行とはかけ離れた作風です。

現段階ではタイプ的に扱い易いユエラが他キャラよりも成長が速い。衣装のアップグレードもやっていきたいが、資金に余裕がないから殆ど手をつけていない。作りたい物も多いし、材料も足りない物ばかりで、やりたいことだらけなボリュームのあるゲームです。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Zooからトータル ウォー: ショーグン2 日本語版が出るようだ

投稿日:2011/04/26 |  カテゴリー:Total War: Shogun 2  |  コメント:0  | トラックバック:0
1ヶ月前に発表されたナポレオン: トータル ウォー 日本語版が布石だったのか
Total War: Shogun 2も日本語版を発売するようです。

トータル ウォー: ショーグン2 日本語版

ここ最近、Zooは結構絶妙な所を突いてきているが、もうちょっと発表が早ければ申し分ないんだけど、そう上手く事は運ばないのかな。現段階では2011年発売予定、価格未定となっており、6月ぐらいに発売されるのではないだろうか。

このシリーズはDLCや拡張が盛んにリリースされるので、日本のメーカーによる本体のみの日本語版は、その辺りの事情を酌まねばならないのが痛いところだ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

神採りアルケミーマイスター 1章までプレイ

投稿日:2011/04/25 |  カテゴリー:神採りアルケミーマイスター  |  コメント:0  | トラックバック:0
一昨日に届いて現在序盤をプレイ中ですが、前期Wizardryのパッケージほど豪奢ではないが、久々の紙開きパッケージは嬉しいものです。

エロゲーを発売日に購入することは、随分昔になりますが鬼畜王ランス以来だろう。最近のエロゲー事情には無知な私ですが、神採りアルケミーマイスターはディスクレス起動となっている。エウシュリーの作品に触れるのは今回が三本目ですが、今のところ全てディスクレス起動だ。(幻燐の姫将軍はディスク挿入必須でした)

起動時に違法行為についての厳重な注意書きが表示されはするが、その後はユーザーに優しい仕様という訳で、正規ユーザーに負担が掛からない配慮は有り難いものです。

神採りアルケミーマイスターの作風は、明るく健全な印象で、現段階では18禁ゲームであることすら忘れてしまいそうなほど。システムとしてはエウシュリー十八番の俯瞰型2D SLGな戦闘に、アドベンチャーシーンや育成などが組み合わされた物で、移動は大きな1枚マップから現地へ直行できるようになっている。以前にStrategy-RPGの項でも述べましたが、中弛みに繋がる無益な移動をカットしているシステムとして、長時間プレイに向いているだろう。

神採りの肝としてアイテムの合成があり、売品からお店の内装とする家具やら、仲間らの装備品など、幅広く作成できるシステムとなっています。操作性も良好で、セーブ後は自動的に一つ前の画面に戻ったり、細かな気配りが行き届いているゲームだ。

全てをコンプするには周回プレイが前提となっているようですが
毎度のごとくゆっくりと楽しんで進めていくつもりです。

・2日後の4月27日の正午に一つめのパッチがリリースされる模様
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

PC版のFable 3 日本語版

投稿日:2011/04/23 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:2  | トラックバック:0
販売を手がけるのがマイクロソフトだとしても
確りとやる事をやってくれているのなら好意的に受けとめてあげたい。

Fable 3 オフィシャルサイト
ファミ通の記事

コンソール版から半年遅れでの発売になるようですが、ファミ通記事のジョシュ・アトキンス氏へのインタビューで、PC版はインターフェースを作り直したと公言されていますが、どれだけ作り込まれているかは触れてみないと分からないけど、入力デバイスが異なるマルチタイトルの仕様の差異(特にUIと操作性)、その点を公の場で述べてくれる姿勢こそユーザーが望んでいるものです。

後発PC版の仕様として

・難易度が高いハードモードの追加
・3D Visionに対応
・4つの追加コンテンツが同梱

今のところ日本語版はパッケージ販売のみとなっているが、Amazonですと現在5900円くらいの価格になっている。日本語版としては値頃ですし、私もプレイ時間が取れるのなら購入してみようと思い始めている。

発売日は2011年5月20日なので、もうすぐそこまで迫ってきている。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

神採りアルケミーマイスターが発送された

投稿日:2011/04/22 |  カテゴリー:神採りアルケミーマイスター  |  コメント:0  | トラックバック:0
明日には届くようですが、このゲームは今年の期待作トップ3に入る物なので
優先してプレイしていこうと思っています。

エウシュリーのオフィシャルサイト(18禁です)

エウシュリーの作品は、エロゲーながら一般秀作を凌駕する内容であるものが多く、国産18禁アニメ絵に偏見がないのなら、一度は試してほしいと思えるメーカーです。ボリューム満載である作品が目白押しで、恐らく神採りも100時間は遊べるゲームなのではとプレイ前に予想しています。

Total War: Shogun2はとてつもなく重量級のゲームですから、ちょっとした時間や気分転換として遊ぶゲームではないんですが、Shogun 2も継続してVery Hard Playをやり込んでいこうと考えています。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Total War: Shogun 2 何とか安定期へ。

投稿日:2011/04/21 |  カテゴリー:Total War: Shogun 2  |  コメント:0  | トラックバック:0
Shogun2 18-16-14-66
積年の遺恨を晴らす

難易度はVery Hardでの徳川氏プレイ。
前回記事では2回ほどあっさりと滅ぼされてしまったが、今回は何とか形になりつつあります。徳川氏の場合は場所柄として四面楚歌に陥り易く、序盤を乗り切ることがこれまでの大名よりも難しかった。

前回、今川義元公は忠義に厚いと書いたが、周りが同盟家だらけになると徳川へ矛先を向けてくることが判明したので、義元公を敬うことはもうやめた。今回は里見氏の勢いが止まらず、北条を滅ぼすと今川氏まで滅ぼしてしまい、今川氏への従属縛りの件は、私が手を下すことなく解決した。

Shogun2 18-42-44-17
遠江から西を遠望する

外交の手段として縁談がかなり有効だという情報を仕入れたので、婚姻できそうな女子がいる大名と片っ端から縁談を決めてみるが、隣接している敵対国に限って女子がおらず、徳川家にも女子がいない循環にはまる。しかし、この縁談は人質や同盟などよりも長期に亘って友好関係が持続するし、高難易度でも成功しやすいコマンドでもあり、その有効性は外交コマンドの中ではトップだと思います。

難易度に関わらず、Shogun2は同盟や人質程度ではあっさりと宣戦布告されたりするが、縁談が成功すると向こう数十ターンは良好な関係が続く。時間と共に関係がマイナスへ傾いていくが、手遅れになる前に次の手段として同盟を結んだり、外交策の幅が広がる結果となった。

Shogun2 18-42-55-20
苦難の末に7つの州を収める大名に。

今回は武田氏と良好な関係を築けており、武田にはどこまでも盾となってもらう算段だが、ここ1~2年で数州ほど失っているのが心配の種だ。武田は地図上の濃い緑色ですが、上手い具合に東国大名らへの盾として機能している。

里見氏とは数回ほど手合わせの後に講和したが、一向一揆衆と服部氏との激戦はかなり辛かった。特に服部氏はLimited Edtion以上の特典大名なので、優遇されていないかと勘繰ってしまうほど活発に勢力を伸ばしていく傾向にあります。

10年かけて服部を伊賀一国にまで追い込み、何とか滅ぼすことができましたが、伊賀は上級忍者を雇うのに適した土地であるから、技術向上と新施設を建てて、紀州忍者と芸者を使えるようにしてみよう。紀州忍者は合戦ユニットで、芸者は目付やノーマル忍者と同じく諜報員ユニットです。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

今後の方針

投稿日:2011/04/17 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:9  | トラックバック:0
名無しによる書き込みに今回は丁寧に返信しましたが、これが最初で最後です。

このような、乗り込んできてまで主義主張を押しつけようとしてくる名無しは個人的に大嫌いであり、そのような輩を相手にキーボードをタイプする時間と労力が無駄だ。

反論だとしても、礼節をわきまえた言葉遣いならこちらもそれ相応の配慮をしますが、あざとく人目につくタイトルに「不愉快」などと付ける者に関わりたくもないし、いまタイプしているこの動作ですら無駄だ。

そんな訳で、悪意を感じる書き込みには、返信は一切しない。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター