CRPGまにあ

アーカイブ:2011年12月

2011年にプレイしたゲームの感想

投稿日:2011/12/31 |  カテゴリー:2011年にプレイしたゲームの感想  |  コメント:0  | トラックバック:0
Blogを始めて3年目、正確には2年と7ヶ月ですけども、以前のホームページは長くても1年と言ったところでしたが、最長記録を更新し続けている。来年もこれまで通り無理をしない範囲で続けていこうと思っています。

毎度のように旧作品が幾つか含まれているものの、今年は個人的にゲームの当たり年であっただろう。最早通例行事となったDL販売激安セールで買い漁ることを控え、遊びたいと思った作品を優先してプレイし、面白いと感じたら出来る限り最後まで遊ぶように心がけていた。

規模が小さい物が数本ほどあったけれど、今年は最後まで遊んだ作品が10本を超えたのだ。一時期、クリアまで到達する作品は年に1~2本程度に落ち込んでいたが、Blogを管理することによって熱意が蘇ってきたのだろう。

購入は昨年末になりますが、今年は本家後期Wizardryの正当な世継ぎともいえる迷宮クロスブラッドから始まり、締めはSkyrimを含めたTESファミリーでして、1998年、2001年、2002年と遜色ない充実した1年だった。

表向き並びは順不同としておきますが、そうは言いつつも上にきている作品ほど「私としては優秀な作品」であった、という気持ちが込められているのかもしれない。

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Shogun 2 のDLCをGGセールで購入

投稿日:2011/12/30 |  カテゴリー:Total War: Shogun 2  |  コメント:10  | トラックバック:0
GamersGateセールで Total War シリーズが75% OFFになっており、Shogun 2 のDLCも対象商品になっていたので、持っていない残り3つのDLCを購入してみた。

shogun2dlc.jpg
3つで 3.7ドル

Shogun 2 本体も75% OFFになっていて、7.48ドルという驚きの低価格で販売されている。Shogun 2 は今年プレイしたゲームの中でも一二を争うほどの良作であるから、本体+DLC5つで約12ドルという価格は驚異的であるだろう。

Strategy好きか日本史好きの人は既にプレイしているでしょうけど、持っていないのならお勧めの1本です。日本産の歴史ゲームしか体験したことがない人だとしたら、価値観が変わるほどの衝撃を受けるかもしれない。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Morrowind - MGSO水辺の神

投稿日:2011/12/29 |  カテゴリー:The Elder Scrolls III: Morrowind  |  コメント:0  | トラックバック:0
Morrowind Overhaul

MODのセットを終えてMorrowind MGSOで少しプレイしてみたが、人体、屋内など、これらは最新TESであるSkyrimに及ばないのかもしれないが、水辺となれば話は別で、水への執念が感じられるほど美しい。恐らく、水辺だけなら見ようによってはSkyrimをも超え、これまで体験したベンチマークも含めた3Dアプリケーションで最も美しいのではないだろうか。MGSO恐るべし。

Morrowind 12-12-46-80
水辺と雑多な草の取り合わせで右に出るものはないだろう

水面には細波が立っているし、水への写りこみも美しく、潜ったときの透明度も絶妙な加減である。そしてTES4とTES5でさえ御座なりになっていた草木への衝突判定だが、MGSOはキャラクターが通過すると草が正しく押されて動くのだ。

Morrowind 13-02-43-77
Morrowindの特徴である鬱蒼とした湿地帯がよりリアルに

画像は Hla Oad の北側だが、快晴のお昼にでも歩いてみるといいだろう。問題となるのはSkyrimよりも重いゲームになってしまうことだけど、激しく重いのはBalmoraなどの大きめの町だけなので、野外でフレームレートが 30 を切ることはまず無いと思える。

以下はスクリーンショットのみです。

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Morrowind Overhaul 2.0を試す

投稿日:2011/12/28 |  カテゴリー:The Elder Scrolls III: Morrowind  |  コメント:0  | トラックバック:0
Morrowind 22-37-07-89
Oblivionを超える美しさ

Morrowind Overhaul

2.0を導入してみましたが、インストール工程の大半を Auto で行えるようになったので、Morrowind MODに馴染みがない人でも気軽に試せるようになったことだろう。解像度を指定したり、ExeOptimizerの項目でフォルダを指定したりと、一部にマニュアル操作をする箇所があるくらいで、それ以外は自動操作で最後まで進んでくれる。

今回から Performances Settings をインストール過程で決めるようになったが、4段階ありまして、最高の「Very Good PC」の推奨は i7 or Phenom II 3Ghz以上、メモリ4GB、GPUはHD5850&5870 GTX470&480以上となっている。最高設定で遊ぶにはそれなりの環境が必要になるが、それこそSkyrimが動くPCなら全く問題ないはずだ。

Morrowind 16-07-27-83
本物の沼写真の中に紛れ込ませても違和感がないほどリアル

1.3より若干重くなっているようだが、さらに統一感が増したことと、光源の付近は自然に明るく、闇は確り暗く、ファンタジーゲームでは重要な明暗の調整が素晴らしく感じた。そのままだとさすがに古臭いMorrowindであるが、Morrowind Overhaulを入れた初プレイは相当価値があるのではないだろうか。

Oblivionはプレイしたが、Morrowindは小難しそうで尻込みしていた人で
・Oblivionの温い戦闘バランスは気にならなかった
・いわゆる戦士や魔法使いのロールプレイが楽しかった
・Oblivionは楽しかったがFactionが少ないから「ごっこ」の幅が狭く感じた
・OblivionやSkyrimが大好きだから、もっとTamrielに触れたい
・Tamrielに於ける「アジア圏」を見てみたい

などなど、他にもありそうだが、上記に該当する人はプレイしてみる価値があるだろう。ゲームバランスはMorrowind Overhaulに内蔵されているMCPなどでかなり良くなっているが、それでもバランス的にはTES3~TES5の中で最も破綻しているMorrowindだが、読み物として、ロールプレイの受け皿として楽しむのなら、OblivionもSkyrimも及ばない素晴らしい世界がそこに広がっている。

※Morrowind Overhaulの設定でMCPのウインドウがポップアップする段階があるが、基本的に何も触らずに Apply chosen patches を押すだけでいいのだけれど、Swift casting だけは有効にするほうがストレスとは無縁になれそうだ。Swift castingを有効にすれば、戦闘での抜刀と魔法詠唱の概念がOblivionと全く同じになります。



●インストールとプレイの要点

・OSがVistaか7なら、ProgramフォルダではなくCやDドライブ直下にMorrowindをインストールする。もちろんMGSOを入れる前にクリーンインストールする。

・Part1からPart4までのファイル4つ全てが必要

・インストールは Auto を選択する

・解像度はお好みで良いが、横1920はきついかもしれない

・ExeOptimizerの段階では Morrowind フォルダを指定する

・パフォーマンス設定はよほど非力なPCでもない限り最高でいい

・MGSO Optionの設定画面では何も触らずApplyをクリック

・MCPの設定画面もそのままApplyで問題ない

・MGSOのインストールが済んだら、平常通りTestoolでObject Mergeをして、その後Wrye MashでLeveled Listを作成する。

・Morrowindは以前より快適にプレイできるようになっているものの、マウスカーソルの速度はWindowsよりも遅いはずなので、dpi調整ができるマウスならさらにプレイが快適になる。

・文字サイズが小さいとか、癖が強くて読み難いと感じたら Make MW Fonts を。

Morrowindにゲームバランスを求めるのは酷なことであるから、プレイするのなら世界観に浸るプレイを信条にするとして、追加で入れるMODで個人的にお勧めなのは、MCA 6.1、NoM、あたりになる。ちなみにMCA 6.1は Westly's Master Head Pack というMODも必要だ。

レベルアップやバランス改善MODならGCDとBTBというワードを記憶の片隅に。と、ここまで書いてみたものの、娯楽MODを勧める行為というのは、詰まるところ価値観の押し付けになってしまうから、インストールできたら後は好きなようにやっちゃいましょう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Morrowindも再び - 止まらないTES熱

投稿日:2011/12/26 |  カテゴリー:The Elder Scrolls III: Morrowind  |  コメント:0  | トラックバック:0
Morrowind 23-29-28-31
これぞ合理的GUIの模範

2002年発売当初はPentium 3がまだまだ現役で、GPUはGeForce2MX、GeForce2Proあたりが主流だった。上位となるとNorthwood P4、GPUはGeForce4 Tiになるだろうか。何れにせよ、P4やGF4 Ti 程度では力不足であるから、発売直後はマウスカーソルの鈍い動きに泣かされたものの、時と共にその問題は解決した。

今となってはどんなPCでも快適に遊べるMorrowindだが、9年前でさえこれほど素晴らしいユーザーインターフェースを実装していたのに、SkyrimとOblivionの体たらくぶりが改めて実感できた次第。

Morrowind 22-15-32-75
Breaded chickin leg

今でもMODの開発が盛んなようで、更新が止まっていたNoMことNecessities of MorrowindがVersion 3.03になっていたり、バランスMODのお気に入りだったWGIをベースとするBTB's Game Improvementsはなかなかの物であるし、TESシリーズは時が経てば経つほど面白さが増していく傾向にあり、未だVvardenfellに足を踏み入れたことがない人たちが羨ましい。

今からプレイするのなら、バグ修正とゲームバランスを緩やかに適正化する Morrowind Patch Project、Morrowind Code Patch、この2つは入れたい。バグやバランス云々というよりも、その体験が極上のものになるだろう。

OblivionはWikiや個人サイトが沢山ありますけど、Morrowindの勉強には Azura様がみてる こちらさんを熟読すればMODの扱い方が完璧にマスターできます。

Azura様がみてるに解説があるんですが、MorrowindでMODを扱うには
・Wyre Mash(必須。今はスタンドアローン版があるからそれで)
・TESTool(必須に近い)
・mlox(任意で)

mloxはお好みだが、Wyre Mashは必要です。他には、MGEでグラフィック強化機能は使わないで、上掲画像のように解像度のみ 16:9 16:10 設定にしたり、skip opening movie、MGEからの軽い ini 設定など、こういう使い方もなかなか宜しいです。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Oblivion - あの町の美人さん No.1

投稿日:2011/12/24 |  カテゴリー:The Elder Scrolls IV: Oblivion  |  コメント:0  | トラックバック:0
難易度に関する頭が痛い話はあれで終わりにして、誰もが好きな美人キャラクターの話題。男子は言うまでもないが、女子であっても美人には興味があるから、やっぱり皆の羨望の的なのだ。

とは言ってもここはTamrielというゲーム内の世界である。世の中では化け物だらけのゲームというレッテルを貼られているOblivionだが、奇跡的に美人として存在しているキャラクターが居るのである。私はテクスチャ系MODは入れずにプレイしているので、Oblivion素のままの姿、素のままの美人をピックアップしてみよう。

全てを歩き回った訳じゃないので、今回は第一弾になりそうだ。

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Oblivion - イキたくてもイケない、それがTamrielの伝統

投稿日:2011/12/23 |  カテゴリー:The Elder Scrolls IV: Oblivion  |  コメント:2  | トラックバック:0
タイトルだけ見るとイヤらしさが滲み出てくるようだが
けしてイヤらしい話題ではない。

12月10日にSteamでOblivionを購入してからは毎日のようにCyrodiilを踏査する日々だが、発売直後に数百時間プレイしていたとは言え、クエストや事件や、私の大好きな「有り得ない事態の勃発」などで飽きがくる事がない。もしもプレイ記にしていたら、労力さえ惜しまなければ1年分にもなろうかというボリュームには相変わらず感心してしまう。

とは言っても、もう二度とこの話題には触れないと以前に誓ったのだが、TESシリーズの難易度調整におけるBethesdaの信条、或いは意志、これだけはどうあっても容認できないし、ロールプレイを重視した作品だからと見過ごすことはできない仕様であるだろう。

基本的にTES3以降は、如何なるプレイヤーであっても最後まで遊ぶことができて、全てのコンテンツに触れることができて、敵が強すぎたりして詰まることがないように配慮したバランスがデフォルトの難易度ノーマルになっている。

ロールプレイの語義とはプレイヤーが役割を演じることであり、ロールプレイの意味そのものを尊重しているTESシリーズは、誰でもロールプレイ出来ることが最大の特長として作られている。役割を演じる遊びに重点が置かれた瞬間から、その世界での神はプレイヤー自身であるから、けして行き詰ることがないよう難度は極めて低く調整され、難易度は如何なるときでもプレイヤーが自在に変更できるようなシステムとして作られているのが私の知る TES3 TES4 TES5である。

これらの弊害として顕著なのは、どれだけ戦闘システムが洗練されていたとしても、どれだけ魅力的なアイテムに溢れる世界だったとしても、仮にだが人気があるHack and Slashよりキャラクタービルドが優れていたとしても、不当に緩い難易度と甘すぎる難易度調節機能などによって、その全てが台無しになってしまうことだろう。

ゲームのアイテムに数値があることは定番だが、プレイするからには少しでも良い品が欲しいと誰でも考えるはずで、アイテム入手で一喜一憂するのがコンピュータゲームの醍醐味であることに間違いはない。そして、豊富なアイテムや覚えるスキルを自身で選定し、それらを駆使して場面を突破していくことにアイテムやスキルの価値があるのだ。

TESシリーズのデフォルトの難易度では、戦闘を行う意義さえ見出せないほど温く、全くもって価値がない。TES3からの共通点として、難易度ノーマルでも序盤はそこそこ手ごたえを感じるが、キャラクターが育っていく程にそのバランスが崩れていき、最終的には「適当に良い武器を持ってどつきまわせばOK。ただそれだけ」と、ここに行き着いてしまう。

ロールプレイだから難易度も自分で調節するべきだろうとか、ロールプレイだから自分で縛りを入れなければ楽しめないとか、様々な意見があるのだが、豊富なゲーム内リソース全てを無に帰してしまうような残念な仕様を黙認などできやしない。それだけゲームが好きで、このシリーズが好きなのだ。



現在プレイ中のArgonianはLv40を超えており、ヘビーアーマーに身を包んだ状態だと死にたくても死ねないほどダメージを受けることがないし、育ちきってからは長らくヒーリングポーションすら飲んだことがない。プレイヤーレベルに追いすがるように敵の強さが増していく仕様のOblivionでさえこれなのだから、TES3など論ずるまでもないゲームバランスである。

なにも、「ゲーム開始から最後の瞬間まで魅了されるようなゲームバランスにしてくれ」などという贅沢な要望ではないのだ。Steamのお勧めコメントにも書いたのだが、ハード以上の難易度は固定できるようにすれば済むだけの話。それだけで全く別次元になるというのに。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

本日のお買い物 - Steam

投稿日:2011/12/22 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
steam121222.jpg
2つとも 75% OFF

私の場合は、安いからと言ってゲームを買い漁り過ぎると意欲減退を引き起こしてしまう。そんな訳で、1年ほど前からセール品は節度を守った買い物を心がけ、優先して時間を割くのはいわゆる新製品のフルプライス品にしてきた。今年プレイした作品群が全てを物語っているだろう。

とは言っても欲しいと思っていた作品が安くなれば話は別。Grotesque Tactics は初代作が気になっていたが、余り評価が芳しくなかったことと、購入機会に恵まれなかった為にずっとスルーしていたが、今回のSteamセールはお買い得であるだろう。

二作目の方は発売されてまだ1ヶ月程度なのに75%OFFという思い切りの良さである。初代作をプレイする意思は今のところ無いが、Grotesque Tactics 2 – Dungeons and Donuts を優先してそのうちプレイしてみよう。

もう1つのDefense Grid: The Awakeningの新DLC You Monster! はリリースから2週間程度しか経っていない。本体は発売から数年経っているけども、いくらDLCとは言え75%OFFになるのが早かった。こちらは大好きなTower Defense Strategy なので、否応なくプレイすることになるだろう。

ちなみにセール対象となっているシリーズ6本セットの The Sherlock Holmes Collection も以前から遊びたいと思っていた推理アドベンチャーなんだけれど、推理ものゲームで英語が次々と流れてゆき、証拠品を自宅で化学分析するという工程を6本分想像しただけで尻込みしてしまった。品があって面白そうなゲームなんだけどね。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

幻となったSteam - Skyrimセールの記事

投稿日:2011/12/20 |  カテゴリー:The Elder Scrolls V: Skyrim  |  コメント:9  | トラックバック:0
・Skyrimが25%OFFになったという内容でしたが、直ぐに戻されました。

コンソール版UIをそのまま用いた酷いユーザーインターフェースの不満と、その酷さから必然的に感じられるインターフェースの操作性の悪さと、TES3そしてTES4から進歩のない「プレイヤーが世界のRuler、勝負の駆け引きでさえごっご遊び」の範疇である萎えてしまう難易度システムなどの問題があるけども、それらを差し引いても素晴らしい作品であるだろう。

もしも、上記の至らぬ仕様が全て解決されていて、グラフィックがDirectX 11できっちり作り込まれていたのなら、恐らく史上最高のRPGという声さえ挙がっていたのではないだろうか。だからこそ、惜しくもあり悲しい。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Total War: Shogun 2 - 武将たちのクリスマス

投稿日:2011/12/17 |  カテゴリー:Total War: Shogun 2  |  コメント:0  | トラックバック:0
Shogun2 17-45-30-53
風流ですな

日本語化MODのVersionが 1.1.9 になっていたので、早速MODを入れてから久々にShogun2を起動してみると、タイトル画面の粋な計らいに心が和む。月額やアイテムにしろ、課金制のネットゲームではこのような演出は当たり前なのだが、シングルゲームとなると話は別だ。Shogun2は準ネットゲームでもあるので、そこまで驚くことではないのかもしれないが。

Sacred 2 のクリスマスパッチや、初代Stronghold日本語版の「メリークリスマス!閣下!」なども同様だけど、気の利いた一芸は何年経っても心に残るものです。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター