CRPGまにあ

アーカイブ:2017年05月

キン肉マン超人総選挙2017が始まった

投稿日:2017/05/29 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:2
キン肉マン超人総選挙2017 - 週プレNEWS
投票期間 2017年5月29日(月)0時~2017年6月26日(月)24時
投票は1人1回のみ、3超人まで。今回は抽選によるプレゼントもあり。

2017年5月15日の第208話をもって、大盛況のうちに完璧超人始祖編が幕を閉じましたが、来月から新シリーズが始まるようだからまだまだ楽しめそうな現在のキン肉マンです。2011年の秋からキン肉マンが現代に蘇ったわけですが、2013年と2015年に超人総選挙が開催されていますから、今回は3度目の超人総選挙になります。

今回の投票は「私の好きな超人」という選定ではなく、今シリーズで活躍した超人や急成長を遂げた超人らを選んでみましたが、本音としては登場した全員に投票してあげたいくらいみんな光り輝いていた。最初の第1話から208話までかかさず読み続けていたけれど、キン肉マンらしさはそのままに、昭和生まれの熱血少年マンガ的な熱い闘いも健在でありながら、現代作品としてトップレベルの作品構成を見せてくれた新キン肉マンでした。

2013年の前々回はどの超人を投票したか憶えていませんが、前回は「ロビンマスク、悪魔将軍(ゴールドマン)、ガンマン」の3人に票を入れた。今回は少し違った角度からの選定になったのですが

・バッファローマン
何より今シリーズで最も成長したのはこの男だろう。昔のキン肉マンは昭和漫画として典型的である「誰よりも強い主人公」「主人公サイドが全て正しい」「敵対派閥はそれより劣り、悪である」といった古いヒーローものにありがちな作品だったけれど、今シリーズはそこから脱却して敵対派閥にも物語があって信念もあり、けして間違ってはいないという作風になった。今作は悪魔超人軍が大きくクローズアップされ、その中でもバッファローマンが際立って活躍したわけですが、戦績だけではなく、中身も以前より成長していることが見て取れた。

・悪魔将軍(ゴールドマン)
今シリーズは前半部が「完璧無量大数軍編」で、後半部が「完璧超人始祖編」となっていて、後半の完璧超人始祖編において実質主役であった悪魔将軍だ。何よりただひたすらカッコよかった悪魔将軍でしたが、完璧超人とは何なのか、そして正義超人と悪魔超人が存在している理由など、それら全てが神の座を捨て1人の超人になった男と、その一番弟子との闘いに収束していく展開は熱くもあり悲しげでもあった。最終的には最後まで諦めずに信じ続けた男が勝利した2人の戦いでしたが、あの戦いは肉世界において後にも先にも紛れもない頂上決戦であるだろう。

・サイコマン(グリムリパー)
当初は読者らに「彼が黒幕なのではないか」「精神が腐っているのではないか」といった嫌疑をかけられたサイコマンでしたが、終わってみれば始まりの11人の中では誰よりも仲間を思う強い心がある超人だと判明した。あれだけ大掛かりだったダンベルシステムも、最後の最後でサイコマンに救いを与えるものだと理解したとき、このシリーズは本当に良い作品だと改めて感じた瞬間でした。彼は今シリーズの立役者であり、シリーズを盛り上げてくれたその功績は非常に大きいだろう。

他にも桁外れに強くてどこまでも冷徹なジャスティスマンや、生まれて初めて人間の少年の声援を受けて死ぬまで戦い続けたアトランティスとか、今シリーズに最初に火をつけたステカセキングなど、数え切れないほどの見どころがあったから、ほんと全員に投票してあげたい。

ちなみに私自身は昔からロビンマスクファンなのだが、思い切ってこのまま生き返らせずにそのまま物語が進行していくのも有りなのではと思います。もちろんもう一度ロビンの活躍を見たいけれど、新シリーズでそこらがどうなるか見ものです。

続きには私の主観による上位5名ほどの強さランクなどを。

続きを読む »

艦隊これくしょん - 2017春イベント終了

投稿日:2017/05/16 |  カテゴリー:艦隊これくしょん  |  コメント:0
青葉のカメラ(2017年05月16日 03時57分47秒)
のろのろ運行でしたが昨晩終えました

青葉のカメラ(2017年05月16日 03時57分42秒)
今回も全て甲で攻略です

他ゲームをやりつつテレビも見つつでしたから時間がかかりましたが、難易度「甲」での攻略と新艦娘の掘りも全て終えることができました。攻略後発組となるとネットでの情報収集によってかなり楽ができるので、今回もそれほど苦労することなく終えることができたけれど、最終海域E-5のラスダンだけは過去の高難度海域に比肩する内容だった。

今イベントのラスボス艦隊は連合艦隊を組んでいたから、過去の高難度海域のラスボス艦隊よりも戦力的には上なのかもしれないが、ここ数年でプレイヤー側もかなり強化されているから、今イベントはどちらかというと易しいイベントだと感じました。基地航空隊の開幕6連攻撃に加えて一部の艦娘による火力増し特効もあり、さらには装備させている砲を含む兵装は +9 +★ 状態ですから、それらの積み重ねが有効に働いているのだろう。

イベントの経過で印象深かったことといえば、E-3甲の後半である戦力ゲージ破壊などはバケツを1つも消費することなくクリアできてしまったし、最後のE-5甲第二戦力ゲージは8回出撃くらいで終えることができた。これまでに破廉恥な経験を何度もしてきているから、それら厄介だったイベントと比較するとかなり緩い内容だったろう。とは言っても最近のイベントは1回出撃での消耗が以前よりも多くなっているから、そういう面ではハードになってきています。



●体験してきた11回の季節イベント難しさランク
(全て難易度「甲」での見解)

1位:反撃!第二次SN作戦 (2015年夏イベント)
E-7は二度と見たくない。様々な要因が絡みあい、悪夢と化したイベント。

2位:迎撃!第二次マレー沖海戦 (2016年夏イベント)
E-4甲がきつかった。E-1丙は通常海域として残して欲しいと思えるほど美味。

3位:開設!基地航空隊 (2016年春イベント)
非常に長くて基地航空隊の奇跡を待つイベント。

4位:発令!「艦隊作戦第三法」 (2016年秋イベント)
E-4攻略での出撃回数が過去最多の40回を記録したイベント。
最終海域は易しかった。
--------------------
越えられない壁
--------------------
5位:発令!第十一号作戦 (2015年春イベント)
最終海域が楽しくて曲も良かった。これが最良(無難)かもしれない。

6位:迎撃!トラック泊地強襲 (2015年冬イベント)
アニメと連携したイベント。トリプルダイソンにボス曲「海色」は最高に燃えた。

7位:出撃!北東方面 第五艦隊(2017年春イベント)←NEW!
前回である2017年冬と同じ理由で、1つ2つ上に位置している2015年の冬と春イベントの敵艦隊よりも圧倒的に強さが増しているイベントだけれども、攻撃方法が増えたことと、戦備の充実などから体感的にはこの位置くらいだと感じた。

8位:偵察戦力緊急展開!「光」作戦 (2017年冬イベント)
敵艦隊の強さは2015年春や2015年冬よりも明らかに上だが、あの頃よりも兵装が大幅に強化され、加えて基地航空隊の存在もありますから、それらの影響から体感的にはこの位置くらいだと感じた。

9位:出撃!礼号作戦 (2016年冬イベント)
ボス艦隊のみに限定すればこれも最強ボスの部類だろう。

10位:突入!海上輸送作戦 (2015年秋イベント)
中休みかつ輸送作戦が実装されたイベント。

11位:発動!渾作戦 (2014年秋イベント)
難易度システムがまだなかったイベント。全体的にドロップが良くて、なおかつE-4-C潜水艦マス育成がとても美味しかった。

というわけで2017年度は2回続けて「それほど難しくないイベント」になりましたが、昨年のイベントがかなり難度が高かったのだろう。そして何より、悪夢とも言える2015年夏イベントはまさに別格の高難度だった。



青葉のカメラ(2017年05月16日 04時08分56秒)
今回はそれなりに「素直な子」揃いでした

・E-2丙掘り「国後」 → 出撃回数30回以上40回未満でドロップ
・E-3丙掘り「占守」 → 出撃1回目でドロップ
・E-3丙掘り「神威」 → 出撃11回目でドロップ
・E-4丙掘り「択捉」 → 出撃回数20回以上30回未満ぐらいでドロップ

2017年春イベントはこのような堀り事情でしたが、新艦娘のドロップ率はあらかた数パーセントといったところですから、数十回以内にドロップしてくれたらかなりツイてる方だろう。約1.5倍となる50回程度までは許容範囲で、そこを越えてくるとちょっと運がないかなといった状態か。

今回は手こずりそうだったE-3での2人掘りをすんなり終えられたことが大きかったが、掘りに関しては前回の2017年冬イベントが最凶だった。あの「何度もリセット、艦載機作り、潜水艦で出撃」の行程はかなり厳しかった。

艦隊これくしょん - 2017春イベント開幕

投稿日:2017/05/03 |  カテゴリー:艦隊これくしょん  |  コメント:0
青葉のカメラ(2017年05月03日 09時59分41秒)
毎度のイベント突入前の資材量

前回のイベントは諸事情から最終日ぎりぎりのクリアでしたから、今回はもう少し余裕をもって挑んでみます。今イベントはE-5までの中規模らしいけれど、新艦娘の数が多めであるから掘りが厳しいものになりそうで不安だ。

これからE-1に挑戦するところですが、E-5最終海域以外は札による出撃制限がありますから、取り敢えずは何も関係がなさそうな那珂ちゃん旗艦で始めてみよう。ざっと調べてみるとE-2で「国後」、E-3で「神威(かもい)」「占守」の計3人がドロップするようだから、E-1甲クリア後は掘り地獄が待ち受けている。

神威(かもい)といえば、私のような肉ファンには「神威の断頭台」が時事ネタとなっているけれど、「かもい」や「しんい」「かむい」など色々と読み方があるんだね。

王国のソウルスミス - 犬と猫の季節

投稿日:2017/05/01 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:4


二日前に「王国のソウルスミス」が発売になったようですが、今作から解像度がアスペクト比16:9である 1280x720 になった模様です。2013年のエリクシアからワイド画面になっていたものの、16:10の 960x600 というちょっと変わった解像度だったので、PC用途で最も普及している16:9のディスプレイだとフルスクリーン時に画面の左右に黒い空間ができていた。さらに 960x600 はそのままだとフルスクリーン表示できないから、カスタム解像度として追加する必要もありました。今作から馴染みの解像度である 1280x720 になりましたから、Alt+Enter1発で綺麗に全画面表示になります。

それはそうと昨年度作品であるウィッチリングマイスターは購入したまま全く手付かず状態であるから、王国のソウルスミスをプレイする前にウィッチリングマイスターに取り掛かろうかなと考えてみたものの、新作が出た直後に過去作品をプレイするのは何やら寂しくもありますから、さてどうしようなあ。
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター