CRPGまにあ

Might & Magic X - Legacy ちょっとしたルーンプリーストの話題

投稿日:2014/03/31 |  カテゴリー:Might & Magic X - Legacy  |  コメント:0  | トラックバック:0
Might and Magic X Legacy_2014_03afwfwa36_115
新たな敵が強すぎた為に急遽「シールド」をエキスパートにした

今回のDLCで出てくる敵は明らかにこれまでの敵より能力が高く、乗り込んだ先の最初の戦闘で、当たり前のようにパーティーの要とも言えるルーンプリーストが何度も倒されてしまった。私のパーティーは回復スペルを使えるクラスがルーンプリーストしかいない為に、倒れてしまうと巻物の回復を使うか、ロードして仕切り直しとなってしまうから、戦闘を捗らせる狙いでシールドスキルを上げてみた。

これが予想以上に効果覿面で、新DLCの後半はルーンプリーストが落ちる回数が目に見えて減ったのだが、たった7ポイントでシールドエキスパートにできるから、パーティーの要強化としてこのスキルはかなりお勧めだ。ルーンプリーストに限らず、たとえ火力が下がるとしてもパーティーの大半を盾持ちにするのはなかなか良さそうな選択であるだろう。

最後までプレイして思ったことは、今回のパーティー構成である「野蛮人、ブレイドダンサー、ルーンプリースト、フリーマージ」は火力が高めでかなり強い組み合わせなのは確かだが、野蛮人をクルセイダーに置き換えると安定感が増して使い易くなりそうだ。盾持ちかつ魔法耐性が高くて回復魔法が使えるクルセイダー、体力は高いが防御は並で一撃が重い野蛮人という特徴で、もちろんクルセイダーにすると火力が下がってしまうけれど、前者の方が安定するはずだ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
自己紹介
管理人名: S
初めて遊んだPCゲーム
FM-NEW7版デゼニランド

初めて遊んだコンシューマーゲーム
ファミリーコンピューターのドンキーコング

初めて遊んだゲームセンターのゲーム
ゼビウス

好きなジャンルはRPGとAVG。
RPGはファンタジーと近未来ものを好み、設定が現代なのは敬遠する傾向にある。基本的にRPGのタイプに好き嫌いはない。プラットフォームも楽しい作品ならばPCでもゲーム機でもどちらでもOKだと思っているが、今はPCのみに傾倒している。生産国は今現在、北米産は経営体制に疑問を抱いているので敬遠している。

AVGことアドベンチャーゲームは、ゲームにおける私の原点です。AVGは現代物を好み、特にサスペンス、推理ものなどが好きだが、PCではそのような日本生まれの新作は長らく登場していないのでご無沙汰状態だ。海外ゲームの移植版ならある程度はプレイしているし、英語版でもいくつかは頑張ってプレイしてきた。RPGとは逆に、設定がファンタジーや近未来ものは敬遠する傾向にある。

・愛するゲーム
Wizardry 8
Might and Magic 6
Might and Magic 7
Morrowind
Pillars of Eternity

・子供の頃に好きだったゲーム
木屋さんが在籍していた頃の日本ファルコムゲーム
検索フォーム
FC2カウンター