CRPGまにあ

比較的わかりやすいG-SYNCの動画

投稿日:2014/03/17 |  カテゴリー:ゲーム全般  |  コメント:0  | トラックバック:0


この動画は4Kにまで対応しているので、回線に余裕があるなら2160Pにしてフルスクリーンで見るといいでしょう。特に前半部分が違いが分かる映像となっていて、V-SYNC Offはティアリングによる画面の寸断が顕著で論外レベルであるし、V-SYNC Onだとティアリングは無くなっているものの、右隣のG-SYNC Onと比べるとフレームが飛ばされていることが視認できる。

G-SYNCに期待していることは、V-SYNC Offの時と同様のマウスの滑らかな動きなのだが、その点に関してのレビューを見たことがないので何とも言えない状態だ。

そこそこ古い作品である Wizardry 8 を例に挙げてみると、グラフィックオプションにある垂直同期(V-SYNC)のチェックを有効にすると、とてつもないほどマウスカーソルがもっさり遅延状態になってしまうし、垂直同期をオフにすると、マウスカーソルの遅延は消えるが画面が寸断されるようなティアリングの嵐に悩まされる事になる。いわゆる「がんじがらめ」に陥ってしまうのだが、こういった状況に追い込まれるPCゲームは数多く存在するのだ。

PCゲーの利点は時代や流行に捕らわれず、新旧如何なるゲームでも楽しめるところも大きな魅力であるから、G-SYNCがそういった古い作品群に対しても効果的ならさらに価値が高まりそうだ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター