CRPGまにあ

アーカイブ:2011年08月

Drakensang: The Dark Eye 第4回

投稿日:2011/08/31 |  カテゴリー:Drakensang: The Dark Eye  |  コメント:0  | トラックバック:0
drakensang 05-52-31-08
やって来ましたFerdokへ

エリア間の移動もBaldur's Gateを"敢えて"踏襲しているようで、新たな情報を聞くとそのエリアが開放されて、ワールドマップ上で表示されるようになる。移動中にランダムで戦闘が起こるところも似たような作りだ。

Ferdokは複数の区画から構成される相当広い街なんですが、到着後は1つのエリアにしか入ることができない。この段階ではそこから2つのエリアに繋がっており、Thiefらしく掏りで小銭を稼ぎつつ、買い物や情報収集をしながら歩き回っていると、予期せぬ展開が待ち受けていた。

主人公をこの街へ呼び寄せた人物である旧友Ardoが、Ferdokで発生している殺人事件の渦中で殺されてしまったと。動揺する主人公であるが、個人的に気になるのは主人公とArdoの関係だ。冒頭シーンとクエストアイテムである手紙でArdoの肉声が聞けるのだが、どう聞いてもお爺ちゃんなのである。主人公キャラは何を選択しても若者となるので、それでいながら旧友とは、良からぬ想像をしてしまう。

drakensang 02-54-05-55
Rhulanaは良き友だ

見た目は筋肉質で性格は威圧的だが、実像は正義感が強くて優しい女なんだろう。Ardo殺人事件については、この街を警護する一団の女隊長Barla Borkensmithから詳細が聞けるという情報を仕入れることができた。早速会いに行ってみると、Ardo以外にもこの街で2人の人物が殺害されており、それら一連の殺人事件を調査してほしいとの依頼を受けた。

他にもBarla婦人からは、Ardoの知人であるForgrimmなるドワーフと、Gladysという女性が貴方方の力になってくれるという助言をしてくれた。二人とも殺害現場の付近に居るようなので、先ずは彼らを見付けることが先決だ。

drakensang 21-41-45-28
そしてちょっとしたお着替えタイム

戦利品や宝箱から入手したアイテムと、店で購入したアイテムで装備を固めてみるが、この段階ではどう見ても貧乏臭くて弱そうに見えてしまう。だが、冒険序盤の泥臭い期間とでも言いましょうか、少しずつ力と装備を強化していくこの過程こそCRPGの醍醐味である。「+1の有り難み」「野暮ったい身形」はとても素敵だ。派手さとか、爽快感などを重視すると、本格的なRPGの正道を逸してしまう。



drakensang 22-12-23-45
まずはForgrimmの下へ

彼は酒場で管を巻いていたが、話し込んでみると直ぐ様パーティーに同伴してくれるようになった。Ugdon Harborで起きた殺人事件の方は、Barla婦人に会う前の段階で散策していたときに拾った一つの宝石が関連していた。

drakensang 23-39-38-32
にゃんこ好きなメーカーさ

2つめの殺人事件はWagner's Homeというエリアで起こっているが、こちらでは被害者が飼っていた猫が導いてくれた。猫は一瞬だけ姿を現してどこかへ消えてしまうが、猫と言えばアレだ。アレを所持して殺害現場に戻ると、こちらの件も宝石を入手することになる。

drakensang 02-30-43-31
Gladysではなく酒場の店員さん

誤解でなければ殺された人物の恋人らしい。店員や客にGladysの所在を聞いてもなかなか居所が掴めなかったが、酒場を出たところで向こうから声を掛けてくれた。Forgrimmはドワーフの戦士で、Gladysはcharlatanというクラスである。charlatanの意味を調べてみると、はったり屋、ペテン師、偽もぐり医者、などらしいけど、このゲームでは手先が器用で人当たりが良く、武器はフェンシングに長け、魔法は主に回復系が得意な何でも屋のようなクラスなのだろう。

drakensang 00-21-28-66
仲間になった直後の状態

ふと思い出したが、Ferdokに入る寸前でDranorさんがパーティーを抜けている。疚しいことを本業としているDranorは、Ferdokの門衛と顔を合わせたくなかったようだが、DranorよりもSocial系Talentにボーナスが掛かっているGladysの方が、さらに社交性の高いキャラクターとなっている。今後、Social系のTalentはGladysの専門としたいところだ。

その後は話の流れで下水に入ることになるのだが、ドラゴンスレイヤーの子孫やら、カルト集団といったワードが殺人事件の裏に潜む謎へと繋がる。と言ってもDrakensangはどちらかと言うと英語が難しく感じるゲームなので、細部まで事態を把握できていないけど。

drakensang 10-52-33-19
4人分の買い物を済ませ

まだまだ序盤ですが、海外RPGといえば序盤は下水が付き物。
4人になって、やっと冒険者一団として見れるようになってきた。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Drakensang: The Dark Eye 第3回

投稿日:2011/08/30 |  カテゴリー:Drakensang: The Dark Eye  |  コメント:3  | トラックバック:0
drakensang 02-11-08-71
9ヶ月ぶりにAvestureへトリップ

主人公キャラとしたのは手癖が悪い盗賊の女子である。Drakensangでは様々なクラスを選択することができるが、先に進めば仲間になるキャラクターを自在に入れ替えることが可能なので、どんなクラスにしても支障はないと思われる。序盤に有利な資質、とかはあるだろうけどね。

drakensang 00-22-05-00
Rhulanaの仕事にして良いのかどうか

少しだけPlant Loreにポイントを突っ込み、草花摘みをRhulanaにやらせているが、どちらかと言うとインテリが得意分野としているTalentなので、いわゆる脳筋のRhulanaには不向きなのではないだろうか。割り振ったポイントはごく微量なので、いずれ仲間が増えてきたら再考してみよう。

drakensang 02-19-54-23
よく見てみると、血しぶき有り

一般的に、ドイツは流血表現に厳しくエロに寛容、米国はその真逆であり、日本は表向き流血や暴力表現には厳しいが、裏側で暗躍するエロは、諸外国から「hentai」というジャンル付けで呼ばれるほどだ。がしかし、私はけして日本のエロを陰湿だとは思わない。エロの力は生物が繁栄していく上で不可欠であるし、単に国産アニメ文化との融合が容易であり好適だったこと。ただそれだけだと思っている。(既出ですがDrakensangはドイツ生まれ)

drakensang 02-50-02-69
友達だったら困る筆頭

クエストを一つずつ書き記していくと途方も無い時間が掛かるのですっ飛ばしているが、NPC Salinaの恋人であり、ちょっとした問題を起こしているお茶目な兄さんだ。ちなみにDranorは3人目に仲間にすることが可能な人物であるが、ThiefではなくRogueなので、ピッキングなどの能力はThiefより若干劣りそうだ。その他面、口八丁手八丁な性格と柔和な容姿から、社交性に長けたキャラクターとなっている。

drakensang 02-50-28-36
こちらはSalinaとHamlok兄妹

Salinaからの依頼を解決すると、Salinaが身元を保証する一人として一筆認めてくれる。もう一人はAvestureに滞在している飲んだくれの魔術師だが、弟子も飲兵衛のようで困ったものだ。魔術師はとある洞窟に居るようで、その洞窟とはDrakensang初回プレイで酷い目にあった「猛者熊」の洞窟である。

drakensang 23-54-55-88
今回は楽勝だ

魔術師じいさんはNPC扱いなので、パーティーに入っても操作できないが、戦いになると魔法を惜しみなく使って参戦してくれる。先に魔術師と話して仲間に引き入れ、その後に熊と戦えば、じいさんはMesmerize系の魔法などで熊を無力化してくれるから、かなり楽に勝つことができた。

洞窟を出てAvestureの通りで落ち合う約束をし、もう一度会ったときに魔術師じいさんも身元保証人として一筆認めてくれた。DrakensangはBaldur's Gate然とした作りであり、広めのエリア複数で大きな世界が構成されている。Avestureだけは特殊なようで、一度出ると戻れないという情報を過去に聞いたことがあるから、ここでの買い物やTalentなどのトレーニングも周密に行っておいた。

drakensang 04-57-33-57
これで外に出られる

何やらDranorも一緒に着いてきたが、余り気にしないでおこう。
向かうは旧友ArdoのいるFerdokだ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Legend of Grimrock のプレイ動画

投稿日:2011/08/27 |  カテゴリー:Legend of Grimrock  |  コメント:8  | トラックバック:0

巨大カタツムリが不気味だ

今年中には出てきそうなLegend of Grimrockですが、インディーズゲームと侮るなかれ、Win&MACの2011年における、「低スペックPCでもプレイ可能ゲーム」はここまで美しいのだ。恐らく国産紙芝居システムPCゲームと同様にして、オンボードGPUでも楽々プレイできるでしょう。

動画を見てみると、私としてはダンジョンマスターよりも、後期WizardryであるBCFとCDSを連想するダンジョンに胸が躍る。見るからにユーザーインターフェースが洗練されているようなので、操作性も確りしてそうだ。

Legend of Grimrock Blog
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

続・期待作の発売予定日

投稿日:2011/08/27 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
自分用のリンクみたいなもの。
続けて並べておけば、右の2011年8月を押せばすぐ飛べるから。

・Dragon Commander
Divine Divinityを作ったLarian Studiosなので大きく外す事はないだろうけど、RPG+Strategy+Actionというジャンルを、ゲーム機&PCのマルチタイトルとするのは手腕が問われる難事となるだろう。2012年中に発売。

・Master of the Broken Worlds
リンク先は4Gamerの紹介記事。ロシア流Heroes of Might & Magicとのこと。
発売日は不明。

・Dishonored
前評判確立制、そしてイメージビデオ(ティザームービー)が無きゃ始まらないコンシューマータイトルには食指が動かない私だが、このタイトルは別物である。久々にArkane Studiosが始動するようで、さらにはパブリッシャーにBethesda Softworksが付いた関係からか、RageとSkyrimの件に追随するように日本語に対応しているようだ。いずれにせよ、3作の中で最も発売日が早いRageの結果により、近頃話題のゼニマックスアジアの意向が明らかになるだろう。というか「Steamによる配信」の一言で済むんだけどね。
DMMMとArxFatalisのレベルデザインの秀逸さに感心したプレイヤーは数多くいるでしょうけど、Dishonoredのゲーム内容はステルスシューター(FPS)のようで、なかなか楽しめるのではないだろうか。2012年Q2に発売予定。



indie

・Legend of Grimrock
2011年内に発売予定



気が向いたら足していきます。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Cryptic StudiosのNeverwinter、1年の延期

投稿日:2011/08/24 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:4  | トラックバック:0
Neverwinter - Wikipedia

2012年後半に発売がずれ込んだ模様。 Neverwinterも期待している作品の一つだっただけに、延期1年というのは残念だが、これを機会に中身をさらに作りこんでくれたら幸いだ。

インディーズを除いた海外作品限定ですが、期待作の発売予定日など。

・A Game of Thrones: Genesis (Strategy)
2011年9月9日となっているが、ずれ込むのではないか。作品としての潜在力は未知数。戦略Turn、戦術Realtimeの定型のように見えるが。

・Might & Magic Heroes VI (Strategy-RPG)
2011年10月13日。これは確実に出てくるでしょう。

・Stronghold 3 (Real-Time Strategy)
欧州2011年9月30日、又は2011年Q3。Zooによる日本語版がどうなるかは不明。

・King Arthur II: The Role-Playing Wargame (Strategy-RPG)
2011年Q4。

・Grim Dawn (Hack and Slash
2011年内。H&Sで中身が期待できそうなのはこれ。

・Jagged Alliance: Back in Action (Tactical RPG)
2012年Q1。Steamで発売予定に入っている。

・Disciples III: Resurrection (Strategy-RPG)
いつ出るのだ。

・Elemental: Fallen Enchantress (4x turn based strategy + RPG)
2011年内。ある意味これが一番楽しみだ。

・Neverwinter (MO-RPG)
2012年後半。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Might & Magic Heroes VI Demo

投稿日:2011/08/22 |  カテゴリー:Might & Magic Heroes VI  |  コメント:0  | トラックバック:0
Might  Magic Heroes VI 17-10-59-95
うーん、格好いい

数日前にデモがリリースされた Might & Magic Heroes VI ですが、ほんの触りだけプレイしてみた。ほんと、キャラをちょっと動かしてみただけの触りプレイ。

本作は既存のHeroes M&Mシリーズか、King's Bountyシリーズをプレイ済みの人なら、違和感なく自然に世界観とシステムに溶け込んでいけることでしょう。逆に言えば新奇なものは一切無いゲームであるが、そのシステムの完成度は折り紙付きであるから、育成と戦術バトルが好みの人なら数十から百時間以上の娯楽が保障されたようなものである。

Might  Magic Heroes VI 17-43-37-46
グラフィックもなかなかの出来

目を凝らして見てみると、2011年生まれの大手産PCゲームにしては物足りなさを感じる画像品質であるが、これだけ美しければちょっとプレイしたら気にならなくなるはず。グラフィック関連の話ですが、ビデオオプションにアンチエイリアシングの項目が無く、Catalyst(Radeon)だとドライバ側からAAオン→インゲームでテクスチャ乱れの見慣れたコンボが発動してしまい、NVIDIAドライバだとどのような挙動を示すか気になるところ。AFも設定できなさそうだったので、ドライバ側で16x辺りにしておくのが無難だけど、私の場合はAFだけはドライバ側から常に16xで有効にしている。

そんな訳で、触りプレイのみだから細かな点にまで及ぶ話はできませんが、インターフェースや操作性などは満点の出来栄えなのではないだろうか。これこそ長くプレイしなければ評価できないポイントかもしれないが、UIが悪い物は、触った瞬間に全てが見通せてしまうような印象を受けるから。

現時点での Might & Magic Heroes VI の発売予定日は 2011年10月13日
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

たまらねぇ

投稿日:2011/08/19 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
Asus ノートPC K53TA

これまで統合プロセッサーと格安ノートの件を何度かネタにしていますが、そう、こういうのさ。今現在は発売直後の品薄状態で、売値49800円のほぼ定価となっているが、数ヶ月もすれば4万円程度で購入できるようになりそう。

この性能が4万円で買えるようになれば、超低消費電力PCという方針でしかE-350を選ぶ意味はないだろう。K53TAのグラフィック性能で、解像度1366×768、若しくは1280×720なら、AAを無茶掛けでもしない限り最新ゲームでさえ十分快適に遊べる。

そんな訳で、Llano搭載の低価格ノートでは、現状K53TAが最も光っている。
今後も続々と魅力的なFusion APUマシンが世に出てくることだろう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Spiderweb SoftwareがSteamに

投稿日:2011/08/17 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:2  | トラックバック:0
game002062b.jpg
第一弾は新作のAvadon: The Black Fortress

先日、iPad版も発売になったようですが、WindowsとMACは20ドルで、iPad版は9.99ドルとなっている。Steamでも恐らく19.99ドルなのだろうと予測できますが、明日発売なのに未だ価格表示が無い。

参考程度にしかならないが、インディーズメーカーのオールドスクールRPGにしては高めのMetascore 75という評価になっている。昨今はハリウッド型のシネマティックRPGでなければ評価されないという、ちょっとばかり歪んだ風潮がある中で、この数値は健闘している方でしょう。



これもSteamパワーなのか。
予想を上回り

・価格は定価 9.99ドル(現在10% OFFで 8.99ドル)
・Steamの実績が30有り
・WindowsとMAC両対応

今のところ公式ページでは20ドルのままだが、iPad版だけ9.99ドルではなかったようです。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

まだまだ要注意であるが。

投稿日:2011/08/17 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
本日は8月6日の記事と関連性があります。

game002061b.jpg
Rageも日本の版元はゼニマックス・アジア

Oblivionは既に5年前のゲームだから除外するとして、Falloutの二作、Hunted: The Demon's Forgeなどは対応せずに、RageとSkyrimにはなぜ日本語の表記があるのか。もう一つ、今春Steamでも発売になったBRINKには日本語テキストのファイルだけ入っているという情報もあり、何やら収拾がつかない状態ですが、SkyrimだけではなくRageにも日本語版の表記があるのなら、誤記である可能性が僅かに低下しただろう。

当Blogへ訪れて下さる方々にとっては百も承知な件ですが
これが現状、考えられる理想的な形ですから。
ですが、まだ予断を許さない。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Sacred 3 に関して

投稿日:2011/08/16 |  カテゴリー:Sacred 2: Ice & Blood  |  コメント:0  | トラックバック:0
出来の悪い子ほど可愛い

そんな形容がしっくりくる Ascaron Entertaimentが作る「Sacred 2」でしたが、マルチプラットフォーム進出に乗り出す過程で背伸びしたことが災いし、見事に倒産してしまった。

背伸びしたことにより、PC版のクローズドサーバーの整備が細部まで行き届かなくなり、結果的に多くのユーザーが煮え湯を飲まされる結末に至る。正に因果応報であり、倒産は色気を出していい加減な運営をしたことへの報いなのかもしれない。

AscaronはGaming Minds Studios と社名を一新して再起を図ることになるが、Sacredシリーズの版権だけは、パブリッシャーであるDeep Silverが承継した。そして1年ほど前に、Risen 2の発表と同時にSacred 3も発表されたのですが、その後は音沙汰なし状態であった。

Sacred 3 - Wikipedia

keen gamesのページ(ドイツのメーカー)

どうやら keen games というメーカーが開発を行うようだ。全く聞いたことがないメーカーでして、調べてみるとPSPやWiiにDSなども含め、PS3や360なども、マルチプラットフォームを標榜するメーカーのようで、ゲーム機に限らずブラウザゲームなど、幅広い展開を推進しているらしい。サイトを一瞥してみると、どうやら現段階でSacred 3開発スタッフの募集を掛けているようなので、発売されるのは2012年どころか2013年以降になりそうな気配が漂う。

そんな未知数メーカーが開発をすることになったSacred 3ですが、発表時のDeep Silverの声明では、「取り敢えずPC版として出します」との記述があったので、Sacred 2と同じような展開になるのではと予測している。先ずはPCにUIを特化したPC版を発売し、その後UIを改変したコンソール版を出すといった具合に。

然しこれは私の予測でしかないので、最悪のシナリオは、とんでもない操作性で、無意味にでかいアイコンに加え、やたらとマウスローラーを駆使する羽目になるゲームとして全機種同時発売になる可能性もあるが、そうなったら脳から存在を抹消するしかない。

いずれにしても、どちらに転ぶか分からない行方を見守りましょう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター