CRPGまにあ

アーカイブ:2011年12月

Catalyst 12.1 preview を入れてみたが

投稿日:2011/12/16 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
そろそろ HD7000シリーズの足音が聞こえてきそうなRadeonですが、ドライバの 12.1previewを試してみた。今回の目玉は、以前のCCCでは可能であったアプリケーションごとの3D設定が出来るようになるというもの。アプリごとの設定はNVIDIAドライバの3D設定の管理がとても扱い易いが、新たなCCCの出来は如何に。

cccview.jpg

NVIDIAでは先に exeファイルを指定してから個別に設定していくのだけれど、新たなCCCは逆の手法を用いており、はっきり言って分かり難い。NVIDIAで例えるとグローバル設定上で調整した後に exeファイルを選択するという順になっているようで、設定後は画像のアプリケーション プロファイルという項目でただ確認できるだけなのだ。もう一度変更するには同じ手順を踏まねばならず、煩雑といった印象しか受けない仕様である。

使い易いのだからNVIDIAのをそのままアレしちゃえばいいものを。ちなみにドライバ側からSkyrimのAAが有効にならなくなったが、SkyrimLauncherからやれば問題はない。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

The Elder Scrolls IV: Oblivion - 欠陥が美味でもある

投稿日:2011/12/15 |  カテゴリー:The Elder Scrolls IV: Oblivion  |  コメント:0  | トラックバック:0
Oblivion 04-59-04-99
結局、手遅れにならないうちに修行を開始する

発売当初は早期にAF Levelingなどのレベルアップシステム改善MODを導入した為に、Vanilla Oblivionでの育成の味は殆ど知らなかったが、Morrowindからほぼそのままシステムを受け継いでいるので同じゲームの感覚で修行に励むことができる。

違う所としては、MorrowindのNPCは立ちどおしか一定範囲を歩き回るくらいの知能しか持ち合わせていなかったが、Oblivion以降は画像のようにNPCがベッドで寝てしまったりする。画像の場所はChorrolのFighters Guildだが、よくよく見てみると日本語化MODの販売員だった為に爆笑してしまった。

前回記事では+5x3に気持ちが縛られてしまうシステムは欠陥だと書いているが、何だかんだ言ってMorrowindでも自分なりの能率が良い修行スケジュールを組んで楽しんでみたりしていた訳で、計画的にじわじわと自キャラが育っていく過程はかなり面白いのだろう。

Dread Zombie VS Imperial Guard
Oblivion 20-50-44-16
ガードよ、御愁傷様

当初は武器と鎧と盾を実戦で鍛え、ある程度強くなってからは魔法系を引き篭もり修行で結構上げたためにLv 25になったが、ここまで上がると出現するクリーチャーや敵NPCなどが相当強くなり始めている。Oblivionは自分のキャラが強くなれば世界に存在するほぼ全ての生物も強くなっていくシステムであり、「そこらの山賊や村ガードまでこんなに強力になるのはおかしい」という不平や、中盤以降ですと、貧しいから通りすがりの人々を襲うはずの野盗がDaedricやEbonyなどの絢爛装備に身を包んでいたりすることも含め、賛否両論だろうけど、いつまでも敵が強くなり続ければ意欲がそれだけ保たれるので、間を取って損得なしといった所か。

Oblivion 21-53-50-28
Cheydinhal の宿

ここはダークエルフの店だよの台詞が印象的だが、この店が何故か好きなのだ。ダークエルフといえばNPCらのお喋りに耳を傾けると、この時期のMorrowindは大変なことになっているようだが、どのような経緯でSkyrimに繋がっていくのか、そこらを知る為にはやっぱり自らの手でOblivionを味わい尽くすしかない。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

The Elder Scrolls IV: Oblivion - 6年目の本気

投稿日:2011/12/12 |  カテゴリー:The Elder Scrolls IV: Oblivion  |  コメント:0  | トラックバック:0
Oblivion 18-49-13-38
物売り中なので半裸

Argonian好きなのでこれで決まりだ。TESでクエストだけを追うプレイは不本意でしかないが、他には目もくれずにメインクエストだけ辿れば数十時間で終わるのかもしれないけど、さすがにそんなプレイはできないなと再認識したところ。

ルールとしては
・MODは日本語化とUIだけにする
・クラスはテンプレートを選ぶ
・レベルアップ時の +5調整はやらない。自由にプレイして全てを受け入れる。
・時間が掛かったとしても出来る限り色んなものを見て回る
・もちろん本編とSIの両方を終えたい

こんな所なんですが、いきなりAlchemyだけ上がり過ぎてAttributeを調整したい病が再発してしまう。さきほどコメントへの返信にちょこっと書いたんですけど、このシステムが好きになれないから、MorrowindではGCDを愛用し、Oblivionの過去プレイではAF Levelingなどを常用していた。

このレベルアップシステムはTES3とTES4の欠陥であると思っている。仕組みを理解した後は、毎回 Attributeを +5x3つにする最強キャラ遊びが意外と楽しかったりするんだけれど、このゲームの本質は何にも縛られずに自由気ままにプレイをしたいという「欲求」だから、レベルアップ毎にやきもきしたくないのだ。

Skyrimでは仕様がライトに移行してしまったが
上記欠陥は見事に改善されている。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Skyrim - 日常のひとこま

投稿日:2011/12/11 |  カテゴリー:The Elder Scrolls V: Skyrim  |  コメント:0  | トラックバック:0
低俗な行為がこれだけ映えて笑えるゲームは珍しい。TES3 Morrowindは映像描写が弱く、稀に付き従うNPCのお頭も弱かったから想像で補填するしかなかったが、Oblivionで随分進化して、Skyrimでは描写もAIも相当強化されている。結果的にTESの醍醐味であるいたずら遊びがさらに面白くなるというものだ。

TESV 17-45-28-33
今作はぷるぷる描写が無くなっている

狩猟や釣りなどで生計を立てていた狩人と出会う。狩人から少しばかりの魚や皮を買い取り、別れた直後に狼に襲われ、撃退した後にそのままむんずと掴んで狩人のもとへ。放す時に狩人愛用のボールに触れてしまったからだと思うが「何でそんな事をする?」と、これがまたいい間で入ってきたのだ。

TESV 18-35-13-21
事件現場にしては様子が変だが

まだこの地点は歩いていなかったので、見た瞬間は殺人現場かと思いきや、身包みを剥がされているから様子が可笑しい。そこでふと昨夜の行動を思い出す。山賊を倒したあとに崖の上から落としていたのだ。犯人は私であったが、残酷かもしれないけど、これこそ狩猟民族が作ったゲームである。

TESV 18-57-27-55
右端に座っているのはお供のファエンダル

コンパニオンに「座れ」の命令も可能だから、和気藹々な場面を作り易くなっている。適当にひと暴れして町へ戻って、薬草や鉱石などからアイテムを作成し、その後は酒場で疲れを癒すという、まさにロールプレイといった遊びで楽しんでいます。

Skyrimは操作性とユーザーインターフェースの出来は酷いものであるが、キーバインドを自分好みにして、マウスに複数のボタンが付いていれば操作性はかなり改善できる。ちょっと気になる要素はあるものの、ここまでのプレイ感想は実に素晴らしいゲームといった塩梅だ。余りにも良い作品だからコンテンツを消化するのが惜しくなってしまうほどです。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Morrowind Overhaulを試す

投稿日:2011/12/11 |  カテゴリー:The Elder Scrolls III: Morrowind  |  コメント:0  | トラックバック:0
Morrowind 06-30-32-34
これはVer 1.0の状態で撮影

Morrowind Overhaul はTotal Conversion Modなので、地形だけでなく人体や調度品なども奇麗な物に置き換わります。導入するには Ver1.0→Ver1.1→Ver1.2→Ver1.3と順を追って進めなければならず、ファイルサイズが大きいから手間が掛かるModなんですが、次回のVer 2.0からはオートアップデート機能と、インストール時の工程を簡素化するなどの手直しが入るようです。

Morrowind 06-41-43-68
実に渋みがある

以前からグラスやボトルなどの置き換えMODが沢山ありましたが、全てがセットになっているからとても便利であることと、趣向が統一されているから一部の物品によって雰囲気が損なわれたりする問題が起きない。

Morrowind 07-05-19-57
Vivec Cantonからの遠景

眼前で直視していない表示エリアにはモーションブラーのような描画が用いられるんですが、リアルではあるけど好まない人も居そうである。恐らくこの点も調節できるのではないだろうか。(試していないから何とも言えない)

※被写界深度 depth of field でした

MorrowindのグラフィックMODと言えば、激烈な重さになってしまうという先入観が根付いていたが、いまプレイしてみるとそこまで重いとは感じなくなっていた。現在使用しているPCが以前より性能が上がっていることも大きな要因だけれど、今となってはMorrowind Overhaulを導入したグラフィック最高設定でも十分遊べる範囲だ。具体的にはフレームレートが30を切ることが殆どなくなっている。

Morrowind 07-37-16-94
始まりの地 Seyda Neen も有り得ないほどの美しさに変貌

Morrowind 07-37-27-77
650gpのプレートでお馴染み Census Office

Morrowind 07-40-49-04
内部は美しさの調和が保たれている

Morrowind 07-15-25-45
食べ物も美味しそうだ。見えている品の1つはネズミの肉だが

Morrowind 07-26-24-56
MorrowindといえばSuranを忘れちゃいけない

Oblivion記事の直後にこれを書いているが、表現したい事の真意は「Morrowindも現行PCだと素晴らしい状態でプレイできる」と、そういう趣旨であります。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

危険すぎるTES熱

投稿日:2011/12/11 |  カテゴリー:The Elder Scrolls IV: Oblivion  |  コメント:0  | トラックバック:0
TESに触れると現実世界に帰ってこられなくなるから、それを危惧していたことも距離を置いた1つの理由であったが、やっぱりこれは危ない。Oblivionの軽い設定のみでも、全てを忘れて没頭している私がいた。

Oblivion 12-59-22-29
MODはUI系と日本語化のみ

購入したOblivion Game of the Year Deluxeは、本体と拡張のShivering Isles(以後SI)と、DLC 9つがセットになった品で、日本語化MODは本体+SI用のメインと、本体+SI+Morroの訳本MOD、DLCは9つ全ての日本語化ファイルが揃っており、正に至れり尽くせりで有り難いことです。

使い慣れていたBTModが何故か有効にならなかったので、原因を探るよりも新たな物をと考え DarkUId DarN を入れてみた。DarkUId DarN はフォントの行間や字間などの調整が些か面倒であるが、手間を掛ければそれ以上の見返りがある素晴らしいUI MODだと感じた。

Oblivion 12-59-30-11
フォントサイズと字間をもう少し詰める必要があるが、取り敢えずこれで

Oblivion 12-59-58-00
フォントは太くてくっきりメイリオを使用している

Oblivion 10-45-03-02
こちらも読み易いサイズに調整

DarkUId DarN はOBMMで有効化したので、追加espはJP BooksとJPWikiModの2つだけというシンプルな構成になった。記憶している限りでは、以前のプレイ進捗度はメインクエストが1/3ほど、派閥クエストはMageが1/2、Fightersが触りだけ、他は全く手付かずなので、この状態でも相当楽しめそうである。

久々にOblivionをインストしたわけで、グラフィック設定は定番ともいえる WUXGA 4xAA AFx16 in-game option max、発売当初は負荷を下げるために ini にも手を入れていたが、今回は ini は全く触らず、この設定でも現行PCだとストレス無く動くので、発売から5年経ってはいるが、いまこそOblivionを快適に遊べる時代が到来したのかもしれない。

※効果が反映されているか確認していないが、Skyrim設定のまま Adaptive Multi-sample AA とCatalyst A.I.をHigh Qualityにしてあります。若干だがこの設定で重くなるからね。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

The Elder Scrolls V: Skyrim 絶賛にも色々あって

投稿日:2011/12/10 |  カテゴリー:The Elder Scrolls V: Skyrim  |  コメント:2  | トラックバック:0
TESV 23-55-07-22
立ち尽くしているだけでもゲームとして成立する

プレイ環境は
・Phenom II x6 3.5Ghz(Thuban)
・HD5870
・Memory 4GB
・WD5000AAKS Striping
・Windows 7 64bit

グラフィック設定は起動時のSkyrimLauncherでAA以外は最高にして、AAはx4、解像度は1920x1200。ドライバ側で気休めっぽくCatalyst A.I.をHigh Qualityにして、もう1つはそれなりに効果があるAnti-Aliasing ModeをAdaptive Multi-sample AAにしてある。

言ってみればほぼ最高設定になるわけですが、私のPC構成でも快適に遊べるゲームだ。従いまして、i5-2500k(1.7万円)、HD6870(1.5万円)、あたりが今からPCを組むのなら値打ちになるかもしれない。CPUはSandyなら4コアでクロックがそこそこ高ければ問題ないし、HD5870とほぼ同格の6870ならFullHD 4xAA graphic option maxで快適に遊べるだろう。メモリは現在 DDR3-1600 8GBが3千円以下で購入できるから、パーツとして勘定する必要がないほどの安さだ。

TESV 03-21-26-14
今作はキッズとワンコがいます

子供には攻撃できないシステムのようで、犬はどうなんだろ。私は犬が大好き人間なので、例えゲームであっても犬に手を出すなんて想像すらしたくない。可愛い子供とワンちゃんなんですが、「毛」に目をやるとやっぱり旧世代ゲームという印象が拭えない。DX11で毛だけでもさらさらで作りこんでくれたら、さらなるセールスポイントとなったであろう。

TESV 16-26-49-23
光源処理と空気が上手く交わっている

Skyrimは各所で絶賛されているが、実際にプレイしてみるとけして過大評価ではないことが分かります。Oblivionも良く出来たゲームであり、いわゆる箱庭世界観遊びが映える作品であったが、長所はそのまま維持しつつ、Oblivionで物足りなかった箇所への補強が見事に実現されているのだ。

その内の1つでもある三人称視点への改修が行われており、海外の凡庸3Dアクションゲームでお馴染みのシステムであるが、TES3とTES4では非実用的であった三人称視点でのプレイがやり易くなっている。

TESV 16-29-56-46
TES4から可能になった不謹慎な遊び

SkyrimはTES4より掴む力が増しているようで、余程の大物でもない限り摘まんでぶらぶらマジシャン遊びが簡単に行えるようになっている。野盗の死体を積み上げてみたり、憎たらしいNPCのベッドにゴミを並べてみたり、断崖で物を放り投げてみたりと、まさに悪趣味な遊びに好適であるが、TES4と同様に優れた物理演算エンジンであるからこそ、逆に内装や装飾には不向きとなってしまった所が残念だ。内装遊びに関しては、TES3 Morrowindが懐かしく感じてしまう。

他にもアイテム作成や強化などが相当進化していますし、TESの真骨頂はそのままに、足りなかった所を徹底的に強化するという方向性が上手く嵌まっているSkyrimであるだろう。それ故に、SkyrimからTESを始めたプレイヤーよりも、TES3やTES4をよく知る人ほど、Skyrimを高評価するのではないだろうか。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

SteamセールでOblivion GOTYを購入

投稿日:2011/12/10 |  カテゴリー:The Elder Scrolls IV: Oblivion  |  コメント:0  | トラックバック:0
game002720.jpg
拡張とDLCが全て込みの品

当BlogではMorrowindを愛するゲームの筆頭に挙げつつも、BethesdaとOblivionに関しては厳しい意見を述べていますが、嫌いは好きの裏返しと言うこととで、好きだったからこそ嫌いになってしまったのだ。

Oblivionは発売直後にCollector's Editionを購入し、300時間ほどプレイしたのですが、当初は作品のメインターゲット層の変移や、明らかにPCゲームとして手抜きであるインターフェースなどに気づかぬ振りをしていたが、あるとき倦怠感が頂点に達してそのまま止めてしまった。その後、今から2年ほど前にCollector's Editionの下取り価格が1万円にまで上昇していたので、怒りに任せて売り捌いてしまったのだ。

そのような事情があった訳ですが、Skyrimをプレイしていると、やっぱり前作を途中で止めてしまった件が気になって仕方がない。これまで何度もOblivionの75% OFFセールをスルーしていたんですが、奇遇にも今回のセールが助け舟となってくれた。Skyrimは適度に遊びつつ、Oblivionの方はちょっくら気合を入れて最後まで遊んでみようかなと計画しています。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

The Elder Scrolls V: Skyrim - 9年で3回

投稿日:2011/12/08 |  カテゴリー:The Elder Scrolls V: Skyrim  |  コメント:2  | トラックバック:0
TESV 19-12-57-67
Summerset Isleは何作目になるのだ

タイトルに深い意味はありません。2002年の衝撃、2006年の再会、2011に感心。取り敢えず適当なキャラクターを作ってそこらを徘徊し始めたところですが、起動時のランチャーでAAを設定しても、再起動すると初期化される不具合があるようだ。開始毎に設定し直せばいいのだが、手間が掛かる。

※ランチャーの「オプション」を開いてしまうと初期化されるようです

SkyrimPrefs.ini の bFXAAEnabled を「1」にすればFXAAが有効になるようだが、Skyrimはどちらかと言うとジャギーが余り気にならないタイプのゲームだろう。と言うよりコンソール重視で開発されたゲームの特徴として、低解像度だとしても non-AA だとしても、画像に粗が表れ難い作品が多いような気がする。

色んな地域に行った訳ではないので信頼のおけぬ所見になりますが、グラフィックはOblivionと比較すると順当に向上していると思えた。

Oblivion 06-53-00-00

あえて小さくしておきましたけど、こうやって比較してみると、あれだけ美しく見えたOblivionでも、やはり旧作だなと感じてしまう。

TESV 19-04-13-35
赤丸の皮膚に注目

ここ数年のゲームはずっとDirectX9に縛られている訳ですが、それでも人体の表面は以前のゲームより進歩しているだろう。そこだけしか大して違いがないのかもしれないけど、グラフィックの進化が停滞しているからこそ、何をプレイしても軽い現状を喜ぶしかない。無論、Skyrimは結構軽く感じるゲームである。

続きはスクリーンショットだけです

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

なんだかねぇ

投稿日:2011/12/08 |  カテゴリー:The Elder Scrolls V: Skyrim  |  コメント:5  | トラックバック:0
ゼニアジページへ

文字にするとこのエントリーのみを見た方々に誤解を与えそうなので、リンク先を閲覧ください。ネットのDL販売では必須であるカードが無い人の為にパッケージ版も必需なんだろうけど、私たちのように頻繁にゲームの情報を追うユーザーは事情を酌んでいるが、余りに乱立すると混乱を招くことになりかねない。

とは言っても件のブツを買えば確実に日本語で遊べるわけであるし、価格は高くても日本語コンソール版と同額だろうから、PC事情に熟知していない人たち向けとして適当な商品なのだろう。

今し方インストールが完了したところですが、12月2日のゼニアジのお知らせには「購入時に言語を選択する」とか、「先に英語版を購入したお客様はアンインストール後にもう一度…」などと変に小難しい文言であったが、なんてことはない、一般的なSteam製品と全く同じです。

日本語で遊べるゲームなので、インストールすればそのまま日本語になっているし、「プロパティの言語」から他国語の選択も可能なようです。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター