CRPGまにあ

アーカイブ:2011年07月

派生する内の一つ

投稿日:2011/07/12 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:4  | トラックバック:0
人によっては最高傑作との評価も多々ある Jagged Alliance 2 のリメイク版がいよいよ完成に近づいているようで、当Blog発足時から「やるやる詐欺中」であったJagged Alliance 2だから、発売されたら好機となりそうだ。

Jagged Alliance: Back in Action - Official Site
4Gamerの記事

Jagged Alliance 2はWizardry 8を開発したSir-Tech製の作品であり、Wiz8の礎となっている作品でもあるようで、Wizardry 8を生涯最高の一作に数える私としては、いやが上にも期待が高まるゲームです。とは言ってもリメイクが作られた理由の一つとなっている「見た目の古臭さ」を私も感じており、結局ここまでプレイせずにきてしまった。

Sir-Tech Canadaが消滅して以降、「Hired Guns: The Jagged Edge」←このような開発メーカーが違う派生品でその名に傷が付いてしまった感があるが、今回のBack in Actionは第二作のリメイクなので、内容的には安心の一品になるだろう。然し、新エンジン絡みの不都合が出る可能性もあるから、気になる所でもある。

ワールドワイドな英語版が、今年の末までには発売になる予定。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

ゲームのギフトをありがとう

投稿日:2011/07/10 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:2  | トラックバック:0
game001798b.jpg
頂きました

今回のセール期間中に、KaremomijiさんからHOARDを、starjes2005さんにはTerrariaLead and Gold: Gangs of the Wild Westを贈って頂きました。お二人様方、どうもありがとうございます。

Terrariaは海外インディーズゲームの今年一番の話題作と呼んでも過言ではない作品で、Lead and Goldはインストールしただけの状態なんですが、HOARDはチケットの実績解除も兼ねて、数時間ほどプレイしてみました。

Reuben 18-10-52-89
HOARDの1シーン。分かり易いアクションゲームです

一定時間内で高スコアを目指してみたり、画像のような生き残りをかけたモードなど、幾つか種類があります。この手の2Dアクションゲームの場合、入力デバイスは総じてパッドが向いている傾向が強いが、HOARDはPCらしく W A S D + マウス、この操作形態で不満なくプレイできるようなシステムとして作られている。

さらに、近頃の海外インディーズ物でよくあるシステムですが、Steamフレンドが同じゲームを持っていてプレイしているのなら、そのスコアがインゲームで表示されるので、シングルモードだとしてもフレンド内で対抗意識を燃やしたりして楽しむこともできる。HOARDに限らず Defense Grid が正に同様のシステムだ。



tokitori 23-43-28-51
こちらは現在1.24ドルになっている Toki Tori

値引率の大きさに1.24ドルという価格、そしてMetascoreの高さに惹かれて購入してみた Toki Tori ですが、少数票とは言えMetacriticのユーザースコアが非常に高い作品だ。試しにプレイしてみると、その評価の高さが直ぐ様実感できる。

ゲーム内容は面に散りばめられた卵を、頭を使って取っていくパズル志向のアクションゲームなんですが、パッドを使用しなくても頗る操作性が良好であり、マウスクリック移動もキーボード移動も、どちらもストレスを感じさせない。それどころか激しいアクションゲームではないから、寝転びながらの操作も可能だ。

システム的にやり直し前提の作りである所に、優良アクションゲームが多数存在したファミコンとスーファミのゲームに通じる一面を持ってはいるが、プレイ中に巻き戻しと早送りが自在に行えるので、この点に関しては無駄を省いたシステムとして高く評価できるだろう。

良心的な価格といい、手軽にプレイできるゲーム性も良し、それでいてあっという間にその作品が持つ美味しい部分に触れることができる。やはり海外のインディーズゲームは力が漲り、市場としても先進的だと痛感する次第です。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

夏の緑男

投稿日:2011/07/09 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:4  | トラックバック:0
starjes2005さんBlog情報により
Greenman Gamingが恒例のゲームプレゼントイベントを開催していることを知った。

game001797.jpg
この3本がなんと 0円

詳細はstarjesさんBlogに記載があります。私はつい先ほど(午後6時頃)Greenmanサイトから手続きしてみたんですが、かなり混雑していてエラーが連発し、30分ほど掛かってしまった。この3本の中では ARMA II が驚異の価格と言えるだろう。何せ 0円 なのだから。

毎度毎度、緑男よ、ありがとう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

続々とSteamのサマーキャンプセール

投稿日:2011/07/06 |  カテゴリー:King Arthur: The Role-playing Wargame  |  コメント:5  | トラックバック:0
King Arthur全商品が 85% OFFになっていますが、今回は過去最大値引きでしょう。
何より見所は

game001796.jpg
5ヶ月前に発売された The Druidsが 1.5ドル になっている。

記憶している限りでは今回のセールが最安値の拡張 The Druidsですが、私はDruidsだけ持っていなかったので、とても喜ばしいセールとなった。全て込みのCollectionだとしても 4.5ドルで、100円強のThe Druidsだけでも何十時間と楽しめる物。PCゲー好きで良かったと、改めて再認識した早朝であった。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

続・Steamのサマーキャンプセール

投稿日:2011/07/04 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:4  | トラックバック:0
game001792.jpg
Shogun 2は「おま国」なので、日本IPからは見えない

賞品の実績までおま国で見えないという、ふしだらな状態になっていますが、実績「Summer Son」はサマーキャンプ賞品の対象実績でして、おま国だとしてもアンロックすればチケット 1 加算されました。

shogun2 0000001234

コツとしては難易度Easy、大名は織田で開始して、まずは最初のターン「春」。平地に反乱軍が1部隊いまして、次の季節に徳川が南から1部隊で攻め込んでくるから、これを逆手に取ると楽にアンロックできました。最初のターンは城外に出ている織田軍を入城させ、槍と弓部隊を1ずつ徴兵してターン送り。

次のターン「夏」になれば、反乱軍と徳川軍が城の南側で直列配置になるので、まずは徳川軍を攻撃→残存部隊が南へ壊走→次は反乱軍を攻撃→1アタックで壊滅→3回目に徳川の壊走した部隊へ攻撃→アンロック。このような流れでした。



game001791.jpg
DLCが8つ込みでこの価格

今回のMagicka Complete Packは購入した人が沢山いそうだ。話題作ながらこれまでは触れる機会がなかったんですが、この価格ならお買い得なので迷うことはない。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Steamのサマーキャンプ賞品

投稿日:2011/07/03 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:2  | トラックバック:0
日毎に示される指定ゲームの実績や、Steamクライアントに関連する行動などで1チケット獲得し、3チケット分で望みの賞品と交換することができる。今回は賞品自体がインゲームアイテムであったり、格安で購入できるDLCだったりするので、若干貧弱に感じられるが、なかなか面白い試みとして楽しむが吉。

game001788.jpg
Defense Grid: The Awakeningの4マップパックを獲得

Defense Grid: The Awakeningに関しては、これまでに数行程度の感想を述べているはずだが、タワーディフェンス系のStrategyとして傑作の部類に入る作品だろう。私自身、タワーディフェンスタイプのゲームはそれほどプレイしている訳ではないが、Defense Gridはシステムが単純明快で、操作性は良好、グラフィックはそれなりに美しく、繰り返しプレイしたくなるリプレイ性が極めて高い。ここまで6時間程度しかプレイしていないが、このゲームは胸を張って誰にでもお勧めしたくなるStrategyである。

今回は賞品として4つのマップパックを頂いた私ですが、現在価格は4マップパックで 1.96ドルとなっており、本体は4.99ドルだ。全て購入しても500円強で揃うので、気になった人は購入してみるのも有りだろう。

・翌日追記
Defense Grid: The Awakeningが75% OFFとなり、本体とマップパック4つセットの価格が「3.45ドル」にまで下がった。約300円程度という訳ですが、文化が違うとは言え、世界と日本とのゲーム価格の温度差が開いていく一方である。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

GOG.comでお買い物

投稿日:2011/07/03 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
恒例のサマーセールの季節になりましたが、私の場合は意欲減衰を引き起こす買い過ぎだけは用心している。とは言っても幾つか気になるゲームが値引きされていたので購入してみた。

game001786.jpg
2本ともGOG.comで2.99ドル

FREESPACE 2とSACRIFICE、この2本はプレイしてみたいゲームだったから有り難いセールとなった。FREESPACE 2の方はどうやら日本語化MODが存在するようで、プレイする時は使わせて頂きます。2本とも評価がかなり高い作品なので、結構期待している。

他にはSteamでDrakensang: The Dark Eyeが 66% OFFの6.79ドル(600円弱か)になっており、これは非常にお買い得だが、Impulseでは平常価格 現在803円となっているので、それほど違いはないだろう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター