CRPGまにあ

アーカイブ:2018年10月

封緘のグラセスタ - 体験版をかなりプレイした

投稿日:2018/10/23 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:2
「封緘のグラセスタ」応援中!

エウシュリーのゲームは春頃に発売されるのが定例でしたが、本作は半年ほど遅れて11月30日に発売されるようだ。今回の体験版はかなり遊べる内容となっていて、5~6時間ほどやり込んでも最後まで行けていないけれど、エウシュリー作品の中では久々の好印象ゲームだと感じました。

本作から画面解像度が1600x900になっているから、2次元CGゲームにありがちな画質のボケが最小限に抑えられています。ダンジョンは各階層を横から見た断面図マップがあって、この形は同社の過去作品である「峰深き瀬にたゆたう唄」と似ているが、制限有りとはいえどこからでもワープで戻れたり、イベントが発生していたら瞬時にその場所へ飛べたりと遊びやすさが増しています。

前年度の天結いキャッスルマイスターは「無難な面白さ」といった具合でしたが、さらに一つ前の体験版のみプレイした珊海王の円環は、「なんじゃこりゃ。絶対に面白くないだろう」という台詞が飛び出したほど残念な匂いが強かった。

今回の封緘のグラセスタは、細かなやりこみ要素が体験版の段階から過去作品よりも多めであり、色々と考えてチャレンジしなければ入手できないアイテムなども多数あるようなので、そういったやり込み系が好きな人なら相当楽しめそうです。

まだ購入するかどうかは決めていないけれど、最後まで時間をかけて遊びたい欲求がかなり強いから恐らく買ってしまいそうだが、18禁ゲームは店舗別の特典吟味をしている時からゲームの醍醐味が始まっている。

I/O - ここからが本番

投稿日:2018/10/04 |  カテゴリー:I/O  |  コメント:0
最終シナリオ」の前にそれ以前の全てのルートのシーンとメッセージ率、さらにエンディングなどを制覇したのは、この系統では本作が初かもしれない。本作はそれらの達成が平易であったから出来たことだけれど、そうだとしても、ここまではかなりのお気に入り作品になっています。

続きには現状まで進めた状態での考察などが少しだけありますが、全制覇後に自分で読むのが面白いので残しておきたい。けれどもネタバレ満載ですから、I/O を未プレイの人はけしてクリックしないでください。

続きを読む »

I/O - 混乱を来たす

投稿日:2018/10/01 |  カテゴリー:I/O  |  コメント:6
主人公の数だけ分のルートがあるということで、4つめも終えたが脳内が混乱してしまう内容だった。本作は予測をしてもいとも容易くそれらを否定されるような展開が続くわけですが、4つめのルートDは頭が追いつかずに全てに自信をなくしてしまった。

ここからはルートAからDを再びプレイして、スキップを駆使して選択肢をつぶしていこうと考えていますが、先にこれをやっておく方が物語をさらに深く知ることができそうだ。この分岐つぶしも面倒くさいどころか喜びを感じているので、ここまでの本作の評価はかなり良好だといえるだろう。それにしても本作は、押さえなければならない要点が多方面にわたるから、考えさせられることが多いです。

続きには4つめまで終えた段階での感想を少しだけ。

続きを読む »

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター