CRPGまにあ

アーカイブ:2018年06月

Baldur's Gate : Enhanced Edition

投稿日:2018/06/15 |  カテゴリー:Baldur's Gate: Enhanced Edition  |  コメント:0
BG2EEプレイへの準備よりも、BG1EEプレイにハマりすぎている現状ですが、難易度「バールの遺産」をソロプレイでクリアすることができた。以前から少しずつバールの遺産ソロを試していたのだが、最終的にクリアできたキャラクタは「Fighter/Mage/Thief」のトリプルマルチクラスでの達成でした。

Baldur_2018_06_15_17_21_50_904s.jpg Baldur_2018_06_15_17_22_00_048s.jpg
原寸大で見ると分かります
右上キャラクタの状態が同じなので、判別できると思います。

Baldur_2018_06_15_17_22_20_922ss.jpg
最後の戦いを終えた直後の状態

本作BG1EEは巨大なリソースを誇る作品でありながらも、海外ゲームらしくメインクエストをクリアするだけなら限られたポイントのみ通過するだけで先へ進めるようになっていますが、どうしても通らねばならない難所は以下になります。

1. ナシュケル鉱山ムラヘイ
2. ベレゴスト宿屋トランジック
3. 野盗の宿営地 インビジ有りなら戦闘なし
4. 鉱山前NPCドレイサス一行(パウズ・オブ・ザ・チーター狙い)
5. クロークウッド鉱山ダヴァエロン
6. フレイミング・フィスト城ドッペルゲンガー
7. スライス&クリスティン
8. 大公宮殿サレヴォク1回目
9. サレヴォクとのラストバトル

※3章の野盗の宿営地へ行く前のトランジックは必須ではないのかもしれない。後のプレイでそこをすっ飛ばしていたのにバルダーズゲートまで到達できたから。

難易度ノーマルならレベル1でも何とかクリアできるけれど、バールの遺産なんでひ弱なキャラだと触れられただけで昇天してしまう可能性があるから、先にある程度レベルを上げてから挑むことにした。

難易度バールの遺産の場合はソロプレイのみに限らず、まずは主人公キャラのみでレベル5~6程度にしたほうが都合が良さそうです。本作は主人公キャラのレベルによって仲間になるNPCの初期レベルが決まるので、たとえ6人だったとしてもレベル1の集団で正攻法でバールの遺産の敵に挑むのは辛いものがあるからだ。主人公がレベル6程度になっていれば、仲間のNPCの初期経験値が32000固定になるから、レベル5~6から開始できることになります。



Baldur_2018_06_14_11_47_13_323a.jpg
まずは何よりドリッズト(経験値12000)

・準備するもの
適当な飛び道具。スキル無しでペナ有りTHAC0でも問題なし。

画面の右側から近寄るとドリッズトとの会話が自動的に始まりますが、ノールの集団はこちらには見向きもせずにドリッズトを取り囲みます。このときに「助けない」を選んで画像のあたりに位置取りをするわけですが、ノールの集団が画面から消えるところまで下に行けばセーブが可能です。

こちらからドリッズトに攻撃を仕掛けてもノールの中から出てこられない状態になるから、この位置からノールの集団が確定ヒットダイス20でドリッズトに少しずつダメージを与えていくのを見守る。ドリッズトが瀕死になり、そこからさらに10発程度攻撃を受けた頃合いに画面の下側に移動し、ノールの攻撃がドリッズトに1発ヒットするたびにクイックセーブをします。ドリッズトが倒れたらクイックロードをして(あと1発で昇天するドリッズトにする)画面の上に移動して弓なり何なりでダイス20確定を引くのを願う。ノールが倒してしまったら即ロードするわけですが、この方法ならあっさりと経験値12000と豪華装備を入手することができます。

BGEEからの追加システムである周りに落ちているアイテム表示を使えば死体に近寄る必要もありませんから、アイテムだけ拾って楽に離脱することが可能ですが、下のツールバー左の赤いひし形ボタンがオンオフの切り替えです。



Baldur_2018_06_14_12_38_48_833ad.jpg
コラックス・ザ・グール君が大活躍。エリア「ミュータミンの石庭」

・準備するもの
難易度バールの遺産の場合はしっかりとダメージを稼げる武器を用意したい。
ノルマを達成すれば経験値25000ほど。

グール君は一晩ほど時間が経過するとチャームが解けて敵対するわけですが、難易度ノーマルならその時間内に回りたいところ隈なく回れるけれど、バールの遺産だと敵が硬いからそう上手くことが運ばない。これが何よりしっかりとダメージを出せる武器を用意したい理由です。

ベレゴスト西の寺院から東へ移動するとミュータミンの石庭に入れますが、入ってすぐ上にグール君がいます。仲間にしてくれと言ってくるのでそのまま仲間にするわけですが、このグール君はバジリスクの石化に対して100%の耐性があるので、グール君をタンクにしてこのエリア内のバジリスクを倒して経験値を稼ぐのだ。そういうわけで、ここに来る前にこれといった石化対策をする必要はありません。

Baldur_2018_06_15_21_36_45_524awdd.jpg
黄色い丸のみNPCミュータミン

EXP1400バジリスクx7、EXP7000グレーターバジリスクx2、EXP1400ミュータミン。グール君のチャームが切れる前にしっかり回れば経験値25200ほどになるので、ドリッズトと合わせて37200になります。

倒し方は至って簡単。バジリスクが見えたらグールを先にぶつけてその後ろからレンジ攻撃か、あるいは横から近接殴り。バジリスクが死にかけになったらグール君を離れさせ、経験値を奪われるのを防ぐ。グール君はかなりの高確率で攻撃対象を麻痺状態にするから、ほぼ動けない敵を一方的に殴ることができます。NPCミュータミンもほぼ同じで先にグール君に攻撃させて、後から自キャラ攻撃で楽に倒すことが可能だ。



こんな具合にキャラクタを強化してからバールの遺産ソロ攻略を始めるのが通例になっていますが、以前に試したメイジ系ソロだと先述した「5. 鉱山のダヴァエロン」が倒しきれない。詠唱回数が底をついて、殴っても大したダメージにならず、休息して戻ってみるとダヴァエロンの防御Buffが復活している。さらにはソロの強引押切プレイだからトラップによって出現する2体のバトルホラーの攻撃を掻い潜っての戦いになることも厳しい要因です。

メイジ系はダメ、メイジ/シーフも少し攻撃力が物足りない。となると3クラスに経験値が分散されるがこれかといった理由で「Fighter/Mage/Thief」にしたのですが、この選択で正解だったと思います。

各難所での戦いを続きに書いてみようと思ったけれど、どうせならもう1回挑戦して記事にして挙げてみよう。そんなわけで、キャラを変えてもう一度バールの遺産ソロ攻略の始まり。

Baldur's Gate II: Enhanced Edition

投稿日:2018/06/05 |  カテゴリー:Baldur's Gate II: Enhanced Edition  |  コメント:0
当初は「Fighter/Thief」で進めてみようと思っていたけれど、BG1EEの方でアレコレ触っているうちにソロプレイの楽しさに目覚めてしまった。3人続けてソロでBG1EE難易度ノーマルをクリアしたわけですが、慣れてくるとそれほど急がなくても数時間くらいでクリアできるようになってきました。

ソロプレイといえば末裔となる Pillars of Eternity でけっこうな回数をこなしていましたが、BGシリーズはポーションやワンドなどの性能がかなり高めなので、パワープレイのごとく楽にクリアできています。通常の全てを隈なくまわるプレイだとあれだけ巨大に見えたBG1の世界も、実際にはクリアに必要な大きな戦闘は4回しかない。3回目のがちょっと大変だけれど、そこもスクロールなどを使えばわりとあっさり切り抜けられるのだ。

そんなわけで、BG2EEをプレイする候補のキャラクタが4人出来上がったわけですが、どれで進めるのか本当に悩んでしまう。当たり前だが思い出に残る初回プレイはたった1回しかないわけですから、その1回をどのキャラと過ごしてみるべきか。



4人ともキャラ作成時のロールはかなり高め。BG1EE道中で入手可能なマニュアルとトームで能力値WISのみ+3、その他は+1しています。ソロプレイで本編を進めつつ、マニュアルとトームを回収していくフィーリングは慣れてくるとかなり美味なBG1EEだと思います。ていうかインビジが異常なレベルで使えすぎ。

Baldur_2018_05_30_11_28_06_141a.jpg
これは普通にパーティープレイでBG1EEを終えたキャラクタ

Fig/Thi は強くて便利でかなりの優秀キャラだと感じますが、難点があるとすれば革鎧でないとシーフの能力が使えないから、場面によって着せ替えの手間が増えることぐらいだろう。BG2拡張ToBまでいけば経験値の上限が800万になるから、マルチクラスでも十分に育つのでそこも安心。

Baldur_2018_06_04_02_41_31_327a.jpg
ソロ向きのドラゴンディサイプル

BG1EEで追加されたソーサラーキットのクラスですが、ソーサラーやメイジよりも防御とヒットポイントが高いところが特徴で、BG1EEソロクリアが最も楽に行えたキャラクタでした。

各呪文レベルの使用回数が1回ずつ少なくて、さらには一度覚えた呪文を変更できないソーサラーキットですからBG2をクリアしたことがない人には向かないクラスだけれど、BG1EEをクリアするまではガイドなどを見て有効な呪文を覚えていった。ここから先の呪文は使ったことがないですから、やっぱりこのキャラクタは一度クリアしてからのソロプレイで使用するべきか。

Baldur_2018_06_05_16_53_14_397.jpg
初めてバード系を使ってみた

バードキットのスカルドもBG1EEソロを普通にクリアできたけれど、攻撃手段に乏しいから道中の雑魚系は殆ど放置してのクリアだった。けれどもレベルが少し上がればウィザードの呪文インヴィジビリティが使えるようになるから、ファイターやクレリック系よりは便利だろう。

バード系はアイテム鑑定が便利だし、レベル6までとはいえウィザードスペルが使えるところが利点だけれど、高レベル技能を覚えられる段階まで至ればさらに優秀なキャラになりそうな。

Baldur_2018_06_05_16_39_47_996a.jpg
これもBG1EEソロが楽々でした

ノームのイリュージョニストは有能スペシャリストメイジの定番のようだけれど、ワイルドメイジとどちらを試すか迷った挙げ句、オリジナル本編から存在しているイリュージョニストの方を選択してみました。

難点があるとすれば、キャラ作成時にロールで高い数値を出してもカリスマまでまわす余裕がないですから、画像のような低いカリスマキャラになってしまいます。これだけカリスマが低いと宿での宿泊を断られたことが何度かあってショックを受けた。



男のジュールスはグッド系で、女3人はイービルパーティープレイがしてみたくてニュートラルイービルで作成してみたわけですが、これも初回プレイだからこそグッドではなくあえてイービルでという気持ちがあります。

全キャラやってみたいけど、ネタ的にも面白そうだし、宿を断られた思い出などもあるから、ナメコでBG2EE正式プレイをやってみるか、どうするか。
カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター