CRPGまにあ

アーカイブ:2011年05月

久々にSteamセールで購入

投稿日:2011/05/12 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:4  | トラックバック:0
game001617.jpg
締めて1050円でした

Patrician 4はセールを数回ほど見送り、そして本体のみの日本語版がつい先日発売されたが、拡張と併せてこの価格なら買うしかないだろう。Ascaronの後身となるGaming Minds Studios 第一弾の作品であり、今後の動向も気になるところ。

とは言え買ってみたものの、他ゲームで手一杯な日常だからプレイする余裕がないが、交易なり商いを題材としたゲームが一番好きな私かもしれない。心に温かい作風で、懐を温かくすることが目的のゲームだから気持ちが前向きになれる。

そろそろセールタイムが終了しそうですけど、今回はKalypsoが扱う Strategy Pack オール75% OFF という、なかなか魅力的なセールだった。セールパックに含まれている物では、Patrician 3は日本語版を所有しているし、コマンドスシリーズでは評価が高い Commandos 2: Men of Courage も日本語版が部屋に積んである状態だ。コマンドス2はまだ未開封ですが、何時か遊んでみたい。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Total War: Shogun 2 新パッチ Ver 1.1.0

投稿日:2011/05/10 |  カテゴリー:Total War: Shogun 2  |  コメント:4  | トラックバック:0
不具合修正のみではなく、DirectX 11に正式対応、アンチエイリアシングが有効になるなど、様々なアップデート項目が盛り込まれた期待の新バージョンがリリースされた。

Shogun2 19-02-57-91
Anti-AliasingはMLAAが可能に。

私の環境はGPU HD5870ですが、画像の設定はAA以外は全て最高で、この状態だと快適に遊べますが、MSAAになると x2 でも少し厳しい。見たところMLAAはパフォーマンスが良好なようで、一見しただけではMSAAx4あたりと画質の差が感じられないほど精細であり、ジャギーが目立たなくなります。

解像度は1920x1200、他は画像の設定ですと、戦略モードはFPS 30強から40前後を推移する状態で、合戦モードは今回のDirectX 11対応の作用からか、倍速~4倍速モードだとしても、以前よりも軽くなった印象を受けました。

Shogun2 18-35-11-29
AAはMLAA

Shogun2 18-35-49-93
AAはOFF

素晴らしい。一目瞭然でしょう。




Shogun2 18-40-08-88
原寸大にしてみるとAAの効果がよく分かります

取り敢えずパッチを当ててテストプレイしただけですから、ゲームバランスに関する修正は何とも言えませんけども、気になることが2点ほど。

アンチエイリアシングは戦略モード、いわゆるターン制の日本地図モードの時だけ有効になるようで、合戦やタイトル画面ではAAは無効になっている。もう一つは、Shader Model 5でテッセレーションが有効になるとの事ですが、チェックのオンオフをして画面を確認してみても、その判別ができない。と言うより以前と変わりないように見えます。

バランスに関しては強すぎた薙刀侍が若干下降修正されたようで
他にも色々と手が入っているのでしょう。

Shogun2 19-01-23-34
こちらも原寸大にしてみると、忍者マークや馬印の輪郭でAAの効果がわかります
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

神採りアルケミーマイスター 4章まで終了

投稿日:2011/05/09 |  カテゴリー:神採りアルケミーマイスター  |  コメント:0  | トラックバック:0
日に2~3時間程度のプレイなのでかなり時間が掛かっています。

まだ折り返し地点にも到達していなそうですが、ここまでプレイした感想として、手強いSRPGな戦闘が好みで、アイテム合成などのやり込み要素が豊富なゲームが好きで、キャラ育成好きな人には、手放しでこのゲームはお勧めです。総体的なゲームバランスに操作性やGUIの出来など、文句の付けようがないレベルでしょう。

合間に挿入される恋愛アドベンチャー風のシーンは純愛ものと言ったところですが、そこらがスパイスでもあり、日本らしい作風でもある訳で、日本特有の紙芝居ゲームのような、アニメと融合したこの形は貴重な日本の財産だと思うので、18禁ものに限らず末長く繁栄していってほしい。海外作品を模倣しても限界があるさ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

小此木鶯太郎の事件簿 陰と陽の犯跡

投稿日:2011/05/07 |  カテゴリー:小此木鶯太郎の事件簿 「陰と陽の犯跡」  |  コメント:0  | トラックバック:0

安楽椅子犯人のページへ

作品の性質上、詳細に語れませんが、今回は前作「三つの謎宮」が難解すぎた嫌いからか難易度が下がっているようで、課題である4つの犯跡中の3つはほぼ特定できた。

犯跡とは犯人のミスであり、失策と状況の矛盾がそれに該当するんですが、失策はまだしも状況の矛盾は判別することがなかなか難しい。失策とて確率的に偶然にそうなる状況が有り得るので、4つを的確に判断するのは時間を要します。未だ特定できていない4つめのミスが、恐らく決定的な証拠となり得るものなのだろうと予測していますが、何れに纏わるものなのかは大凡見当がついている。

そんな訳で、今作はけっこう容易に解答が導き出せるかもしれません。前作の思考停止トラップと、上級ポロリとでも言いましょうか、あの2つは「してやられた」と驚愕しましたが、今作の4つめがそうであるのなら、さらに面白くなってくるが。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

小此木鶯太郎の事件簿 陰と陽の犯跡(問題編)がリリース

投稿日:2011/05/04 |  カテゴリー:小此木鶯太郎の事件簿 「陰と陽の犯跡」  |  コメント:0  | トラックバック:0
待ち焦がれていたあの作品がついに完成したようです。


安楽椅子犯人のページへ

本作の読者への挑戦期間は「2011年5月3日(火)から2011年7月4日(月)23時59分まで。」となっており、前二作よりも1ヶ月ほど期間が延長されているので、今回はじっくりと取り組むことができるでしょう。そして私自身、読者への挑戦期間中のプレイはこのシリーズ初となる訳で、実にめでたい日となった。

フリーゲームですから、ミステリ好きの人や小此木鶯太郎の事件簿が気になっていた人は、どしどしとプレイしてみましょう。このシリーズは推理することが肝の読者参加型ミステリですので、少なくとも読者への挑戦期間中は、暗黙の了解としてネット上でネタを流すことだけは御法度ですけどね。仲の良い知り合いや家族で別々にプレイして、お互いの意見を交わして楽しんだりするのは素敵な遊び方だと思います。

当Blogでは読者への挑戦期間が終わるまで一切ネタは書きませんが、「良く出来ている」「難しい」ぐらいは書くでしょうけど。さて、今回こそ気合を入れていきましょう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Might & Magic Heroes VI いつの間にか9月8日に延期

投稿日:2011/05/04 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
UBIのフォーラム
Wikipedia
Steam / Might and Magic Heroes VIのページ

半月前に情報が流れていたようですが、2ヵ月半ほど発売時期がずれ込んだようです。遊びたいゲームが山ほどある2011年なので、私としては有り難い延期だが、残念に思う人が沢山いそうな。怪しげな状態で発売に踏み切るより、延期を重ねたとしても良好な作品をリリースして欲しいものだ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

神採りアルケミーマイスター 着実に第三章へ

投稿日:2011/05/03 |  カテゴリー:神採りアルケミーマイスター  |  コメント:0  | トラックバック:0
本作はエロゲー批評サイトでの評価が極めて高いようで、私自身のここまでの感想としても、良作どころか今年最高の一本かと感じられるほどの品質の高さを見せつけられている気分だ。発売前に、このメーカーのゲームにハズレは無いだろうと期待を込めた書き方をしましたが、結果は予想を上回る素晴らしいゲームです。

公式サイトに「前半戦はサクサク、後半戦がやや手強い」といった一文がありますが、前半戦の2章 終盤あたりから少しずつ戦いが厳しくなってきます。RPGではお馴染みの「属性によるダメージの上下」、海外RPGの場合ですと、有るには有るが属性による防御方法や攻撃なりは半ば軽視しても支障がないゲームが多かった。思い浮かぶのはTitan Questがありますが、TQは属性の重みがありましたけど。

神採りアルケミーマイスターは、属性による戦略、そして戦術に比重がおかれており、人選や装備品の選定を怠けていては、常に劣勢に立たされてしまうことになる。とは言うものの、このような要素は装備品の入れ替えが面倒だったりすると、プレイヤーに負担を掛けるだけの煩わしいものに成りかねないが、防具は衣装と装飾品のみで、ヒロインの専用鎧はどの属性鎧で何の属性に有利なのか一目瞭然なので、戦闘前の下準備が円滑に運ぶ利点があり、長時間プレイでも嫌気がさし難いシステムです。と言うより次に攻略するエリアを定め、人選、装備の選定、ここが非常に楽しめるシステムとなっています。

第三章から3人のヒロインとの親密度に関わる選択肢が幾つか出始めきたので、本作も物語が派生していく様相を呈しています。アイテム作成の素材などは既に管理し切れないほどの種類ですが、ユーザーインターフェースも良好で、必要な素材は自動選択してくれますし、情報ウインドウからそれらレシピや落とすモンスターの種類などが閲覧でき、高い操作性とGUIを誇っています。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター