CRPGまにあ

アーカイブ:2011年09月

あの2本がSteamに

投稿日:2011/09/16 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
game002217.jpg
2011年9月29日に発売となっている

SteamのA Game of Thrones - Genesisは10%OFFで 35.99ドル。さらにSteamの実績があるようで、そちらの楽しみが好きなお方はSteamで購入するのが妥当だろう。

もう一つはParadoxセールに混じってSengokuが入荷したようだ。こちらは20%OFFで 23.99ドル。もう発売しているから直ぐに遊べるのだろう。Greenman GamingのSengokuは、本日Keyが送られてきたから既に遊べるはずだが、まだ試していない。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Ever17 - 柔らかさに潜む怪異と悲哀

投稿日:2011/09/12 |  カテゴリー:Ever17 -the out of infinity-  |  コメント:0  | トラックバック:0
最初に書いておきますが、直接的なネタバレはありませんけど、印象のすり込みになるかもしれません。例えば「この人はそんな風に感じたんだな」とか、「じゃあ面白いゲームなんだ」とかも。とは言っても否定的な意見ではないので、読んだとしても良いイメージしか湧かないでしょう。

Ever17はとても有名な作品なんですが、当Blogに訪れて下さる方々ですと知らない人の方が多いでしょう。私と同じようにRPGもStrategyも好きだけど、アドベンチャーゲーム、特に国産のADVが大好きなお方で未プレイでしたら、価格も安いしお勧めの1本です。

奇遇にもリメイク版がXbox360で今年中に発売されるようだが、音声は全て新規収録され、全体的にクオリティーが増すのは確実でしょうから、良くはなっても別の感覚を受けるかもしれない。PC版のPremium Editionは2200円程度で購入できるので、オリジナルを味わいたいのならPC版の方が好適だろう。

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Legends Of Dawn - 際物臭が漂う

投稿日:2011/09/12 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0

ただのイメージ映像でしかない

Dreamatrixというメーカーが Legends of Dawn というタイトルを開発中のようだ。ジャンルはAction & Adventure RPGで、プラットフォームはPC。こちらのサイトを見るからに、Hack and Slash風の匂いがするものの、一般的なアクションゲームのような雰囲気もあるが、分かり易い画像が用意されていないので判別しかねる。

いずれにしても、出来不出来の問題がありますが、マウス+WASDに最適化されたアクションRPGの妙は素晴らしいものであるから、続報を期待しておきましょう。

http://www.legendsofdawn.com/

これがオフィシャルサイトっぽいけど、現在リンク先へ飛べない
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

STEINS;GATE Nitro The Best! Vol.5

投稿日:2011/09/11 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:3  | トラックバック:0
やるぞやるぞと思いつつ、PC版発売からちょうど1年が経過してしまったが、5日後の9月16日にニトロプラスベストシリーズ第5弾として、STEINS;GATEが税込み3990円になって再登場するようだ。DL版も販売されるようで、DL版の方は3150円となっている。

Amazonでは現在 3591円

これはもう買うしかないだろう価格ですけど、遊びたい海外新作Strategyラッシュや、これまでに購入して寝かせてある沢山のゲームなども、他にはBlogに書いていませんが、通販でお買い得なゲームをこれまた沢山購入したりしている。そんな訳で遊ぶ暇がないのだが、さすがにここまでお買い得になったのならシュタインズ・ゲートを優先してみましょうか。

実はこちらもBlogには書いていないんですが、Ever17というアドベンチャーゲームをプレイ中でもありまして、シュタインズ・ゲートも含めてこれら物語で楽しませてくれる作品を遊びたい時期でもあります。Ever17はまだ全てをプレイした訳ではないが、さすがの高評価作品でして、在り来りな感想だけど、最高の一品である。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Sengoku Demoを試す

投稿日:2011/09/11 |  カテゴリー:Sengoku  |  コメント:0  | トラックバック:0
Sengoku 03-29-39-49
おつですな (この画像の解像度は1440x900)

デモ版のファイルサイズは数百メガバイトなので、気軽に試すことができます。Paradoxのゲームは、Europa Universalis III 、Arsenal of Democracyなどを短時間プレイしているが、軽量なデモ版ながら、Sengokuの動作は相当軽く感じられます。

起動時の読み込みも速ければ、ゲームスピードを最速にしてもFPS 45~50前後を維持している。勿論、それ以下の速度ではFPS 60を振り切った状態だが、EU3はまだしも、HoI2エンジンで作られた「もっさり動作」でお馴染みのAoDとは、雲泥の差だと感じられるほど滑らかに動いている。

Sengoku 04-54-31-34
この画像は1920x1200だが、容量の事情から横1500に縮小している

Paradoxのゲームと言えば、解像度の上昇に伴うUIスケーリングをしてくれない作品ばかりであり、Sengokuも高解像度プレイ時のフォントサイズが小さすぎる嫌いがあります。再現するには24~27インチモニターが必要だが、上掲2枚の画像を横1920に拡大すれば、2枚目の画像のフォントサイズが如何に小さいか分かるだろう。

私のモニターはアス比 16:10 の24インチなので、解像度の縦が、1200、1050、900、800、といった所になりますが、24インチモニターでも実用的な解像度は、1280x800、1440x900、辺りが個人的には限界だと思えた。ちなみに私の視力は両眼とも2.0でありますが、日本語に慣れている日本人からすると、小さい英文字には閉口してしまう限りだ。

ここ最近の不祥事で悪評が高まってしまったが、Sengokuはほぼ間違いなくサイバーフロントから日本語版が出そうなので、英語に自信がない人はそちらを持つのも一考だろう。

ゲーム内容としては、とても軽いエンジンによるParadox独自のシステムで遊ぶ戦国絵巻として見れば、かなり魅力がある物だと思います。システム的に野戦などは簡単に方が付くが、城攻めはなかなか面白そうな雰囲気でもある。とは言ってもParadoxゲーム初級者の私が言うことなので、精通した人ですと他の意見が出るかもしれません。

もう一つ、本作にもShogun 2で脚光を浴びた「天下分け目システム」が実装されているようで、日本の半分を掌握すると発生するらしい。バランス如何によって賛否がありそうだが、Strategyの国盗り物で後半起こりがちな、消化試合、勝てると分かりきっている戦い、などに辟易していたプレイヤーらにとって、願ってもないシステムになれば幸いだ。

どっちにしても明後日には発売になり、私は緑男で購入済みであるから
もうすぐ本作を心行くまで楽しむことができる。

みんなが注目している Sengoku Wiki
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

どっちにする

投稿日:2011/09/10 |  カテゴリー:Sengoku  |  コメント:5  | トラックバック:0
SENGOKUとA Game of Thrones - Genesis
両作品ともにGamersGateとGreenman Gamingで発売予定に入っている。

GG
・SENGOKU - 29.95ドル (HOI3が付いてくる)
・A Game of Thrones - Genesis - 39.95ドル

緑男
・SENGOKU - 29.95ドル save15%で 25.45ドル (HOI3付属)
・A Game of Thrones - Genesis - 39.95ドル

数日前の緑男祭りでのクレジットが26.8ドル貯まっているので、緑男でならSENGOKUが0円で購入できてしまう。祭り後にMight and Magic Heroes 6も緑男クレジットで購入したが、ほんと足を向けて寝られない緑男だ。GamersGateはParadox直営であるから、Paradox産のゲームはアップデート面では安心なので、SENGOKUはGGで買いたくなるのが玉に瑕。

こうやって再評価してみると、クーポンによってさらに20%オフになり、緑男クレジットも使えて、Pre-Order割引15%もある緑男はかなりお安く購入できると気づいた。計算してみると、SENGOKUはクーポンでのsave20%で 20.36ドルで購入できてしまう。

game002207.jpg
この価格は魅力だ

もうちょっと再考してから決めますかな。SENGOKUは9月13日発売。A Game of Thrones - Genesisは9月29日発売となっている。来月にはM&M Heroes 6もあるから、しばらくは面白そうなStrategyが立て続けに発売だ。



game002208.jpg
今回は緑男への感謝を込めて

クーポンの対象は一つの商品のみとなるので、新たなsave20%クーポンをA Game of Thrones - Genesisに用い、39.95 x 0.8 - 26.8ドルになり、5.16ドルで購入することができた。そしてSengokuはそのまま25ドルで購入し、日本円にして2400円で、M&M Heroes 6、A Game of Thrones、Sengoku、の3本を購入したことになる。

新作の場合ですと、Greenmanのクライアントでのパッチリリースが少しばかり気に掛かるポイントだが、そこさえSteam並みの「遅れること数日程度」なら許せる範囲といえるだろう。



・後日談

SengokuはGamersGateやGreenman Gamingなどで予約購入すると、Heart of Iron 3がもれなくプレゼントされるんですが、やっぱり緑男さんユルユルやなぁ。プレゼントで貰えたHoI3は10ドルで売ることができます。なので結果的にSengokuは15ドルで購入できた算段となる。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

アブノーマルな香り - また期待作が一つ

投稿日:2011/09/09 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0

タイトル名は Kenshi

Lo-Fi Gamesのサイトへ

オープンワールド型のSquad-Based Strategy RPGとのこと。いわゆる変則的なStrategy-RPGなんでしょうが、開発者は6ポンドのパートをしながら取り組んでいるようで、けっこう苦戦されているようです。

価格はUS10ドルで、取り敢えずリリースは来月になるのかな。
面白そうだからお布施の意味も込めて購入してみよう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

取り敢えずネタ

投稿日:2011/09/06 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
ゼニマックスアジアの件ですが、RAGEはお知らせが掲載されたが、Steamに関しての言及は無し。この流れでユーザーが恐れることは、パッケージ販売のみになり、平然とSteamの言語欄から日本語が消され、さらに「おま国」になることだが、それをやったら下衆の所業として後々までの語り種となるだろう。

気になるポイントとしては、コンソール機版は10月6日発売だが、ゼニマックスサイトではPC版の発売日は10月27日になっている。Steamでは以前と変わらず10月7日に発売となっているが、Steamの方はそのまま発売になることが望ましい。

と言うよりも、個人的にRAGEに興味は一切無いのだが、次に控えているSkyrimの件は興味津々である。RAGEがこうなったからには、SteamのSkyrimも安泰だと思いたい。当Blogに訪れて下さる方々にとっては、Skyrimは気になる作品でもあるだろうし。



・トータル ウォー: ショーグン2 日本語版 2011年9月30日に発売

遅い、高い、DLCが無さそう。だとしても、Shogun 2のHelpは文字量が相当多いので、そちらの解説を日本語で読めることに価値はあるだろう。有志の日本語化MODはそこまで手が回ってないから。然しながら、このタイミングなら3つのDLCも付属であって欲しかった。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

努力などいらない錬金術 - それは緑男

投稿日:2011/09/05 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:2  | トラックバック:0
既に一部ゲームが通常買取り価格に戻っているので
古い情報になりますけど、興味がある人だけ続きを読むからどうぞ。

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Elemental: War of Magic Ver1.39beta

投稿日:2011/09/02 |  カテゴリー:Elemental: War of Magic  |  コメント:0  | トラックバック:0
Elemental 22-56-54-53
そして誰もいなくなった

Ver1.4への橋渡し的存在である1.39なんでしょうが、あちらを立てればこちらが立たず、何か新しい修正を施すと、別の箇所で異常が発生している循環大好きなStradockだ。これではFallen Enchantressが心配になってしまう今日この頃である。

先ずはVer1.3からの不都合ですが、画像をご覧頂ければお分かりのように、街で働く人々が消えてしまっている。これは敢えてそのような仕様にしたのなら問題ない事なのかもしれないけれど、無人の街にちょっとばかり寂しさを感じてしまう。

他には兵を雇う時のコスト表示が壊れているが、これは説明し難いんですけど、先に合わせていたカーソルのコストが優先されてしまい、高かったり安かったり、可笑しな表示になるのだ。この辺りは少しプレイすれば分かりそうなものなんだけどね。

もう一つはNotable Locationのレベル制限が壊れている。自身のLocation Levelが 1 だとしても、Lv4でもLv5でもそのままアイテムが入手できてしまう。他にも探せば幾らでも出てきそうだが、ゲームのルール自体がVersionごとに右往左往しているのも気になるポイントだ。Ver1.39からは低レベル施設は1ターンで建設可能となっており、プレイフィーリングが全く別物になっている。

いずれにしても、Fallen Enchantressではがっちりと決めて欲しいものだ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター