比較的わかりやすいG-SYNCの動画



この動画は4Kにまで対応しているので、回線に余裕があるなら2160Pにしてフルスクリーンで見るといいでしょう。特に前半部分が違いが分かる映像となっていて、V-SYNC Offはティアリングによる画面の寸断が顕著で論外レベルであるし、V-SYNC Onだとティアリングは無くなっているものの、右隣のG-SYNC Onと比べるとフレームが飛ばされていることが視認できる。

G-SYNCに期待していることは、V-SYNC Offの時と同様のマウスの滑らかな動きなのだが、その点に関してのレビューを見たことがないので何とも言えない状態だ。

そこそこ古い作品である Wizardry 8 を例に挙げてみると、グラフィックオプションにある垂直同期(V-SYNC)のチェックを有効にすると、とてつもないほどマウスカーソルがもっさり遅延状態になってしまうし、垂直同期をオフにすると、マウスカーソルの遅延は消えるが画面が寸断されるようなティアリングの嵐に悩まされる事になる。いわゆる「がんじがらめ」に陥ってしまうのだが、こういった状況に追い込まれるPCゲームは数多く存在するのだ。

PCゲーの利点は時代や流行に捕らわれず、新旧如何なるゲームでも楽しめるところも大きな魅力であるから、G-SYNCがそういった古い作品群に対しても効果的ならさらに価値が高まりそうだ。
Last Modified :

Comments







非公開コメント