CRPGまにあ

アーカイブ:2012年02月

東京魔人學園剣風帖 - 欺瞞に満ちた恋愛ADV要素

投稿日:2012/02/29 |  カテゴリー:東京魔人學園剣風帖  |  コメント:2  | トラックバック:0
本作は学園物となっている訳ですが、高校3年の春の新学期から卒業するまでがプレイ期間となっており、春夏秋冬を直に感じられる作りのゲームである。現在クリスマスの時期にまで進んでいるのだが、ここまでの感想としては学園物として過去最高の面白さでして、またしても意外なところから自分にとっての傑作出現に喜んでいる最中です。

ちなみにですが、先に書いておくけど本作はタイトルのような恋愛ADVではなくて、学園伝奇物ADV+SRPGでありまして、それに加えて今回取り上げる思いも寄らない恋愛ADV要素で笑わせてもらったのだ。

game003089a.jpg
これがほんとの「ちょwおまww」

本作はADVではお馴染みの、作中で示される選択肢以外に「8つから成る感情入力システム」というものがありまして、これが各キャラクターらの好感度と密接に絡んでいるようで、他にも戦闘シーンでの戦い方や、予定入力画面での会話も好感度と関わりを持っているようだ。

今回のクリスマスイベントは、これまでの特別なシーンでの選択肢も絡んでいるようだが、ファーストプレイは無難にメインヒロイン美里葵に、と思って誘ってみたらこの様である。ここまでの話の流れだと、主人公と君が結婚して子供を作らないと駄目だろうに、最終的にどうなるのか見物だ。とは言っても、あっちこっちでいい顔をしてきたプレイへの天誅かもしれないが、誘いに乗ってくれる女子は、裏密、高見沢、雛乃、この3人だけのようで、こうなったら裏密を誘っておこう。

恋愛要素を含むADVは数多く存在するが、本作は戦いの中に身を置きながら仲間との信頼を高めてここまできたので、ある意味これまで触ってきたどんな恋愛ADVよりも各キャラクターに感情移入できているのだろう。だからこそ、並みの恋愛ADVよりも恋愛感情を上手く体現している作品なのだなと感じました。

そんな訳で、戦闘シーンがやけに遅いテンポだったり、PS1の作品と言うことでセーブロードが不便といった短所があるものの、色んなものをごった煮にしてみたら凄く面白いゲームが出来上がってしまったと、そのように感じる作品でもあり、シナリオ展開における緩急の付け方、いわゆる起伏も実に上手い。次はクリアをしてから感想を書いてみます。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

創刻のアテリアル - 体験版を終える

投稿日:2012/02/27 |  カテゴリー:創刻のアテリアル  |  コメント:1  | トラックバック:0
体験版は序章から1章の途中までプレイ可能となっており、神採りアルケミーマイスターの体験版と同様に中身が濃いものとなっていた。とは言っても神採りはアイテム合成が前面に押し出されている作品であるから、単純に「やれることが多い」内容ですので、今回の創刻のアテリアルはシンプルな作風だと感じられた。

カードバトルになったことから戦闘モードのテンポが極めて速いものになっており、これ以上痛快なものは無いのではと思えるほど高速にプレイすることが可能なゲームだと感じた。戦闘モードのスピードは通常の他にも高速が選べるようになっているが、通常でも他ゲームと比較するとかなり速いはずだ。

最近はコンソール機のSRPGなどをゲームパッドでプレイする機会が多いのだが、SRPGのようなどちらかと言うと操作が複雑になるジャンルでは、マウスのポイントクリックとドラッグに勝るものはないと改めて感じた。

創刻のアテリアルは学園物になるんですが、雰囲気としては前作 神採り と同じく明るく快活な作風になっている。成長と収集の要素が太い幹となっている作品なので、カードバトルに関しては序盤をプレイしている段階では何とも言えない現状であるが、体験版クリア後のオマケとなっているグレーターデーモンとの特別戦闘はなかなか白熱した内容となっていた。

シナリオの序盤は適当にカードを並べて攻撃していれば勝てる難度なのだが、グレーターデーモン戦はマスの支配力を意識したプレイをしなけれなとても勝利できない難しさであった。ターン毎に配られるカード運に左右される戦闘でもあるのだけれど、開始時に主人公カードが置かれる場所の支配力を3にするようカードを再配置して、支配力3の鳴海やまどかを使えるようにすれば何とか勝てるようになった。ちなみにダンジョン内の「死歌」、奴は倒していないが、あの存在はメーカーの遊び心なのか。

数日前の東京魔人學園剣風帖の記事で声優さんの話題を出していますが、18禁ゲームですとエウシュリー作品によく出演されている「かわしまりの」さんの声がお気に入りである。甲高くていかにも女の子してます声はちょっと苦手で、かわしまさんの艶がある甘い声を聞くと何故か落ち着くのだ。

余りにもやり込むと製品版での感動が薄れてしまうので
これぐらいにして発売日の4月27日を楽しみに待つとしよう。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

不定期 肉ネタ - あと3時間

投稿日:2012/02/26 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
肉ネタと言えば、もちろん新連載キン肉マンのことである。

週刊プレイボーイ
週プレNEWS

週刊プレイボーイの方は日付が変わった瞬間の夜中0時に更新されるので、午前10時に更新の週プレNEWSと比較すると半日ほどの開きがあります。

それにしても、2012年の今この時に、ステカセキング戦の勝敗が気になって仕方がない1週間を過ごす羽目になるとは誰が予想しただろうか。そう思ってしまうほど私にとっては驚くべき一件なのだ。当Blogで時折 ゲームに於ける商業ベース作品とインディーズ作品の違いについてを述べていますが、今回のキン肉マンは無料のWEB連載になって一種の抑圧から解放されたからか、1980年代の熱さそのままを保持しており、現段階までの評価になるが、往年のファンらから高い支持を得ているはずであろう。

Amazonへリンク

2012年4月4日に新シリーズ分からの再スタートとなる 38巻 が発売になるようで
非常に面白いから購入する予定なのである。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

創刻のアテリアル 体験版

投稿日:2012/02/26 |  カテゴリー:創刻のアテリアル  |  コメント:0  | トラックバック:0
2月21日に体験版がリリースされていたようです。
早速今からDLしてプレイしてみましょう。

「創刻のアテリアル」応援中!

創刻のアテリアルはユニット編成型カードバトルSRPGということで、あまり見られないジャンルだけにその手腕が問われそうな一品になりそうだ。とは言っても、開発を行うメーカーであるエウシュリーの作品は安定した良作揃いなので、いらぬ心配だろうけど。

今回も予約キャンペーンとして特典ディスクが付属するから既にAmazonで注文済みであるが、その前に神採りの3ヒロインシナリオを終わらせておきたい。2周目からは難易度「難しい」でプレイしているのだが、しっかりとキャラを育てていれば「難しい」でも支障なく進められるけれど、後半の制約有りEXダンジョンは結構苦戦したりするのだ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

東京魔人學園剣風帖で遊ぶ

投稿日:2012/02/22 |  カテゴリー:東京魔人學園剣風帖  |  コメント:0  | トラックバック:0
game002980.jpg
1998年に発売された初代PS用のゲーム

画像を見ただけでは古いギャルゲーかと思われそうですが、東京魔人學園剣風帖は学園伝奇ものの ノベル風のADV+物語の要所でSRPGの戦闘 で構成されているゲームである。今もなお高い評価を得ている作品のようで、知っている人は結構いるのではないだろうか。

名作・良作まとめ @ ウィキ
クソゲーまとめ @ ウィキ

18禁ものやPCを含めた国産ゲームでは、以前から エロゲー批評空間の中央値 が為になると書いていますが、古めのコンシューマー作品の選択には上記2つのサイトがとても参考になります。名作と良作の方は言うまでもないが、クソゲーまとめサイトの方はバカゲーやら黒歴史ゲーなど幅広い見解のもとに作品が紹介されている。

本作 東京魔人學園剣風帖 はもちろん名作・良作まとめの方で紹介されている作品だが、私が知り得る知識での所見になるけれど、ペルソナシリーズ、学校であった怖い話、ジョジョのスタンド概念、などに感化されているのが直ぐに分かってしまうが、模倣しても駄目作品になる事例が多い中で、本作はそれらの要素を上手く溶け込ませることに成功していて、作風として本作独自の雰囲気も確立されており、プレイしていて「楽しい」と感じられる良作であるのだ。

ゲームの進行としては、第1話、第2話...と各話が区切られて展開していく形式であり、劇画調のグラフィックと相俟って、熱い少年漫画を見ている気分でもある。

この手の国産ゲームは「プレイヤーに対してのキャラ立ち」が確立されるまで、感情移入できないから面白いと感じられないのだが、プレイ時間が伸びていけば自然にその問題は解決されていく。それでも解決されずに合わないと感じるのなら、そのゲームは自分にとって駄作であるのだろう。

プレイ後に気づいたのだが、画像の左側のキャラクターの声優が浅川悠さんであることも私としては嬉しい誤算であった。当時は20代前半なのだろうけど、初々しいハスキーボイスを聞くことができる。とは言っても本作はフルボイスではないので、「おはよう」とか「じゃあねー」とか「必殺!」のような掛声のみであるけど。

現状は半分くらい進んでいると思われるが、かなり面白くなってきたので
このまま最後まで遊んでみようと思っています。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Alan Wake を購入

投稿日:2012/02/22 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0
game002985.jpg
2450円ほどか。

ホラー系のアドベンチャーということで、自身の趣向と合致するから取り敢えず購入した。知らせによると発売から48時間で開発と宣伝にかかった費用を回収できたようで、メーカーのRemedyのみだけではなく他メーカーへの刺激にもなるだろうから、そういう意味を込めたお布施のようなものでもある。

現在は他ゲームをプレイ中だが、そちらが終わった段階で Legend of Grimrock が発売されていなかったら、次は Alan Wake に手を付けてみようかなと思ってはいるが、零 ~紅い蝶~ が私の眼前に立ち塞がる。また可笑しな例えになるが、牛男と対峙したときのウォーズマンの気持ちがいまやっと理解できているのかもしれない。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

忘れないうちに(自分用)

投稿日:2012/02/17 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:6  | トラックバック:0
いつもの海外作品ではなく、国産ADVやふと思いついたように遊びたくなっているゲームのリストを。Blogに書いておけば絶対に忘れることがない。

リンク先は18禁ページばかりになっていますが、Amazonにリンクを張る理由は、星の数でユーザーにどう思われているのか判断し易いから。



国産ADV

・WHITE ALBUM2(introductory chapter+closing chapter セット版)
18禁ADV史上、最高のシナリオという意見があるほど好評を得ている作品。個人的に男女間の恋ばなを題材とした感動ものは最も苦手としているジャンルなのだが、それでいながら感銘を受けられたら本物であるだろう。この作品は昨年末に closing chapter が発売されたばかりであるが、例のエロゲー批評空間で中央値 96 を記録し、頂点に君臨している。
※出来る限り情報は遮断したいので、ジャンル的に感動ものであるのか、男女の恋ばなであるのか、はっきりしていない。

・グリザイアの果実
昨年発売された作品であり、評価がなかなか高い。
一週間後に続編であるグリザイアの迷宮が発売される。

・穢翼のユースティア
こちらも昨年発売された作品であり、デモ版を最後まで遊んだ。作中に流れる空気が美しくも苦くもあり、言ってみれば洗練された輝きを放っている。

・BALDR SKY Dive1 ”Lost Memory” / Dive2 ”RECORDARE”
2009年に発売された作品だが、Dive1&2ともに評価がかなり高い。

・EVE burst error
古い作品ですけども、発売された当時に後輩が「EVE burst errorは面白いから是非遊んでみてください」と言っていたのだが、セガ・サターンを所有していなかったので叶わなかった。今現在は優れたサターンエミュが有るので、今年こそプレイしてみたい。ちなみに続編となるPS版のEVE Zeroを持っているが、こちらは評価が今一つ振るわなかったようだ。



戦女神関連

・幻燐の姫将軍2
・戦女神ZERO
・戦女神VERITA

この3本も今年中にやり込んでみたい。



海外作品

・Alan Wake
本日SteamでPC版が発売になったのだが、紆余曲折あってやっと世に出たゲームであり、先行発売されたコンソール機版の評価がかなり高い。ゲームとしての魅力も勿論だが、事の顛末を見るからにPCで遊ぶゲーマーとして未来の為に買っておいた方が良いかなと思っている。ちなみに昨今の潮流に乗るかのように、コンソール機で日本語版が出ている作品なので、Steam PC版も日本語版で遊べるようだ。



格闘ゲーム

・Street Fighter X Tekken
PC版は2ヶ月遅れになるが2012年5月11日に発売になるようで、今回もStreet Fighter IV: AEと同じくSteamになるのだろう。格闘ゲームは遠い昔に燃焼し尽しているのだが、久々に触ってみたいと思える作品なのだ。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

戦ノ国 Ver1.54

投稿日:2012/02/16 |  カテゴリー:戦ノ国~もののふ絵巻~  |  コメント:2  | トラックバック:0
game002927.jpg
Ver1.54はシナリオ「表裏比興の眼」が追加される

追加シナリオ第2弾となる表裏比興の眼が本日から配信されました。このシナリオの特徴は、最初は1584年の真田家のみ選択可能となっており、プレイを続ければ他の大名も逐次開放されていくようです。この開放条件はとても緩やかとのこと。

表裏比興の眼の真田家は、開始直後は徳川家に臣従している状態であり、シナリオタイトルの如く裏も表もある腹黒いプレイスタイルで生き延びねばならない。

Ver1.54の変更点として武将らの武威平均値が下げられており、元から武威が高い武将の価値が増しているようだ。ざっと見てみた所、この時代で武威最高値の「10」を誇っているのは、本多忠勝、立花宗茂、僅か二名のみのようである。

興味深いのは戦国マニアには馴染みの1567年生まれトリオの能力値であるが

・真田信繁
魅力5 知力7 武威9

・伊達政宗
魅力7 知力6 武威7

・立花宗茂
魅力5 知力8 武威10

このようになかなか味がある配分である。立花宗茂といえば、関ヶ原敗戦時における「親の仇 島津義弘とのエピソード」が印象深いが、あの一言で後世まで男気を上げている。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

うたわれるもの - とっても良かったです

投稿日:2012/02/14 |  カテゴリー:うたわれるもの 散りゆく者への子守唄  |  コメント:0  | トラックバック:0
「良かったです」
気の利いた言い回しが他にもあるけれど、素朴に良かったですと表現するのがこの作品に対する礼儀だと思った。2002年に音声無しの18禁PCゲームとしてリリースされ、2006年のアニメ化とフルボイス仕様でのPS2版が好評を博していたようですが、私は今回プレイするまでその存在すら知らなかった。

プレイしたのはPS2版で、某サイトでの評判だけを拠り所にして、世界観や声優陣どころかジャンルさえ知らないまま遊び始めたのだが、一切のデータを遮断してのプレイは劇中で読解できる情報量が低下してしまうけれど、やっぱり何も知らない方が感動と驚きが一際大きくなるのだろう。

システム的な妙技として、この手の国産ADVは感動や驚きの演出作りのための「対比」作りの仕込み時間が重要になってくるのだが、本作は有り触れた日常、そして家族愛や仲間との信頼関係など、これらと凄惨きわまる戦争が対になっており、そこらの表現力がとても上手く機能していただろう。

ファーストリリースからは10年、アニメ+PS2版での旬からは5年ほど経ってのプレイとなりましたが、1年ほど前に「うたわれるもの2」の発表があったようで、うたわれるものが好きになれたから二作目はどうしてもプレイしてみたいゲームとして急浮上してきたのだ。初版はPS3のみのようで残念であるが、恐らく次回は初代と逆の流れで、PS3→18禁PC版及びPSP版、になりそうであるから、18禁要素が追加されたPC版が発売されるようなら購入してみたいと思う。

そんな訳で、某批評サイトの「中央値90以上の作品を選択」すればまず間違いがないと再認識したのだけれど、今後もこのスタンスを通して定期的に国産名作ADVをプレイしていこうと思います。

続きは作中での名詞を含めた些細な感想を少々。
毎度ですがゲーム未プレイ及びアニメを見ていない人は続きを押さないで。

続きを読む »

テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム

Skyrim: High Resolution Texture Pack (Free DLC)

投稿日:2012/02/09 |  カテゴリー:The Elder Scrolls V: Skyrim  |  コメント:2  | トラックバック:0
PC版のユーザーインターフェースを蔑ろにしているBethesdaにしては予想外の配慮でありますが、公式MODという形になりますから、規格内という訳で嬉しいハイレゾテクスチャである。

Steam - Skyrim: High Resolution Texture Pack (Free DLC)

導入してみましたが、この手の高解像度テクスチャMODは、シーン毎にスクリーンショットを撮ってVanilla状態と比較してみないと違いが分かり難いんですが、以前に取り上げた「鼻タイル」からこれで解放された。

以下2枚は今回リリースされた High Resolution Texture Pack のみ導入した状態の画像で、他のMODは一切入れていない。

TESV 02-05-11-88
myキャラ。鼻先が美しく

TESV 02-23-10-30
リディアの鼻もつるつるに。

地形に関しては、変な言葉になりますが「地味に精細に」なった、といった具合でしょう。ユーザー製テクスチャMODの方が違いがひと目で分かるほど精細だけれど、Bethesda製は先述したように規格内のパワーアップといった長所になる。

とは言っても高解像度テクスチャMODであるからビデオメモリの使用量が増えてしまうのだが、このハイレゾMODを使用する場合のBethesda推奨環境はVRAM 1GBとなっているものの、解像度横1920、4xAA、Adaptive及びSuper Sampling設定との併用となると、1GBではVRAMスワップを起こしてしまう。

私の普段の設定でざっと試してみた所、300~500MBほどメインメモリにスワップされるようになるが、最新モデルだと廉価版や下位グレードでさえ既にVRAM 1GBのご時世であるし、次世代GPUからはミドルレンジ帯でさえVRAM 2GBになる。

私のGPUは2世代前であるから、これを用いて批評するのは適切ではない。



・英語EXE仕様日本語モード Ver1.3.10から最新Versionへの変更

こちら Skyrim Wiki JP のページに簡単な方法が紹介されている。有志の方による日本語化パッチを使う方法ですけど、ページ2段目の「日本語化 公式英語版(1.3.10)→日本語化 公式英語版(1.4.21) アップデート」、こちらの方法だと楽々アップデートになるのだ。

真っ新な状態からのインストールですと、上段の「公式日本語版→公式英語版(1.4.21)→日本語化」こちらになるが、日本語化パッチには2種類のファイルが同梱されていた。
テーマ:PCゲー in ジャンル:ゲーム
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター