CRPGまにあ

アーカイブ:2017年02月

艦隊これくしょん - 2017冬イベントをぎりぎり終える

投稿日:2017/02/27 |  カテゴリー:艦隊これくしょん  |  コメント:0
青葉のカメラ(2017年02月27日 18時33分16秒)
今回はE-3までで本当に良かった

最終海域であるE-3甲は削りとラストを含めて10回出撃で攻略できました。とは言っても事前のIマスとJマスのS勝利ギミックと、ラスダンになってからの任務扱い「Jマスで2回A勝利以上ギミック」もありましたから、それなりに手間がかかる内容だった。

今回はE-3までという短さながらも、藤波掘りと伊13掘り、そして攻略中もずっと基地航空隊が出ずっぱりだったから、存外に燃料の消耗が多かったイベントだろう。私は常時資材は各29万以上(最近は鋼材が減り気味)を維持しているけれど、その状態からイベントに突入して終了時点で燃料がここまで減っているのは、最も苦戦した2015年夏イベントに並ぶ消耗具合でした。とは言っても今回は短期間で遠征もままならないままのイベントでしたから、それらを鑑みると2015年夏の方が激しく消耗していそうだし、そもそも2015年夏イベント時は資材大食いの基地航空隊など無かった。

今回はぎりぎり参戦でも藤波と伊13を入手できて、全ての海域を甲でクリアできたけれど、次回からはもう少し余裕を持ってイベントに挑みたい。後回しにして良いことなんて何もないとよく言うけれど、まさにそれを痛感しました。

青葉のカメラ(2017年02月27日 18時34分10秒)
君たち優秀だったよ

ラスダンをクリアしたときは、旗艦の双子は耐久500以上、空母おばさんは2人とも健在で耐久200以上の小破で夜戦に突入したが、綺麗に連携を決めてS勝利で終えることができた。大井北上コンビはもちろん安定していたし、試製晴嵐を装備させた利根は最後で納得のいくダメージを叩き出して、止めは運57かつ四式ソナーを装備させた大潮の魚雷カットイン400ダメージオーバーでした。



●体験してきた季節イベント10回の難しさランク
(全て難易度「甲」での見解)

1位:反撃!第二次SN作戦 (2015年夏イベント)
E-7は二度と見たくない。様々な要因が絡みあい、悪夢と化したイベント。

2位:迎撃!第二次マレー沖海戦 (2016年夏イベント)
E-4甲がきつかった。E-1丙は通常海域として残して欲しいと思えるほど美味。

3位:開設!基地航空隊 (2016年春イベント)
非常に長くて基地航空隊の奇跡を待つイベント。

4位:発令!「艦隊作戦第三法」 (2016年秋イベント)
E-4攻略での出撃回数が過去最多の40回を記録したイベント。
最終海域は易しかった。
--------------------
越えられない壁
--------------------
5位:発令!第十一号作戦 (2015年春イベント)
最終海域が楽しくて曲も良かった。これが最良(無難)かもしれない。

6位:迎撃!トラック泊地強襲 (2015年冬イベント)
アニメと連携したイベント。トリプルダイソンにボス曲「海色」は最高に燃えた。

7位:偵察戦力緊急展開!「光」作戦 (2017年冬イベント)←NEW!
敵艦隊の強さは2015年春や2015年冬よりも明らかに上だが、あの頃よりも兵装が大幅に強化され、加えて基地航空隊の存在もありますから、それらの影響から体感的にはこの位置くらいだと感じた。

8位:出撃!礼号作戦 (2016年冬イベント)
ボス艦隊のみに限定すればこれも最強ボスの部類だろう。

9位:突入!海上輸送作戦 (2015年秋イベント)
中休みかつ輸送作戦が実装されたイベント。

10位:発動!渾作戦 (2014年秋イベント)
難易度システムがまだなかったイベント。全体的にドロップが良くて、なおかつE-4-C潜水艦マス育成がとても美味しかった。

艦隊これくしょん - ドロップしてくれてありがとう

投稿日:2017/02/26 |  カテゴリー:艦隊これくしょん  |  コメント:2
やる気がなかったのは私の勝手な都合だけれど、こんな状態でも何とか伊13がドロップしてくれました。今回の最終海域ボスマスでの「伊13」丙掘りは、諸処の事情から紛れもなく過去最凶最悪の掘り場(難易が理由ではない)であるから、この場所で三桁出撃掘りとかになったら心が折れるかもしれない。

正確に出撃回数を数えていないけれど、私の場合は7回くらいリセットしたから約40回出撃程度でドロップしたのですが、運が良かったのか当初はS勝利が8割くらい取れていた。最終的にドロップしたときの戦績は、敵の第2艦隊は6隻沈めて、第1艦隊の方は旗艦の双子は残ったままの他2隻撃沈というA勝利の最小条件でしたから、出る時はこんなもんなんだろうね。

今回はちょっとしたリアルの事情などもあって、やる気がないだの潮時などという言葉が複数回ほど飛び出てきたけれど、それはもうない。しっかりと考えを改めて、普段はサブPCで起動している艦これを久々にメインPCで動かした途端に伊13がドロップしてくれたので、偶然かもしれないけど気持ちが通じるのかもしれない。

そんなわけで残るは最終海域の甲攻略だけになりましたが、今日は彩雲の輸送とギミック解除だけにしておいて、明日から始めてみよう。残りのイベント期間は40時間を切っているはずだが、これで運悪く泥沼にはまって、9つめの甲勲章を取り逃したら目も当てられないが、さてどうなるか。

続きを読む »

艦隊これくしょん - 2017冬イベント(続き)

投稿日:2017/02/23 |  カテゴリー:艦隊これくしょん  |  コメント:0
青葉のカメラ(2017年02月23日 17時27分51秒)
取り敢えずE-2まで終えた

E-1甲はこれまでのイベント海域の中でも易しさランクトップ3に入りそうなほどで、E-2甲もTP1/4以降からちょっとだけ厄介なだけでかなり楽に感じました。それにしてもTP1/4からルートが変わったり、何かと輸送まみれだったりと、ちょいちょい色んな仕掛けを施すようになってきた艦これイベントだろう。

E-2甲攻略前にE-2丙「藤波」掘りをやっていたわけですが、おおよそ25回から30回程度の出撃でドロップしてくれた。確率から言って平均レベルでのドロップだろうけど、過去に体験したローマと海風の200回オーバーがあるからこれくらいなら何も感じないし有り難い方だ。

残りは最後のE-3のみだけれど、伊13掘りはA勝利狙いにして明日から始めてみよう。28日の朝にイベント終了だから時間が押している状態なので、伊13掘りのリミットは26日までになりそうだ。

青葉のカメラ(2017年02月23日 17時28分13秒)
時雨とポイポイと同じ人だが、タニベさんの声はいい

艦隊これくしょん - 2017冬イベント

投稿日:2017/02/21 |  カテゴリー:艦隊これくしょん  |  コメント:0
青葉のカメラ(2017年02月21日 06時39分21秒)
イベント突入前の資材量。鋼材が減り気味な日々

既に冬イベント開始から10日過ぎていますが、今回は全くやる気が起きず、そろそろ潮時なのかなと考えていた。とは言っても一時的な倦怠期なのかもしれないし、ここまで続けてきた労力を無駄にしたくないから、残り1週間しか時間がないけど今から挑戦してみよう。

残り7日しかないわけですが、海域数がE-7までとかのイベントなら頭を抱えてしまいそうだが、今回はE-3までという少ない海域数らしい。けれどもE-2とE-3で新艦娘の丙掘りが待ち構えているし、さらにはE-3は丙掘りリセットに幾つかの兵装が必要になるようだ。

これまで甲勲章をずっと続けて取ってきていますから、そういった事情も鑑みて今回も頑張ってみましょうか。

BGEEとBG2EEの日本語手直しファイルを作ってくれた人が降臨

投稿日:2017/02/15 |  カテゴリー:Baldur's Gate: Enhanced Edition  |  コメント:0
●2017年3月12日に更新
リリースから複数回ファイルのアップデートが入っています。
最新は2017年3月7日付。

Baldur's Gate: Enhanced Edition は正式に日本語に対応していたが、アップデートを重ねるうちに日本語表記に不具合が発生し、修正されないままそのまま放置されていた。主な症状としてはチューターとの会話時に文字化けしていたなど。

Baldur's Gate II: Enhanced Edition は日本語化する方法はあったものの、文章の末尾に「□」が表示されていたり、正式な日本語版ではないから一部英語で表示されたままの箇所があった。

BGEEとBG2EEの日本語化ファイル

今回のファイルを導入するとそれらの不具合が全て改善されて、フォントも見やすいものに変更されているからプレイか捗るようになったことでしょう。私の場合はBG2EEはいまだ未攻略のままですから、これで気持ち良くプレイできる環境を手に入れられました。

Titan Quest Anniversary Edition

投稿日:2017/02/09 |  カテゴリー:Titan Quest Anniversary Edition  |  コメント:0
TQ_2017_02_09_15_01adw.jpg
トレハン漬けでそのうち気が触れる

前回の更新でローグ用に「ムブティ・アドヴォケイト」を取ってきたと書いたけれど、この武器はヘルス+150とヘルス回復プラスは固定で、並ならあと1つだけ何かが付いて、さらにレアなら2つ3つと修飾詞が付くらしい。それならばとAct4のソロニスの沼地と、その北に位置するツァコニスの廃墟までのコースを回しまくってみた。

TQ_2017_02_09_1afwawf.jpg
何とかこれなら

11本目にして画像のなかなか良さそうなブツが出ましたが、できれば攻撃速度プラスか毒ダメージプラスが欲しかったが、もうこれ以上は気が触れそうなんでこの武器で手を打っておこう。11本出るまでに恐らく6千匹前後のアヌーランを狩っているわけですが、TQ:AEはゲームの速度を3段階で調整できるから、TQ:IT以前よりは速く回せるのだ。

ローグ用としてこの武器に毒ダメージと耐性減少が付くレリック「神農の劇薬」をはめ込もうと考えているが、神農の劇薬自体があまりドロップしていないことと、望みのコンプリートボーナスが刻まれた欠片を手に入れるまでこちらもトレハンを行う必要がある。良質な刀も狙えるから虎人間あたりでも狩りに行こうか。

TQ_2017_02_08_19_02wad.jpg
これもなかなかの気が触れそう度数

このカフスを狙ってまずはゴルゴン3姉妹を回し始めたわけですが、何度かコースを通るうちに「あ、これデジャブ」と大昔のTQ:ITプレイでも同じ行動をしていたことを思い出した。調べてみるとミノスの迷宮最後のセーブポイント付近がストーンバインダーカフス狙いに最適とのことで、場所を変えてこちらも気が触れそうなほど回しまくってみた。

体感的にはムブティ・アドヴォケイトよりも遥かにドロップ率が悪いストーンバインダーカフスですが、10個目にしてようやく色々載った画像の品がドロップしてくれた。こちらもできれば攻撃速度上昇が付いていてほしかったが、もうこれ以上は不可能だと判断してこの品を使うことにしよう。攻撃速度アップはないけれど、これだけヘルス回復が付いていたら攻略プレイがかなり捗るようになるから、そういう面ではけっこう良い品かもしれない。

Titan Quest Anniversary Edition

投稿日:2017/02/05 |  カテゴリー:Titan Quest Anniversary Edition  |  コメント:0
●Rogue/Earth - Magicianビルド

TQ_2017_02_04_2fa.jpg
ローグプレイを始めた

AE版では各クラスに様々な(大幅な)修正が加えられていますが、Rogueは投げナイフが弱体化しているけれど、そこ以外は軒並み強化されています。特に顕著なのはレイ・トラップこと罠の基本能力とか、DEX50につき毒ダメージと出血ダメージが10%強化される新仕様によりポイズン・ガス・ボム(毒ガス瓶)も有効に働くようになっただろう。

現状はEarthスキルはそこそこにしてRogueの方を重点的に強化していますが、想像していた以上に強く、そして何よりプレイスタイルが面白い。敵がうじゃうじゃいる場所を見つけたら、反応されない距離でまずはキャラの目の前に罠を設置して、ぎりぎりの距離から敵集団に毒ガス瓶を放り投げる。毒ガスダメージでもまだ倒れない敵が突っ込んでくるが、罠のダメージで追い打ちをかけ、さらに投げナイフをさくっと決めてやると気分爽快な倒した方ができます。

画像のように対ボス戦でも罠は有効に働きますから、このまま使い続けて高難易度での使用フィーリングを味わってみたい。旧仕様TQ:ITと比較すると、新仕様TQ:AEでは罠の基本ダメージが2倍になっていますから、難易度レジェンダリィでも通用するのではと期待しているのだ。おまけにAE版から罠はペット扱いになってペットへのアイテムボーナスが有効になり、難易度によるボーナスも適用にされるようになったとか。

TQ_2017_02_04_02_38_3wda.jpg
ローグ用の武器を取ってきた(運良く出た)

外国人のプレイ動画を見ていた時にピンときて、この槍はローグに最適なのではないだろうか。スタディー・プレイはクラス「Hunting」のスキルだが、攻撃時に勝手にこの効果が発動してくれるのは便利だろう。実際のスキル値に換算すると「3」上げているときの性能だけれど十分な効果でしょう。この武器はモンスターレアアイテムですから、レリックやチャームをはめてさらに強化できるところも要点だ。

TQ_2017_02_04_02_42_af.jpg
アヌーラン ~ ピグミー。こいつらが落とす(ドロップした時は白文字の雑魚から)

TQ_2017_02_04_02_38_2sfa.jpg
Act4のこの辺りに生息している

場所的に少々厄介なところだけれど、メディアの木立から北進して洞窟を一つ抜けたさらに先が画像のポイントだろうか。今回は運良くそこらの敵を倒しきる前にドロップしたが、セーブポイントもあるからセーブしておいて気長にやる方法も有りだろう。

余談になるが本作に「メディア」が登場していたとは、今回のプレイで「そうだったのか」と感慨に浸ったわけですが、本作でも極悪人には成り切れていないメディアだった。結局は何だかんだ言いつつ協力してくれるからね。

Titan Quest Anniversary Edition - 達成

投稿日:2017/02/02 |  カテゴリー:Titan Quest Anniversary Edition  |  コメント:0
●実績「Hardcore Legend」を達成した
game009830.jpg
一度も死なずに難易度Legendaryまでクリアする実績

TQ_2017_02_02_1sss.jpg
長かったよ

先ほど最後の試練を無事に終えましたが、今回は絶対に死ねないというプレッシャーが常に付きまとう100時間以上のプレイでしたから、かなり疲れたのは事実だけれど最後まで頑張ったという満足感も大きいです。

挑戦するにあたって「Spirit/Defense」のスペルバインダーという粘り強い系のクラスを選択したのですが、最後までやって何より強く思うことは「リッチキング先生打たれ強すぎ」ということだろう。リッチキングの防御能力が上がるレイス・シェルをエピックAct1の段階でMAXにしたんですが、このスキルが最大になると信じられないほどリッチキングが強化されます。

とは言っても全てに秀でているわけではなくて、リッチキングはノーマルAct1からAct2ぐらいまでなら雑魚敵を1発で仕留めるほど火力が高いのだが、難易度が上がる度にその火力に陰りが見えてきます。状況にも左右されるが難易度レジェンダリィに入るとその攻撃力は削り程度にしかならず、異常に打たれ強いけど攻撃力はかなり物足りないという具合だった。けれども高難易度においてどんな敵でも余裕で受け止めてくれますから、差し引きしても「異常な防御能力」だろう。

ダメージ属性の相性があるから適切な能力比較にはならないけれど、レジェンダリィ最終戦も時間は掛かりそうだがリッチキングだけで倒せてしまえそうな手応えだった。リッチキングにとって相性が悪い敵となると

・レジェンダリィAct1から登場する沼地のヒドラ
・レジェンダリィ以降のタロスオートマトイ
・ぎりぎり無理っぽいレジェンダリィAct3テュポン
・リッチキングと同じ種族であるアンデッドの大軍に囲まれること
・ネアンデルタールボス

ぐらいになりそうだが、それ以外ならたとえ大軍に囲まれようともヘルスが殆ど減らないし、減った分はヘルス吸い取りで回復するから結果的に全くヘルスが減らない。キャスタータイププレイだとあれだけ恐ろしく感じたAct4で出てくるマカイ集団にはとにかく強く、黄色の弓兵や戦士が混ざっていても涼しい顔で受け止めていた。

TQ_2017_02_02_21_44li.jpg
そりゃあ硬いだろう

Earthの岩男の類似スキル「メタモーファシス」はダメージ吸収33%固定で、Natureの狼用スキル「サバイバル・インスティンクト」はヘルスが33%を下回った時に6秒間だけ発動という能力ですから、スキルMAXなら常時ダメージの88%を吸収して物理耐性が33%アップするリッチキングの性能は破格ものだ。

恐らく7年から8年ぶりに難易度レジェンダリィまでクリアしたけれど、最も印象に残ったのは「あ奴」だろうか。これだけタフだったリッチキングを1発で昇天させたのはあ奴だけであり、奴の攻撃をもろに食らうと時間でも止められているのではと勘ぐりたくなるほどだ。

TQ_2017_01_27_23_2sasa.jpg
Act3のネアンデルタールボス

達成したキャラクタの前のプレイでネアンデルタールボスでやられてやり直したと以前に書いていますが、絶対に死ねないプレイならこいつの前で足を止めるのは厳禁だろう。何があっても走り続けてペットで削り殺すのが無難な戦法だけれど、救いはそれほどヘルスが高くないことだろうか。

キャラクタ本体に関しては苦手とする敵種族が無いと感じるほどのオールラウンダーぶりで、ヘルスが吸えず妙に体力が高い敵ばかりのアンデッドには「スピリット・ワードとスピリット・ベインにスキル1ずつ+AllSkillアイテムで強化」という回答があるし、同じくヘルスが吸えない機械類は体力だけのデク揃いだから対処しやすかった。



TQ_2017_02_02_1dd.jpg
最終的には良好な調整ができた

別の籠手なら刺突耐性が80%になるけれど、DPSと速度重視の調整にしてあります。この装備だとAllSkill+5という状態なんですが、MAXまで振っていないスキルには+5以上も有効だから無駄にはならない。アーティファクトはけっこう色んな物が出たけれど、お決まりのように欲しい品は材料となるアーティファクトがドロップしていなかったので、無難にどんなビルドでも効果的な「才女のシンボル」をずっと使用していました。というか亡霊の形見と魂のプリズム、この2つを出すのに数十時間ほど時を要したかもしれません。

TQ_2017_02_02_18_46_22dw.jpg
エレボスの水晶で生命力ダメージ耐性が高めに

エレボスの水晶はその難易度内でチャーム1個分となる欠片5個しか入手できない貴重なものなんですが、こちらで調べてみると素晴らしいコンプリートボーナスがあるようだから、5個入手した時点で一度ゲームを落としてその5個に刻まれているコンプリートボーナスを調べてみました。その中に

+2 to All Skill

20% Elemental Resistance
20% Poison Resistance
20% Pierce Resistance
20% Vitality Damage Resistance

この2つが存在していたので、耐性の方でチャームを作って頭装備にはめ込んでみた。

TQ_2017_02_02_18_44_fw.jpg
美味しい装備になった

タイミング良くヘルスが合計1200ほど上昇する画像の兜を購入することができたけれど、もうこれは一生モンと言えるほどの品だろう。今後もしも近接系をやる機会があったらこの兜の出番だ。



●TQ:AEスペルバインダーの良い点と悪い点

■良い点
・SpiとDefの相乗効果によって防御力が非常に高い
・難易度Legeでもヒーロークラスまでの敵なら巨大化せずに近接勝負が挑める
・巨大化している最中ならどのような敵が相手でもまず即死はありえない
・Lege Act4終盤の敵集団にさえ斬り込める
・お供のリッチキングが非常に(桁違いに)打たれ強い
・難易度Legeでリッチキングが落とされたのはただの1回のみ
・アドレナリンが発動している間はそこそこDPSが高い
・さらにダークカブナントと巨大化を使えばDPS5000ほどになる
・ヘルス変換効率が高いからほぼ回復いらず
・1pointサークル・オブ・パワーでも12秒間生命力吸収が+100%
・攻撃手段であるシールドチャージ→バターの音が気持ちいい
・捌ききれないほどの雑魚敵がいても1pointアウトサイダーを追加で出せる
・リッチキングを押し付ける→そのまま切り込む→敵が多ければアウトサイダー召喚→ダークカブナントでDPS上げ→それでも危険を感じたら巨大化→瀕死になったとしてもデス・ウォードによる生存能力がある、という具合に状況に応じた生き残り戦術が優れている

■悪い点
・DPSが高いクラスと比べると明らかに殲滅力が低い
・敵集団をもろとも吹き飛ばすような攻撃手段が無い
・通常攻撃の頻度が高いから地味な印象がある
・リッチキングは確かに強いが、強くするためには大量のスキルポイントが必要
・リッチキングを優先すると本体の強化が遅れる
・AE版ではアンデッドとコンストラクトからはヘルスが吸えなくなった



そんなわけで一度も死なずに難易度レジェンダリィまでクリアするという目標を達成することができましたが、冒頭で書いたように神経がすり減るようなプレイでしたから、次にプレイする時は死亡回数とか気にしない伸び伸びプレイをしてみたい。

意識していたわけではないけれど、Rogue、Earth、Warfare の3クラスはこれまであまり使ってこなかったので、このあたりのクラスを交えてキャスター風のビルドを作ってみたいが、その中でも特にローグは殆どやったことがないかもしれない。

続きにはクリア時及びレジェンダリィ後半で装備していた品の紹介画像があります。

続きを読む »

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター