CRPGまにあ

アーカイブ:2017年08月

艦隊これくしょん - 2017夏イベント E-7甲を終える。大潮の一撃で幕を閉じました

投稿日:2017/08/31 |  カテゴリー:艦隊これくしょん  |  コメント:0
青葉のカメラ(2017年08月31日 06時04分36秒)
しっかりと甲でクリアできました

青葉のカメラ(2017年08月31日 06時04分31秒) 青葉のカメラ(2017年08月31日 06時04分27秒)

E-6ルイージ掘り後は数日ほど資材を貯めていたのですが、数日前に、E-6甲、E-7甲ギミック解除を終わらせて、昨日E-7甲の削りに取り組んでいました。さすがに極めて難度が高いと言われる今回の2017夏イベントらしく、削り段階では「クリアできるのかこれ」と恐れ慄いていたけれど、結果的に削りは14回出撃で終わらせて、ラスダンは6回出撃の計20回でクリアすることができました。

今イベントのE-7甲で20回はかなり恵まれている方だと思えるけれど、削り始めた段階ではめぐり合わせがとても悪くて、最初の6回出撃でゲージがミリレベルでしか削れていない状況だった。その後、何とか取り戻して14回出撃で最終形態に突入したのですが、ラスダンになってから5回連続大破撤退、その次の6回目で1発クリアとなりましたから、ゲージが若干残った状態での幸運クリアだったのかもしれない。

Desktop_2017_08_31_06_01_24_735a.jpg
ビスマルクと北上が中破、阿武隈は大破している

今回は3年間のプレイで一度も使わずに10個貯まっていた応急修理女神使用も辞さない覚悟で挑みましたから、由良、速吸、朝潮、大潮以外の8人に女神を装備させていた。稀に事故るGマスは事なきを得て、破廉恥H潜水マスは北上さんが中破、Qマスで大鳳と由良が最初の航空戦で中破。

次のTマスは戦艦夏姫3人編成で阿武隈が大破したけれど、女神復活を願って進撃した。そのまま洋上補給を2個使ってボスに挑んだわけですが、基地航空隊が目覚ましい活躍を見せ、航空戦と決戦支援、続く雷撃で「ほぼ無傷の欧州棲姫、戦艦夏姫2人は中破、空母夏姫も中破、第2艦隊に2隻残り、第1随伴2隻は撃沈」とかなり良好な結果を出してくれた。

さらに同航戦を引いて昼戦で耐久364中破状態の欧州棲姫のみを残して夜戦に突入したのですが、ビスマルクは中破、阿武隈は大破、北上は中破とあまり芳しくない状態だったからちょっと無理くさいと思っていたけれど

Desktop_2017_08_31_06_01_39_935w.jpg
声に出して「やったー」と叫んだ瞬間

速吸パンチで数十ダメージ、ビスマルクは大破させられる、朝潮パンチで数十ダメージ、そして大潮の魚雷カットイン327ダメージが突き刺さり見事倒すことができましたが、何気に速吸と朝潮も良い仕事をしてくれた。もしも2人ともにスカっていたら欧州棲姫の耐久は残り37状態ですから、北上がカットイン不発の場合は倒しきれなかった可能性が高い。

Desktop_2017_08_31_06_02_40_733s.jpg
君を信じて良かったよ

ラスダンになってから5回連続大破撤退と前述していますが、第一と第二艦隊ともに3重キラ、艦攻全ての熟練度をMAXにした途端に最初のGマスで航空戦全不発かつビスマルクの連撃2発ともスカを食らい、嘲笑うかのごとく2連続数人大破で撤退。

続く3回目と4回目と5回目は破廉恥H潜水マスで2人ほど中破させられた後にQマスで玩具にされるという悪循環が続いたので、「大潮をやめてリベか朝霜か響を入れて先制爆雷2人にしようかなあ。でもやっぱり大潮を信じよう」と声に出した次の出撃でクリアできたので、本当にオカルトの世界を信じそうになってしまう。

ちなみに大潮は、2016夏、2017冬もラストで止めを刺しているから、大井さんと並んでうちのボスキラー筆頭となっている。

攻略編成_20170831-061732691
帰還した直後を撮影

応急修理女神を装備させたのは最後の6回目出撃の時で、それまでは機銃を装備させていた。そういう時に限ってQマスで由良の対空カットインの成否に関わらず、最初の航空戦で翔鶴や瑞鶴、大鳳が大破させられて3回目から5回目は撤退したのですが、機銃を抜いた時は大鳳は中破で済んでそのままクリアになりましたから、運でほぼ全てが決まるこのゲームは何が正しいのか分からない。

・削り段階
阿武隈にソナーと爆雷を装備させて先制爆雷3人(生存重視)
第一と第二艦隊ともにキラ付けは無し
艦攻の熟練度が禿げてもそのまま
基地航空隊の熟練度もそのまま

・最終形態
第一と第二艦隊ともに3重キラ付け。長引いた場合は第一は間宮+伊良湖でキラ付けして、第二のみMVPを取れなかった子だけ1-1でキラ付けしようと考えていた。
ラスダン攻略前に手持ちの艦攻で使えるもの全ての熟練度をMAXにしておいた
基地航空隊の熟練度はそのまま

・E-7甲での資材や兵装の消耗具合
燃料とか弾薬などは記録していないが5万ほどは減っているだろう。
応急修理要員&応急修理女神:0
洋上補給:2個
間宮:2個ほど 伊良湖:10個くらい
バケツ:覚えていない。それなりに。



どちらかというと運良くクリアできた今回の大規模2017夏イベントでしたが、確かにこれまでのイベントの中でも際立って敵が強く、E-7甲に至っては道中が過去最高レベルで危険なものだった。こうなってくると、これまでの艦これイベント体験で私にとって最も苦しめられた「2015夏イベント」と比べてどうだったのか、そこに興味が湧いてきます。

あれから2年が経過しているから、艦娘全体のレベルも以前よりかなり増していて、当時はその仕様すらなかった兵装の改修に航空機の熟練度が実装され、強力な基地航空隊の存在もあります。さらには速吸による洋上補給で5戦以上かかる場合の回避と火力の底上げも確立されていますから、そういった意味では2年前と比べて戦力は雲泥の差と言えるだろう。

私は2年前の段階で艦これ歴1年だった訳ですが、2015夏イベントのE-7甲は雷巡が封じられていたために運の高い重巡に全てを託すしかなかった。まるゆ量産はまだやれていない時期だったから、最初の嫁艦である「青葉」と、その前のイベントで実装された運40のプリンツに期待するしかなかったわけで、やはり2年前の戦いは相当厳しかった。

さらには最大のトラウマとなった「出撃マスで嘲笑うようないきなり逸れ」といったトラップまで仕組んであったわけですが、憶えている限りでは逸れの確率は20%だった。20%なら10回に2回逸れで済むはずがなく、人によっては目も当てられない惨状になるわけで、私は40%ほど逸れを食らって怒り狂い、汚い言葉を吐き続けていた記憶があります。

手動で第一艦隊と第二艦隊に3重キラ付けをして、前衛支援6人にも3重キラ付けをする。そして開始早々連続で逸れ逸れ逸れ…1回逸れたら12人が1回ずつ1-1に出撃して、場合によっては兵装の入れ替えも。また逸れたら同じことの繰り返しになるわけですが、これに勝る破廉恥仕様は今後もないのではないだろうか。

やっぱり私にとっては、一晩で10年分ほどの「ファ●ク」「クソが!」を吐かせてくれた2015夏イベントの方が手強く最大の難敵でした。もうあれは嫌だ。そういえば2015夏イベントのギミックは24時間でリセットされる仕様でしたから、それも精神的に追いつめられる原因の1つだった。

ここまで書いて忘れていたが、今イベントのE-6輸送ゲージは嫌がらせに近い。どれだけ輸送すればいいんだ仕様でしたけれど、その反面、戦力ゲージは易しくて癒やしだと感じました。



●体験してきた12回の季節イベント難しさランク
(全て難易度「甲」での見解)

1位:反撃!第二次SN作戦 (2015年夏イベント)
E-7は二度と見たくない。様々な要因が絡みあい、悪夢と化したイベント。
全てのお膳立てをした後に逸れ逸れ逸れ、有り得ない。

2位:西方再打通!欧州救援作戦(2017夏イベント)←NEW!
敵戦力はまさしく過去最強かつ最凶。E-7甲道中の大破撤退率が極めて高く、撤退が続いた場合の消耗が計り知れない。ボスまで辿り着いて敵旗艦を沈められなかった場合はこれに基地航空隊の維持費も加わるから、まさに資材泣かせのイベント。

3位:迎撃!第二次マレー沖海戦 (2016年夏イベント)
E-4甲がきつかった。E-1丙は通常海域として残して欲しいと思えるほど美味。

4位:開設!基地航空隊 (2016年春イベント)
非常に長くて基地航空隊の奇跡を待つイベント。

5位:発令!「艦隊作戦第三法」 (2016年秋イベント)
E-4攻略での出撃回数が過去最多の40回を記録したイベント。
最終海域は易しかった。
--------------------
越えられない壁
--------------------
6位:発令!第十一号作戦 (2015年春イベント)
最終海域が楽しくて曲も良かった。これが最良(無難)かもしれない。

7位:迎撃!トラック泊地強襲 (2015年冬イベント)
アニメと連携したイベント。トリプルダイソンにボス曲「海色」は最高に燃えた。

8位:出撃!北東方面 第五艦隊(2017年春イベント)
前回である2017年冬と同じ理由で、1つ2つ上に位置している2015年の冬と春イベントの敵艦隊よりも圧倒的に強さが増しているイベントだけれども、攻撃方法が増えたことと、戦備の充実などから体感的にはこの位置くらいだと感じた。

9位:偵察戦力緊急展開!「光」作戦 (2017年冬イベント)
敵艦隊の強さは2015年春や2015年冬よりも明らかに上だが、あの頃よりも兵装が大幅に強化され、加えて基地航空隊の存在もありますから、それらの影響から体感的にはこの位置くらいだと感じた。

10位:出撃!礼号作戦 (2016年冬イベント)
ボス艦隊のみに限定すればこれも最強ボスの部類だろう。

11位:突入!海上輸送作戦 (2015年秋イベント)
中休みかつ輸送作戦が実装されたイベント。

12位:発動!渾作戦 (2014年秋イベント)
難易度システムがまだなかったイベント。全体的にドロップが良くて、なおかつE-4-C潜水艦マス育成がとても美味しかった。

今回の2017夏イベントE-7甲で、あと10回ほど余計に出撃していたら2017夏が1位になっていたかもしれない。それだけ今回のイベントは手強かったです。

天結いキャッスルマイスター - Bルートも終えた

投稿日:2017/08/30 |  カテゴリー:天結いキャッスルマイスター  |  コメント:2
「天結いキャッスルマイスター」応援中!

8月10日に発売された「グアラクーナ城砦拡張パック」を導入後にもう1つのルート攻略を少しずつ進めていたのですが、さきほど最後まで完走しました。今回のプレイは3周目だからキャラクタが相当強くなっているので、難易度「通常」のままだと張り合いがなさ過ぎて気が抜けたようなプレイになってしまった。

2つのルートを終えてみた訳ですが、この形よりも神採りや創刻のアテリアルのように3つほどルートがあって、ルート毎に展開とヒロインが異なる作りの方がしっくりくるかなといった印象を受けました。

天結いの2つのルートが悪いという見解ではないけれども、やっぱり最後は気持ち良く終えたいという思いが強いことと、3つほどルートがあると周回による飽きを低減することができますから、やり込み周回ゲームであるこのシリーズと親和性が高いはずです。そういった観点に立ってみると、「ヒロインエンドが9つなんて多すぎるだろう」と言った意見が散見された創刻のアテリアルは理に適っていたのだろう。



これで3周目のプレイを終えましたが、本体、初回特典、追加アペンドなどで実装された全ての味方キャラクタを使用したことになります。初回クリア時は「天使ミクシュアナが最も使えるキャラだった」と意見を述べていますが、全てを見た後は周回で使用可能になる「ヴァレフォル」が最優秀キャラクタかなと感じました。

このゲームはドロップ品の数が増すフールティアスや捕縛ロープを頻繁に装備し直すプレイスタイルになる訳ですが、ヴァレフォルはスキルと装備品によってそれらの組み合わせが有効に機能しやすく、さらには持ち前のクリティカル率の高さとあいまって使いやすいキャラクタでした。

・スキル:お宝回収 ドロップ獲得数が2倍
アイテムフールティアスの効果に加算され飛躍的に入手数が増える

・盾:睡魔の盾
攻撃魔法「イルザの束縛弾」が使用可

・イルザの束縛弾
モンスター捕縛効果付きだから「捕縛ロープ」装備の手間いらず。魔攻が高いキャラほど高ダメージになるので、ヴァレフォル、リリィ、ロズリーヌ、ミケユ、エウシュリーちゃん、ユエラ向きであり、属性が無属性攻撃であることも大きな利点。

・ヴァレフォルのクリティカル率は体感的に80%から90%
敏捷も高いヴァレフォルは3回攻撃になることが多くて、ほぼ毎回3発ともクリティカルになります。

これらの組み合わせによってフールティアスを装備しっぱなしで進撃可能になりますから、使いやすくて非常に攻撃力が高く、さらには移動力も最高の優秀なキャラクタだと感じました。

グアラクーナ城砦拡張パックで実装される神採りのメインヒロイン「ユエラ」ですが、攻撃力においては全キャラ含めて最高なのではないだろうか。ヴァレフォルほどではないがクリティカルの頻度がけっこう高く、装備品によっては最高の物攻を実現していた。さらにはとある武器を装備すると魔攻が極めて高くなり、魔法攻撃のレンジが異常に長いといった特性もありますから、物理、魔法の両面において最強かもしれない。

・クリティカルの頻度
異常に高い:ヴァレフォル
かなり高い:リリィ、イオル
そこそこ高い:ユエラ、エウシュリーちゃん



パーフェクトガイドブックがいつ発売されるのか。ガイドブックにアペンドが付属するのか。アペンド付きだとしても、その内容は神採りのアペンド2.0くらいの規模があるのだろうか、といった所が気になりますが、神採りは4月22日に発売されて10月7日にガイドブック情報の告知でしたから、5月26日に発売された本作天結いも10月の初頭か11月あたりに情報が出てくれると嬉しい。

艦隊これくしょん - ルイージドロップ

投稿日:2017/08/22 |  カテゴリー:艦隊これくしょん  |  コメント:0
E-6丙「Luigi Torelli」掘りは22回目の出撃でドロップしたわけですが、今イベントの掘りはこれで終了したことになります。最終海域に近いE-6で掘りとなると厄介なのではと思ってしまいそうだが、E-6掘りが最も楽だった。戦闘はボスを含めて3回しかなく大破もまず無いし、輸送仕様艦隊ではないから輸送ゲージは50回分ほどもつので、リセットする必要もなかった。

今回はなかなか恵まれた掘り回数となっていて

・E-1丙掘り「狭霧」 → 13回目の出撃でドロップ
・E-4丙掘り「天霧」 → 9回目の出撃でドロップ
・E-5丙掘り「松輪」 → 21回目の出撃でドロップ
・E-6丙掘り「Luigi Torelli」 → 22回目の出撃でドロップ

これで3年ほど艦これの季節イベント掘りを続けているけれど、30回以内なら幸運、50回を越えてくるとちょっと不運、100回以上はかなり運が無い、といった感触だろうか。ここ3年内でのワースト掘り回数3人となると

・出撃「約230回」
2015夏イベント「海風」掘り

・出撃「217回」
2015春イベント「ローマ」掘り

・出撃「約100回」
2016冬イベント「沖波」掘り

今イベントでは「リベッチオ」「リットリオ」「ローマ」の3人が副産物として掘り中に出てくれたので、3人とも2隻目だけど残しておくつもりです。

続きを読む »

艦隊これくしょん - 松輪ドロップ

投稿日:2017/08/21 |  カテゴリー:艦隊これくしょん  |  コメント:0
E-5丙「松輪」掘りは21回目の出撃でドロップしてくれました。E-5は丙リセット掘りだと少しばかり癖のある海域でしたが、ギミック解除用の装備済み駆逐6人を編成記録しておけば円滑に回すことができた。S勝利3回でリセットという一見すると手間がかかりそうな掘りに見えてしまうけれど、そちらよりも単純にボスまでの道程が長いことの方が面倒に感じました。(21回中、大破撤退2回、S勝利19回)

この掘りの前にE-4を甲で攻略しているけれど、ちょうど半分の折り返し地点となるE-4甲が「2017冬、2017春」のラストと同等程度の難しさに感じた。となると、今イベントの最後であるE-7甲はかなり厳しそうだね。

続きを読む »

艦隊これくしょん - 天霧ドロップ

投稿日:2017/08/16 |  カテゴリー:艦隊これくしょん  |  コメント:0
E-4丙Iマス「天霧」掘りは、出撃9回目でドロップしてくれた。軽めの編成とはいえ連合艦隊での出撃だから、長引くと資材が辛い状態に追い込まれるから有り難かった。とは言ってもまだ2人も掘る必要があるから気が重い。

続きを読む »

艦隊これくしょん - 2017夏イベント E-3甲まで終える

投稿日:2017/08/15 |  カテゴリー:艦隊これくしょん  |  コメント:0
青葉のカメラ(2017年08月15日 22時11分45秒)
大潮大活躍

どうやら今回の夏イベントはかなりの高難度のようで、悪夢の2015夏イベントよりもさらに上だろうという意見がちらほら。私の方は暇を見て少しずつ進めていますが、天霧掘りはE-4でやると決めたから、E-3まで甲でクリアしました。

2年前の記事であるこちらに書いていますが、2015夏もE-3甲がハードだったけれど、今回のE-3甲も下手をすれば沼る可能性がある難しさだった。E-3甲開始直後の削り段階では、道中の軽空母に数回ほど大破させられてイライラしたけれど、ラスダンはゲージが少し残ったままの状態で1発クリアできた。

反航戦かつ昼戦は芳しくなかったけれど、夜戦で敵艦複数が健在な状態で大潮の魚雷カットインが敵旗艦に突き刺さり数百ダメージ1発クリアだった。結果的に前衛支援艦隊の3重キラが剥がれる前にクリアできたから、E-3甲戦力ゲージは10回出撃程度で終えられた。それにしても数年前までのイベントと大きく異なる点として、今のイベントは「1つの海域ダブルゲージ仕様」ばかりであるから、手間と時間に関しては相当厄介になってきている。

さて、ここからは少し息抜き期間であるE-4天霧掘りを始めてみよう。2年前の2015夏E-4丙「海風掘り」で数百回出撃したことを思い出したけれど、何か今回と状況が似ていて嫌な予感がしているが。

青葉のカメラ(2017年08月15日 22時13分11秒)
まだまだまだこれから。

目標であるE-7甲クリアだけではなく、E-4で天霧掘り、E-5で松輪掘り、E-6でLuigi Torelli掘り、とこれだけのノルマをこなせるだろうか。

The Fall of the Dungeon Guardians - 75%オフセールといつの間にか日本語入りになっている件

投稿日:2017/08/15 |  カテゴリー:The Fall of the Dungeon Guardians  |  コメント:0
DungeonGuardians_2017_08_15_17_27_17_872.jpg
公式に日本語対応

The Fall of the Dungeon Guardians - Enhanced Edition
(8月22日まで75%オフの495円)

本作は約2年前の発売直後に購入したけれど、私の嗜好には合わなかったために序盤だけプレイしてそのまま放置していたわけですが、気づいてみると日本語に対応しているようだ。さらに現在は75%オフセール中ということで、これを機に購入してみるのもありでしょう。

以前のレビューにも書いているように、このゲームに「ダンジョンマスター」「ランズ・オブ・ロア」「レジェンド・オブ・グリムロック」などを期待すると肩透かしを食らうことになります。そのどれにも該当しない独自色が強いリアルタイム戦闘が肝のダンジョンクロウルゲームという表現が最も適切なはずだけれど、見どころは大いにあるけど詰めが甘い。

インベントリィ画面からアイテムを使用する時の操作には苛立ちを感じ、ダンジョンの配分はほぼ戦闘のみでギミック類はほんの少ししかなく、昨今流行りのPC用インディーレベルRPGにおける「高難易度チャレンジシステム」が完全に投げっぱなしになっていて、今どき「難易度ユーザーに丸投げのどこでもいつでも戦闘中でも上げ下げ可能システム」は通用しない。

イカサマ可能な世界で戦闘の意欲を保つことなどできないし、そこを自分の思い込みでカバーしようとしたのなら、それは不出来ゲームの擁護になる。少しジャンルが異なりますが、難易度でプレイヤーを満足させようという意志が感じられた「Pillars of Eternity」「Divinity: Original Sin」とか、そこまで行かなくても同じジャンルのグリムロックのように普通に難易度固定でプレイできるシステムであったなら、もっと楽しめたかもしれません。

そういった短所があるけれど、日本語になっていますから今ならそこそこ遊べるゲームになっていることでしょう。

艦隊これくしょん - 狭霧ドロップ

投稿日:2017/08/12 |  カテゴリー:艦隊これくしょん  |  コメント:0
E-1丙Sマス狭霧掘りですが、12回か13回ほど出撃してガシャンを7~8回ほど食らったけれど、ドロップ有り5~6回目で狭霧ゲットとなった。先ずは最初の1人目が早めに出てくれたので、かなり良いスタートが切れました。

他にも掘り必須艦娘が数人いるようですが、次はE-3ボスマスの天霧掘りになるようだから、このままE-1とE-2を取り敢えず甲でクリアしましょうか。

続きを読む »

艦隊これくしょん - 2017夏イベントが始まる

投稿日:2017/08/11 |  カテゴリー:艦隊これくしょん  |  コメント:0
青葉のカメラ(2017年08月11日 20時50分50秒)
イベント突入前の資材量

やる事がないより遥かにいいが、今すぐやりたいゲームが他にある時に、艦これの大型イベントとなると困ってしまう。今回は久々の大規模イベントのようだけれど、悪夢の2015夏イベントクラスを覚悟しているのでそうなると尚更だ。

何もせずに後回しにするとあの時のように後悔するだろうから、取り敢えずはE-1Sマスでドロップするらしい「狭霧」掘りから始めてみるつもりです。

青葉のカメラ(2017年08月11日 20時59分26秒)
この面子でE-1Sマス丙掘り開始

出撃制限がかかる札は何とか理解できたので、先に使っても問題無さそうな子らを選んでみた。数年前のように掘り回数を正確に記録することはもうしないけれど、どれだけの出撃回数でドロップしてくれるだろうか。

Wizardry8に成れなかったあのゲームの話題

投稿日:2017/08/11 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0
Grimoire : Heralds of the Winged Exemplar - Steam

数々のトラブルを乗り越えて、1週間前にようやく発売されたようですが、こちらさんのSteamレビューがとても面白い。現状ではドタバタが収まっていないようだけれど、いずれそれらが沈静化されたらプレイしてみたいなと思うようになりました。

本作は発売される前から個人的な勝手な予想として「移動はカーソルキーのみなのではないか(私はWASDでしかPCゲームをやりたくない派)」と考えていたのですが、どうやらWASDで移動できるようです。とは言っても3Dゲームでよく見られる配置「QキーとEキー」でのカニ歩き移動ができないようだから、これでもしも壁などに仕掛けが満載なゲームだとかなりのストレスが溜まりそうな。

そんな訳で、すぐにはプレイしないけど何時かプレイしてみたいリストに。
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター